ベネフィットの意味・使い方・例文とは?恩恵/顧客/マーケティング

ベネフィット(benefit)という言葉は恩恵や利益を意味する英語表現ですが、ビジネスにおいてよく使わている頻出表現です。ここでは例文や使い方を紹介するとともに、メリットとの違いやマーケティング用語まで紹介していきます。

ベネフィットの意味とは?

ベネフィット(benefit)の意味とは利益を表すこと

お金が生えている光景

ベネフィット(benefit)の意味は、利益を表します。ベネフィットとは自分や相手の得になる利益を指し、それは金銭的なものであったり、金銭に関わらないような精神的な恩恵のあるものだったりと様々です。ベネフィットには絶対的にその利益を指すという定義がないので、その都度判断して使う言葉なのです。

そしてベネフィットという言葉はメリットという言葉と比較されることが多い言葉でもあります。メリットは長所と訳されることが多いものの、恩恵そのものを指していることも少なくありません。ベネフィットを理解するにはメリットと比較すると分かりやすくなりますので、この比較についても追って後述します。

ベネフィット(benefit)の意味とは社会的な恩恵を表す

地球儀と社会人

ベネフィット(benefit)の意味は、社会的な恩恵を表します。ベネフィットは様々な利益を表す言い回しになるのですが、社会的な恩恵を表すことも少なくありません。例えば行政から何かサポートを受ける際や、ボランティアをして社会貢献をする際にベネフィットという言葉が使われます。

これは金銭的な形ではなく、サポートを受けたり提供したりすることがベネフィットであることを示しています。そのため、ベネフィットという言葉の意味は非常に幅広いものを指していることが分かるでしょう。ここではそんなベネフィットの様々な使い方を、例文をまじえて紹介していきます。

ベネフィットとメリットの違いとは?

ベネフィットとメリットの違いとは「メリット」は長所や得を表す

貯金箱とシーソー

ベネフィット(benefit)とメリットの違いは、メリットは長所や得を表すことです。例えばメリットという言葉は「ウォーキングのメリットは老若男女問わずダイエットに効果があるだけでなく、酸素を多く取り入れることで脳内を活性化する効果も期待できることです」といった形で使います。

また「サービスを変更されることで、電話の料金を抑えられるメリットがあります」という言い方もできます。どちらもウォーキングやサービス変更により受けられる得や長所を表す言い回しになっています。これがメリットの概念となるので覚えておいてください。同じ例を使ってベネフィットも説明していきます。

ベネフィットとメリットの違いとはメリットの先の満足がベネフィットである

朝日と社会人

ベネフィット(benefit)とメリットの違いは、メリットの先にある満足がベネフィットであることです。例えばウォーキングについてはダイエット等に効果があるのがメリットですが、ベネフィットは健康を維持しつつ充実した生活が送れるというその先の結果がベネフィットになります。

また、サービスを変更することで電話料金が下がるメリットは、商売をしていればコスト削減に貢献し企業利益の極大化に結び付くという結果がベネフィットとなります。また、コスト削減を値下げに結び付ければ、それは顧客に対しての恩恵にもなります。このようにメリットの先にあるのがベネフィットなのです。

ベネフィットとメリットの違いとはメリットよりベネフィットが重要視される

レクチャーする光景

ベネフィットとメリットの違いは、社会ではメリットよりもベネフィットが重要であることです。もちろん人はメリットに動かされることもありますが、最終的に人はベネフィットを重視します。何故ならダイエットに効果があっても、そのダイエットが不健康であれば痩せるというメリットは無意味になります。

また、電話料金を下げたところで大幅なコスト削減にならず、またコスト削減になったとしても、例えば今まで使えていた転送機能が使えず、集客が落ちてしまったら、電話料来が下がるメリットがベネフィットに結び付かず、サービス変更により電話料金を下げない方が良かった、ということになります。

このように社会においては無意識的に人はメリットではなくベネフィット(benefit)を重視して動いているのです。目先のメリットではなく、最終的なベネフィット(benefit)を人は求めているということなのです。

ベネフィットの使い方・例文は?

ベネフィットの使い方と例文①ベネフィットを説明する

5人でのミーティング

ベネフィットの使い方と例文の1つ目は「ベネフィットを説明する」という表現を紹介します。例えば「顧客に対して商品導入のベネフィットを説明することが大切です。目先のメリットではなくその商品がもたらす企業への恩恵や商品導入におけるマーケティングでの意味合いをしっかり説明してください」といった形で使います。

この例文ではメリットではなくベネフィットが重要である旨を説明しています。また、例文で示している通りベネフィットという言葉はマーケティングにおいて多用される言葉でもあります。そのためこの例文で使っているような使い方やその意味合いもしっかり押さえておくようにしましょう。

ベネフィットの使い方と例文②ベネフィットを重要視する

4人での握手

ベネフィットの使い方と例文の2つ目は「ベネフィットを重要視する」という表現を紹介します。例えば「様々な選択肢がありますが、最終的には企業におけるベネフィットを重視して決定をくだしてください。どの選択肢をとってもメリットもデメリットもあるので簡単に判断するのは難しそうです」といった形で使います。

例文で言っている企業としてのベネフィットの意味とは、企業におけるその事業での利益の極大化か、長期のビジョンを持って継続的な収益増となります。また、顧客満足度を上げることによる企業イメージのアップも非常に重要です。そういったもののバランスを考えて判断するような指示を、例文では伝えているのです。

この例文にあるように、ベネフィットというものが一つの項目においていくつか想定されるようなパターンもあります。このようなパターンにおいては、どのベネフィットを最重要視するのかを判断することが大切です。つまりこの状況では3つのベネフィットに繋がるメリットはさらに多岐に渡ることを示しているのです。

ベネフィットの使い方と例文③ベネフィットを与える

2人での仕事

ベネフィットの使い方と例文の3つ目は「ベネフィットを与える」という言い回しを紹介します。例えば「サービスは値上げとなるものの、今までクレームが多かった待ち時間の大幅な短縮が実現するので、結果的に今回の値上げは顧客にベネフィットを与えることとなります」といった使い方をします。

ここでは値上げ自体は顧客のデメリットであるものの、顧客の待ち時間を減らしサービス内容を大幅に向上させると言うベネフィットを説明しています。待ち時間を大幅に短縮させることで顧客満足度が上がり、顧客にとっても企業にとってもベネフィットが期待できるという状況でもあるのです。

ベネフィットの使い方と例文④ベネフィットを享受する

母子家庭の風景

ベネフィットの使い方と例文の4つ目は「ベネフィットを享受する」という表現を紹介します。例えば「社会保障制度の拡充により、母子家庭である私たちはベネフィットを享受することとなる。特に保育園への優先的な入園が叶えば家計が大幅に改善することとなる」といった形で使います。

ベネフィットは「受ける」「得る」という言葉も使えるのですが、「享受する」という言葉を使うことでその恩恵をしっかり受けることを表すことができます。ベネフィットが恩恵を表し、恩恵という言葉についても「享受する」という言葉を使うので、ベネフィットについても「享受する」という言葉がしっくりきます。

ベネフィットの使い方と例文⑤顧客のベネフィットを考える

腕を組む男性

ベネフィットの使い方と例文の5つ目は「顧客のベネフィットを考える」という表現を紹介します。例えば「商品の開発においては顧客のベネフィットを考えることが最終的に企業のベネフィットにも繋がる」という使い方ができます。

マーケティングにおいては企業のベネフィット、顧客のベネフィット、そして従業員のベネフィットなど様々な要素のベネフィットが存在しています。

マーケティングにおいては企業は企業そのものと顧客、そして従業員や取引先といった関係している人全員のベネフィットを考えることで、企業のベネフィットが極大化することが少なくありません。そのために提供するサービスにおいては企業のベネフィットではなく先に顧客のベネフィットを考えることが多くなるのです。

【番外編】知っておきたいマーケティング用語は?

知っておきたいマーケティング用語①インセンティブ

3人の会社員

知っておきたいマーケティング用語の1つ目は「インセンティブ」です。インセンティブとは英語の意味だと「刺激する」という意味になるのですが、現在マーケティング用語では成果報酬を指す言葉となっており、いかに商品を拡販するか考える時に重要な概念となっています。

ちなみに下記の関連記事は、インセンティブについて説明しているおすすめの内容です。インセンティブも、マーケティングを理解する上で非常に重要な用語と言えます。この関連記事も併せて参考にしてみてください。どんな仕事に就いていたとしても、よく聞く言葉なので役に立つことでしょう。

Small thumb shutterstock 260694524
インセンティブの意味・使い方・例文・反対語は?与える/働く

インセンティブという言葉はビジネスにおいてよく使われる言い回しになります。ここではインセンティブとは何を意味するのかから紹介しつつ、その使い方においても例...

知っておきたいマーケティング用語②コミッション

笑顔の男性

知っておきたいマーケティング用語の2つ目は「コミッション」です。コミッションとは、商品を販売してもらった時に販売店に渡す謝礼のことを指します。例えば1万円の商品を1つ売ったら2千円の謝礼を渡す契約を結べば、月間100件を売る販売店はその商品の販売により、月間20万円の粗利を得ることができます。

この場合、コミッション率は20%となります。コミッション率を上げ過ぎると商品を卸す側の利益が減りますし、コミッション率を下げ過ぎると販売店が商品を売らなくなります。特に代理店販売をメインとしている商品においては、コミッションに関する戦略が非常に重要になってくると言えるのです。

知っておきたいマーケティング用語③コンバージョン

パソコンを打つ男性

知っておきたいマーケティング用語の3つ目は「コンバージョン」です。コンバージョンとは、WEBページの訪問者が、そのホームページの目標としている、資料請求ボタンや申し込みボタンをクリックする等のアクションを起こしてくれた状態を指し、WEBマーケティングにおいては非常に重要な用語です。

コンバージョンに関してはコンバージョンの母数はもちろん重要になりますが、そのページの訪問者数がどのくらいの割合でコンバージョンをしてくれるか、あるいはどのページからのコンバージョンが多いかなどの分析が重要になります。分析に対して的確な対策を細かく打てる人がWEBマーケティングでは勝てるのです。

ベネフィットという言葉を使いこなそう!

ベネフィットという言葉を使いこなすことで、その説得力が増し相手の信頼を得ることができる場面に遭遇することがあるかもしれませんね。ここで紹介したベネフィットの使い方や例文を早速使うように心がけてみると、早くその言葉を自分のものにすることができます。

ベネフィット(benefit)という言葉を使い、相手の恩恵をしっかり説明することで、相手が前のめりに話を聞いてくれることも往々にしてあります。ここで紹介したベネフィットという言葉の知識や例文を、相手への説明やコミュニケーションに役立てることができたらいいですね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。