印象に残る簡単な自己紹介スピーチの仕方は?会社/大学/アルバイト

今回は印象に残る簡単な自己紹介スピーチの仕方を中心に紹介します。会社や大学やバイト先で初対面の人に自分のプロフィールや意気込みをアピールする自己紹介を苦手としている人も多いのではないでしょうか。印象に残る自己紹介の仕方やNGな仕方も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

NGな自己紹介スピーチの仕方は?

NGな自己紹介スピーチの仕方①自慢に捉えられるプロフィールを話す

落ち込んでいる女性

1つ目のNGな自己紹介スピーチの仕方は、自慢に捉えられるプロフィールを話すことです。実家がお金持ちである、モデルとしてスカウトされたことがある等の自慢に捉えられるようなプロフィールを話すことは避けましょう。

自己紹介のスピーチは人に覚えてもらうためにするものであり、自慢をする場ではありません。人と違う個性やエピソードを話して印象付けたい気持ちもわかりますが、自慢話を聞かされて気持ちのいい人はいませんし、好印象を得られませんので注意しましょう。

NGな自己紹介スピーチの仕方②マニアックな話をしすぎない

落ち込んでいる女性②

2つ目のNGな自己紹介スピーチの仕方は、マニアックな話をしすぎないことです。趣味や特技の話、はまっていることを自己紹介のスピーチの場で話すことで、共通点を持っている人と仲良くなれることがありますが、自己紹介スピーチの場でマニアックすぎる話をすると引かれてしまう可能性があります。

趣味やはまっていることをプロフィールの一部として話す時は、映画ならこのジャンルが好き、音楽ならこのジャンルが好きでフェスやライブに行っている等、一言付け加える程度の内容にしておきましょう。マニアックな話は自己紹介スピーチが終わってから共通点がある人同士で話すようにしてくださいね。

NGな自己紹介スピーチの仕方③姿勢が悪く不愛想

怒っている女性

3つ目のNGな自己紹介スピーチの仕方は、姿勢が悪く不愛想なことです。背中が曲がっていて笑顔がなく不愛想な姿での自己紹介スピーチは、いくら本来の性格が良くても容姿がいい方でも初対面の人を目の前にいい印象を与えることはできません。

自己紹介スピーチをするときは、背筋を伸ばして笑顔で話すことを心がけるようにしてくださいね。それだけで明るく素敵な印象を周囲に与えることができます。笑顔の上手な作り方は後の項目で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

印象に残る自己紹介スピーチのポイントは?

印象に残る自己紹介スピーチのポイント①笑顔ではっきりと話す

笑顔な女性

1つ目の印象に残る自己紹介スピーチのポイントは、笑顔ではっきりと話すことです。人前で話すことが苦手な方やそうじゃない方でも初対面の人の前で話す時は緊張してしまうものです。自己紹介スピーチは緊張してしまうものですが、笑顔ではきはきと聞き取りやすい声ではっきり話すことを意識するようにしましょう。

笑顔ではきはきと話すことで、相手に明るい印象を与えることができますし話しかけやすいと思ってもらえるでしょう。逆に、表情がなくぼそぼそと聞き取りづらい声で話をしてしまうと、相手もとっつきにくいと思ってしまいますし、伝えたいことをうまく伝えられません。恥ずかしいという思いを捨てて頑張ってみましょう。

印象に残る自己紹介スピーチのポイント②抱負や意気込みを簡単に話す

話している女性

2つ目の印象に残る自己紹介スピーチのポイントは、抱負や意気込みを簡単に話すことです。自己紹介スピーチをする時は自分のプロフィールだけでなく、会社や大学、バイト先等シーンに合った抱負や意気込みを一言付け加えるとよいでしょう。

会社の場合は新人として頑張りたいこと、バイト先の場合は笑顔で接客を頑張りたい等の仕事内容に関する抱負や意気込みが良いでしょう。大学のサークルの場合は、大学生活やサークル活動で楽しみにしていることを話してもよいですね。大学のゼミの場合は、興味のある研究分野を話してもよいでしょう。

抱負や意気込みを一言付け加えることで、仕事や活動に対する意欲があり積極的な姿勢であることを聞いている相手に伝えることができて好印象を与えることができます。抱負や意気込みを話すときは壮大なものではなく、あくまで謙虚な姿勢でこれから頑張るのでよろしくお願いしますという気持ちが伝わる内容にしましょう。

印象に残る自己紹介スピーチのポイント③興味を持ってもらえる話題を出す

握手している人

3つ目の印象に残る自己紹介スピーチのポイントは、興味を持ってもらえる話題を出すことです。自分の名前や簡単なプロフィールだけの自己紹介スピーチよりも、興味を持ってもらえる話題を付け加えたほうが効いている相手と話すきっかけが作れるのでおすすめです。

話題は、自分の出身地や名前やニックネームにまつわる話や趣味やはまっていることに関するものでもOKです。マニアックすぎる話よりは、自己紹介スピーチを聞いている相手が興味を持てたり共感を得られるものが良いでしょう。

例えば、趣味が映画鑑賞ならば年間○○本ぐらい見ていて好きなジャンルは○○ですという風に伝えてみましょう。聞いている相手は、好きな映画の話をしてみようかな、おすすめを教えてもらおうという気持ちになれるでしょう。自己紹介を聞いている相手が話しかけたくなるような話題を意識するのが良いでしょう。

印象に残る自己紹介スピーチのポイント④長すぎないよう1・2分にまとめる

時計

4つ目の印象に残る自己紹介スピーチのポイントは、長すぎないよう1~2分にまとめることです。自己紹介のスピーチは、自分をアピールできる場ではありますが長すぎると聞いている側が飽きてしまいます。自分の簡単なプロフィールと抱負や意気込みを含めて1~2分のボリュームを意識して話すようにしましょう。

自己紹介スピーチが短すぎても、その後の話が広がらないですし相手の印象に残るスピーチにはなりません。自己紹介スピーチの内容が長すぎたり短すぎたりしないように一度原稿を書いてみたり、タイマーで測ってリハーサルをしてみるのもよいかもしれません。

印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文は?

印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文①バイト先での自己紹介の例

話をしている男性
バイト先での自己紹介の例

はじめまして!今日から出勤しています○○と申します。 このお店の○○が好きでお客さんにも良さを伝えたいと思ってバイトに応募しました。ここで働くことが決まってとてもうれしいです。 笑顔を絶やさず接客できるように頑張りたいと思うのでよろしくお願いします。 趣味は美味しいものの食べ歩くことです。近くにおすすめのお店があれば教えてください! 先輩方にはご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いします。

1つ目に紹介する印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文は、バイト先での自己紹介の例です。お店の商品や接客が好きで憧れて応募した等の応募動機や意気込みを伝えることで、バイトの意欲が伝わる自己紹介スピーチになっています。趣味の後におすすめを教えてほしいと加えることで、話しかけやすい雰囲気ができています。

印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文②大学での自己紹介の例

自己紹介している男性
大学での自己紹介の例

はじめまして!○○学部○○科の1年の○○です。 しゃちほこやひつまぶしで有名な愛知県出身で今は一人暮らしをしています。 このサークルでみんなと仲良くなって大学生活の思い出を沢山作りたいです! 音楽が好きで、高校生のころからバンドを組んでギターを弾いていました。 ライブやフェスにもよく行くので、音楽が好きな人お話ししましょう! よろしくお願いします。

2つ目の印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文は、大学での自己紹介の例です。大学は、全国から学生が集まりますので、出身地を伝えると地元が近い人が見つかるなど共通点を見つけやすいかもしれません。サークル等の砕けた場所では趣味等自分のプライベートに関することを多めに話すと硬い雰囲気にならずに済みます。

印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文③会社での自己紹介の例

話している男性
会社での自己紹介の例

本日より○○部へ配属となりました○○と申します。 神奈川県出身で大学は○○大学で○○を専攻していました。 小さいころから陸上をずっと続けていて学生時代も陸上部に所属して部活に打ち込む毎日でした。 根気と体力には自信があります! 慣れないうちは先輩方にご迷惑をおかけしてしまうと思いますが、一日でも早く戦力になれるように努力していきますので、よろしくお願いします。

3つ目の印象に残る自己紹介スピーチの仕方・例文は、会社での自己紹介の例です。新入社員として自己紹介をするときは、新人としての意気込みや意欲が伝わるような自己紹介スピーチを意識しましょう。会社での自己紹介スピーチは、プライベートに関することをだらだらと話しすぎないように簡単にまとめるのがポイントです。

【番外編】相手に好印象を与える笑顔の作り方は?

相手に好印象を与える笑顔の作り方①口角を上げて歯を見せる

笑っている男女

1つ目の相手に好印象を当てる笑顔の作り方は、口角を上げて歯を見せることです。口角が下がっているとそれだけで不機嫌な印象を相手に与えてしまいます。普段から笑顔になれていない人や写真で笑顔を作るのが苦手な人は、無意識に口角が下がっていることがあります。

自分が笑顔を作ることが苦手だと感じる方は、普段から口角を上げた状態を作ることを意識するとよいでしょう。意識的に口角を上げていることで自然な笑顔を作れるようになっていきます。また、笑顔を作るときは歯を見せて笑うようにしましょう。笑った時に歯が6~8本見えているように意識するとよいでしょう。

口角を上げて笑顔を作るときは、「い」の発音をするときの口が理想形です。鏡を見て「い」の口をしてキープして笑顔の練習をするのがおすすめです。笑顔の練習をしたり意識的に口角を上げることで表情豊かになりますし、自己紹介スピーチの場だけでなく普段から明るい人だという印象を与えられます。

相手に好印象を与える笑顔の作り方②目でも笑顔を作る

笑顔の女性

2つ目の相手に好印象を当てる笑顔の作り方は、目でも笑顔を作ることです。せっかく口角を上げて歯を見せて笑っても目元が笑っていなければ不自然な印象を与えてしまいますし、本心では笑っていないと思われてしまいます。目でも笑顔を作るというのは慣れるまでは難しく感じるので、鏡の前で練習しておくとよいでしょう。

目で笑顔を作るときのポイントは、目を細めて目尻を下げることです。文章で見ると難しく感じるので実際に鏡の前で自分の表情を確認しながらやってみるとよいでしょう。最近嬉しかったことや好きな食べ物等自分が笑顔になれそうなものを思い浮かべて、口角を上げて微笑んだら、目で笑顔を作ることも難しくはありません。

印象に残る自己紹介スピーチについて知ろう!

笑顔の女性②

今回は、印象に残る簡単な自己紹介スピーチについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。自分のプロフィールや意気込みを発表する自己紹介スピーチに苦手意識を持っている方は沢山いると思います。緊張してしまいますが、自分をアピールしたり覚えてもらえる絶好の場ですので、この記事を参考に頑張ってみてくださいね。

また、ここに3分間スピーチについて紹介した記事を載せました。スピーチをする場は会社の朝礼であったりパーティーであったりとビジネスシーンやプライベートを問わず意外とあるものです。文字数と構成や面白いテーマやネタのほか例文も紹介していますので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 1144156625
3分間スピーチとは?文字数と構成や面白いテーマやネタと例文は?

3分間スピーチと聞いて、苦手意識を持っている方は多いと思います。人前で話す事に慣れている人は、そんなにいませんよね。でも、文字数の目安や構成を決め準備をす...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。