自己中の意味とは?自己中心的な人の特徴10選と直す方法も

自己中な人にはいくつかの特徴があります。今回はそんな自己中な人の特徴や心理、そして自己中になってしまう原因や理由などもご紹介します。また自己中な性格を直すための方法や、自己中な人への対処法や付き合い方なども解説していきます!

自己中とは?意味は?

自己中の意味とは①自己中心的な性格

自己中

自己中の意味の1つ目は、自己中心的な性格のことです。自分の考えや価値観を中心に世の中が回っているので、他人がどのような考えや価値観を持っているのかまで頭が回りません。自分の意見が絶対なので、その反対意見は「悪」「敵」という受け取り方をしてしまいます。

自己中の意味とは②利己的な性格

天秤

自己中の意味の2つ目は、利己的な性格のことです。自分の利益を1番に考えすぎる傾向にあります。他者に利益を与えることを軽視していて、自分の利益以外は無視してしまいます。恨みを買いやすい性格ではありますが、本人は悪ぶれず実力主義を振りかざす傾向も強いです。

自分が一番大事で後はどうでもいい!

自己中とは自分が最優先事項であり、他の人の意見や利益を普通以上に軽視してしまう性格のことです。自分がされたら嫌なことを平気でしてしまいます。

自己中な人の特徴や性格10選!

自己中な人の特徴や性格①想像力が足りない

自己中

自己中な人の特徴や性格の1つ目は、想像力が足りないことです。相手を思いやる気持ちが不足していますので、自分の言動によって相手がどのような気持ちを抱くかの想像ができません。自分の自己中な性格のせいで嫌われていたとしても気付くことができませんので、延々と配慮のできない人間関係となってしまいます。

自己中な人の特徴や性格②相手を否定しがち

自己中

自己中な人の特徴や性格の2つ目は、相手を否定しがちだということです。相手が何を言っても「でもそれってさぁ」「それは違うよ!」「絶対間違っている」などと否定から入ることが多いです。結果的に嫌われてしまいがちですが、本人としては「自分の意見の方が正しい」と思っているので、嫌われることに納得できません。

自己中な人の特徴や性格③他人からの指摘に敏感

自己中

自己中な人の特徴や性格の3つ目は、他人からの指摘に敏感だということです。自分から相手を否定することは日常茶飯事なのに、他人から否定されることにはとても敏感です。人目を強く気にしている傾向があり、自分が悪者になったり間違っていると思われるのに我慢ができません。周りからしてもとても気を使う人種です。

自己中な人の特徴や性格④相手のことを考えていない

自己中

自己中な人の特徴や性格の4つ目は、相手のことを考えていないことです。想像力の欠如に伴なって、思いやりも欠如しています。本人にとっては「相手のことを思って」という体なのかもしれませんが、その心理は「自分の言うことを聞かせたい」「自分の意見に納得をされたい」という自己愛が根本的に染み付いています。

自己中な人の特徴や性格⑤基本的にナルシスト

自己中

自己中な人の特徴や性格の5つ目は、基本的にナルシストだということです。自己中な人は自分のことが大好きで、何より大切にしています。自分の意見が1番正しく、それを理解できない周りのことを能無しだとすら思う傾向があります。「アイツは分かっていない」と言いがちで、自分が分かっていない側だとは思いません。

自己中な人の特徴や性格⑥自分の意見を通したくて仕方が無い

自己中

自己中な人の特徴や性格の6つ目は、自分の意見を通したくて仕方が無いことです。何しろ自分の意見が最も素晴らしく理に適っているものだと信じて疑いませんので、その意見が通されないことに大きな不満を感じます。先輩や上司が相手であっても「俺(私)の考えが理解できないだなんて」と平気で見下すことも多いです。

自己中な人の特徴や性格⑦忍耐力が不足している

自己中

自己中な人の特徴や性格の7つ目は、忍耐力が不足していることです。自己中な人は短絡的思考の人が多いので、基本的には飽きっぽい性格をしています。自分の意見が通らなくてもそれを通すために必死に説得をするというわけでもなく、相手を見切るという形で自分なりに決着を付けます。執着心はあるのに忍耐力は無いのです。

自己中な人の特徴や性格⑧周りに許されてきてしまった

自己中

自己中な人の特徴や性格の8つ目は、周りに許されてきてしまったことです。いちいち注意するのも面倒だと思われてしまっていて、その自己中さを放置されてきたからこそ、自分を中心に世界が回っていると考えるような我侭な性格になってしまったのでしょう。実際、自己中な人とはできるだけ関わりたくないものですからね。

自己中な人の特徴や性格⑨とにかく視野が狭い

自己中

自己中な人の特徴や性格の9つ目は、とにかく視野が狭いことです。世の中には自分の考え以外にも無数に考え方がある、という当たり前のことに目を向けるのが苦手です。目の前のことが全てであり、自分の意見が最も正しいという短絡的思考の持ち主です。視野を広げる努力はおろか、その必要性にすら気付くことができません。

自己中な人の特徴や性格⑩指摘すると怒る

自己中

自己中な人の特徴や性格の10つ目は、指摘すると怒ることです。親切な周りがその自己中さを指摘したとしても逆切れをしてきます。自分に上から意見をしてくる、と思ってしまうのです。自己中な人は上から目線が大嫌いなので、せっかくの注意を無視した上に邪険にすら扱います。周りも辟易して段々離れていってしまいます。

自己中は人の意見に耳を貸さない!

自己中な人は人の意見に耳を貸すことをとても苦手としています。自分の意見が最も素晴らしく、そんな意見を出せる自分は有能であると思い込んでいるのです。

自己中の原因や心理とは?

自己中の原因や心理①家庭環境で甘やかされすぎた

自己中

自己中の原因や心理の1つ目は、家庭環境で甘やかされすぎたことです。1番近い存在である両親が本人を甘やかして、自己中であっても「自分の意見を持っているのは良いことだ」と肯定的に捉えてしまっていたのであれば、それが治らないのも頷けます。本人も「自分の意見を持っていること」に美徳すら感じるようになります。

自己中の原因や心理②挫折を知らない

自己中

自己中の原因や心理の2つ目は、挫折を知らないことです。自分のやり方や考え方が間違っていると思えないのは、それが原因で「痛い目」を見たことがないからです。今まで自分の生き方でなんとかなって来てしまっているからこそ、その意見に絶対の自信を持ってしまいます。人それぞれの考え方があると気付けないのです。

自己中の原因や心理③なまじステータスが高い

自己中

自己中の原因や心理の3つ目は、なまじステータスが高いことです。人間的または社会的なステータス・能力が高いことが原因となって、自分より下の人を見下してしまう心理状態になります。自分は人を見下して説教をしても良い立場だという勘違いをしてしまうのです。

また人が嫌いである心理も働いています。嫌いな存在に対して好かれたいとは思えませんよね。そんな人嫌いの原因や心理を纏めた記事もありますのでこちらもご参考ください。

Small thumb shutterstock 565621294
人嫌いの特徴5選!原因と心理5選や人間が苦手なのを克服する方法も

あなたは人付き合いが得意ですか?あなたの身近な人に人と関わるのが苦手な「人嫌い」さんはいないでしょうか?コミニュケーションを取るのが不得手だと無愛想に見え...

失敗をしていない自己中は経験値も増えない!

自己中の原因や心理は、自分が自己中な性格であることで失敗や挫折をした経験が無いことも大きな理由となっています。自分を変えようと思う必要を感じたことがないのです。

直したい自己中な性格を直すには?直し方7選!

自己中な性格を直す方法①自分の意見を言う前に飲み込む

自己中

自己中な性格を直す方法の1つ目は、自分の意見を言う前に飲み込むことです。自己中な発言を控えていくためには、自分の性格やインスピレーションから来る「第一声」を飲み込むことが重要です。その直感的・直情的な第一声に自己中さが反映されていることが多いです。一度飲み込み、その発言がふさわしいかを考えましょう。

自己中な性格を直す方法②相手の話を最後まで聞く

自己中

自己中な性格を直す方法の2つ目は、相手の話を最後まで聞くことです。自己中な人は、相手の会話をさえぎってまで自分の話や意見を通しがちです。まずは最後まで黙って相手の話を聞き届け、そこから自分の意見を言うという基本のコミュニケーションを心がけましょう。これができるだけでも嫌われづらくなっていきます。

自己中な性格を直す方法③否定から入らないようにする

自己中

自己中な性格を直す方法の3つ目は、否定から入らないようにすることです。相手の意見を否定しないようにすることが自己中脱却のスタートラインです。ここに意識を向けると、自分がこれまでいかに相手の意見を否定で潰してきたかを実感します。否定をされないことで、相手も今まで以上に心を開いてくれるようになります。

自己中な性格を直す方法④他人に興味を持つようにする

自己中

自己中な性格を直す方法の4つ目は、他人に興味を持つようにすることです。自己中な人は相手の気持ちに関心が薄いために、相手が何を考えているか想像することを手間だと考えます。関心のある相手であればその心を傷つけないように気を払えます。相手に対する興味という、対人関係の価値観から変えていく必要もあるのです。

自己中な性格を直す方法⑤自分がされて嫌なことをしない

自己中

自己中な性格を直す方法の5つ目は、自分がされて嫌なことをしないようにすることです。会話をさえぎられたり、否定から入られたり、上から目線で説教をされたりということはあなたも嫌いですよね。ですがそれは今まであなたも人にしてきたことです。自分の言動の前に「自分が同じことをされたら」と想像してみましょう。

自己中な性格を直す方法⑥上から目線にならないようにする

会話

自己中な性格を直す方法の6つ目は、上から目線にならないようにすることです。自己中な人は説教体質であることも多いので、相手を「言い聞かせよう」「納得させよう」とマウントを取ってしまいやすい傾向にあります。そうならないように注意をして、相手と対等な目線で話すことができるようにメンタルも努力しましょう。

自己中な性格を直す方法⑦うざいと思われる可能性を加味する

自己中

自己中な性格を直す方法の7つ目は、うざいと思われる可能性を加味することです。自己中を自己中足らしめるのはその自己愛です。自分が嫌われているかもしれない、自分は愛想笑いをされているのかもしれない、という「かもしれないコミュニケーション」を心がけましょう。誰でも嫌われる可能性はあると理解しましょう。

自分が同じことをされてもいいか想像しよう!

自己中な性格を直すためには、まずは「自分が同じことをされたらどう思うか」という想像力を広げましょう。自己中な人はプライドが高い人も多いので、「されたら嫌なこと」もたくさんあるはずです。

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方5選!

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方①適度な距離感を保つ

距離感

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方の1つ目は、適度な距離感を保つことです。必要以上に距離感が近いと、それだけ不快な思いをする可能性も高まりますし、相手のマウンティング対象にも選ばれやすくなります。触らぬ神に祟りなしとはまさにこのことです。不快な人の側には近寄らないに限ります。

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方②理解を求めない

理解

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方の2つ目は、理解を求めないことです。自己中な人に対して、自分の意見を認めてほしい、理解をしてほしいと望むのはある意味高望みです。だって相手は、自分の意見が最良だと疑わずに反対意見を潰したいと思っているのですから、お話になりません。

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方③いちいち気にしない

気にしない

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方の3つ目は、いちいち気にしないことです。自己中な人は無意識の言動で周りの人を傷つけます。ナイーブな人ほど、自己中な人の意見を真に受ける必要はありません。相手はそれで傷つけたなんて思っていませんし、罪悪感も感じていないのですから、傷付くだけ無駄です。

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方④戦おうとしない

グループ

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方の4つ目は、戦おうとしないことです。自己中な人の意見は、自分がマウントを取れるためであればコロコロ変わることもありますし、相手を言い負かすことにプライドを持っています。下手に説得をしようとしても揚げ足を取られ、ミイラ取りがミイラになるだけです。

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方⑤肯定的になりすぎない

会話

自己中な友達や恋人や職場の人の対処法や付き合い方の5つ目は、肯定的になりすぎないことです。自己中な人は自分の味方をしてくれる人が好きなので、平和な関係を作るには一見効果的です。ですが1度嫌われると「あいつは裏切った」と愛憎入り混じった感情を向けられる可能性も高くなってしまうのです。

深入りをするほど面倒なことになる!

自己中な人には深入りをしないに限ります。適度な距離感でそれなりの人間関係を作っておくのが1番です。

自己中な人を反面教師にしよう!

いかがでしたか?自己中の意味や自己中な人の対処法などをご紹介しました!あなたの周りの自己中な人に対して嫌な気持ちになるだけではなく、自分が自己中にならないための反面教師にしていきましょう。また自己中を直すための「他人に興味を持つ方法」の記事もご紹介しますので、ぜひご参考ください!

Small thumb shutterstock 567016504
他人に興味がない男女の特徴10選!他人に興味を持つ方法や改善方法も

あなたの周りに他人に興味がない人はいませんか?そもそもあなたは他人に興味がありますか?他人に興味がないことが恋愛や仕事に影響している可能性もあります。他人...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。