記憶力が悪い人の特徴・原因は?記憶力を良くする方法・暗記方法は?

自分は記憶力が悪いまたは記憶力が悪い人が身近にいると言う人は良くいると思います。そんな、記憶力や暗記力などの脳の働きに迫り、記憶力が悪い人の原因や特徴、そしてすぐにでも実践できる頭が弱い人でも記憶力を良くする方法をご紹介します。

記憶力が悪い原因は?

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴①失敗しても反省しない

反省しない

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴1つ目は、失敗しても反省しないと言うことです。暗記や記憶力が悪い人は同じ失敗を何度も繰り返してしまう傾向があります。自分が失敗してしまったことを本当に反省していれば二度と同じことを繰り返さないよう本来なら気を付けるはずです。

しかし、何度も同じ失敗を繰り返してしまうと言うことは、ミスをしたことの重大さを分かっていないため反省してしないのです。これは、暗記力が弱い、記憶力が悪いと言う問題ではなく、当人の責任能力に問題があります。

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴②大事なことでもメモしない

メモする

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴2つ目は、大事なことでもメモしないと言うことです。どれだけ記憶力が良い人でも新しいことをインプットしていけば過去のことは忘れてしまいます。しかし、メモを取ることで大事なことや覚えておかなければいけないことを忘れず留めて置くことができるのです。

しかし、自分の暗記力を過信しているまたは面倒くさがりなどの理由でメモを取らない人も中にはいます。人は過去のことを忘れていってしまう生き物なので、メモを取らないと当然忘れてしまうことの方が多いです。この場合は、記憶力が悪いと言うよりもその人の性格面に問題がある場合が多いです。

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴③周りが何とかしてくれると思っている

頼る

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴3つ目は、周りが何とかしてくれると思っていると言うことです。真面目に授業を受けずあとで友達にノートを借りそれを自分のノートに書き写すと言ったことは学生時代によくある話ですが、これと同じで最終的には人に頼ればいいと思っているため、何事も真剣に取り組もうとしないのです。

学生の頃はこう言った姿勢でも乗り切ることはできますが、社会に出ればそうはいきません。しかし、何でも言うことを聞いてくれる後輩がいる、手助けしてくれる同僚がいるなどの理由で助けてもらえる人が近くにいる場合は、学生の頃のスタンスが抜けきれない人もいます。

いざと言う時は助けてもらえばいいと言う安易な考え方から、自ら真面目に物事に取り組もうとしないため率先して脳にインプットしようとしないのです。これも、記憶力の問題ではなくその人の性格面の問題が大きいです。

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴④ストレスに弱い

ストレス

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴4つ目は、ストレスに弱いと言うことです。ストレスと記憶力は一見無関係に思えますが実は大きく関係します。仕事などでトラブルなどが起きてしまった場合、それを打開しようとあらゆる策を見いだそうと思考を張り巡らせると思います。そう言った時、たくさん脳を使います。

そして、脳を使えば使うほどストレスを感じやすくなってしまうのです。ストレスを感じている状態の時は、集中力が散漫になったり、落ち着きがなくなってしまうので大事なことも正しく脳にインプットできないのです。

そのため、ストレスを感じやすい人は常にこう言った精神的に不安定な状態なので、暗記力や記憶力が悪いと思われてしまうのです。

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴⑤無関心

無関心

暗記や記憶力が悪い人の原因・特徴5つ目は、無関心と言うことです。人は自分が興味のあることや好きなことに関してはどんどん知識を吸収しようとするはずです。また、それらのことは忘れず覚えていることが多いと思います。

そのため、記憶力の良い人は興味を持つ事柄が多いと言う特徴があります。逆に、記憶力が悪い人は関心を持つことが少なく何事にも無関心と言う特徴があります。

また、無関心な人は他人に対しても関心を持つことが少ないと言う傾向にあります。そこで、他人に興味がない人の特徴や人に興味を持つ方法をご紹介します。その記事を下に貼っておきますのでこちらも一緒にご覧ください。

Small thub shutterstock 567016504
他人に興味がない男女の特徴10選!他人に興味を持つ方法や改善方法も

あなたの周りに他人に興味がない人はいませんか?そもそもあなたは他人に興味がありますか?他人に興味がないことが恋愛や仕事に影響している可能性もあります。他人...

記憶力が悪い!記憶力を良くする方法は?

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法①定期的にスポーツをする

ジョギング

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法1つ目は、定期的にスポーツをすると言うことです。記憶力とスポーツは関係ないように思えますが、体の疲れが溜まっていると脳あらゆる機能が正常に働かなくなってしまいそれに伴って記憶力も低下してしまいます。

そこで、脳を正常に動かすために脳の血の流れを良くする必要があります。そのため、ジョギングをしたりジムに通うなどして軽く体を動かすことが大切になってくるのです。週に2回から3回程度、一回につき20分間体を動かすだけでも脳の働きが全く変わってきます。

スポーツをすると健康面や気持ちの面でも良いとされていますが脳を正常に働かせる効果もあり、そして記憶力の向上にも繋がってくるのです。

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法②毎日6、7時間睡眠を取る

睡眠

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法2つ目は、毎日6、7時間睡眠を取ると言うことです。睡眠不足になると脳がうまく働かないため注意力の散漫、集中力の低下などが起こり同時に記憶力も低下してしまいます。そのため、毎日しっかりと睡眠時間を確保することが大切になってきます。

1日6、7時間睡眠を取ることが良いとされており、この睡眠時間を確保することができれば脳の血の流れが良くなり翌日には頭もすっきりするはずです。どうしても毎日6、7時間の睡眠を確保できない場合は、一日のうちに数分でもこまめに睡眠を取るだけでも脳の働きが変わってきます。

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法③アウトプットする

説明する

記憶力が悪い人が記憶力を良くする方法3つ目は、アウトプットすると言うことです。大事なことや忘れてはいけないことを教わった時、その通りに自分でもやってみるのです。例えば、パソコンの操作の仕方や電話応対など教えてもらった通りにやってみるのです。

このように、頭に詰め込もうとするだけでなく、自分でも繰り返しアウトプットするだけで記憶に残りやすくなります。また、覚えなければいけないことを自分の言葉で他人に説明してみるのもいいでしょう。他人に説明することでその情報が脳に定着しやすくなり、また他人から質問を受けることでさらに自分の理解度が増します。

しかし、人に説明することが苦手な人も多いと思います。そこで、説明が苦手な人の特徴や、説明がうまい人と下手な人の脳の違い、そして説明が苦手な人の克服方法をまとめた記事を下に貼っておきますのでこちも合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 511561114
説明が下手な人の特徴4選!上手い人との脳の違いや苦手の克服方法も

説明が下手な人や苦手な人っていますよね。ここではそんな説明できない人の特徴について、説明が上手い人と比べながら、ご説明して参ります。また、仕事などで有効な...

記憶力の鍛え方が学べるおすすめの書籍は?

頭が弱い人でも脳が良くなる本①記憶力の鍛え方

脳の鍛え方

頭が弱い人でも脳が良くなる本1つ目は、宝島SUGOI文庫から発売されている「記憶力の鍛え方」と言う本です。記憶力は大人になっても鍛え方次第でどんどん向上させることができると言われています。

この本は、そんな記憶力を向上させるための脳のトレーニング方法や記憶力を良くする方法が書かれており、「あれなんだっけ?」と言う物忘れも防ぐことができます。可愛らしいイラストが書かれており読みやすい内容になっているため、本を読むのが苦手と言う人でもすらすら読み進めることができます。

頭が弱い人でも脳が良くなる本②記憶力を強くする

地図

頭が弱い人でも脳が良くなる本2つ目は、ブルーバックスから発売されている「記憶力を強くする」と言う本です。タクシーに乗り運転手に行き先を伝えると、大抵の運転手は地図を見ずに目的地まで送り届けてくれます。これは運転手が地図を脳に記憶しているためできる所業なのです。

この本はそんなタクシードライバーの記憶力を脳科学的に解析したものが紹介されています。また、記憶力を良くする方法や記憶力に対するアドバイスなども紹介されており、そのアドバイスが具体的に紹介されているためこの本を読めばすぐにでも実践することができます。

頭が弱い人でも脳が良くなる本③海馬

記憶力

頭が弱い人でも脳が良くなる本3つ目は、新潮文庫から発売されている「海馬」と言う本です。記憶力は脳の海馬と言う部位が司っています。この本は、その海馬に焦点を絞っています。人間の脳は約10%しか使われていないと言われるほど、人は脳のほとんどをうまく活用できていないと言われています。

本書でもそのことに触れており、どれだけ年を重ねようとも脳は使いこなすことができると言うことに気付かせてくれます。自分は頭が良くないと思っている人は特におすすめの一冊です。

記憶力が悪い人でも良くする方法はある

記憶力を良くする

頭が弱い、記憶力が悪いと言う人はそれが一生治らないのかと言えば全くそうではありません。日々のちょっとした習慣を心がけることでいくらでも記憶力を良くすることができます。ぜひ、この記事を参考に日々生活を送ってみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。