行政書士の平均年収はどれくらい?将来性や資格の難易度も紹介!

今回は、「行政書士の平均年収」をテーマに、将来性や資格の難易度についても併せて紹介していきます。また、年齢別に見る年収の変化についても網羅して紹介していくので、将来行政書士を目指している方も身近にいる方もこの記事を参考にして下さい。

行政書士になる方法と難易度とは?

行政書士になるには国家試験に合格する事が大前提

豚の置物と教科書

行政書士の仕事内容や平均年収について紹介していく前に、まずはどのようにして、行政書士になるのかという事を紹介していきます。行政書士になるには、まず国家試験である行政書士試験に合格する必要があります。受験資格というのは、特に制限がないので、学歴や年齢に関係なく誰でも受験する事ができます。

資格を取得さえすれば、働き方はその人次第で収入アップも見込めますので、そういう意味でも資格取得がカギと言っても過言ではありません。国家資格という事もあり、一度取得すれば一生ものですので、取得するまでの道のりを耐えればその後は、ある程度安定した収入を得ると言っても過言ではありません。

他の法律系の資格よりも難易度はそこまでないがそれでも合格率は低め

合格と書いた絵馬

行政試験を受験する人の多くは、大学などで法律の勉強をしてきた人が多いのも事実です。大学で法学部などで学んだ人の方が国家試験対策としては、しやすい傾向にある為です。法学部などで学んだ人は、弁護士などを目指す人も多いですが、弁護士に比べると試験内容は、易しい傾向にあります。

しかし、そうは言っても合格率は、10%未満と難易度も高めです。しかし、行政試験は、合格基準が公表されている絶対評価があるので、この評価さえクリアできれば合格する事ができるのです。やはり、それでも難易度の高い試験なので、専門の学校や通信講座などで勉強する人が多いです。

ここに、女性弁護士の平均年収についての記事があるので、この記事を参考にして弁護士との平均年収の違いなどについて見比べるヒントとしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 650042170
女性弁護士の平均年収はどれくらい?男女間の格差や家庭との両立についても紹介!

女性弁護士といえば、聡明でスタイリッシュなキャリアウーマン、というイメージです。しかし男性が多くを占める弁護士業界。平均年収に格差はあるのでしょうか。また...

行政書士の仕事内容と難易度の高い試験を突破して活躍できる場所とは?

行政書士の仕事内容は官公庁に提出する書類の作成が大多数

パソコンで書類を作成する男性

行政書士の仕事内容は、各省庁や都道府県庁、市・区役所、警察署などに提出する書類を代行して作成し、申請手続きをするというのが主な仕事内容となります。例えば、飲食店を始めようとする時に必要な営業許可手続きや旅行業の登録など会社設立時に必要となる書類全般を請け負っていると考えて良いでしょう。

法律のプロとも言える弁護士の資格に密接に隣接している仕事にもなってきているので、そういう意味でも仕事の幅が広がっているという見方もできます。法律についての知識を求められる事が多いので、それだけ日々、勉強が必要な仕事という見方もできますよね。

多くの人が行政書士事務所で活躍して実務経験後に独立・開業する人が多い

眼鏡で仕事している男性

次に、行政書士の人の活躍の場所について見ていきましょう。行政書士の主な就職場所は、行政書士事務所や法律事務所です。また、このような就職場所である程度、実務経験を積んだ後に独立、開業する人が多い傾向にあります。しかし、中には就職先がなかなか見つからず、取得後すぐに独立、開業する人もいます。

また、兼業書士という働き方をしている人もおり、平日は他の企業などで仕事をし、週末だけ行政書士として働いている人もおり、様々な働き方があるというのが理解できると思います。企業専属の行政書士として働いている人も中にはいますが、年収数千万円にもなる働き方ですので、募集人数はほとんどない状況です。

ここに、法学部の就職先について紹介している記事があるので、この記事を参考にして、法学部を卒業した後の将来性について確認する参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 568926142
法学部の就職先とは?なれる職業ランキングTOP10や就職率の高い大学も

こちらの記事では、法学部の就職先として選ばれやすい職業や進路をランキングで紹介しています。また、偏差値と就職率に着目して大学も紹介しています。法学部に興味...

難易度の高い行政書士の平均年収と年齢別に見る年収の変化とは?

行政書士全体で見る平均年収は平均600万円

眼鏡を掛けた男性がお札を数えている様子

行政書士の平均年収は、約600万円となります。ここで言う平均年収というのは、年収が数千万円のトップクラスの人達から年収100万円以下のパートで働いている人達すべての年収を平均した額となります。行政書士は、人によって年収の幅が非常に広いというのが特徴でもあります。

先程も説明したように、多くの人がある程度実務経験を積んだ後に、独立・開業する人が大多数です。その為、人によって依頼される仕事の数がその人の信頼に比例してきますので、それが結果として年収に反映されるという事です。その為、年齢を重ねれば年収が増えるというとも限らないとも見て取れますよね。

行政書士の新入社員である20代前半は平均年収は約500万円

眼鏡を掛けたスーツの男性

行政書士の新入社員の平均年収は、約500万円となります。一般の新入社員に比べると高いと感じた人も多いでしょう。しかし、先程も説明しましたが、国家試験の合格率は10%未満と合格するのは至難の業ですので、そういう意味でも当たり前と言えば、そうかもしれませんね。

行政書士の年収のピークは年齢が50~54歳で平均年収720万円

ボーナスの封筒を掲げる男性

行政書士の平均年収は、約600万円でしたがその収入のピークは50~54歳で約720万円となります。また、これは独立・開業している人ではなく、あくまでも行政書士事務所に勤めている人の平均となります。企業に勤めている場合、50~54歳と言えば、管理職となっている人が多いのも事実です。

それが結果として、平均年収のピークとなっているのでしょう。しかし、独立・開業している人であれば、多くの仕事をこなせば企業勤めの行政書士の平均年収のピークよりも高い年収を稼ぐ事も可能です。行政書士は、独立・開業という道もありますので、年収アップを目指すにも自分次第というケースが多いようです。

ここに、25歳の平均年収をまとめた記事がありますので、この記事を参考にして、男性と女性の差についても参考にするヒントとしてみて下さい。この記事を見て、自分の収入と見比べた時に低いと感じた場合には、今の働き方を見直すきっかけにもなると思います。

Small thumb shutterstock 1116429983
25歳の平均年収|男性と女性の中央値や大卒の月収やボーナスも

現代の25歳の平均的な年収や手取りは一体どれくらいなんでしょうか?学歴が大卒かそうでないかで違ってくるのか、はたまた男性か女性で違いはあるのか、最近のボー...

行政書士の将来性とは?

行政書士が取り扱う事が出来る書類の数も増えてきて将来性もある

ファイルを抱えた男性

行政書士の将来性1つ目は、行政書士が取り扱う事のできる書類も増えているので、活躍できる分野も増加傾向にあるという事です。平成13年には、行政書士法が改正され、行政書士も遺産分配や交通事故の示談交渉などに関与できるようになりました。

その為、裁判となる前に、行政書士に相談して裁判になるのを未然に防ぎ、費用を節約するという事もできますよね。独立・開業した行政書士の多くは、人によって稼げる金額に差がある事が多いのも事実です。その為、独立・開業しても仕事の幅を広げる事ができるかどうかというのも、年収に大きく影響しているとも言えます。

お客の要望のニーズを捉えて解決できるコンサルティングができれば将来有望

パソコンを見て商談する男性二人

行政書士の将来性2つ目は、顧客のニーズを捉えて、解決できるようなコンサルティングができれば、将来有望と言えます。申請書類の簡易化などが叫ばれている中、行政書士に依頼しなくても何とかなるだろうという人もいるでしょう。しかし、実際にはやはり、専門家に依頼した方が確実に目標を達成できます。

そういう顧客のニーズにいち早く気付き、それに対する解決策を導き出す事がいかに、スピーディーにできるかという所が顧客を確保できるかどうかに繋がってくるのです。行政書士の将来性を左右するのは、紛れもなく行政書士自身の力量に掛かってくるというのは間違いありません。

ここに、将来性のある仕事ランキングを紹介している記事があるので、この記事を参考にして将来性のある仕事の共通点などを見出すヒントとしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 769705507
将来性のある仕事ランキングTOP5!需要の高い企業や必要な職業も

新卒者の方や転職したいと考えている方に共通することが、将来性のある仕事に就きたいという思いです。ですが、将来性のある仕事や職業というのはどういった業種なの...

行政書士になるメリットとは?

行政書士になるメリット①将来に役立つ法についての知識が身につく

腕組みする髭の男性

行政書士になるメリット1つ目は、法に関する知識が身につくというものです。法律というのは、私たちの生活に密接しています。家を購入する時、日常生活においてどんな事が法に触れる事であって、どんな解決方法があるのかという事を効率よく身につける事も可能です。

また、トラブルに巻き込まれてしまった場合、法律についての知識があれば落ち着いた行動も取れるだけでなく、家族や身近な人が困っている場合にも力になってあげる事ができます。そういう意味でも、法についての知識に長けている行政書士の資格を持っている事は何かと強みになるでしょう。

行政書士になるメリット②資格があれば年齢に関わらず開業も可能

話し合う男女

行政書士になるメリット2つ目は、資格があれば年齢に関わらず開業も可能という事です。行政書士は、難易度の高い資格でもありますので、いざという時の強みになるのは間違いありません。資格取得後、別の業種に就いたとしても、その業種が破綻しても資格さえあれば、自分で開業する事も可能です。

行政書士の資格があれば、後はパソコンとプリンタさえあれば、自宅で開業する事も可能です。多額の借金をして開業しなくても、自分ができる範囲で仕事ができるというのも魅力の一つでしょう。特に、女性は、結婚や出産で仕事をセーブしなければならない状況になっているという時にも安心感があると思います。

ここに、専業主婦のおすすめの仕事復帰についての記事がありますので、働き方や子育てのストレス発散方法などについても紹介しているので、この記事を参考にして、復帰する為に必要な事を学ぶきっかけにして下さい。

Small thumb shutterstock 250656247
専業主婦におすすめの仕事復帰10選!働きたいや育児に子育てのストレスも

一昔前は結婚すれば専業主婦になるのが当たり前でしたが、今は経済的な理由やスキルアップを求めて、子育てと仕事を両立している人がとても多くなってきました。そこ...

行政書士は資格さえあれば年齢に関わらずいつでも復帰できる

今回は、「行政書士の平均年収」をテーマに、行政書士の難易度や仕事内容などについても紹介してきましたが、いかがでしたか?行政書士は、合格率10%未満と狭き門ではありますが、それ故、いざという時にも強みになる資格というのはまず、間違いありません。

ある意味、資格さえ取得できれば、いつでも開業できるという事でもあります。一度、他の業種に就職したとしても、いつでも復帰できますので、この機会に行政書士を目指している方もこれから目指そうと思っている人もこの記事を参考に、行政書士についての知識を深める参考にしてみて下さい。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。