【ヤフオク】ノークレームノーリターン商品の返品・返金は可能?購入者必見!

ヤフオクは誰でも簡単にできる「オークション形式」のショッピングサイトです。中古だけど定価よりも安く買えたりする所も魅力の一つです。ですが、ネットショッピング故のトラブルも生じやすいです。ここでは、落札商品のノークレーム・ノーリターンについてご紹介していきます。

ヤフオクのノークレームノーリターン商品とは?

①出品者側の返品返金不可という意向

拒否する眼鏡女性

ノークレームノーリターンは、出品者側の返品返金不可という意向を示す文言です。「クレームや返品を受け付けません」という意味となっています。クレームや返品があると、出品者側にさまざまな負担が生じます。そのため、出品者側の負担を軽減するために、ノークレームノーリターンという文言が生まれました。

「商品に問題があった場合でも、クレームや返品は受け付けません」という意味もあります。そのため、落札者は故障や不良品でも、泣き寝入りするケースがあるので注意が必要です。

②了承できる人に購入してほしいという意向

拒否する青い服の女性

ノークレームノーリターンと提示しているのは、了承できる人に購入してほしいからです。ノークレームノーリターンの頭文字を取って「NCNR」と記載している出品者もいます。また、「NCNRでお願いします」と説明しているケースもあります。

そのため、ヤフオク初心者の方は、意味がわからないまま落札することもあるでしょう。出品者側は、ノークレームノーリターンに了承して落札したと思っても、違う場合があるのです。

ヤフオクでノークレームノーリターン商品の返品は可能?

①商品説明に記載のない不具合なら可能

ガッツポーズの男性

ノークレームノーリターン商品でも、商品説明に記載のない不具合なら返品可能です。商品説明に記載のない不具合を指摘されたら、出品者は無視することを禁止されています。

また、届いた商品が故障していたり、不良品などの場合は返品できます。ノークレームノーリターン商品だからといって諦めることをせず、きちんと出品者に連絡をしましょう。

②返品するなら受け取り評価をしない

考える男性

落札した商品を返品したい場合、受け取り評価をしてはいけません。なぜなら、受け取り評価をすると、出品者へ商品代金が支払われるからです。受け取り評価をする前に、出品者に返品したい意向を連絡しましょう。

速やかに連絡をすることで、返金が面倒にならずにすみます。致し方ない理由での返品相談に対し、出品者は無視することができません。故障や不良品に対して、返品を拒否することが禁止されているからです。

ヤフオクでノークレームノーリターン商品の返金は可能?

①出品者が了承すれば可能

パソコンと男性

ノークレームノーリターン商品でも、出品者が了承すれば返金してもらうことは可能です。しかし、基本的には故障や不良品などの致し方ない事情以外で返金することは難しいです。商品説明欄でしっかりと説明されているのに、落札者が見落としていた場合は返金できません。

②ヤフオクのシステムでは返金できない

お金を見て悩む男性

双方の話し合いで返品することが決まっても、ヤフオクのシステムでは返金ができません。故障や不良品でも、出品者に振り込み先の口座を直接知らせるなどの対応が必要です。

③出品者へすぐに入金されない

時計とお金

落札者が商品代金の支払い手続きをしても、すぐに出品者へ入金されません。そのため、すぐに返金してもらえない可能性があります。入金処理には、数日~2週間以上かかることがあります。落札者が商品の受け取り連絡をすると、数日後に出品者への入金処理が開始されます。

受け取り連絡が無くても、出品者が支払い手続きをしていれば落札者へ代金が支払われます。その場合、出品者が支払い手続きをした2週間後に、落札者へ入金処理が開始されます。

④返金確認後の返送がおすすめ

段ボールと男女

出品者との話し合いで返金の了承を得ても、すぐに返送するのは控えましょう。口座へ返金されたことを確認した後に、返品する商品を返送するのがおすすめです。そうすることで、「返金の了承を得たのに、返金されない」などのトラブルを回避できます。返金されたら、出品者からの連絡を無視せず速やかに返送してください。

返送する時は、確実に出品者に届くように追跡機能のある配送方法を利用しましょう。返送手続きが済んだら、伝票番号を出品者にメッセージで連絡してください。

ヤフオクでノークレームノーリターン商品の返品・返金ガイドライン

①出品者と落札者で解決してほしい

パソコンと2人の女性

返金や返品は、出品者と落札者で解決するようにヤフオクのガイドラインに示されています。そのため、出品者側で「返品不可」に設定していたとしても、取引メッセージを通じて話し合うことができます。商品説明に記載のない不具合は、返品や返金に対して泣き寝入りする必要がありません。

落札品が故障していたり不良品の場合は、出品者に連絡をしましょう。出品者は、落札者から返品や交換の相談を受けたら無視してはいけないのです。出品者側も、評価が悪いと売上に影響するので真摯な対応が求められます。

以下の記事では、ヤフオクの使い方について解説しています。入札から落札後の流れだけでなく、手数料についても詳しく知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thumb fotolia 112181284 subscription monthly m
ヤフオクの使い方とは?入札から落札後の流れや手数料を解説!

②返金手数料を落札者に求めるのはNG

パソコンとお金

ヤフオクのガイドラインでは、返金手数料を落札者に求めることを禁止されています。ガイドラインを無視した状態で、ヤフオクに出品することはできません。評価システム利用料・消費税・梱包料・手数料などは、出品者が落札者に求めることは可能です。

以下の記事では、ヤフオクで入札や落札をした後にキャンセルが可能かどうかを解説しています。手数料や評価などについても知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thumb fotolia 186006024 subscription monthly m
ヤフオクで入札・落札後のキャンセルは可能?手数料や評価など紹介

③返品の送料を落札者に求めるのはNG

小銭とパソコン

ヤフオクのガイドラインでは、返品する際の送料を落札者に求めることを禁止しています。返品の送料だけでなく、交換する際の送料も落札者に求めてはいけません。しかし、落札者側も真摯な対応をする必要があります。出品者との話し合いを無視して、一方的に着払いで返送しないようにしましょう。

以下の記事では、ヤフオクで落札後に送料を変更する方法についてご紹介しています。送料を変更する際の注意点についても知ることができますよ。快適な取引ができる参考になりますので、ぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 559048348
【ヤフオク】落札後も送料変更できます!方法&注意点まとめで快適取り引きを!

掘り出し物がみつかることで人気のヤフオクですが、落札後に送料変更したい場合どうしたらいいか、困ったことはありませんか?この記事では簡単にできる変更の方法や...

④美術品はノークレームノーリターン禁止

額縁

ヤフオクのガイドラインでは、美術品のノークレームノーリターンが禁止されています。美術品の出品者は、返品に応じないという記載をしてはいけないのです。もし、美術品が故障していたり不良品だった場合は、出品者は返品に応じる必要があります。

以下の記事では、ヤフオクで落札者の都合でキャンセルする方法について解説しています。入金した後に取り消しができるかどうかについても知ることができますよ。落札した商品をキャンセルしたい時の参考になりますので、ぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 1165862227
【ヤフオク】落札者都合のキャンセル方法を解説!入金後の取り消しは可能?

ヤフオクを利用していると、色々な事情で落札した商品をキャンセルしたくなることもありますよね。落札者都合での取引の取り消しは可能なのでしょうか。今回は、落札...

ヤフオクのノークレームノーリターン商品でも返品・返金は可能!

ノークレームノーリターンの商品が、故障や不良品の場合は返品や返金が可能です。また、美術品は返品不可という記載が禁止されています。出品者は、ガイドラインや落札者の評価を無視することができません。

なぜなら、ガイドラインに沿った対応をしないと出店できなくなるからです。落札者からの評価が下がれば、売上にも影響します。商品説明欄にない不具合があった場合は、泣き寝入りせずに出品者へ返品や返金の相談をしましょう。

以下の記事では、ヤフオクの返品や返金について詳しく解説しています。返品や返金の交渉方法や交渉された時の対応方法のコツについても知ることができますよ。返品や返金を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 608717837
【ヤフオク】返品・返金まとめ!交渉方法&交渉された場合の対応のコツを解説!

ヤフオクは、国内最大手のオークションサイトですが返品をすることはできるのでしょうか?今回は、返品したい場合の交渉方法や、返品を交渉された場合の対応について...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。