あまのじゃく(天邪鬼)の意味とは?性格や心理・原因や恋愛観も

あなたはあまのじゃく(天邪鬼)の言葉の意味をご存知でしょうか?ここでは、この言葉の意味やあまのじゃくな人の性格や心理や原因について、詳しくご説明して参ります。また、あまのじゃくな人の恋愛観や直し方や付き合い方についても、あわせてご紹介いたします。

あまのじゃく(天邪鬼)の意味とは?

あまのじゃく(天邪鬼)の意味とは「逆らった行動をする人や性質」

男性を無視する女性

『あまのじゃく(天邪鬼)』とは、「人に逆らった行動をする人や性質」という意味です。これは、わざと逆らっています。周囲の人たちが「右」だと言えば、それがたとえあっていたとしてもわざと左を選択するような性質や、そのような性質を持った人のことを指します。「わざと」というのが大変重要な鍵になります。

あまのじゃく(天邪鬼)の意味とは「仁王像が踏みつけている悪鬼」

清水寺

『あまのじゃく(天邪鬼)』は、仁王像が踏みつけている悪鬼のことです。「瓜子姫」の話などのような昔話に多く登場する嫌われ者です。邪(よこしま)な心を持ち、人を貶めることを意図してその人の真似をします。そのような悪さばかりしていた為、仁王様に咎められ、踏みつけられることになりました。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴6選

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴①意図して少数派を選択する

たくさんの人たち

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の1つ目は、『意図して少数派を選択する』ということです。「多数派の人たちの方が正しい」とわかっていても、あえて少数派を選択します。絶対に多数派に混ざりたくないのです。また、「少数派の方が正しいかもしれない」などのような、一縷の望みをかけていることもあります。

「人と同じ」ということをあまり好みません。できれば、他の人たちと違っている方が良い、とも思っています。その為、たとえ多数派の方が絶対に正しいとわかっていても、多数派と同じ意見を選択することはほとんどありません。間違っているとわかっていても、少数派を選択します。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴②目立とうとする

みんなから拍手される人

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の2つ目は、『目立とうとする』ということです。目立ちたがり屋です。周囲の人たちが自分に注目してくれる、ということが本人にとって大変気持ちが良いのです。自分が有名人になったような気持ちになるのでしょう。また、周囲の人たちが自分を羨望している、とも思い込んでいます。

目立とうとする為に、他の人たちとあえて異なることをします。他の人たちとあえて異なることをすれば、それだけ周囲の人たちが自分に注目してくれるからです。目立つ為なら、誰かを踏み台にすることもためらいません。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴③頑固者

頑固な男性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の3つ目は、『頑固者』ということです。周囲の人たちが「それは間違っているよ」などのように親切心からアドバイスをしても、その声に耳を傾けることはありません。自分の考えや思い、または選択に固執します。周囲の人たちに口出しされたくない、という強い思いもあります。

本人でも、それが間違っていることがわかっていることがあります。ですが、それを周囲の人たちに指摘されると、反発心が湧き上がってきます。その反発心を本人では抑えることが難しい為、頑固な性格になってしまうのです。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴④人を褒めない

会議で発言する人

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の4つ目は、『人を褒めない』ということです。周囲の人たちは自分よりもすべてにおいて下、と思っています。自分よりも下だと思っているのですから、誰かを褒めるということをするはずがありません。周囲の人たちは自分と比べて良いところが何もない、と思っていることもあります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴⑤謝らない

耳を塞ぐ男性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の5つ目は、『謝らない』ということです。明らかに自分に非がある場合でも、謝ることはしません。「自分は悪くない」と思い込んでいるからです。自分に非があるのは、周囲の誰かがそのように自分を貶めたから、とさえ思っています。絶対に自分は悪くないと思い込んでいるのです。

また、非を認めてしまったら負けてしまう、という思いを抱いている可能性もあります。常に周囲の人たちの優位に立ちたいという思いがある為、非を認めることはできないのです。それは、自分が周囲の人たちよりも劣っているということを認めることになるからです。

世の中には、謝れない人や謝らない人は結構多くいます。そんな人たちの心理や謝らせる方法についてお知りになりたい方は、こちらもご覧下さい。

Small thumb shutterstock 96743032
謝れない人の心理9選!すぐ謝る人との特徴の違いと謝らせる方法も

謝れない、または謝らない人ってどこにでもいますよね。そんな人の心理について、これからご説明して参ります。また、自分は悪くないと思っている人を謝らせる方法や...

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴⑥頭が良い

勉強する女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格の特徴の6つ目は、『頭が良い』ということです。大変頭は良いのです。自分で自分の身を守るために、頭の良さを磨いています。その為、物知りでもあります。ですが、その頭の良さはあくまで自分の身を守る為ですから、周囲の人たちの為に活かされる、ということはほとんどありません。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理5選

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理①一番でありたい

ガッツポーズする女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理の1つ目は、『一番でありたい』ということです。常に一番であろうとします。一番であることに強いこだわりを持っているのです。これは、目立ちたいという気持ちがあるからです。目立つ為には一番である必要があります。その為、一番でありたいという心理が根強くなっているのです。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理②みんなから愛されたい

楽しく食事をする人たち

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理の2つ目は、『みんなから愛されたい』ということです。実は本人は、周囲の人たちから愛されたいと思っています。目立とうとする行為も、自分が目立つことで周囲の人たちが自分に注目してくれます。その注目されていることが、周囲の人たちから愛されている、と思い込んでいるのです。

どうすれば本当の意味で愛されるようになるのか、ということはわかっていません。また、本人自身も、自分の中に「愛されたい」という心理に気づいていない可能性があります。自分で自分の深層心理があまりわかっていない、ということです。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理③コンプレックスがある

コンプレックスを抱えた女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理の3つ目は、『コンプレックスがある』ということです。このコンプレックスは、人によってさまざまです。自分の容姿に対して、コンプレックスを抱いている人もいるでしょう。また、人気者になれない自分に対して、コンプレックスを抱いているということもあります。種類はさまざまです。

これは言い換えるなら、自分の存在自体にコンプレックスを抱いています。自分の良さがわかっていないのです。自分には良いところが何もない、と思い込んでいます。ただ、この思い込み自体に、自分が気づいていないというケースもあります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理④ストレスを発散したい

叫ぶ女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理の4つ目は、『ストレスを発散したい』ということです。人と異なることをすることで、ストレスを発散させようとしています。少数派の選択をしたことで正解だった場合、「自分は正しかった」という気持ちが湧き上がってきます。また、目立つということもあるでしょう。

これらが本人にとっては、ストレス発散になっているのです。「自分が正しかった」や「みんなが注目してくれている」という気持ちが、自分の中にあるストレスを一時的に忘れさせてくれます。ただ、本当の意味でストレスが発散されているわけではないので、行動や言動はエスカレートしていきます。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理⑤本当は素直になりたい

窓の外を眺める女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の心理の5つ目は、『本当は素直になりたい』ということです。本心では素直になりたい、と思っている可能性があります。ですが、どのようにして素直になれば良いのかわからないのです。ずっと人は異なる態度や言動を取ってきた場合、素直になる方法を忘れてしまう、ということが起こります。

人と異なる態度や言動を取ることが、癖になっていたり当たり前になっていたりするからです。その為、本当は素直になりたいのだけれどどうすれば良いのかわからず、結局いつもどおりの態度や言動を取ってしまう、ということもあります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因は?

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因①両親からの愛情不足

子供と母親

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因の1つ目は、『両親からの愛情不足』問いことです。両親からしっかり愛情を受けた記憶がない場合、周囲の人たちとは異なった行動や言動が目立つようになります。目立つことで自分に注目を集め、愛してもらおうとしているのです。両親からの愛情不足は、大きな原因になります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因②比較されてきた

イースターを楽しむ家族

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因の2つ目は、『比較されてきた』ということです。いつも誰かと比較され続けると、比較されることが嫌になります。「そんなに比較するのなら、あえて違う行動を取ろう」という気持ちが湧いてきます。この気持ちが原因となり、人とは異なった行動や言動が目立つようになります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因③自分で選択できなかった

絵本を読んでもらう子供

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因の3つ目は、『自分で選択できなかった』ということです。これは幼少期に両親がすべて本人の代わりに選択してきたことが原因です。自分で決めたかったのに、それが許される環境ではなかったということです。その時のストレスが、大人になってから発散されているのです。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因④完璧を求められた

料理をする親子

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因の4つ目は、『完璧さを求められた』ということです。これも幼少の頃の両親の育て方が原因です。いつも完璧さを求められると、だんだん反抗心が湧き上がってきます。ですが、子供の頃は両親に逆らうことができません。その為、大人になってから反抗心が爆発しているのです。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因⑤自分に自信がない

自信がない女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の性格になった原因の5つ目は、『自分に自信がない』ということです。自分に自信のない人は、その自信のなさを自分で認めようとしたがりません。恥ずかしいと思っているからです。その恥ずかしさや自信のなさを隠したいという思いが原因となって、人とは異なった言動が目立つようになります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観5選

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観①誠実な人

見つめ合う二人

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観の1つ目は、『誠実な人』です。これは自分に対して誠実な人、という意味です。特に自分に嘘をつかない人を求める傾向があります。「自分は嘘をつくのに」と思う人がいるかもしれません。ですが相手が自分に対して誠実だという確信が得られると、本人も誠実な態度を取るようになります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観②浮気をしない人

額を寄せ合う男女

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観の2つ目は、『浮気をしない人』です。浮気は絶対に許しません。最大の裏切りだと思っています。裏切られることに、大きな恐怖心を抱いているのです。浮気の疑いがあると、相手を何度も問いただすなどの行動が目立つようになります。ストーカー行為に発展することもあるでしょう。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観③真剣にお付き合いできる人

バラの花を持つ男性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観の3つ目は、『真剣にお付き合いできる人』です。遊び感覚で付き合おうとする人には、まったく興味を示しません。「遊び人」と称されるような人は、あえて避けようとします。愛情が感じられなければ、本人が不安になるからです。自分だけを見つめて真剣に付き合ってくれる人を好みます。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観④言わなくてもわかってくれる人

赤い服を着た女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観の4つ目は、『言わなくてもわかってくれる人』です。自分が本心とは間逆のことを言ってしまう、という自覚はあります。自覚はありますが、それを治そうとしてもなかなか難しいのです。その為、自分の言葉の裏を読み取ってくれる人や、言わなくてもわかってくれる人を好きになります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観⑤わがままではない人

白いカチューシャをしている女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人の恋愛観の5つ目は、『わがままではない人』です。自分のわがままは良いのです。これは愛情の裏返しだと、本人では思っています。ですが、相手のわがままに振り回されるのは好みません。わがままを言わず、自分のわがままを受け入れてくれる人を好きになる、という傾向があります。

あまのじゃくの直し方は?

あまのじゃくな心理の直し方①自分を好きになる

鏡を見つめる女性

あまのじゃくな心理の直し方の1つめは、『自分を好きになる』ということです。まずは自分を好きになりましょう。自分のことが嫌いだから、本心とは裏返しになる言動を取ってしまうのです。自分を好きになって受け入れましょう。

あまのじゃくな心理の直し方②感謝の気持ちを持つ

感謝の花を渡す女性

あまのじゃくな心理の直し方の2つめは、『感謝の気持ちを持つ』ということです。周囲の人たちはもちろん、自分の現状に対しても感謝の気持ちを持ちましょう。感謝の気持ちは反発心と間逆の感情です。感謝の気持ちを意図的に持つことで、反発心が湧き上がってきにくくなります。

あまのじゃくな心理の直し方③焦らない

考える女性

あまのじゃくな心理の直し方の3つめは、『焦らない』ということです。性格や性質は、そんなに簡単に直るものではありません。ゆっくり時間をかけて向き合っていく必要があります。「早く何とかしたい」などのような焦りの感情を持つと逆効果になります。焦らず、じっくり時間をかけて直していくようにしましょう。

あまのじゃくな人との付き合い方は?

あまのじゃくな人や女性との付き合い方①そういう人だと思う

会議室で話をする人たち

あまのじゃくな人や女性との付き合い方の1つ目は、『そういう人だと思う』ということです。世の中には、意図的に人の神経を逆撫でする人がいます。そのような人にいちいち腹を立てているのは良くありません。あなたが大人な態度を取って、そういう人だと思うようにしましょう。

あまのじゃくな人や女性との付き合い方②時間をかける

腕組みをする女性

あまのじゃくな人や女性との付き合い方の2つ目は、『時間をかける』ということです。このタイプの人は、他人に対して警戒心が強いということがあります。その場合は、ゆっくり時間をかけて付き合っていくことで警戒心が解け、気持ち良いお付き合いができるようになります。

あまのじゃく(天邪鬼)な人はこちらが腹を立てると逆効果

怒る女性

あまのじゃく(天邪鬼)な人は、こちらが腹を立てたり苛立ったりすると、逆効果になります。相手が腹を立てたり苛立っているのを見て、喜んでいる可能性もあるからです。自分の冷静さを保つ自信がないのなら、極力関わりあいにならないようにした方が良いでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。