【フリマアプリ大戦争】ラクマとメルカリどっちがお得?出品者&購入者目線で解説!

フリマアプリで、ラクマとメルカリとのどちらを選ぶか迷いますよね。今回は、フリマアプリとしての両者の特徴について、徹底的に比較してまとめてみました。ラクマとメルカリの違いについてよく知って、賢くフリマアプリを活用しましょう!

出品者にとってラクマとメルカリどっちがお得?

①手数料の関係で出品者にとってお得はラクマ

海外の硬貨

まず手数料の関係で出品者にとって、売れやすさやお得さはラクマが上です。以前はラクマの手数料は無料でしたが、現在では3.85%の手数料が売り上げに掛かります。しかし、メルカリの場合には売り上げの10%が手数料で、比較すればラクマがよりお得です。

これは、フリマアプリで出品する目的が稼ぐことである場合に、大きな問題になります。販売手数料の6.15%の違いは、売り上げが上がれば上がるほど大きな違いになるのです。確実に買い手がいるような売れ筋の商品は、ラクマで売りましょう。

ちなみに振り込みの手数料は、メルカリなら200円で、ラクマなら210円です。ただ、ラクマの場合、振込先が楽天銀行で、振り込みの申請を1万以上にすれば、手数料が無料になります。楽天銀行の口座を持っていれば、ラクマがよりお得になるでしょう。

②ダウンロード数で売れやすいのはメルカリ

アプリのインストールされたスマートフォン

次にダウンロード数で、売れやすさはメルカリのほうが上です。ダウンロード数は、メルカリが7000万以上で、ラクマが1500万以上です。利用者の年代はメルカリが、10代から60代越えまでですが、ラクマは20代から40代中心になります。

この2つのフリマアプリのダウンロード数や利用者層の違いは、フリマアプリに売れやすさを求める場合に関わってくる違いです。要は、双方のフリマアプリを比較すれば、商品が購入希望者の目に留まりやすいため、売れやすさではメルカリが勝ります。

その売れやすさの証拠として、ラクマとメルカリ双方のユーザーによる体験談に、出品直後に売れたというものがあるくらいです。このために、フリマアプリを選ぶ基準として、お得さより売れやすさを優先する方には、メルカリを推奨しようと思います。

お得に購入するにはラクマとメルカリどっち?

①楽天ポイントが使える点ではラクマのほうがお得

仮想通貨

まず楽天ポイントが使える点では、ラクマのほうがお得です。元々楽天によって運営されているフリマアプリですので、楽天の利用者にとっての使いやすさは至れり尽くせりです。しかも、ラクマのポイントやクーポンもあり、大変お得になっています。

2つのフリマアプリを比較したうえでの、この違いは楽天のヘビーユーザーにとっては少なからず問題になるでしょう。では、楽天ポイントの利用方法を解説します。ラクマの購入画面を表示して、ポイント優先を選択するだけですので、非常に簡単です。

もちろん、ラクマのポイントも購入画面で選択すれば利用できます。ここで、フリマアプリとしてのメルカリとラクマとの違いについて解説した、もう一つの記事があります。下記の記事ではヤフオクとの比較もされています。どうぞ併せてご覧ください。

Small thumb fotolia 189442638 subscription monthly m
メルカリとラクマ(旧フリル)の違いは?ヤフオクとも比較!

②メルカリは値下げ交渉のしやすさでお得

フリーマーケットで商品を選ぶ女性

次に、メルカリは値下げ交渉のしやすさでお得です。メルカリにおける値下げ交渉は、日常茶飯事になっています。同じ利用者が値下げ交渉をしていると、値下げ交渉への心理的なハードルは下がりますよね。交渉好きの購入者には、メルカリがお得です。

そもそもメルカリの場合には、商品次第とはいえ利用資格としての年齢制限はありません。10代の方なら、よりお得に買いたいでしょう。メルカリでの値下げ交渉の盛んな理由はこれですが、ラクマと比較して、購入者の使いやすさにおける違いです。

ここで、購入側の上手な値下げ交渉の方法について解説します。値下げ交渉をしようと思った場合には、出品した相手や商品を見極め、希望金額も提示することが大事です。「即決」の単語の使用と、Amazonを引き合いに出すことはやめましょう。

出品者にとってラクマとメルカリどっちが使いやすい?

①テンプレート機能があって紹介文が簡単なのはメルカリ

PCで文章を入力する女性

まず、テンプレート機能があって紹介文が簡単なのはメルカリです。ネットオークションへの出品を続けていると、定番の商品が出来たりもするでしょう。そのような場合には、メルカリの方が、出品者の使いやすさの点で勝り、お得になるのです。

ただし商品の紹介の文章作りを含む、出品側の取り扱いの簡単さや使いやすさでは、双方とも大きな違いはありません。そもそもラクマでもメルカリでも、販売する予定の商品をカメラ機能で撮影すれば、後は商品に関する情報を打ち込むだけなのです。

それから、買い手がつけば指定されたやり方で発送して、買い手からの評価を待ちましょう。相手の受け取りが確認できたところで、相手を評価すれば取引は終わります。このように、出品側の使いやすさは、大筋ではどちらも利用が簡単だといえます。

②商品の画像の加工の簡単さでいえばラクマ

カメラで写真を撮る女性

次に、商品の画像の加工の使いやすさでいえばラクマが勝ります。ラクマの商品の画像の登録可能な数は、最大4枚になります。一方、メルカリでは商品の画像の登録可能な数が、最大10枚です。ここだけを比較すれば、一見メルカリの方が有利に見えます。

しかし、メルカリにおける画像の加工は、明るさやコントラストの調整等が便利ですが、操作には時間が掛かるのです。ラクマの方は描画や切り抜きやテキスト挿入等ばかりでなく、テーマに沿っての自動調整の機能の、簡単さ・使いやすさが魅力です。

この機能を、ラクマでは「フォトエディター」といいます。価格の入力に関しても、過去の取り引きから算出された「売れ筋価格」が提示されます。双方を比較すれば、フォーマットに注目してみると、ラクマがより使いやすさに優れ、お得になります。

安全に取り引きできてよりお得なのはラクマとメルカリのどっち?

①万が一のトラブル対応が丁寧なのはメルカリ

パソコンに向かって困っている女性

まず、万が一のトラブル対応が丁寧なのはメルカリです。出品者と購入者の双方にとって、フリマアプリの利用の際に気がかりになることは、やり取りする時に発生しうるトラブルですよね。では、メルカリのトラブルへの対応について解説しましょう。

メルカリにおいて違反行為や迷惑行為が発生した場合には、事務局が相談を受け付けています。また過去のトラブルからの答えの検索や、他の利用者への相談が可能な「メルカリボックス」のサービスもあります。メルカリは、問題発生時の使いやすさも魅力です。

この「メルカリボックス」のサービスもまた、ラクマと比較しての違いです。売れやすさのメリットばかりでなく、トラブル発生時の介入の手厚さにおいても、メルカリに軍配が上がります。フリマアプリの問題への対策の点も、メルカリなら安心です。

②購入申請で買う相手を選べるのはラクマ

警戒マーク

次に、購入申請で買う相手を選べるのはラクマです。購入申請という制度は、ラクマ特有のもので、出品する方が事前に購入する方を選ぶことを可能にするものです。それから、購入申請をするかしないかは、出品の際に設定する仕組みになっています。

ラクマで購入申請がある場合、購入側は出品側からの承認を得ることによって、取り引きを始められます。これは、購入する方には大きなハードルになります。一方の出品する方にしてみれば、ラクマにおける売れやすさを犠牲にすることになるのです。

それでもラクマの出品側は、購入しようとする方の過去の評価等をあらかじめチェックできます。つまり、信頼のおける相手とだけ取り引きが可能になりますので、不安材料を減らせてお得です。安心でお得な取り引きのため、手間をかけましょう。

ラクマとメルカリを比較した上でのそれぞれのお得なサービスは?

①それぞれ便利な集荷サービスを提供している

宅急便の車

まず2つのフリマアプリでは、それぞれに便利な集荷サービスを提供しています。メルカリの方は、ヤマト運輸の「らくらくメルカリ便」と日本郵便の「ゆうゆうメルカリ便」です。ラクマでは、ヤマト運輸と日本郵便の「かんたんラクマパック」になります。

メルカリ便とかんたんラクマパックには、共通点があります。それは、多種多様なサイズ指定サービスを選べることです。具体的には、日本郵便の「ゆうパケット」や「ゆうパック」、ヤマト運輸の「ネコポス」や「宅急便コンパクト」等が使えます。

QRコードを使えば、送り状の宛名を書くことは必要がなくなります。また配送の際トラブルが起きた場合でも、売り上げを補償してくれるため、お得です。もっともメルカリ便には、匿名での配送や集荷の依頼が可能だという強みがあります。

②それぞれユニークな決済サービスを提供している

インターネットにおける売買

次に2つのフリマアプリでは、それぞれにユニークな決済サービスを提供しています。メルカリにおいては、株式会社メルペイの決済サービスの「メルペイ」を使うことができます。メルペイは売上金の出金なくして、コンビニやスーパー等で使えます。

なお銀行口座と紐付けをすれば、売上金がない場合でもメルペイの残高に自動的にチャージが可能になり、「メルペイスマート払い」も利用できるようになります。一方のラクマでは、現金にするばかりでなく「楽天キャッシュ」としても使えるのです。

楽天キャッシュは、楽天グループのネット上のサービスやローソン、無印良品等で使用が可能な、楽天会員の電子マネーのことです。楽天キャッシュにチャージすれば、楽天市場や楽天ペイ等を通して、コンビニやスーパーでも使えることがお得な点です。

ラクマとメルカリのそれぞれの特色を知って使い分けよう

ラクマとメルカリには、それぞれにメリットもデメリットもあります。ここで、出品する方にとっての簡単な選び方をまとめます。手数料を気にするならラクマで、売れやすさに重きを置くならメルカリです。

それ以外の点では、双方ともに大筋で使い勝手がいいという長所は共通しています。それでも楽天会員には、サービスの手厚さからのお得さから、ラクマの方がよりすすめられるでしょう。ぜひここで紹介したことを参考に、簡単でお得なフリマアプリを使ってみて下さいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。