【文字数別】星に関するかわいい名前24選!男の子・女の子にピッタリの言葉を厳選!

もうすぐ赤ちゃんが生まれる家庭において「名前は何にしようか悩む」という保護者の方も多いことでしょう。実は昨今、響きの美しさ・意味の深さから「星」に関する名前が人気です。今回は、星に関するかわいい名前を紹介します。文字数別にまとめていますので、ぜひご覧ください!

【男の子・一文字】星に関するかわいい名前3選!

①宇(ひさし)

星と天の川

1つ目は「宇(ひさし)」です。男の子に多く使われる名前であり、広大な空や天を意味しています。宇宙を連想させる漢字でもあるため、広い心を持つ人に育つように、願いを込めて名付けられる場合も少なくありません。

また宇宙や空は、無限に広がっているイメージを持たれやすいことから、「無限の可能性がある」という意味も込められます。読み方もシンプルであり、年齢を重ねてもギャップが起こりにくい名前です。

②昴(すばる)

カラフルな星空

2つ目は「昴(すばる)」です。男の子に名付ける時によく用いられる名前であり、漢字がかっこいいことから高い人気を集めています。おうし座に含まれる星の集合体「プレアデス星団」を意味する漢字ですよ。

プレアデス星団は肉眼でも確認できるほど明るいのが特徴です。そのため「多くの人の注目を集める人気者になってほしい」という願いにぴったりですよ。また「昴」は農耕の星とも呼ばれており、食に困らない人生が送れるよう願って名付ける時にもおすすめです。

③弦(げん・ゆずる)

弓張り月

3つ目は「弦(げん・ゆずる)」です。男の子に名付ける時に用いられる名前で、「ゆずる」と読ませる場合は温和で、「げん」の場合は真面目な雰囲気があります。月の状態の1つである半月の異称の「弦月」や「弓張り月」が由来です。

「弦楽器に張る糸」という意味もあることから、温和で柔軟性のある印象も与えられます。「のびやかな性格の子に育ってほしい」という願いを込める時にはぴったりな名前です。

【男の子・二文字】星に関するかわいい名前6選!

①結星(ゆうせい)

美しい星空

1つ目は「結星(ゆうせい)」です。星座ができる様子をイメージした名前で、読み方に濁音がないため、優しく温和な雰囲気があります。複数の星を結んで1つの星座ができることにちなんで「誰かとの縁を大切してほしい」という願いを込めたい時におすすめです。

②星哉(せいや)

宇宙のような景色

2つ目は「星哉(せいや)」です。宇宙と神話を題材とした、人気漫画の主人公の名前が由来となっており、かわいらしさとかっこよさを併せ持っています。音の響きも綺麗であるため「品のある大人になってほしい」という願いを込めて付けられることも少なくありません。

③那沙(なさ)

宇宙飛行士

3つ目は「那沙(なさ)」です。アメリカ航空宇宙局(=NASA)を由来とし、かわいらしさだけでなく、かっこいい雰囲気もある名前ですよ。当て字ではありますが、読み方や漢字がシンプルである点でも人気です。「世界的に活躍する人になってほしい」という願いを込めたい時におすすめですよ。

④流星(りゅうせい)

輝く流れ星

4つ目は「流星(りゅうせい)」です。流れ星を由来とする名前であり、かわいいだけでなく、音の響きの美しさが人気ですよ。「流れ星に願いごとをすると叶う」という、キリスト教にちなんで「チャンスを掴める人になってほしい」という場合におすすめです。

⑤北斗(ほくと)

北斗七星と北極星

5つ目は「北斗(ほくと)」です。かわいらしさだけでなく、かっこいい雰囲気もあります。おおぐま座の下半分の星列を意味する「北斗七星」が由来です。7つの明るい星で構成されていることから、「明るい子に育ってほしい」という願いを込める時におすすめですよ。

⑥太陽(たいよう)

太陽

6つ目は「太陽(たいよう)」です。男の子の名付けに用いられることが多く、天体の太陽が由来の名前ですよ。明るく周囲を照らしてくれる太陽の様子から「元気で明るい性格に育って欲しい」という願いにぴったりです。

また太陽の温度は約6000度とされており、星のなかで一番熱いのが特徴です。そのため「生まれた子どもが情熱的な性格に育って欲しい」という場合にも、おすすめの名前ですよ。

【男の子・三文字】星に関するかわいい名前3選!

①南十星(なとせ)

星が動く様子

1つ目は「南十星(なとせ)」です。中性的な雰囲気の読み方であるとして人気の名前であり、いて座の上半分を含む、6つの星の総称である南斗六星が由来ですよ。

南斗六星は北極星に近い位置にあり、日本からもよく見える星です。そのため「誰からも愛される存在になってほしい」という願いで名付けたい時にもおすすめです。

②星一郎(せいいちろう)

たくさんの星

2つ目は「星一郎(せいいちろう)」です。使われている漢字だけでなく、読み方もシンプルであるため、キラキラネームになりにくい点も魅力ですよ。「誠実で素直な性格に育ってほしい」という願いを込めたい時にはぴったりな名前です。

③真星人(まほと)

一番明るい星が浮かぶ空

3つ目は「真星人(まほと)」です。「真に輝く星」というイメージの名前ですよ。また、マ行やハ行の音が入っていることで、優しく爽やかな雰囲気があります。

【女の子・一文字】星に関するかわいい名前3選!

①蛍(ほたる・けい)

火星のイメージ

1つ目は「蛍(ほたる・けい)」です。火星の異名の1つである「熒惑(けいわく)」が由来であり、女の子の名前としても人気ですよ。星に関する名前はキラキラとしたイメージのものが多いですが、「蛍」は比較的穏やかで落ち着いた雰囲気があります。

また、苦労して勉学に励んだ結果を意味する「蛍雪の功」という言葉にも、同じ漢字が使われています。そのため「目標に向かって努力ができる人になってほしい」という、願いを込めたい時にもおすすめです。

②月(つき・るな)

美しい三日月

2つ目は「月(つき・るな)」です。天体の月を由来とする、ポピュラーな名前ですよ。歴史やスピリチュアルな分野と深いつながりがあるため、綺麗でミステリアスな雰囲気があります。

また昨今は名付けの際に、同じ漢字でも「るな」と読ませることも少なくありません。「るな」の場合は、ローマ神話に登場する月の女神であるルーナが由来となっています。「上品で心が清らかな子に育って欲しい」という願いにぴったりな名前です。

③満(みちる)

十五夜の満月

3つ目は「満(みちる)」です。美しく輝く満月を由来としています。「満ち足りた一生を送れるように」という願いを込めたい時にぴったりです。男の子に名付ける際には「みつる」と読ませる保護者も少なくありません。

【女の子・二文字】星に関するかわいい名前6選!

①星羅(せいら)

星のオーナメントとランプ

1つ目は「星羅(せいら)」です。「王女」を意味するヘブライ語「サラ」が由来となっている名前であり、女の子に名付ける時にも人気ですよ。王女のように気品のある女性に育ってほしい場合にもおすすめです。

②明星(あきほ)

満天の星

2つ目は「明星(あきほ)」です。「一際明るく輝く星」を意味する漢字が由来であり、女の子の名前としても人気ですよ。「明るい性格に育って欲しい」という願いを込めたい時にぴったりです。また「特定の分野におけるスター」を意味する言葉でもあるため、「トップを目指してほしい」という場合にもおすすめです。

③夏星(かほ)

美しい星が並ぶ空

3つ目は「夏星(かほ)」です。特に夏生まれの女の子にぴったりな名前であり「夏の星空」を意味していますよ。夏に見られる星は、肉眼でも発見できるほど明るいものが多い傾向にあります。そのため「明るく元気な子に育ってほしい」という場合におすすめです。

④千星(ちほ)

たくさんの星

4つ目は「千星(ちほ)」です。「幾千もの星」を意味しており、読み方がかわいらしいことから、女の子の名前として人気を集めています。星空は心を癒す効果を持つとされているため、「他の人を和ませられる性格になってほしい」という願いにはぴったりです。

⑤衣緒(いお)

木星のイメージ

5つ目は「衣緒(いお)」です。温和で優しい雰囲気があり、女の子の名前としても人気ですよ。木星の第一衛生である「イオ」が由来となっています。太陽系の衛星の中で、木星は4番目に大きいことから「立派に成長してほしい」という願いにおすすめです。

またギリシャ神話に登場する、女神イーオーをもじった名前でもあります。イーオーは雨をもたらす月の化身という説があることから、ミステリアスな雰囲気もありますよ。

⑥織姫(おりひめ)

七夕飾り

6つ目は「織姫(おりひめ)」です。「姫」という漢字が入っているという理由から、上品でかわいい雰囲気があります。七夕伝説の主役ともいえる仙女の織姫が由来であり、こと座の別名としても知られていますよ。

また日本においても、天照大神へ献上した衣装を織り上げた神様の別名として知られています。神様の名を冠する、綺麗で素敵な名前であるため「気品のある女性に育ってほしい」という場合におすすめです。

【女の子・三文字】星に関するかわいい名前3選!

①星乃花(ほのか)

幻想的な星空

1つ目は「星乃花(ほのか)」です。星や花などといった、一般的に美しいものを表す漢字が並んでいるため、綺麗でかわいい雰囲気がありますよ。

また、読み方であり由来となる「ほのか」は、香りや光などがかすかに感じられる様子を指しています。そのため「優しく穏やかな性格に育ってほしい」という場合にぴったりな名前ですよ。

②星玲奈(せれな)

月が見える場所

2つ目は「星玲奈(せれな)」です。女の子の名前として高い人気を誇っており、ギリシア神話の月の女神であるセレーネーが由来とされています。セレーネーは絶世の美女とされており、読み方もどこか幻想的で綺麗な雰囲気がありますよ。

「心が清らかな子に育ってほしい」という場合に、ぴったりな名前です。また満ち欠けを繰り返す月のうち、セレーネーは満月を表すともされています。そのため「満ち足りた人生を送ってほしい」という願いを込めたい時にもおすすめです。

③星都奈(せつな)

たくさんの流れ星

3つ目は「星都奈(せつな)」です。中性的な音の響きがあることから、人気の名前ですよ。きわめて短い時間を意味する「刹那」が由来で、すぐに消えてしまう流れ星のような、儚くてかわいい雰囲気があります。

同じ読み方の名前のなかでも、男の子に名付ける時には「星月那」や「星絆」という漢字を使う保護者も少なくありません。漢字を少し変えるだけで、かっこいい印象の名前になりますよ。

星に関するかわいい名前を考えてみよう!

星に関する名前は、他にもたくさん存在しています。同じ読み方の名前でも、漢字が違えば願いや雰囲気も異なりますよ。「子どもの名前は何にしようか悩む」という保護者の方は、ぜひ今回ご紹介したものを参考にしてみましょう。

性の多様化が話題になっている現代では、赤ちゃんに名付ける時にユニセックスな名前を選ぶ保護者も少なくありません。関連記事では、男女どちらでも使える、中性的な名前について紹介していますよ。

Small thumb shutterstock 517994293
男女共通の中性・ユニセックスな名前50選|男の子/女の子/中性的/和風

性が多様化している現在、赤ちゃんの名前をつけるとき、男女兼用、いわゆる中性・ユニセックスな名前をつける人が増えています。男でも女でも使える名前=中性的で男...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。