賢い貯金の仕方は節約だけではない?主婦でもできるオススメ貯金方法

お金を貯めたいけどなかなか貯まらない、という方は多いのではないでしょうか。貯金には節約が大切です。しかし、効率よく節約するためには、節約だけではない貯金の方法についても考えるべきです。この記事では、おすすめの貯金方法について解説します。

上手な貯金の仕方はまず分析から

何に出費しているかを振り返る

貯金をしたいが何から始めたらよいかわからない、という方も多いでしょう。上手に貯金をするには、まず自分の出費を振り返ることからです。出費には、欠かせない出費と節約可能な出費があります。 欠かせない出費にはしっかりとお金を確保する上で、節約可能なものは予算を決めて上手くやりくりしていくことがおすすめです。

固定費の見直しを忘れずに

固定費は出費の中でも節約しにくい、という認識を持っている方も多いのではないでしょうか。 固定費とは、家賃や光熱費、通信費、ローンなど毎月かかるお金が決まっているもののことを指します。節約して貯金をしたい、と思っているときには固定費を見直すことも重要です。 固定費の中でも、通信費は見直しすることで安くなる可能性が高いです。格安スマホに変える・契約している料金プランを変える、といったことを検討してみましょう。

先の収支をまとめる

分析は過去の収支だけでなく、未来の収支についても行いましょう。 いつまでにいくら必要か、どのくらいのお金が入るのか、等をまとめておきます。毎月かかるお金はもちろん、教育費や保険費用、車検など臨時で必要になるお金も含めてください。 長期的な展望を持って口座の残高の予想をたてておくと、緊急事態にも対応しやすくなります。

社会人がすべき貯金の仕方とは

定期預金を利用する

社会人がより効率的にお金を貯めるためには、通常の預金口座だけでなく、定期預金の利用を検討することも大切です。一般的な預金口座は金利がかなり低く設定されており、ほとんど利息を得ることはできません。 定期預金を使うと高い利息を得ることができるので、使わないと決めているお金があるならば定期預金を使う方がお得です。

クレジットカードを賢く利用する

クレジットカードを賢く利用するのも、貯金をするためには重要です。 クレジットカードはポイントを貯めることができるだけでなく、公共料金の支払い日をまとめることができ便利です。利用履歴を確認できる点でも支払いを振り返ることが可能となりおすすめです。 一方、計画的に利用しないと使いすぎてしまうことにつながるので注意が必要です。

食費節約にはお弁当が有効

食費は、節約を意識しないとついつい使いすぎてしまう部分でもあります。食費を節約するには、外食や外で買うことを控えて自炊しましょう。特に、お昼ご飯をコンビニにした場合、安くても300円以上は毎回かかってきます。 自炊にすると、安くて健康的な食事ができるためおすすめです。また、お昼ご飯をお弁当にすることで、コンビニで余計な買い物をすることも抑えられます。

意外とかかる移動費に注意

節約をするときに見落としがちなのが移動費です。楽だからといって、電車やタクシー、バスなどを多用してしまうと、月単位でみたときに大きな出費になります。数百円だとしても、回数が多いと数千円や数万円になってしまいます。 移動費を節約するためには、時間があるときは歩くことを意識したり、自転車を活用したりすると良いでしょう。

余裕が出てきたら投資信託も

貯金額がある程度増えたら、ただ貯め続けるだけでなく、投資信託の積み立ても検討してみることがおすすめです。 投資信託は、投資なのでマイナスになる可能性もありますが、一度設定してしまえば、毎月自動的に市場に合わせた利益をもらうことができます。 貯金額が少ないうちに手を出すのはおすすめできませんが、余裕が出てきたら検討することをおすすめします。

学生や主婦でも貯金はできる?

学生はまず自炊から

学生でも貯金をしたい、という場合には自炊をすることから始めてみてください。学生の出費で大きな割合を占めるのが食事代です。せっかくバイトをしたとしても、そのほとんどが飲み会のお金に消えてしまう、ということも珍しくありません。 自炊をすれば、外で食事をするときと比べて一気に節約できます。自炊のスキルは、学生だけでなく社会人になってからも役立つので挑戦してみてください。

主婦は家計簿を活用して家計管理を

主婦で貯金をしたいと考えている方は、まず家計簿をしっかりとつけるようにしましょう。 家族全体の収支を確認することで、明確な家計管理ができます。支出はすべてを細かく記録する必要はありません。大まかでもよいので項目ごとの出費を把握し、家計を透明化するようにしましょう。 自分が管理していない収支がある場合には、その部分についてもどのように収支が行われているか確認しておくとよいです。

パートやアルバイトの目標を決める

学生や主婦といった立場にかかわらず、パートやアルバイトをするときにはその目標を決めるとよいです。貯金をしたい、と思っている場合には月いくら貯金をするか、月にいくら稼ぐか、といったことを具体的に決めておきましょう。 具体的に目標を決めないと、なんとなく稼いでいるものの無駄に使ってしまい結局貯金ができない、という事態になってしまいます。

口座のお金の管理ポイントとは

引き出す際の手数料に注意する

多くの場合、銀行口座でお金を管理することになります。そのため、節約してお金を貯めるためには、上手に口座を使うことが必要です。 そこで気にすべき点は、口座の手数料です。引き出すときには、口座の手数料がかからない方法を選びましょう。 また、細かくお金を引き出すのではなく、ある程度まとまった額を引き出すようにすると残金の減り具合を実感できます。

支出があったら必ず通帳に記録

支出があったら、必ず通帳に記録する癖をつけることが大切です。貯金が上手な方というのは、こまめに記帳を行い、収支を把握しているのです。長い間記帳しないと、収支をきちんと把握できない原因にもなります。 記帳を行う際には、使用の内訳についてもチェックをしておくとよいです。内訳をチェックすることで、どのようなことにお金を使っているのか把握することができます。

ネット銀行なら内訳確認が楽

貯金をするために新しく口座を作るならば、ネット銀行を利用するとよいでしょう。ネット銀行ならば収支が自動的に記録されていき、確認もインターネットから気軽に行うことができます。 記帳の手間もなく、こまかい取引でも詳細に記録されるので、確認漏れが生じることがありません。また、手数料が低かったり、金利が安かったりといったメリットもあります。ネット銀行は管理が楽であることから、節約や貯金にはぴったりです。

まとめ

貯金をするには、具体的な目標を持つことが大切です。その上で自分の収支を見直し、貯金計画を立てましょう。節約をして貯金するお金を作ることはもちろん、今ある資産を上手く利用しながら貯金していくことをおすすめします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。