邁進するの意味とは?精進するとの意味の違いと使い方例文11選

ビジネスシーンで使うことの多い「邁進する」の意味とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、精進するという言葉の意味の違いと使い方の例文を11選にしてご紹介します。精進するという言葉の意味を正しく知って使えるようになりたいあなたは必見です!

「邁進する」の意味とは?使い方例文5選

「邁進する」の意味・使い方例文①恐れることなく突き進むこと

ビジネス

「邁進する」の意味・使い方例文一つ目は、恐れることなく突き進むことです。邁進するとは、何をも恐れずに突き進むというニュアンスを持つ言葉です。目標に向かって障害に邪魔されることなくただひたすら突き進むという意味合いが強い言葉なので、仕事等で強い決意を表明したいときに使うようにすると良いでしょう。

「邁進」の「邁」という漢字には、「ゆく」「進む」という意味が込められています。「邁進」の「進」には、文字通り「進む」という意味があります。これらを組み合わせることで「邁進」となり、「進む」という意味が強調されて「何も恐れずに突き進む」という意味を持つようになりました。

「邁進」という言葉は主に「邁進する」という使われ方をするため、「邁進」単体で使うことはほとんどありません。ビジネスシーンやスピーチ、挨拶など畏まった場において使うこともできる言葉です。仕事での目標や夢に向かって突き進む表明をするときに使うことのできるのが「邁進」という言葉です。

「邁進する」の意味・使い方例文②今後もより一層邁進してまいります

ビジネス

「邁進する」の意味・使い方例文二つ目は、「今後もより一層邁進してまいります」です。ビジネスシーンにおいて聞き覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。前に「皆様の期待に添えるよう」などとおくと、さらに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。スピーチなどにおいて使うことが多い表現方法です。

「邁進する」の意味・使い方例文③自分の掲げる目標に向かって邁進する

ビジネス

「邁進する」の意味・使い方例文三つ目は、「自分の掲げる目標に向かって邁進する」です。ビジネス以外でも「邁進する」という表現を使うことができるということから、自分の持つ夢に向かって努力をするときに使う表現としてこの例文を挙げました。どんなジャンルでも目標に向かって努力をするときに用いることができます。

「自分の信じた道を突き進む」というニュアンスで、敬語表現をしたいときに使うこともできるでしょう。「邁進する」というだけで、なりふり構わず突き進んでいきたいという意思を感じてもらうことができるはずです。

以下に関連記事として「邁進」という言葉の意味についてまとめられたものがあります。「精進」との違いや類語、英語表現、ビジネスシーンでの使い方やその例まで載っています。「邁進」という言葉をより深く理解するためには必読の内容となっているので、是非参考にしてみてください。「邁進」を使えるようになるはずです。

Small thub shutterstock 1129434329
邁進の意味は?精進との違いや類語や英語・仕事などでの使い方や例も

あなたは、邁進という言葉の意味を知っていますか?この記事では、「邁進の意味・類語・英語」とともに、精進との違いや仕事・業務などでの使い方や例文についてもご...

「邁進する」の意味・使い方例文④構想の実現に向けて邁進して参ります

ビジネス

「邁進する」の意味・使い方例文四つ目は、「構想の実現に向けて邁進して参ります」です。計画や目標を実現することができるように突き進んでいきたいと意思表示をするときに使うことのできる表現です。これは主にカスタマー向けのプレゼンテーションなどにおいて使うことが多い表現といえるでしょう。

「皆様の期待に添えるようなサービスの実現に向けて邁進して参ります」といったように使えば、誠意も伝わるのではないでしょうか。ただ「努力するつもり」というよりも、「邁進」を使って熱意を表すようにした方が、格段に信頼感も上がるはずです。このように、説得力を持たせるために「邁進」を使うのもおすすめです。

「邁進する」の意味・使い方例文⑤彼は日々業務に邁進している

ビジネス

「邁進する」の意味・使い方例文五つ目は、「彼は日々業務に邁進している」です。他人のビジネスにおける努力を褒め称えたいときに使うことができる例文です。部下の努力を続けている様が見て取れるような場合、このような表現をすることで相手の頑張りを認めることができるでしょう。

ただ「努力しているようだ」とするよりも、相手が熱意を持って仕事に取り組んでいるということが伝わる表現方法です。このように、「邁進」という表現は、自分自身の決意表明に用いることができるだけではなく、他人の様子を伝えるときに使うこともできるのです。

「精進する」の意味とは?使い方例文3選

「精進する」の意味・使い方例文①目標に向かって一生懸命に努力すること

ビジネス

「精進する」の意味・使い方例文一つ目は、目標に向かって一生懸命に努力することです。掲げた目標に向かってただひたすら一生懸命に努力を続けることを、「精進する」と言い表すことができます。「邁進する」は「突き進む」というニュアンスが強いのに対し、「精進する」は「努力する」ニュアンスが強いのが特徴です。

精進には、一生懸命に努力するという意味の他に、仏教の世界で3つの意味を持ちます。「ひたすら仏道修行に励むこと」「心身を浄め行いを慎むこと」「肉食をせず菜食をすること」です。「精進料理」という言葉があることから「肉食をせず菜食をすること」という意味を持つことは理解できるのではないでしょうか。

以下に関連記事として、「頑張ります」の敬語表現について紹介されているものがあります。「頑張る」の丁寧語である「頑張ります」ですが、他にどのような表現の仕方があるのでしょうか。「精進」や「邁進」と同じく向上心を表す言葉として、是非ここでその正しい使い方や表現の方法について学んでおいてください。

Small thub shutterstock 551903329
頑張りますの敬語は?頑張るの丁寧語・精進や尽力いたしますのメール例も

「お役に立てるよう頑張ります」などの形で使う「頑張ります」は「頑張る」の敬語かつ丁寧語でありますが、ビジネスメールには適さない表現だと言われています。「努...

「精進する」の意味・使い方例文②目の前の課題に精進したい

ビジネス

「精進する」の意味・使い方例文二つ目は、「目の前の課題に精進したい」です。やるべきことに向かって前向きに努力したい気持ちを表すとき、「精進する」という言葉を使うことができます。「精進したい」とすることで、自身の定めたこれからの方向性を広く周知することができるでしょう。

前向きに努力を続ける方針を定めたら、このようにして気持ちを表明するようにしてください。「精進する」というほど決意が堅く決まっていなくても、「したい」とすれば柔らかいニュアンスで自分の方向性を知ってもらうことができます。こうすればまだ完全に気持ちが定まっていない状態でも使うことができるでしょう。

以下に関連記事として、「精進してまいります」という言葉の意味や類語について紹介されているものがあります。ビジネスシーンで使う頻度の高い「精進してまいります」という一文ですが、具体的にはどのようにして使うべきなのでしょうか。その使い方や例文も、この記事を読めば一目瞭然です。これからに活かしてください。

Small thub shutterstock 1154187910
精進してまいりますの意味・類語は?ビジネスでの使い方・例文13選!

「精進してまいります」という言葉は、ビジネスシーンでよく使われる言葉ですね。「精進する」を丁寧に言う際に「精進いたします」といえばいいのかとか、「日々」を...

「精進する」の意味・使い方例文③彼女は精進し続けているようだ

ビジネス

「精進する」の意味・使い方例文三つ目は、「彼女は精進し続けているようだ」です。他人の努力している様子を指して、「精進し続けているようだ」とすると、相手を評価することができます。精進しているかしていないかは肌感覚で変わってくるものなので、頑張っているように見える人がいたら「精進」を用いて褒めましょう。

相手の努力を「精進」という言葉を使って認めることで、気持ちよく向上心を持ち続けてもらうことができるようになります。ただ「頑張っているように見える」というよりも努力の度合いが大きいように感じられる表現なので、自分に対して使うだけではなく他人にも積極的に使うようにしてください。

以下に関連記事として、「精進する」という言葉の意味について紹介されているものがあります。英語やビジネスシーンでの使い方例文も記載されているので、「精進する」という表現を使いたい際は是非参考にしてみてください。これからの意気込みを表す表現は、正しく使えるようになっておくに越したことはありません。

Small thub shutterstock 717032236
「精進する」の意味とは?英語とビジネスの使い方例文も

今回は「精進する」の意味や使い方例文を紹介します。ビジネスの場でも頻繁に使われる「精進していく所存です」や「精進して参ります」など、「精進する」の正しい使...

「邁進する」の類語と使い方例文3選

「邁進する」の類語と使い方例文①専念する

ビジネス

「邁進する」の類語と使い方例文一つ目は、「専念する」です。意味は、「一つのことに心を集中すること」「そのことだけに熱心になること」です。何かに没頭して打ち込むときに使うことのできる表現です。例文には、「やるべきことに専念する」「専念すべきはこの課題だ」「治療に専念する」などがあります。

「邁進する」の類語と使い方例文②専心する

ビジネス

「邁進する」の類語と使い方例文二つ目は、「専心する」です。意味は、「心を一つのことだけに集中させること」です。「業務に専心する」「専心努力を続ける」「専心研究に励む」などというような使い方をすることができます。自らの信念に基づいて物事に集中する意味を持つ「一意専心」という四字熟語にもなります。

「一意」とは「一途に一つのことに心を注ぐこと」を指す言葉で、「専心」とは「心を一つのことだけに集中させること」であることから、「一意専心」とすることで「何事にも心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること」となります。

「邁進する」の類語と使い方例文③前進する

ビジネス

「邁進する」の類語と使い方例文三つ目は、「前進する」です。「前進する」の意味は、「前へ進むこと」「物事が良い方向へと動くこと」です。例文は、「プロジェクト達成に向けてひたすら前進する」「問題解決に向けて前進あるのみだ」などです。前に向かって進む気持ちを表すときに使うようにしてください。

以下に関連記事として、より一層の例文について紹介されているものがあります。努力・活躍などといった言葉の使い方や、なお一層など類語についても触れられているので、是非参考にしてみてください。「邁進する」と同じようなニュアンスのある言葉について、一つでも多く知ることで知識を増やしておきましょう。

Small thub shutterstock 1162856350
より一層の例文10選!努力・活躍などの使い方やなお一層などの類語も

より一層(いっそう)の使い方や類語はご存知ですか?この記事ではより一層の例文や類語のなお一層などについてお伝えしています。より一層と一緒に使える努力・ご活...

「邁進する」の英語表現は?

「邁進する」の英語表現①「toward」

ビジネス

「邁進する」の英語表現は「toward」です。「私たちは次の勝利に向けて邁進すると約束します。」を英文にすると、「We promise to push on toward the next victory.」となります。

「邁進する」の英語表現②pushon

ビジネス

「邁進する」の英語表現二つ目は、「pushon」です。「仕事に邁進する」を英文にすると、「push forward with one's work」となります。

「邁進する」という表現を正しく使えるようになろう!

ビジネスシーンなどにおいてよく使われる「邁進する」という表現ですが、その類語も含めてどういったときに使うべきなのかを正しく理解できていたという人は少ないはずです。使う機会の多い言葉だからこそ、自分の気持ちを的確に表現することができるようになるためにも、その意味を正確に理解しておく必要があります。

「邁進する」という表現はもちろんのこと、「精進する」という表現や関連記事で挙げたような表現についても正しく把握をすることで、自身の真剣な姿勢や努力をしようとする気持ちを伝えられるようになります。時と場合に応じて正しい使い分けができるようになって、向上心を表せるようにしておきましょう。

同じ向上心を持っていたとしても、的確な表現ができているかいないかで、相手の抱く印象は大きく違ったものとなります。どうせなら印象を良くしておきたいと思いませんか?使う言葉次第で相手の心象が変わるのなら努力をするに越したことはないはずです。ここに挙げた例文を参考にしつつ、自分の表現に取り入れてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。