ラクマで匿名配送する手順を宇宙一わかりやすく解説!匿名にするメリットは?

商品が売れるのは嬉しいけど、購入者に自分の住所などの個人情報を知られるのって不安ですよね。それならラクマで匿名配送にしましょう。この記事では、ラクマで匿名配送にするメリットや手順を解説していきます。個人情報を知られる不安とはきれいにお別れできますよ!

利用条件|ラクマで匿名配送するには?

取引開始前に配送方法が「かんたんラクマ(日本郵便)」になっている

japanpost

ラクマで匿名配送するには、取引開始前に配送方法が「かんたんラクマ(日本郵便)」に設定されている必要があります。出品画面で設定するか、あるいはまだ購入申請のない商品の編集画面で配送方法として「かんたんラクマ(日本郵便)」を選んでください。

取引開始後でも、配送料の支払いが出品者の負担で配送方法が「未定」だった場合のみ、配送方法を「かんたんラクマ(日本郵便)」に変更することはできます。ただ、取引開始後に変更した場合は匿名配送にはならず、取引相手に住所などを知られてしまいます。

かんたんラクマ(ヤマト運輸)は匿名配送にならない

匿名配送になるのは日本郵便のかんたんラクマパックだけです。配送方法を選ぶ時に、かんたんラクマパック(ヤマト運輸)」と選び間違えないように、十分に注意して設定してください。

ゆうパケット|販売価格が300円以上である

3つのコイン

ゆうパケットの利用を希望する場合、販売価格が300円以上でなくてはなりません。その上で、ゆうパケットで発送可能なサイズと重さの規定に対応している必要があります。

    ゆうパケットの規定

  • 長辺:34㎝以内
  • 厚さ:3㎝以内
  • 3辺の合計(長辺+短辺+厚さ):60㎝以内
  • 重さ:1kg以内

ゆうパック|販売価格が1560円以上である

お金

ゆうパックの利用を希望する場合、販売価格が1560円以上でなくてはなりません。その上で、ゆうパックで発送可能なサイズと重さの規定に対応している必要があります。

    ゆうパックの規定

  • 荷物の3辺の合計(縦+横+高さ): 170cm以内
  • 重さ:25kg以内

出品手順|ラクマで匿名配送するには?

①ゆうパケット

封筒

ラクマで匿名配送するには、配送料の負担は「送料込み(あなたが負担)」にして、配送方法は「かんたんラクマパック(日本郵便)」を選択します。商品価格には300円以上の金額を入力してください。出品後に商品のページに「匿名配送」マークが表示されていれば、設定成功です。

ゆうパケットでの発送を希望している場合は、出品前に仮梱包してサイズや重さを確認しておきましょう。特に商品価格1560円未満の出品では、発送する段階でサイズオーバーになっていてもゆうパックの匿名配送には切替えられませんので、出品前のチェックは絶対に必要です。

②ゆうパック

郵便局のゆうパック

ラクマで匿名配送するには、配送料の負担は「送料込み(あなたが負担)」にして、配送方法は「かんたんラクマパック(日本郵便)」を選択します。商品価格には1560円以上の金額を入力してください。出品後に商品のページに「匿名配送」マークが表示されていれば、設定成功です。

【郵便局編】発送|ラクマで匿名配送するには?

手順①QRコードを作成

スマホで発送準備をする女性

送り状の発行に必要なQRコードを「商品の発送と発送通知画面」で作成します。発送方法は荷物に合わせて「ゆうパケット」と「ゆうパック」のどちらで送るのかを選び、発送場所は「郵便局」を選びます。作成されたQRコードは郵便局専用です。このQRコードでローソンからの発送はできません。

ゆうプリタッチが設置されている郵便局では、作成したQRコードを使って自分で伝票を発行することになります。設置のない郵便局では、直接窓口に持ち込みます。スムーズに行動できるよう、近くの郵便局にゆうプリタッチが設置されているかを予め確認しておくと良いでしょう。

発送場所検索

手順②ゆうプリタッチで伝票を作成

QRコード

郵便局では、ゆうプリタッチで伝票を作成します。ゆうプリタッチは、局内の片隅で台上にひっそりと置かれていることが多く、コンビニのマルチメディア端末ほど大きくはありません。一見すると、小さめの白地の箱です。見当たらない場合は、局員に尋ねてください。

    ゆうプリタッチ 伝票の作成方法

  1. 1(電源が入っていなかったら)画面上のグレーのボタンを押して電源を入れる
  2. 2QRコードをスキャナにかざす
  3. 3発行された伝票を受け取る

QRコードが正常に読み込まれると、「ピッ」と音がして伝票の印刷が始まります。読み込めなかったときは、スマホ画面を最大限まで明るくしてリトライしてみてください。何度試してもエラーとなる場合は、伝票のないまま窓口へ行ってください。窓口で、お問い合わせ番号と認証番号で伝票を作成してもらいましょう。

ゆうプリタッチのない郵便局では、最初から窓口へ行き、QRコードやお問い合わせ番号と認証番号で伝票を作成してもらいましょう。

手順③窓口で発送

japanpostの窓口

荷物と発行された伝票を窓口に出して、局員に発送手続きをしてもらいます。伝票は、窓口での手続きの際に自分で荷物に貼る決まりとなっています。最後にお客様控えと後納郵便物等取扱票を受け取ったら発送完了です。送料はラクマの売り上げから差引かれるので、窓口での支払いは不要です。

窓口での発送手続きの際、ゆうパックの配送希望日時があるなら局員に伝えましょう。ラクマでは原則として日時指定は不可となっており、伝票上で指定することはできませんが、郵便局の窓口から発送する場合に限り、希望すれば日時指定のシールを貼るなどの対応をしてくれます。

【ローソン編】発送|ラクマで匿名配送するには?

手順①QRコードを作成

スマホでQRコードを作成する男性

送り状の発行に必要なQRコードを「商品の発送と発送通知画面」で作成します。発送方法は荷物に合わせて「ゆうパケット」と「ゆうパック」のどちらで送るのかを選び、発送場所は「ローソン」を選びます。作成されたQRコードはローソン専用です。このQRコードで郵便局からの発送はできません。

手順②Loppiで伝票を作成

ローソン

ローソンでは、マルチメディア端末のLoppiで発送申込券を発券します。極々小さな店舗などの一部の例外を除き、殆どのローソンの店舗にはLoppiが設置されています。Loppiの詳しい操作手順などについては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 347891468
ローソンでかんたんラクマパックを発送する手順は?サイズ・梱包・送料も解説!

ラクマで商品が売れたら、簡単にお得に発送したいですよね。この記事では、簡単でお得な「かんたんラクマパック」を、ローソンで発送する方法をご紹介します。出品段...

手順③レジで発送

箱を渡す

Loppiで発券した発送申込券と荷物をレジで出して、発送手続きを行います。店員から伝票納入袋や伝票を渡されますので、伝票納入袋に発送用の伝票を入れて荷物に貼り付けてください。荷物を店員に渡したら発送完了です。送料はラクマの売り上げから差引かれるので、レジでの支払いは不要です。

ラクマで匿名配送にするメリットは?

匿名配送|①取引相手に住所などを知られない

秘密

匿名配送にすれば、取引相手に住所などの個人情報を知られずに済むというメリットがあります。できることなら、見ず知らずの相手に住所などを知られたくないですよね。匿名配送なら、その希望が叶います。

発送時の伝票の控えには出品者の住所などが記載されるので、不安に駆られるかもしれません。ですが、荷物に貼り付けられた伝票には出品者の住所などの個人情報は記載されていないので、心配無用です。

匿名配送|②売れやすくなる

貯金箱を手に喜ぶ女性

匿名配送で購入者に安心感を抱かせることで、商品が売れやすくなります。匿名配送なら、購入者も出品者に住所などを知られずに商品を受け取れます。この購入者にとってのメリットが、匿名配送対応の出品者からの購入を希望する心理へと繋がります。おかげで商品が売れやすくなり、出品者も大きなメリットを得られます。

送料|①わかりやすい

わかりやすさに喜ぶ女児

ラクマで匿名配送にすると、送料がわかりやすくなるというメリットがあります。例えば、ゆうパックの送料はサイズと発着地によって決まります。ですが、ラクマで匿名配送に対応している「かんたんラクマパック」の送料は、発着地に関係ありません。サイズだけチェックすれば良いので、送料がわかりやすいです。

匿名配送に対応しているのは、ゆうパケットとゆうパックの2種類のみです。ゆうパケットの送料は元から全国一律ですが、通常は厚さ1cm刻みで送料が変化します。ところがラクマで匿名配送にすると、厚さに関係なく送料は税込179円となります。

送料|②安い

安さに喜ぶ女性

ラクマで匿名配送にすると、大概は通常よりも送料が安くなります。ラクマの匿名配送の送料は、どのサイズも通常の送料よりも安く設定されています。匿名配送の送料は出品者の負担ですから、これはかなりのメリットです。通常のゆうパケットの送料は最も安くて税込250円ですが、匿名配送なら税込179円です。

ラクマの匿名配送 ゆうパックの送料

サイズ 送料(税込)
60サイズ 800 円
80サイズ 900円
100サイズ 1150円
120サイズ 1350円
140サイズ 1500円
160サイズ 1500円
170サイズ 1500円

サポート|ラクマのサポートが受けられる

安心のサポート

ラクマで匿名配送にすると、伝票の作成や配送状況の確認方法、配送でトラブルが生じた場合の補償などの様々なサポートが受けられるというメリットがあります。送料もラクマの売り上げから引落されるので、窓口やレジでの支払いが不要となります。

伝票作成用のQRコードはラクマのサービス内で発行でき、発送通知の際の追跡番号も出品者が入力する必要はありません。日本郵便の追跡サービスにアクセスしなくても、ラクマのサービス内で配送状況が確認できます。

匿名配送は、配送でトラブルが生じた場合に商品代金をラクマが補償する「ラクマあんしん補償」の適用対象となっています。配送会社への問い合わせもラクマが対応してくれるので、万一の時も安心です。

お得で安全なラクマの匿名配送を利用しよう

ラクマで匿名配送にするメリットと手順をご紹介いたしました。ラクマの匿名配送のメリットは、単に住所などを知られずに取引できるだけにはとどまりません。ラクマでの出品に、お得で安全な匿名配送を上手に利用していきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。