一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズは?45Lなど大きさの種類についても

一人暮らしの方や家族で住んでいる方はゴミ袋のサイズや規格大きさに合ったゴミ袋を選べているでしょうか。最大の大きさのゴミ袋を使うことが良いと思っている方もいますが、実は適切なサイズを選ぶことでメリットが多くあります。そこで、ゴミ袋の種類やメリットをご紹介します。

ゴミ袋のサイズの種類・規格は?

ゴミ袋のサイズの種類・規格・最大の大きさ①U抜き型ゴミ袋

女性

市区町村で使用されているゴミ袋のサイズの種類や規格、最大の大きさはどんなものということですが、現在市区町村で指定されているゴミ袋の企画やサイズは3種類に分けられます。主に使用されているのが「U抜き型ゴミ袋」です。U抜き型ゴミ袋はスーパーやコンビニで貰えるレジ袋と同じ種類です。

U抜き型ゴミ袋は手を汚すことなくゴミ袋を縛ることが出来、さらに取っ手が付いているので持ち運びも楽な形状のゴミ袋です。U抜き型ゴミ袋の規格サイズは、20Lから最大45Lまで大きさがあります。

ゴミ袋のサイズの種類・規格・最大の大きさ②平袋

女性

ゴミ袋のサイズの種類や規格2つ目は「平袋」です。平袋は取っ手の付いていない、ただの袋状になったシンプルな設計のゴミ袋です。平袋のサイズは15Lから最大45Lまであります。

ゴミ袋のサイズの種類・規格・最大の大きさ③リコロ

男性

ゴミ袋のサイズの種類や規格3つ目は「リコロ」です。リコロという種類はあまり聞かない名前での種類ですが、ゴミ袋としては優秀な規格となっております。リコロの最大の特徴は縛り紐が付いており、紐を引っ張るだけでゴミ袋を閉じることが出来ます。リコロの規格の大きさは30Lから最大90Lまであります。

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズは?

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズ①ゴミの量が少ない人は10Lから

女性

一人暮らしでゴミの量が少ない人におすすめする最適のサイズは10Lから15Lです。10Lから15Lサイズのゴミ袋は見た目からしても小さく感じてしまうかもしれませんが、実は使ってみると最適サイズと実感することが出来ます。

また、ゴミの量が少ないとゴミ袋のサイズが大きいサイズではどうしても捨てない時が出来てしまいます。ゴミ袋を選ぶときは、自分が出すゴミの量に合わせて選びましょう。適切なサイズのゴミ袋を選ぶことで節約や衛生管理ができます。

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズ②ゴミの量が多い人は45L

子供

一人暮らしでゴミのが多いという方は30Lサイズがおすすめです。一人暮らしをしていてもお酒をよく飲む人や自炊している人などは、一人暮らしをしていても意外とゴミの量が多くなってしまいます。そんな自炊やお酒を飲みゴミがよく出るという方は大きすぎないサイズのゴミ袋がおすすめです。

最適なサイズのゴミ袋にするメリットは?

最適なサイズのゴミ袋にするメリット①ゴミの量が減る

女性

最適なサイズのゴミ袋にするメリット1つ目は「ゴミの量が減る」ことです。ゴミ袋が大きいとどんな大きさのものでも入ってしまい、ゴミ袋が大きければ大きいほど詰め込んでしまいます。ですが、最適なゴミ袋にすることで、余分なごみを捨てるということが無くなり、ゴミの量が減っていきます。

最適なサイズのゴミ袋にするメリット②無駄が減る

男性

最適なサイズのゴミ袋にするメリット2つ目は「無駄が減る」ことです。ゴミ袋を多きサイズにした方が便利だと思われる方も多いと思いますが、適切なサイズを使う方が便利だと言えます。大きいサイズのゴミ袋には多くのゴミが入るといったメリットがあります。

ですが、大きなゴミ袋を使うことで、ゴミ袋を使用する場所や保管場所にかなりのスペースを使ってしまっています。ですが、最適なサイズのゴミ袋なら使用時や保管時も場所を占領することなく使用できるので、部屋を広く使うことが出来ます。

特にキッチン周りにゴミを置くスペースを作っている方が多いと思いますが、最適なサイズにすることで、キッチン周りのスペースも広くなり、安全に効率よくキッチンを使うことが出来るようになります。

最適なサイズのゴミ袋にするメリット③節約できる

女性

最適なサイズのゴミ袋にするメリット3つ目は「節約できる」ことです。最適なゴミ袋を使用するとゴミ袋にかかる料金を節約することはできます。ゴミ袋は大きいサイズだと地域にもよりますが45Lサイズで1枚40円から45円ほどします。30Lなら20円から30円と10円以上も安くなります。

また、45Lと30Lではサイズの大きさが違うように感じますが、ゴミ袋を分けて使用することで、サイズの大きさの違いにはあまり違和感なく便利に使うことが出来ます。節約を意識する方は1度ゴミ袋のサイズも変更してみてはいかがでしょうか。

最適なサイズのゴミ袋にするメリット④ゴミを溜めずに済む

女性

最適なサイズのゴミ袋にするメリット4つ目は「ゴミを溜めずに済む」ことです。ゴミ袋が大きかったり、小さすぎてその日のうちにゴミ袋がちょうどいい量にならない時はないでしょうか。ゴミが袋に対して丁度いい量にならなかったら次のゴミ捨ての日に回そうという場合が多いと思います。

ですが、ゴミを2日3日と放置しておくのは、衛生面上とても危険です。特に生ごみなど入っている場合は、ゴキブリなどの害虫が発生する可能性も高めてしまいますので、ゴミは定期的に溜めることなく捨てるようにしましょう。そんな時に最適ゴミ袋があれば、隙間がるとつい溜めてしまうということを抑えることができます。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情は?

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情①分別

ゴミ分け作業の女性

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情1つ目は「分別」です。一人暮らしをすることで、新たな地域に住む方が多いと思います。一人暮らしをする人が新たな地域で暮らす時にゴミ事情で困ってしまうことが、分別問題です。分別方法は県によって大きく違い、県だけでなく市町村でも細かな違いがあります。

住む地域によって、生ごみの分別から段ボールなどの紙などのゴミの出し方まで細かい地域などあります。ゴミの分別が出来ないと回収してくれないということもよくある話なので、ゴミの分別方法は知っておきましょう。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情②個人情報

個人情報

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情2つ目は「個人情報」です。個人情報と言っても今の時代住所だけでなく、ちょっとしたメモ書きなどからも情報を得ようとする人達などがいます。個人情報を守れるのは、自分自身しかいないということを覚えておきましょう。

個人情報の載った紙などを捨てる時は、必ずシュレッダーなどを利用しましょう。シュレッダーと言っても粗く刻む程度の性能では、切り刻んだ髪を回収してパズルのように繋ぎ合わせることで情報を手に入れることが出来ます。大げさな話のように聞こえますが、実際に起こっている事件でもあります。

シュレッダーにはカット方法が大きく分けて3つあります。本当に情報を守りたいという方は「クロスカット方式」「マイクロカット方式」「スパイラルカット方式」がおすすめです。安価で購入できるシュレッダーには「ストレート方式」が採用されていますが、ストレート方式はおすすめできません。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情③ごみ袋は分ける

女性

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情3つ目は「ゴミ袋は分ける」ことです。こちらで紹介する内容も個人情報保護するために必要なことをご紹介します。ゴミ袋を分けて使用するというのは、ゴミを2つから3つに分けて使用し、個人情報や見られたくないゴミを分けてゴミ袋に入れることで個人情報の保護ができます。

ゴミを分ける時のポイントは、個人情報などが記載された書類はシュレッダーで刻み、見られたくないゴミなどと2つ応分もしくは3等分にゴミ袋に分け入れます。そして、生ごみなどを上から被せるように入れることで、生理的に触りたくないという気持ちになることが出来ます。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情④生理用品の処理

女性の悩み

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情4つ目は「生理用品の処理」です。生理用品というのは誰しもが触りたくないと感じるものですが、中にはそういったものを目的としてゴミを漁る人がいます。ゴミを漁る人というのは怪しい雰囲気をした男性というイメージがありますが、実は怪しい雰囲気の男性だけではありません。

特に生理用品のゴミなどは、簡単には漁ることのできないような対策を取ることをおすすめします。ゴミを漁る人というのは、何を目標としてゴミを漁るかは不明です。漁られるのは誰しもが嫌なことなので、ごみの処分方法は十分に注意しましょう。

生理用品などは見られたくないゴミであり、誰も触りたくないゴミですが、そういったゴミを集める方というのが本当に存在します。ゴミを漁る方は怪しい男性だけでなく、怪しい雰囲気のしないおばさんなども漁ることがあります。漁られて困るものがゴミの中にもあると思います。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情⑤ゴミ出しの時間帯

時計

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情5つ目は「ゴミ出しの時間帯」です。ゴミ出しの時間帯というのは、自治体によってかなり異なっていきます。多くの自治体では、夜の8時から朝の8時までとなっているところが多くありますが、夜のうちにゴミを出してはいけないという自治体などがあります。

また、朝の10時までにゴミ出しをしておけばいいという自治体などあり、ゴミ出しの時間帯は住む市区町村ではなく、自治体で決められるケースが多くあります。自治体で決められることが多く、住み始めた時は情報をキャッチしづらい事かもしれませんが、必ず守るようにしましょう。

ゴミ出しの時間がなぜ決められているのかという疑問に思う方も多いと思いますが、多くの自治体は野良猫やカラスといったゴミを荒らす動物から守るために時間を決めています。

一人暮らしで気を付けたいゴミ事情⑥ゴミ箱は1つ

部屋

一人暮らしでを付けたいゴミ事情6つ目は「ゴミ箱は1つ」です。ここでは、ゴミ出しではなく、部屋に送ゴミ箱の話をご紹介します。一人暮らしだと部屋全てが自分のものとなるため、インテリアや欲しい家具を自由におけますが、ゴミ箱は1つがおすすめです。

一人暮らしだと、ゴミ箱を各部屋1つずつ置いたとしても、ゴミ出しの時までにゴミ箱いっぱいになるということはほとんどありません。ゴミが溜まらない場合は、ゴミを放置してしまうことやゴミ箱にセットしたゴミ袋を流用してしまうということになることが多く、ゴミ箱だけでなく部屋中や不衛生となります。

ゴミ箱を各部屋に置いておくととても楽ができますが、衛生面としてはおすすめできません。また、毎回ゴミ袋いっぱいにならない状態で捨てると言うのは、経済的にも問題となります。楽をするのは良いですが、出来る限りゴミ箱は1つにしておきましょう。

ゴミ袋のサイズや一人暮らしに最適規格を知ろう

女性

ゴミ袋のサイズや最大の大きさ、一人暮らしをするにあたっての最適なゴミ袋のサイズなどは参考になったでしょうか。ゴミ袋を適切なサイズを使用することで、ゴミ出しが楽になるだけでなく節約にもなります。ゴミ袋には様々なサイズや大きさがあります。生活に合ったゴミ袋を選びましょう。

また、住む場所によって異なるゴミの分別問題ですが、ただ一人暮らしという形で移り住む方にとって、分別の情報など未知な部分が多くあります。住む街の役所では、ゴミの分別方法など大まかな説明があるだけで、個々の町の分別方法などは教えてくれない場合もあります。

Small thub fotolia 157492907 subscription monthly m
一人暮らしの節約術のポイント!学生や社会人など食費はどう削る?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。