【ヤフオク】イタズラ入札・落札の対処法を解説!申告制度で嫌がらせに打ち勝つ!

家籠りでみつけた不用品を手離す方法にピッタリのヤフオクですが、イタズラ入札・落札されて困っている人はいませんか?この記事では、イタズラ入札してきた落札者を削除するやり方や、申告制度の使い方、嫌がらせに対抗する方法を解説しています。ぜひお読みください。

ヤフオクでイタズラ入札・落札されてしまった時の対処法

①落札当日に取引メッセージを送る

スマホで連絡をする人

落札者から全く連絡がなかった時は、取引メッセージを使って対処して下さい。取引情報の入力と支払い手続きを進めて欲しいこと、商品代金が支払われたら発送します、と要点を伝えて落札者からの連絡を待って下さい。

取引メッセージを送る

取引情報の入力と支払い手続きのお願いをする

②2日目以降は連絡掲示板に書き込む

連絡が入らないスマホ

2日目以降は、取引メッセージを使うと同時に、連絡掲示板で対処して下さい。取引情報の入力と支払い手続きの依頼を行いましょう。連絡掲示板を公開設定にして、他の取引者からも内容がわかるようにして下さい。個人情報は書き込まないようにしましょう。

③3日目~7日目まで毎日連絡を取る

困る女性

3日目以降も、取引メッセージと公開設定の連絡掲示板を使って対処して下さい。かんたん決済を使った支払いは、オークション終了後7日を経過すると行えません。7日を経過するまで毎日連絡を取って下さい。

④3日目以降の連絡で入金期限とキャンセルになることを伝える

電話を掛ける人

3日目以降の連絡では、具体的に入金期限を伝えて、連絡も支払いもなかった場合は、オークション取引のキャンセルで対処することを伝えましょう。「〇月〇日までに入金がなかった場合、落札をキャンセルさせていただきます。」と連絡して下さい。

入金期限を決める

〇月〇日までに入金がなかった場合、落札をキャンセルするメッセージを書き込みましょう。

ヤフオクでイタズラ落札した入札者を削除するやり方

①マイオークションの出品終了分を開く

タブレットをみる人

ヤフーIDでログインしてマイ・オークションの出品終了分の画面を開き、イタズラ入札された商品名を選択します。落札者一覧に、嫌がらせをした落札者のヤフーIDが表示されていることを確認して選択して下さい。

②落札者都合を選び、補欠繰り上げをする

パソコン操作をする人

落札者都合を選択して、削除ボタンを表示させます。次点の補欠落札者がいる場合は、「削除後補欠を繰り上げる」のチェックボックスが表示されます。繰り上げ落札者がいない場合はチェックを外してください。

③ブラックリスト登録にチェックを入れて削除ボタンを押す

削除の操作

削除ボタンを押すタイミングで、「この落札者をブラックリストに登録する」というチェックボックスが表示されるので、チェックをいれてから削除ボタンを押してください。ヤフオクでは、嫌がらせをしてきた落札者を削除しながらブラックリストに登録できる仕組みです。

④落札者削除には期限がある

カレンダー

1日から15日までに取引が終了したオークションの、嫌がらせをする落札者の削除は、終了月の月末が期限です。16日から月末に取引が終了したオークションの落札者削除は、終了月の翌月末、もしくはオークション終了から42日以内の早いほうが期限になっています。

ヤフオクでイタズラ落札した入札者を削除できない条件は?

オークション終了日から42日経過している

日付をチェックする

ヤフオクでは、オークション終了日から42日を経過後は落札者の削除ができません。嫌がらせをした落札者の削除を忘れずに早めに行いましょう。

複数商品を同時出品している

複数の出品

複数商品を同時出品した場合、すべての取引が終わるまでは落札者の削除ができません。すべてのオークション品が落札されてから落札者削除の対処をして下さい。

補欠落札者の繰り上げをした時

考える人

補欠落札者の繰り上げをした直後にも、落札者の削除ができません。次点の落札者が落札に同意、もしくは辞退の手続きをした後で、嫌がらせをした落札者の削除を試して下さい。

落札者が削除できないケースの対処法

オークション終了してから42日が経過している 早めに落札者削除をする
複数個を同時出品した場合にすべての取引が終わっていない 取引終了後に削除する
補欠落札者の繰り上げ操作をした直後 時間をおいてから削除操作をする

ヤフオクのイタズラ落札に対処する申告制度は?

いたずら入札トラブル申告制度のやり方

モニターをチェックする

いたずら入札トラブル申告制度専用の問い合わせフォームから入力していきましょう。自分の連絡先メールアドレス、ヤフーID、いたずら入札されたオークションIDの入力をしていきます。

落札者のヤフーIDをいれて、出品者に対する救済措置を希望するにチェックをいれます。いたずら入札申告制度が申告できる要件を満たしているかの質問欄に答えて先に進みましょう。

お問い合わせの詳細に、嫌がらせをした入札者が落札してからの経緯と、出品者が行った初日から落札者削除までの対処を、具体的に記入して送信して下さい。

いたずら入札トラブル申告制度が使える条件

チェックをいれる女性

いたずら入札トラブル申告制度の規定を確認したか、落札者を削除したか、複数回連絡したか、連絡掲示板を利用したか聞かれるので、すべてチェックを入れて下さい。

    いたずら入札申告制度適応の条件

  • 申告制度の規定を了承すること
  • 落札者を削除すること
  • 複数回連絡を取ること
  • 連絡掲示板を使って連絡を取ること

ヤフオクのイタズラ落札に対処する申告制度の救済措置は?

手数料(出品システム利用料・オプション代金)の返金

紙幣と女性

いたずら入札トラブル申告制度が認められると、出品システム利用料とオプション代金の手数料が返金されます。出品システム利用料は、一部のカテゴリーで課金される手数料で自動車、オートバイ系のカテゴリーのオークションに対する手数料です。

オプション利用料は、「あなたへのおすすめコレクション」経由で入札されたオークション品が落札された時に課金される手数料です。

嫌がらせ評価の取り消し

取消操作

相手からつけられた悪い評価を取消しできます。落札者都合で落札者の削除をすると、自動的に落札者に「悪い」評価が付くため、腹を立てて出品者に悪い評価をつける人がいます。いたずら入札申告制度を使えば、報復行為に対処した救済措置があるので安心です。

落札システム利用料は落札者削除すれば引き落しされない

利用料

落札システム利用料は、落札者削除の操作をすれば、手数料が課金されない仕組みになっています。嫌がらせ入札をした落札者を放置したままだと、オークション品の落札金額に応じた手数料が課金されてしまうので、必ず落札者削除の操作をしましょう。

ヤフオクでイタズラ落札させない対抗策は?

ブラックリストで入札と質問をブロックする

ブラックリスト

ブラックリストの登録をして、嫌がらせをした人物からの入札と質問をブロックしましょう。入札者が質問や入札をした場合に、この出品者への値下げ交渉はできません、この出品者のオークションへの入札はできませんと表示され、操作ができません。ブラックリストの入札者から嫌がらせを受けないための対処法です。

入札者認証制限をする

設定をする女性

条件を満たしている登録者のみが入札できる「入札者認証制限」の設定をしましょう。Yahoo!プレミアムに登録しているか、モバイル確認を完了しているか、本人確認を完了しているかのいずれかの登録を完了している利用者が入札できます。

または、モバイル確認または本人確認が不要なYahoo! JAPAN IDで利用していること、2013年10月6日以前に、ヤフオクを利用したことがあることのどちらかの条件を満たしている利用者が入札できる設定です。

入札者評価制限をする

評価を調べる

評価が一定レベル以上の利用者のみの入札を受け付ける「入札者評価制限」の設定をしましょう。総合評価での制限と悪い評価の割合での制限ができます。

総合評価は、評価ポイントの合計が新規または0以上の利用者の入札に制限する仕組みです。悪い評価の割合での制限は、6人以上の評価がある場合に、非常に悪いと悪いの割合が20%未満の時に入札できる制限です。

警察に被害届を出す

困る女性

警察に被害届を出しましょう。ヤフオクでは、購入意思のない入札を繰り返すことはヤフオクのガイドラインに反しているだけでなく、業務妨害になると告知しています。

また、イタズラ入札や注文に対してはパトロールや利用制限を行っていて、警察の照会にも協力しており、業務妨害の疑いで逮捕者も出ています。

イタズラ落札に負けないでヤフオク取引を楽しもう!

イタズラ落札されて困ってしまうことがあっても、申告制度や入札制限で対処していけば、嫌がらせは怖くありません。ヤフオクの仕組みを上手に利用して、イタズラ入札・落札に負けずに楽しくヤフオク取引をしましょう。

次の記事では、ヤフオクの入札・落札の取り消し方法をまとめています。出品者側からも落札者側からもわかりやすく解説しているので参考にして下さいね。

Small thumb gavel 54e4dc414a 1280
【ヤフオク】入札・落札取り消し方法まとめ!出品者&購入者向け!ペナルティも?

ヤフオクで入札・落札を取り消したい!と思ったことはありませんか?事情は様々ですが、やむを得ない理由が生じることもあるでしょう。本記事では入札・落札の取り消...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。