スマホの画面割れの応急処置は?割れた携帯の液晶の修理にかかる値段も

スマホが画面割れしてしまった経験のある方は多いでしょう。今回は割れた携帯の修理や応急処置だけでなく必要な修理代の値段についてもまとめてみました!アンドロイドやiphoneなどひび割れしてしまった場合、適切な処置をするようにしましょう!

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由は?

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由①まだ使えるから

ピンク

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由、1つ目にご紹介するのはまだ使えるからという理由です。スマホの液晶がひび割れしてしまっても、ある程度は使えるのが実際のところです。特にiphoneは画面割れしやすいですが、割れた後も問題なく動作する事がほとんどです。

そのため、スマホの画面割れをそのままにしてしまい、ひび割れしている状態でスマホを操作している人が多いのです。実際に、電車などでも割れた画面を操作している人を見た事ありませんか?画面割れ以外に不自由する点がないため、スマホの画面割れをそのままにしておく人が多いのです。

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由②修理代が高い

お金

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由、2つ目にご紹介するのは修理代が高いと言う理由です。スマホの画面が割れた場合、自分で完璧に直すことは不可能です。専門の修理に依頼して、ガラス画面を交換してもらう必要がありますよね。しかし、その修理代金は決して安くありません。

スマホの画面割れの修理代金については後ほどご紹介しますが、かなり高額な修理代になってきます。そのため修理代を勿体ないと思って、修理に出さずに割れた画面のまま使い続ける人が多いのです。「画面が割れていても問題なく作動するからお金かけたくないしいいや」という心理になるため修理にださないのです。

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由③交換になったら嫌だから

オレンジ

スマホの画面割れをそのままにしてしまう理由、3つ目にご紹介するのは交換になったら嫌だからという理由です。スマホの画面割れを修理に出した場合、画面が割れたことでスマホ本体の動作にも問題が見られるようになった場合、携帯会社は交換を勧める可能性があります。

携帯の交換って正直言って面倒ですよね。バックアップを全て取らなければなりませんし、一からやり直すのが面倒だと思われる方も多いでしょう。そのため、修理に出してもしも交換になったら嫌だから、動く限りは割れたスマホの画面でも、使い続けたいという人が跡を絶たないのです。

スマホは決して、安い買い物ではありません。本体代金や月々の料金もかかってきます。しかしそんなスマホに格安スマホというものが登場しました。まだまだ認知度の低い格安スマホですが、一体どんなものなのか、以下の記事で詳しく説明されているので是非参考にしてみてくださいね!

Small thumb fotolia 180275597 subscription monthly m
格安スマホとは?SIMカードとの関係や特徴をわかりやすく解説!

スマホの画面割れをそのままにするリスクは?

スマホの画面割れをそのままにするリスク|割れた画面で指を怪我する

コーヒー

スマホの画面割れをそのままにしておくと、割れた画面で指を怪我するというリスクが出てきます。スマホの画面はガラスで出来ています。画面が割れるという事は、ガラスが割れているということになるのです。しかもスマホの画面に使われているガラスは割れると非常に細かくなります。

そのため、ひび割れしてバラバラとガラスが落ちてくるのではなく、ひび割れした境目に小さなガラス片が溜まっているような状態になるのです。つまりそのまま割れたスマホを使い続けると、指をガラス片で怪我してしまう可能性があるのです。小さなガラス片ですから防ぐのも難しいですよね。

スマホの画面割れをそのままにするリスク|アンドロイドは動作しない可能性

手元

スマホの画面割れをそのままにしておくと、アンドロイドは動作しなくなる可能性があります。なぜアンドロイド限定なのかと申し上げますと、それは構造に秘密があります。iphoneでは液晶の表面が保護ガラスになっているので、外側が割れても問題なくスマホが動作し、使えるケースが多いです。

しかしアンドロイドでは、タッチに反応するシステムが、外側のガラスにくっついている構造になっているため、割れた場合動作しなくなる可能性が多いのです。画面が動作しなくなるとパニックになってしまいますよね。最初は動いていてもどんどん動かなくなるケースもありますから、割れたら修理が必要です。

スマホの画面割れをそのままにするリスク|故障がさらに進む

ホテル

スマホの画面割れをそのままにすると、故障がさらに進むリスクがあります。スマホの画面割れは、問題なく動作するという理由からそのままにしてしまう人が多いです。しかし画面割れをそのままにしておくことは故障をさらに進めてしまう原因にもなってしまうのです。

どういう事かと申し上げますと、画面が割れたことによって、液晶にひび割れが生じますよね。それを放置しておくと、そのひび割れの部分から水や汚れ、埃などが入りやすくなってしまうのです。そのようなものが液晶の隙間から入るとダイレクトに携帯の端末に入り込んで行ってしまいます。

スマホや携帯は、水や油などに非常に弱い構造になっています。現にiphoneは防水機能が完備されていないモデルも多いですよね。水につかると故障するケースが報告されています。そのため、ひび割れを放置しておくと、隙間から入り込んだ水や油や埃によってさらに故障が進むリスクがあるのです。

スマホの画面割れの応急処置は?便利グッズは?

スマホの画面割れの応急処置①スマホの絆創膏を使う

IT

スマホの画面割れの応急処置、1つ目にご紹介するのはスマホの絆創膏を使うという応急処置です。スマホの絆創膏と聞いてあまりピンとこない方も多いかもしれませんね。これは、画面割れしたスマホ専用の保護フィルムになっているのです。スマホには正面だけでなく側面部分まで液晶がついているものもあります。

このスマホの絆創膏は、その側面部分までしっかりガードしてくれる構造になっているのです。普通のスマホフィルムと違い、柔軟性に優れたフィルムなので、バキバキに割れてしまったスマホの画面もしっかりガードし、怪我の心配をすることなく操作することができます。

ただ、液晶のサイズが5.7インチのものにしか対応していないため、注意が必要です。スマホアクセサリーコーナーなどで買い求める事ができますが、あくまで応急処置的な道具なので、ずっと貼り続けて使い続けることはおすすめしません。やはり画面割れしたスマホは修理することをおすすめします。

スマホの画面割れの応急処置②レジン液を使う

クレジット

スマホの画面割れの応急処置、2つ目にご紹介するのはレジン液を使用した応急処置方法です。レジン液とは聞いた事ある方と無い方が半分づつくらいなのではないでしょうか。レジン液とは透明な樹脂のことで、DIYやアクセサリーなどで活用されているアイテムです。100円ショップでも購入する事が出来ます。

スマホを落として割ってしまった時、ただのひび割れではなく、砕けてしまう可能性もありますよね。そんなときレジン液を流しこんで硬化させると、ガラスが密着し、砕け散らないようになります。砕けてしまった画面は非常にガラスが細かくなっているため、気付かないうちに体に刺さってしまう可能性が高いです。

そのため、レジンで固めるというのは非常に安全な方法だと思われます。その上から保護フィルムを貼れば怪我の心配はほぼないでしょう。ただ、レジン液を使って応急処置をするとその後修理に出した際に、修理を受け付けてもらえない場合や、正規修理を受けられない可能性もあるので注意しましょう。

スマホの画面割れの応急処置③サランラップを巻く

電話

スマホの画面割れの応急処理、3つ目にご紹介するのはサランラップを巻く方法です。これは本当に応急処置的な対応になります。先ほどから御紹介しているように、スマホが割れてしまった場合、割れたガラス片で指を怪我してしまうのが最も危険な点になってきます。

そのため、スマホの画面が割れてしまったら、何かで割れた部分をコーティングや保護する必要があるのです。そんな時、家庭にあるものだとサランラップが最適です。サランラップはどこの家庭でもありますし、修理にもっていった際にすぐに取り外す事ができますよね。

また、サランラップだけでなく、セロハンテープや養生テープなどで割れた画面を保護する方法もおすすめです。保護して怪我をしないように応急処置を施したら、すぐに携帯ショップや修理ショップに持っていき、綺麗に修理してもらうようにしましょう。

スマホの画面割れの修理にかかる期間は?修理代は?

スマホの画面割れの修理にかかる期間は4日~6日

カレンダー

スマホの画面割れの修理にかかる期間は4日から6日とされています。今回は、iphoneの正規修理と仮定してご紹介します。正規店でなくても修理は可能ですし、もっと早く修理を完了させてくれるショップもありますが、iphoneを販売するappleは正規修理以外の修理を推奨していません。

そのため、今回はappleの正規修理に仮定していきます。まずappleストアに持ち込んで修理する方法と、配送修理を依頼する方法があります。appleストアに持ち込むと4~6日で修理を完了させてくれるそうです。またappleストアが近くに無い方は、apple公認の正規サービスプロバイダに持ち込めます。

一方、配送修理をお願いする場合には、だいたい7~9日かかる可能性があります。これは、appleに連絡をして、自宅まで壊れたiphoneを取りに来てもらうサービスとなります。実際にお店まで足を運ぶことなくiponeの受け渡しができるので手を煩わせたくない人にはおすすめです。

スマホひび割れにかかる修理代の値段は14800円から

札束

スマホのひび割れにかかる修理代の値段は、14800円からとなっています。これはappleが正規店での修理を推奨しているため、正規店で修理した場合にかかる値段をご紹介します。非正規店で修理する場合は、この値段よりももっと安価でできる事がほとんどです。

14800円は最も古いiponeSE/5s/5c/5のモデルの画面修理代金のなります。最新モデルになるとどんどん値段は上がり、一番最新のiponeXSMaxでは37400円もの値段がかかります。また、画面だけでなくそのほかにも損傷が認められた場合には、プラスでさらに値段がかかってきます。

iphoneはアップルケアに加入するのがおすすめ

女性とスマホ

iponeを使用している人は、アップルケアに加入することをおすすめします。アップルケアは2回まで、故障したiponeを新品のものとそのまま交換してくれるサービスを行っています。もちろんアップルケアに加入するお金は必要に成りますが、11800円という安価で新品と故障品の交換が出来ます。

iponeは勝手にバックアップをとっている設定にすると、新しいiponeにパスワードを入力するだけで、そっくりそのまま前の設定や壁紙やアプリが適用されるようになっていますから、設定がめんどくさいなんてことはありませんよ。

スマホの画面割れを防ぐには?

スマホの画面割れを防ぐには保護フィルムを貼る

喫茶店

スマホの画面割れを防ぐためには保護フィルムを貼るのがおすすめです。強度ガラスでできている保護フィルムもありますから、仮に落としてしまったとしても、フィルムが割れるだけで、スマホの本体自体にはノーダメージで済みます。

ただ一つ注意したいのは、最近のスマホには側面まで液晶があるものも存在します。保護フィルムがしっかり液晶部分全体を覆っていないと、はみ出している側面部分の液晶が割れてしまう場合もあります。そのため、自分の使っているスマホにぴったり合っている保護フィルムを選ぶようにしましょう。

スマホの画面割れを防ぐには携帯カバーをつける

女性の手元

スマホの画面割れを防ぐためには携帯カバーをつけることをおすすめします。スマホを丸裸で持っているよりも、携帯カバーやケースをつけているだけで落とす可能性も減りますし、仮に落としてしまったとしてもケースがクッションとなって割れない可能性が高いのです。

最近では可愛いスマホケースや、デザイン性と機能性を完備しているもの、高級ハイブランドが販売しているスマホケースなど、様々なスマホケースがありますから、必ず自分に合ったものが見つかるはずですよ!

スマホの画面割れはそのままにしないこと!

スマホの画面割れは非常に起りやすいことです。まだ動作するからと言って使い続けるのはおすすめできませんから、画面がひび割れしたら修理に出すようにしましょう。またスマホの不具合にバッテリーの消耗のスピードが挙げられます。以下の記事ではそんなバッテリーについて記載されているので参考にしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 407728885
スマホのバッテリーを長持ちさせる充電のタイミングは?電池の復活方法も

スマホのバッテリーを長持ちさせる充電のタイミングをご存知ですか?本来のスマホのバッテリーの寿命より、早く劣化させてしまうNG行動もご紹介します!スマホの電...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。