最終更新日: 2020/12/17 17:52 【ヤフオク】落札・購入時に住所はバレる?取引相手にバレない方法を解説!

住所は大事な個人情報になるため、ヤフオクで購入時にバレるのか?気になってしまう方もいるでしょう。バレるのか否か・バレない方法・どこまで開示されるのか・開示手順・保障との兼ね合いなど、ご紹介していますので、参考までにご覧ください。

目次

  • 1 ヤフオクで落札者の住所はバレ…
  • 2 取引ナビの情報開示の流れ
  • 3 ヤフオクで住所がバレない方法…
  • 4 ヤフオクの匿名配送に関する注…
  • 5 メッセージ方式の取引ナビにつ…
  • 6 出品者の情報を確認する方法は?
  • 7 ヤフオクのトラブル保障との兼…
  • 8 ヤフオクで住所を伏せたい時は…

ヤフオクで落札者の住所はバレる?

①取引ナビでは基本的にバレる

びっくり

商品購入後に設けられる取引ナビでは、住所も含む購入者(落札者)情報が出品者にバレます。しかし取引ナビは双方の情報開示が必要になるため、同じように出品者情報も購入者に公開されます。つまり、平等な情報開示です。

ただし、オークションおよび商品の設定方法によっては、住所などの情報開示が不要になることもあります。詳細については、後の見出しにあるバレない方法の項目でご紹介します。

②バレる情報の範囲

個人情報

取引ナビでバレる情報の範囲は、住所・氏名・電話番号です。購入者も出品者も、相手にバレる情報の範囲に大きな違いはありません。情報の開示期間は、取引終了から120日間です。取引終了後120日経過すると、自動的に取引ナビは削除され、開示された情報も見れなくなります。

取引ナビの情報開示の流れ

①購入者の手順

操作

取引ナビは購入者が情報を開示した後、出品者情報が開示される仕組みになっています。先に購入者が情報開示を行わなければならない理由は、購入の気持ちがない利用者に出品者情報が安易に知られないようにするためです。

購入者が情報開示作業を行う時は、画像認証があります。これも購入の気持ちがない利用者が、安易に取引段階に移行しないための対策です。購入者が情報開示作業を完了した後、出品者情報が自動的に開示されます。

    購入者の情報開示の流れ

  1. 1落札したYahoo! JAPAN IDでログインした状態で、マイ・オークションの落札分を表示してください。
  2. 2取引ナビを表示したいオークションタイトルを選択して、商品ページを表示します。
  3. 3取引ナビが表示されますので、取引をはじめるを選択してください。
  4. 4自身の情報(住所など)を登録します。
  5. 5お届け方法・配送希望時間帯を設定します。
  6. 6お支払方法にYahoo!かんたん決済になっていることを確認し、確認するボタンを押してください。
  7. 7確認ページが表示されたら内容を確認し、間違いなければ決定するを押します。

②すぐに出品者情報が開示されない時は

疑問

すぐに(自動的に)相手の情報が開示されない時は、手動で開示する設定になっている可能性があります。手動といっても購入者と同じ情報の開示は必須のため、購入者側は出品者が情報開示作業を完了するまで待ちましょう。

手動設定の時は、出品者が情報開示を行うまで、購入者の情報が落札者に公開されることはありません。自身が情報開示を行った後に相手の情報を見れるようになるシステムなので、片方だけが相手の情報を入手するといったことは起きません。安心して開示作業を行ってください。

ヤフオクで住所がバレない方法は?

①匿名発送ならバレない

シークレット

配送方法が匿名配送可能な方法に設定されている商品を選ぶと、購入者の住所が出品者にバレません。匿名配送の利用が可能な商品には、商品ページの配送方法欄に匿名配送のアイコンが表示されます。住所を知られたくない方は、落札・交渉・取引に移行する前に、匿名配送の利用が可能かを確認しておきましょう。

②匿名配送が可能な配送方法

ダンボール