センテンスの意味や類語とは?ワンセンテンス/一文/トピックセンテンス

皆さんは、センテンスという単語について耳にしたことはありませんか?オフィスなどでは、センテンスを使用する機会は多いはずです。ここで、センテンスの具体的な意味や使い方について、またセンテンスを作るコツについても、解説していきます。

センテンスの意味とは?

センテンスの意味とは句点までの一文のこと

センテンス

センテンスの意味とは句点までの一文のことです。主張や感情を書き残すと文章ができあがりますが、読みやすいように句点と読点をつけると思います。その文章の句点までの一塊をセンテンスといいます。例えば「~でした。~は、~です。」という文章なら、「~でした。」と「~は、~です。」の2つがセンテンスとなります。

センテンスという言葉はふだんあまり使わず、文章と呼ぶことがほとんどだと思います。あえて使うとしたら、魅力的な表現の文章を褒めるときに使えるのではないでしょうか。「そのセンテンスいいね」などのように表現してみれば、ちょっと特別な印象を受ける言い方となります。

ワンセンテンスの意味とは感情や主張を述べた句点までのひと塊の文章

ワンセンテンス

ワンセンテンスの意味とは感情や主張を述べた句点までのひと塊の文章です。文章の中でも特に伝えたい一文を指しています。文章は主張や感情などの伝えたいことを外部に表すために書きますね。その文章なかでも、特に伝えたくて1個だけ抜き出した文のことを指します。

例えば「彼が家にいないのは、出張があるからだ。だから私は今、家に一人だ。」という文章からワンセンテンス切り出すとしたら「彼が家にいないのは~だ。」か「だから私は~だ。」のどちらかになります。どちらの文にするかは伝えたい事柄によります。

キーセンテンスの意味とは文章の中でも重要な一文のこと

キーセンテンス

キーセンテンスの意味とは文章の中でも重要な一文のことです。よくある言い回しとして「鍵となるのは~」「謎を解くキーとなる」などがあります。キーとは重要なことを表す言葉としてよく使われるのと同じで、キーセンテンスも重要な文を指している言葉です。

「キーセンテンス」の例文を挙げてみましょう。例えば「国語の読解の問題で、キーセンテンスとなる部分をくまなく探した」「この文のキーセンテンスを見つけた」「キーセンテンスを読んで、問題の意図を考えた」などです。

トピックセンテンスの意味とは小論文の段落を一言でまとめた一文のこと

トピックセンテンス

トピックセンテンスの意味とは小論文の段落を一言でまとめた一文のことです。小論文とは長文に渡って自分の意見を述べるものですが、読み手が要点をすぐに把握できるように段落の冒頭は趣旨を一言でまとめた文があります。それをトピックセンテンスといい、文をななめ読みしやすくなる利点があります。

トピックセンテンスの例文を挙げてみましょう。例えば「トピックセンテンスを見てざっと小論文の内容を把握した」「トピックセンテンスが不十分なため、おおよその内容の理解に時間がかかった」「小論文においてトピックセンテンスは重要である」などです。

センテンスの使用例は?

センテンスの使用例①響くセンテンス

響くセンテンス

センテンスの使用例1つ目は「心に響くセンテンス」です。良い文章を読むと感動することがあると思います。例えば小説や良い話を書いた文章などを見ればそう思うはずです。そういう文章を見たとき、特に感動した一文を心に響くセンテンスと呼んでみてはいかがでしょうか。

響くセンテンスの例文を挙げてみましょう。例えば「この作家が書く文は私にとって心に響くセンテンスが多い」「心に響くセンテンスが胸にしみた」「届いた手紙を読んで心に響くセンテンスの数々に感動した」などです。

センテンスの使用例②短いセンテンス

短いセンテンス

センテンスの使用例2つ目は「短いセンテンス」です。一文が短いことを表します。例えば、文章が短い方が簡潔に伝わることを言いたいとき「短いセンテンスの方が意図が伝わりやすい」という風に使います。短い文章と言い換えることもできます。

短いセンテンスの例文を挙げてみましょう。例えば「短いセンテンスで文章をまとめることは、簡潔で相手に要点を伝えやすい」「もう少し短いセンテンスで報告をまとめるように部下に助言した」「相手が読みやすいよう、短いセンテンスで書くように配慮した」などです。

センテンスの使用例③センテンス学習

センテンス学習

センテンスの使用例3つ目は「センテンス学習」です。語学学習の際に単語単位で学ぶのではなく、文章単位で学習することを指します。単語ではなく文章単位で学ぶことで、段落のような英語の長文読解でもすらすら読めるようになりやすいそうです。

センテンス学習の例文を挙げてみましょう。例えば「センテンス学習のおかげで英語の文章を読むのにそれほど苦労しなかった」「受験のためにセンテンス学習を行い、英文の読解に耐性をつけようとした」「単語学習ではなく、センテンス学習を勉強に取り入れた」などです。

センテンスの使用例④味わい深いセンテンス

味わい深いセンテンス

センテンスの使用例4つ目は「味わい深いセンテンス」です。文章中の一文が魅力的で味があることを指しています。世間にはたくさんの文章がありますが、自分が妙にひかれる文があると思います。そういうときに「味わい深いセンテンスだ」と言ってみてはいかがでしょうか。

味わい深いセンテンスの例文を挙げてみましょう。例えば「この作家は味わい深いセンテンスを書くと思った」「味わい深いセンテンスを何度も読んだ」「味わい深いセンテンスとその表現に感心した」「味わい深いセンテンスを見て真似をしたいと思う」などです。

センテンスの類語は?

センテンスの類語①一文

一文

センテンスの類語1つ目は「一文」です。主張や感情を表した、たくさんの一文の塊を文章と言います。その場合、文章の塊の一部から抜き出し、意味があって句点で終わる文章を一文といいます。どのくらいの長さなら一文なのか、という決まりは厳密にはないですが、概ね一行程度の長さが目安かと思われます。

一文を用いた例文を挙げてみましょう。例えば「小説を書こうとしたが一文を完成させるのにずいぶん時間がかかった」「手紙の一文を心をこめてかいた」「作家が書いた一文は、素人の文よりやはり力があるものだ、と思う」「読みやすいよう一文を短くようにした」などです。

センテンスの類語②完結文

完結文

センテンスの類語2つ目は「完結文」です。意味は文法規則に則った語の連なりです。ほとんど見聞きせず使うことのない言葉ですが、要するに文法として正しい文を「完結文」といいます。もう少し掘り下げると、言葉や助詞、接続詞などの語が、文法に沿った形で連続して並んでいることを完結文といいます。

センテンスの類語③文章

文章

センテンスの類語3つ目は「文章」です。意味するものは場合によって違いがありますが、思想や感情を表したまとまった文の塊を指します。また、文の塊ではなく単に一文を文章と呼ぶこともあります。場合によって指している文の長さが違いますが、主張や感情を表現した言葉の連なりのことを文章といいます。

「文章」を用いた例文を挙げてみましょう。例えば「文章は人の思想や性格が出るものだ」「文章を書くことは頭の体操にもなる」「良い文章を書くのは意外と難しい」「文章をうまく書くために、書籍を買って勉強した」「文章は書くことでしかうまくならない」「頭の中のことをうまく文章化できない」などです。

【番外編】知っておきたいビジネス用語は?

知っておきたいビジネス用語①ボトルネック

ボトルネック

知っておきたいビジネス用語1つ目は「ボトルネック」です。何らかの活動をする上で障害や師匠になる部分をボトルネックと言います。省略されて「ネック」と言うときもあります。日本語で言い換えると隘路(あいろ)となり、狭く険しい道や物事を振興するときの難関を指す言葉です。

用語「ボトルネック」を使った例文を見てみましょう。例えば「この計画のボトルネックとなる部分をどう解決するかに頭を悩ませた」「グループの誰もが予期していない致命的なボトルネックが見つかった」「予想されたボトルネックは思ったよりもすんなり、無事に解消することができた」

知っておきたいビジネス用語②コンプライアンス

コンプライアンス

知っておきたいビジネス用語2つ目は「コンプライアンス」です。日本語では法律遵守と言います。法律を守った健全な企業活動を行うことを指します。また医療用語でも使われ、患者が医者の指示を守って服薬するかどうかをコンプライアンスと言うそうです。

用語「コンプライアンス」の例文を見てみましょう。例えば「健全な企業経営として、コンプライアンスを遵守することが求められる」「コンプライアンスが悪い企業は、ブラックと言わざるを得ない」「コンプライアンスを遵守した健全な経営が企業の土台にある」などです。

知っておきたいビジネス用語③アウトソーシング

アウトソーシング

知っておきたいビジネス用語3つ目は「アウトソーシング」です。業務の一部を自社ではなく外部の業者や専門会社に委託することを指します。また、海外から安価な部品や資材を調達することもアウトソーシングと呼ぶそうです。

用語「アウトソーシング」の例文を見てみましょう。例えば「経営方針として、今より経費を削減するためにアウトソーシングで安く部品や材料を仕入れることにした」「業務の一部をアウトソーシングで外部に委託することにした」「アウトソーシング先の業者から納品があった」などです。

知っておきたいビジネス用語④リスクヘッジ

リスクヘッジ

知っておきたいビジネス用語4つ目は「リスクヘッジ」です。将来で予測できるさまざまなリスクを回避する手段を事前に講じておくことを指します。もともとは投資用語で使われており、株式投資やFXで築いた資産を減少させないように対策を行うことをリスクヘッジと呼んでいます。

用語「リスクヘッジ」の例文を見てみましょう。例えば「リスクヘッジのために将来予期できる危機への対策を練ることにした」「経営を持続させるためにリスクヘッジをすることは大切だ」「リスクヘッジのおかげで危機に陥ってもそれほど慌てることなく対処できた」

知っておきたいビジネス用語⑤ブレーンストーミング

ブレーンストーミング

知っておきたいビジネス用語5つ目は「ブレーンストーミング」です。ブレストとも呼ばれます。集団になって意見をたくさん出すことにより、今までにないいいアイデアを出そうとする手法を指します。人数は6~7名でするのが好ましいそう。心理学者のオズボーンが提唱した方法だそうです。

用語「ブレーンストーミング」の例文を見てみましょう。例えば「いいアイデアをひねり出すため、みんなで集まってブレーンストーミングをすることにした」「ブレーンストーングをしたおかげで、一人では思いつかなかっただろうアイデアを発見した」などです。

知っておきたいビジネス用語⑥アフィリエイト

アフィリエイト

知っておきたいビジネス用語6つ目は「アフィリエイト」です。ブログやメディアで商品を紹介し、読者がサイト経由で商品の購入に至ると、掲載者に報酬が発生する広告のことを指します。アフィリエイトの仕組みを利用して、雇われずに個人で稼ぐ人も最近では増えていますね。

センテンスは文章中の一文のこと

以上がセンテンスについてでした。文章を構成している、句点からなる1つの文を指す言葉です。また、文のことをおしゃれに言うなら「センテンス」になります。もし活用するなら、文章について褒めたり評価したいときに使うと自然に使えるかと思われます。

この記事のほかにも知っておきたい・間違えやすい言葉の意味を解説した記事がありますので、よければそちらも併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 495050242
過渡期とは?意味と類語や対義語・反対語と転換期との違いは?

過渡期とは、移り変わっていく転換期を意味する言葉ですが、ここではその意味や類語、そして反対語や対義語についても紹介していきます。ビジネスにおいてさりげなく...

Small thumb shutterstock 384131872
生存バイアスの意味とは?生存バイアスの事例7選と対策と認知バイアスの種類

生存バイアスや認知バイアスという言葉は、物事に対する考え方の偏りを示す言葉であり、事例やその種類、そして対策を意識することで今後の人生における物事の見方が...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。