年収650万の手取りは?30歳女性での貯金や生活・住宅ローンも

年収650万では、どの程度の手取りがあり生活できるのか気になる方は多いですよね。こちらの記事では、そんな年収650万の手取りや貯金、生活レベルについて紹介しています。30歳女性の貯金額についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

年収650万の手取り金額・所得税も

年収650万の年収の手取り金額|約500万円

年収が上がるグラフ

年収650万の年収の手取り金額とは、約500万円になります。そのため税金や社会保険料で、年間150万円ほど引かれているという事になります。これは月に換算すると、11万円程度です。

年収650万は、平均年収より大きく上回る年収になります。そのためそれに応じて差し引かれる金額も大きくなっています。しかし手取りで500万円もらうことができるため、ゆとりのある生活を行うことが可能です。

年収650万の手取りだけでなく、一般職の手取りや平均年収も知りたい方は多いですよね。こちらの記事では、そんな一般職の平均年収を企業や業種別に紹介しています。どのような企業が年収650万円程度なのか気になる方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 519228910
一般職の平均年収はいくら?大手企業・銀行の給料はいくら?

この記事では大手企業などの一般職の平均年収についてお伝えしています。公務員・商社・銀行などの給料や仕事内容を把握することで今後の就活に役立てていただける記...

年収650万の月収の手取り金額|約40万円

手に持っているお金

年収650万の月収の手取り金額とは、約40万円になります。月収40万というのは、単身世帯の方であれば十分すぎるほどの金額です。子供がいる世帯であっても、貯金を行うことができる程度の手取りになります。

手取り40万円に慣れてしまうと、なかなか貯金ができません。そのため給与から差し引かれる、定期預金を行うことがおすすめになります。貯金を行いたいという人は、固定費から見直してみてください。

年収650万の所得税|約25万円

支払いに苦悩する男性

年収650万の所得税とは、約25万円になります。これは年間にかかる所得税の金額です。また金額は単身世帯であるか、扶養家族がいるのかで10万円程度前後します。自分の環境で異なるため、注意しましょう。

また所得税というのは、会社員であれば月々差し引かれるものです。しかし退職したりフリーランスになったりすると、差し引かれることがないため直接支払いを行う必要があります。月にすると2万円前後の金額であるため、会社を辞める予定のある人は覚えておいてください。

年収650万の住民税|約15万円

お金を数える人

年収650万の住民税とは、約15万円になります。この住民税も、環境によって5万円前後異なるため、注意が必要です。住民税とは、住んでいる県や市に支払う税金をいいます。これは所得税とは別の税金です。

年収650万円であると、月々に支払う住民税は1万円程度です。また月々差し引かれるものとしては、社会保険料があります。健康保険や年金の支払いが社会保険料に該当するため、何が差し引かれているのか分かっていない人はチェックしてみてください。

年収650万の割合や平均年齢は

年収650万の割合|約15%

グラフを見る男性

年収650万の割合とは、約15%になります。全体の15%ということは、6人から7人に1人の割合ということです。このように考えると、やはり全体的に少ない印象を受けます。

日本人の平均年収が400万円程度といわれているため、平均よりかなり高いことが分かります。このように年収650万円というのは、全体的に高めの年収であるということです。

年収650万の男性の割合|約24%

パソコンにうつるグラフ

年収650万の男性の割合とは、約24%になります。全体の平均を見たときに、かなり高い割合を占めているという事が分かります。このように男性は女性より、年収650万円の人が多いです。

しかしこれはあくまで平均です。人口的にも若年層より中高年層が多く年収も高いため、このような割合になっているといえます。20代や30代のみで見てみると、年収650万円の割合は5%程度といわれています。

年収650万の女性の割合|約8%

貯金箱を持つ女性

年収650万の女性の割合とは、約8%になります。女性はやはり男性より、割合が大きく下回ります。しかしそれは働く女性の中には、パートで働く人が多いという事も関係しているようです。

また年収650万円以上の多くを占めている中高年層の年代では、女性が働くことに馴染みがないことも一つの要因です。男女の区別が少なくなった現在では、大きく年収に差がないため注意しましょう。

年収650万の平均年齢|約55歳

お金がつまった瓶

年収650万の平均年齢とは、約55歳になります。平均より高い年収である年収650万円は、管理職ほどの年齢である50代の方が多くもらっていることが分かります。

日本の文化として、年功序列的に年収が上がっていく会社が多いです。そのため平均年収より高い年収をもらっている人の多くは、それに伴い年齢も高いという事になります。

年収650万の貯金総額と住宅ローンについて|30歳の女性も

年収650万の2人以上世帯の貯金総額|約600万円

お金が増えていく画像

年収650万の2人以上世帯の貯金総額とは、約600万円になります。二人以上の家族世帯での貯金額は、単身世帯よりやや低めになります。世帯年収の場合人数が多いほど使い金額が多くなるため、貯金額も減るということが分かります。

また子供がいる世帯では、学費や学資保険といった子供のために使う金額が非常に多いです。そのため相対的に貯金額も減っていきます。しかし600万円ほど貯金があれば、住宅購入の頭金や車の購入など、大きな出費には困りません。そのためまずは600万円ほどを目標に貯金することがおすすめです。

年収650万の単身世帯の貯金総額|約1000万円

貯金する男性

年収650万の単身世帯の貯金総額とは、約1000万円になります。年収650万円の単身世帯になると、普通に生活をしていても10万円から20万円の貯金を行うことができます。そのため貯金額もとても多く、1000万円以上の貯金がある人も珍しくありません。

特にこれから結婚を考えている人や家の購入を検討している人は、切り詰めて貯金する傾向にあるようです。貯金があれば、結婚と同時に家の購入をすることもできます。そのため今後のライフプランに合わせて、貯金を行っていくことがおすすめです。

30歳女性の貯金総額|約300万円

貯金箱を持って嬉しい女性

30歳女性の貯金総額とは、約300万円になります。女性は30歳になると結婚への意識が高まり、貯金をする人が多くなります。そのため20代女性では100万円程度の平均貯金額も、30歳になると大きく上昇しているようです。

結婚を考えている人の場合は、結婚式の費用や新生活への費用のために貯金しています。結婚を考えていない人では、老後の生活のために貯金をしている人が多いようです。30歳になると中堅の社会人です。そのため今後の生活に合った貯金が必要になります。

30歳男性の貯金総額|約450万円

ネットから貯金する男性

30歳男性の貯金総額とは、約450万円になります。男性も30歳になると、貯金への意識が高まり貯金を始める人が多いです。特に結婚を考えている人では、生活を切り詰めて貯金をする人も多いといわれています。

女性の場合は結婚して、育児を行うために仕事を休職している人もいます。そのため男性の方が平均的には貯金総額が高くなっています。30歳とはこれからの人生を左右する時期でもあるため、将来設計を考えた貯金を行うようにしてみてください。

年収650万の住宅ローン①約5000万円まで借り入れ可能

お金を引っ張る人形

年収650万の住宅ローン一つ目は、約5000万円まで借り入れ可能ということです。年収650万円あれば、住宅ローンが組めないという事はほとんどありません。しかしフリーランスや安定していない職業では難しい場合もあるため注意しましょう。

また年収650万円でも35年ローンであれば、5000万円の借り入れも可能です。しかし現実的に無理のない範囲で返済するためには、3000万円前後の借り入れがおすすめになります。貯金がある場合は頭金として使えるため、貯金踏まえた上で住宅ローンの相談が必要です。

年収650万の住宅ローン②返済期間やライフプランを考慮した借り入れ

計算する画像

年収650万の住宅ローン二つ目は、返済期間やライフプランを考慮した借り入れが必要であるという事です。年収650万円をもらっている平均年齢は、55歳です。55歳からでは、返済猶予がほとんどありません。

そのため後どれくらいの期間で返済したいか、今後のライフプランをしっかり踏まえた上での計画が必要になります。今年収650万円なくても、住宅ローンの借り入れは可能です。住宅ローンは長年付いてくるもののため、無理のない範囲で計画を立てるようにしましょう。

年収650万の生活レベル

年収650万の生活レベル①家賃は9万円から10万円程度

お金と家の重さ

年収650万の生活レベル一つ目は、家賃は9万円から10万円程度になります。家賃というのは、おおよそ手取りの3割程度が望ましいとされています。そのため年収650万円で家賃を考えるなら、10万円程度で12万円以上にならないことがおすすめです。

都心に住んでいると、どうしても家賃が高くなってしまいます。その家賃で生活を圧迫してしまうと、余裕がない生活になってしまいます。そのため家賃の高いところから少し妥協し、自分の年収に合った場所へと引っ越すことも必要になります。

年収650万の生活レベル②貯金は毎月10万円以上可能

瓶に貯金する

年収650万の生活レベル二つ目は、貯金は毎月10万円以上可能ということです。年収650万円の手取りは40万円程度です。そのため生活費を引いても、10万円は貯金することができます。給料を全て使ってしまうという人は、貯金方法を工夫して貯金するようにしましょう。

しかし貯金額というのは、家族構成によっても左右されます。子供がいる家庭では、どうしても出費が増えることも多いです。そういった時は、何にいくら使っているのか分かるように家計簿を付けることがおすすめになります。

年収650万の生活レベル③固定費は5万円ほど

カードでお金を払う

年収650万の生活レベル三つ目は、固定費は5万円ほどということです。固定費とは、いわゆる光熱費になります。本来は家賃も含みますが、家賃については上記で説明した通りです。光熱費というのは毎月必ず払わなければいけません。

しかしどれだけ節約しても、一軒家であれば特に光熱費は高くなってしまいます。そのため光熱費の場合はできるだけ目標額を定め、そこに収めるように工夫することがおすすめです。年収650万円であれば、光熱費各々に1万5000円ほど使っても家計を圧迫することはありません。

年収650万の生活レベル④食費は6万円から7万円程度

食事の画像

年収650万の生活レベル四つ目は、食費は6万円から7万円程度になります。食費を7万円ほど使えるという事は、週に2万円弱使えるという事です。そのためゆとりのある食生活を送ることができます。

しかし食費についても、人数で大きく左右されます。単身世帯の場合はそこまで気にする必要はありません。家族世帯の場合は、人数×2万円程度の食費にすると無理なく食生活を送ることができるためおすすめです。

年収650万円の手取りや生活レベルを知り楽しく生活しよう!

年収650万の手取りや生活レベル、貯金額について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。年収650万であれば、ある程度ゆとりのある生活を送ることができることを知っていただけたと思います。誰にでも年収650万になる可能性があります。そういった時は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。