PayPalの手数料を安くする方法とは?ペイパルでの支払い/受け取り

PayPal(ペイパル)の手数料をもしかしたら多く支払うことになっているかもしれません。個人間でのお金の受け取りや、海外通販での買い物の支払いをするときなどに重宝するペイパルですが、じつは決済時の手数料は安くできます。この記事ではPayPalについてや、手数料を下げる方法などをまとめています。

PayPal(ペイパル)とは?

PayPal(ペイパル)とは決済サービスを提供する会社

決済サービス

PayPal(ペイパル)とは決済サービスを提供する会社です。決済といえば、通販で商品を購入した際に支払い手続きを行うと思います。通販で支払いができるのは決済システムがあるからです。ペイパルは、自分のビジネスに決済システムが必要な場合に、決済サービスを提供してくれる会社です。

また、個人規模のビジネスの取引でPaypalが使われることがよくあります。決済ではお金という大切なものを扱います。ペイパルは決済サービスを提供する会社の中では老舗ですから、よく分からない会社を利用するよりもお互いが安心できるというメリットから利用されています。

PayPal(ペイパル)経由で料金を支払うとカード情報が守られて安全

カード情報

PayPal(ペイパル)経由で料金を支払うとカード情報が守られて安全です。ペイパル決済が多くの人に利用されている理由は、安全性の高さが挙げられます。ネットで買い物をする際、クレジットカード情報や個人情報の流出が気になりますが、ペイパル決済では取引相手にカードなどの情報を知らせないまま決済ができます。

PayPal(ペイパル)は海外通販の決済手段としても有名

海外通販の決済手段

PayPal(ペイパル)は海外通販の決済手段としても有名です。支払いやセキュリティの安全性から、海外通販ではよく使われています。自社で決済システムを用意できるところは別ですが、個人間の取引では金銭トラブルを防ぐためにペイパルが利用されています。

例えば、海外で買い物をした際、大手ではなく個人間の取引だった場合は、支払ったのに商品が届かないというトラブルが考えられます。そんなときはペイパルを利用して支払うと、トラブル起こったときに返金の対応を取ってもらえるので、その利便性から多くの人に利用されています。

PayPal(ペイパル)はビジネスでの売上の受け取りにも使われている

売上の受け取り

PayPal(ペイパル)はビジネスでの売上の受け取りにも使われています。ペイパルが提供する決済サービスを経由して金銭の受け取りをすることができます。中小規模のビジネスで決済システムを自分で用意できない場合などで活用されています。例えば世界的なオークションサイトのebayの取引はペイパルが主流です。

PayPal(ペイパル)は仕送りやイベントの集金の受け取りにも使われる

仕送りやイベントの集金

PayPal(ペイパル)は仕送りやイベントの集金の受け取りにも使われます。ペイパルは個人間送金にも対応しており、スマホ一つで簡単にお金の受け取りや送付するのに使われています。例えば家族への仕送りや、イベントや旅行の集金、友達との外食などでの割り勘のために使われています。

PayPal(ペイパル)の手数料とは?

PayPal(ペイパル)の手数料とは海外送金や為替の際にかかるお金

為替

PayPal(ペイパル)の手数料とは海外送金や為替の際にかかるお金です。国内から海外に送金したり、海外のサイトで買い物して支払う場合は、手数料がかかります。海外のサイトでお金のやり取りをする場合、通貨為替があるためです。ペイパルにおける日本円の手数料は4%です。

PayPal(ペイパル)の国内間の送金や買い物の支払いは手数料が無料

手数料が無料

PayPal(ペイパル)の国内での送金や買い物の支払いは手数料が無料です。国内の金銭のやり取りに関しては無料で行うことができます。ただし、ペイパルの口座から銀行口座に引き出す際、5万未満の場合は手数料が250円かかってしまいます。またカードから送金を行う場合は、決済手数料がかかります。

Paypal(ペイパル)の手数料を安くする方法は?

手数料を安くする方法①クレジットカード会社の為替レートで支払う

カード会社の為替レート

手数料を安くする方法1つ目は、クレジットカード会社の為替レートで支払うことです。PayPal(ペイパル)を利用して海外の通販で買い物した場合、そのまま決済すると通貨為替のレートが高いという問題があります。しかし、手数料を安く抑える方法があるため、次でご紹介します。

    ペイパルで為替レートを変更する方法

  1. 1決済画面でShow payment optionsの表示をクリック
  2. 2支払いたいカードの為替レートをクリックする
  3. 3USD(支払う通貨)で続行するをクリックする

PayPal(ペイパル)の通貨為替レートを安く抑えるには、決済時にカード会社の為替レートに変更することです。数クリックで簡単に変更できるため、やらないとムダに手数料を取られて損しているといえます。ペイパル独自の通貨為替レートは割高なため、海外の通販でペイパル決済する場合は覚えておきましょう。

手数料を安くする方法②JCBではカード会社のレートで支払いできない

支払いできない

手数料を安くする方法2つ目は、JCBではカード会社のレートで支払いできないことです。VISAかMasterCardであれば可能です。しかし、JCBの場合は対応していないため、PayPal(ペイパル)の通貨為替レートを安くすることができませんので注意しましょう。

【番外編】Paypal以外におすすめのオンライン決済サービスは?

おすすめのオンライン決済サービス①Amazon Pay(アマゾンペイ)

アマゾンペイ

おすすめのオンライン決済サービス1つ目は、Amazon Pay(アマゾンペイ)です。大手通販サイトは決済サービスも提供しているのを知っているでしょうか。使い方は簡単で、アマゾンペイが利用できるサイトで、アマゾンアカウントへログインするだけです。

アマゾンに登録した情報でそのまま決済を行うことができるのが特徴です。新しいサイトで買い物をする際に、新たに会員登録をする手間が省けます。会員登録やカード情報などを入力するのは地味に面倒ですから、使い勝手がいい決済システムですね。

おすすめのオンライン決済サービス②Yahooウォレット

ウォレット

おすすめのオンライン決済サービス2つ目は、Yahooウォレットです。大手ポータルサイトヤフーが提供する決済サービスです。ヤフオクやヤフーショッピングの決済手段としても用いられており、ネット利用者なら一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

ヤフー以外の通販サイトの決済システムとして、ヤフーウォレットを利用することもできます。アマゾンと同じく、ヤフーに登録している会員情報や銀行・カード情報を利用できるため、決済をスムーズに行うことができて便利です。

おすすめのオンライン決済サービス③Stripe(ストライプ)

ストライプ

おすすめのオンライン決済サービス3つ目は、Stripe(ストライプ)です。決済サービスの中でも、審査や初期費用が不要なため、導入が簡単なことが特徴です。スクリプトコードをサイト内に貼り付けるだけで利用できます。ペイパルなどと違い、外部ページの移動なしで決済が行えます。

ほかの決済サービスにない魅力はやはり、導入するのが短時間で済むということです。また、手数料もシンプルに3.6%のみとなっており、固定費がありません。利用者側としても、外部ページに移動することなく、決済情報を入力することができるため、スピーディです。

おすすめのオンライン決済サービス④PAY.JP(ペイドットジェーピー)

ペイドットジェーピー

おすすめのオンライン決済サービス4つ目は、PAY.JP(ペイドットジェーピー)です。通販のショッピングカートシステムを提供するBASEの決済サービスです。初期費用や決済手数料はかかりますが、固定費用はかかりません。また、無料で利用できるプランもあります。

おすすめのオンライン決済サービス⑤Paidy(ペイディ)

ペイディ

おすすめのオンライン決済サービス5つ目は、Paidy(ペイディ)です。特に若い人が良く利用しているオンライン決済サービスです。クレジットカードに代わる決済手段として重宝されています。支払いは翌月の後払い、コンビニ・銀行振り込みなのが特徴で、アパレルの通販サイトなどでも取り入れられています。

利用者の声では、給料日前やクレジットカードの締め日の都合でちょっと財布の紐が固いときに、重宝しているようです。Paidyを利用して先に商品を受け取り、翌月の10日までに支払えばいいので、給料が入ってから余裕をもって支払いができます。ただし購入してから日にちが空くため、忘れないように注意しましょう。

おすすめのオンライン決済サービス⑥ApplePay(アップルペイ)

アップルペイ

おすすめのオンライン決済サービス6つ目は、ApplePay(アップルペイ)です。iPhoneやiPadでおなじみのアップル社が提供している決済サービスです。iPhoneを専用の機器にかざすだけで支払うことができます。利用にはSuicaかクレジットカードが必要です。

電車の改札を通る際や、買い物などで財布やカードを取り出すことなく、手元のスマートフォンで支払いができるため便利だという声が多くあります。アップル製ということで、対応している店舗も多くコンビニや飲食店など様々な場面で使うことができ、利便性が高いです。

PayPal(ペイパル)の手数料は安くできる

以上がPayPal(ペイパル)の手数料やおすすめの決済サービスなどについてでした。PayPalは個人間の送金や、海外サイトでの買い物をするときに多くの人に利用されています。個人情報やカード情報を渡さずに決済ができるためセキュリティ面でも安心です。

また、Paypalのほかにも、ApplePayやAmazonPayなどの決済サービスがあり、わざわざ会員登録をすることなく、ログインだけで決済することができます。こういった決済サービスの普及により、支払いの利便性は今後ますます高まることでしょう。

ほかにも楽天カードやイオンカードでApplePayを利用するメリットなどについてまとめた記事があります。よろしければそちらも併せてご覧ください。

Small thumb fotolia 179973132 subscription monthly m
楽天カードでApple Payのメリット!Suicaチャージにも

Small thumb fotolia 193811825 subscription monthly m
イオンカードでapple payは使える?ポイントや割引は適用?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。