文章力とは?トレーニング方法5選や構成と作成のコツ15選も

文章力があるとどんな仕事もスムーズにこなせそうですよね。ですが、文章力を鍛えるにはポイントを絞ったトレーニング方法を実践することが必要なんです。文章構成や作成能力をつけるために、文章力を鍛えるトレーニング方法やコツを身に付けて仕事や勉強に活かしてみましょう。

文章力とは?

文章力とは分かりやすい文章である

文

文章力とは、まず何が書いてあるのか、述べていることが読んでいる人によく分かる分かりやすい文章と言えるでしょう。意味の通じる文章であれば、読み手に書き手の思いが伝わるはずです。分かりやすい文章とは、文章力の第1条件でしょう。

文章力とは読みやすい文章である

読みやすい

文章力とは、読み手がすらすらと読みやすい文章であるとも言えます。文章を読んでいる中で難しく読めない漢字が多かったり、句読点が度々ありたどたどしい文章であると読みにくい印象を与えてしまいます。基本的な文章構成能力を身に付けた文であれば読みやすい文章となり、文章力の必須条件と言えるでしょう。

文章力とは誰にでも理解ができる文章である

理解

文章力とはまた、誰にでも意味が通じる文章のことを言います。流行りの言葉や省略した言葉、話し言葉であると、意味が通じない場合も考えられるため、誰にでも理解することが難しいでしょう。誰が読んでも理解ができる文章が、人を納得させることができる文章を書いていることになるため、文章力の基礎となるでしょう。

文章力をつけるメリットは?

文章力で相手への提案能力が伸びる

ていあん

文章力をつけるメリットは、文章力があることにより相手への提案能力が伸びることです。論理力がある基本的な文章能力を持ち理にかなった文章が書けると、仕事などの伝達事項で相手への説得力があるでしょう。文章力があることで仕事などで相手への印象が抜群に良くなります。仕事では提案能力が伸びていくでしょう。

文章能力をトレーニングすることで論理性が鍛えられる

ろんり

文章力をつけるメリットは、良い文章を書くことで論理性が鍛えられることです。普段言葉で話す時や文章を書く時に、筋が支離滅裂になってしまいがちな人は、この論理性が不足していると考えられるでしょう。整った正しい書き方で文章を書くことで、文章能力が鍛えられ、この論理性が優れたものになっていくはずです。

文章力をつけることで自分の特徴をアピールする力がつく

あぴーる

文章力をつけるメリットとは、口下手で内気な人も、書くことで自分を優位にアピールすることができることです。文章力があることは本当に素晴らしいことで、自分がどのような考えであるかや人間性を知らせることができます。現代ではSNSなどのネットツールが盛んですから、それらを通じて世界へアピールも可能でしょう。

文章力がないと困ることは?

人を説得することが難しい

説得

文章力がないと困ることは、まず文章の意味が通じないため人を説得することが難しいでしょう。意味の通った文章力があれば、読み手と意思疎通ができるはずです。また、書いた文章によって、時には同調して感動を受けることもあるでしょう。人の心を動かす文章を書くためには、基礎的な論理力のある文章力が必要なのです。

仕事能力がない人だと思われる

能力

文章力がないと困ることは、良い文章が書けないために仕事能力が低い人だと思われることです。仕事をする上で相手に用件を伝える基礎的な文章力は必須でしょう。平仮名ばかり、敬語もろくに使えずに意味も通じない文章を書けば、仕事相手も自分とは仕事したくないと思われるでしょう。文章能力は仕事に直結しているのです。

コミュニケーション能力が低く意思疎通ができない

意思疎通

文章力がないと困ることは、コミュニケーション能力が低く意思疎通ができないことです。適切なコミュニケーション能力がないと仕事や友達などの人間関係が上手くいかないでしょう。文章を使って相手に気持ちを伝えるという能力は、相互に意思疎通が上手くとれ、用件や気持ちを伝え合える能力と同じと言えるでしょう。

文章力のトレーニング方法5選!

文章力のトレーニング方法①|文章力を鍛える通信講座を受講する

きたえる

文章力のトレーニング方法1つ目は、文章力を鍛える通信講座を受講する方法です。パソコンからwebだけで受講できるZ会や、大学が開校している通信講座もあります。また、現役ライターと1対1でオンラインの文章添削をしてくれる文章講座もあるため、自分のライフスタイルなどによって色々なチョイスが可能でしょう。

文章力のトレーニング方法②|ライティング講座を受け能力をつける

講座

文章力のトレーニング方法2つ目は、ライティング講座を受け頭を鍛える方法です。これは、オンラインではなく実際に会場に出向いて受ける講座のことを指します。カルチャーセンターなどで文章力アップの講座を受け、力をつけるのも良いでしょう。web上での受講とは異なり緊張感が保ちトレーニングできるはずです。

文章力のトレーニング方法③|毎日新聞を読んで良質な構成能力を鍛える

構成

文章力のトレーニング方法3つ目は、毎日新聞を読んで良質な構成能力を鍛える方法です。最近はSNSやネット上のツールが発達して、新聞や活字離れな傾向があり、周りに新聞を取る人が意外に少ない時代なのです。ですが、新聞の書き手は文章のプロです。良質な文章に触れられる絶好の機会である新聞は本当におすすめです。

ネット上のツールはさまざまにあります。ネットの活用法は多岐に渡るため、ネットを使ってお金を稼ぐには賢く利用することが大切でしょう。ネット上のビジネスに興味がある方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thub fotolia 74359079 subscription monthly m
お金を簡単に稼ぐには?ネットを使った賢いお金の稼ぎ方

文章力のトレーニング方法④|毎日少しずつ文章を作成し力をつける

ちから

文章力のトレーニング方法4つ目は、毎日少しずつでも文章を作成する方法です。文章力のなさを嘆く時間を、書くことに費やしトレーニングしましょう。何日かおきではなく、文章を書く感覚を保るため、200文字程度など少しでも書くと力をつけることができます。毎日の積み重ねは、必ず大きな力となり力がつくはずです。

文章力のトレーニング方法➄|沢山の本を読み文章力を鍛える

ほんよみ

文章力のトレーニング方法5つ目は、沢山の本を読み文章力を鍛える方法です。沢山の本を読むことは、沢山の文章を読むことです。さまざまな文章に触れて、文章とはどのようなものであるかを自然と感覚として身につけることができるでしょう。また、文章表現の方法も多岐に渡って、例えとして文章力の肥やしとなるはずです。

文章力をつけるには?文章が上手になるコツ15選!

文章が上手になるコツ①|思ったことを文字に置き換えて書く

かく

文章が上手になるコツ1つ目は、思ったことを文字に置き換えて書く方法です。頭の中で考えていることをそのまま話し言葉にするのと、誰が見ても分かる文章という方法で書くのとは違ったものと言えるでしょう。文字に置き換えてみると意外とさまざまな言葉が増えていき、整えて書こうと思えば頭をひねって練習になります。

文章が上手になるコツ②|正確な文章を書けるよう気を付ける

正確

文章が上手になるコツ2つ目は、正確な文章を書けるよう気を付けることです。ただやみくもに書きたい内容の文章をつらつらと思ったまま書くと、ただの日記がポエムになるでしょう。自分が見るだけであれば良いのですが、誰かに見せようと思うのであれば意味が伝わり正確に書けるように文章力を鍛えることが必要です。

文章が上手になるコツ③|文章を書いた時に再度自分で読み返してみる

よむ

文章が上手になるコツ3つ目は、文章を書いた時に再度自分で読み返してみることです。1度1通り書いただけ文章は流れのままに文を書いているため、誤字脱字や単語などの間違いもあるはずです。上手く書けたと思っても、再度自分で読み返して文章を書いてみると良いでしょう。見直しをすることで、格段に力がつくはずです。

文章が上手になるコツ④|伝えたい文章から書きすすめる

上手

文章が上手になるコツ4つ目は、伝えたい文章から書きすすめることです。自分が伝えたい内容には、やはり気持ちが入って熱く語るはずです。文章上でもその気持ちや思いを言葉で伝えられるよう、文の流れや内容を吟味して書いていきましょう。伝えたいことをまず先に持ってくることで読み手に感動を与えることができます。

文章が上手になるコツ➄|主語と述語を正確につなぐ

つなぐ

文章が上手になるコツ5つ目は、主語と述語を正確につなぐことです。文章が意味を持ち、読み手に分かるように基本的な文法能力を身に付けることが大切です。話し言葉では主語なしで通じることも可能ですが、文章中では上手く読み手に伝わらないはずです。主語と述語を必ず入れ、意味が通じる文章を心がけて書きましょう

文章が上手になるコツ⑥|話し言葉でなく書き言葉を心がける

書き言葉

文章が上手になるコツ6つ目は、話し言葉でなく書き言葉を心がけることです。普段人と直接話している時には、格式ばった言い方はしないでしょう。少し砕けた話し方の方が話しやすく印象が良くなることも多いはずです。ですが、書き言葉は細かいニュアンスも表す文章で述べることが必要になるため丁寧な文章が大切でしょう。

文章が上手になるコツ⑦|漠然ではなく具体的に説明する

具体的

文章が上手になるコツ7つ目は、漠然ではなく具体的に説明することです。抽象的な言葉や文章表現では、漠然として読み手にイメージがわかないでしょう。何がどうしたのかという点を具体的な事例を用いたり、読み手がよく分かるように詳しく文章で説明することが必要です。できるだけ具体的な表現が大切でしょう。

文章が上手になるコツ⑧|長すぎず簡潔な文章構成にする

簡潔

文章が上手になるコツ8つ目は、長すぎず簡潔な文章構成にすることです。たくさんの事柄を述べる時に長くだらだらと文章を書いてしまいがちです。ですが、長くても結局何が言いたいのが分からない文では読み手が困るでしょう。言いたいことは簡潔に述べて、ぎゅっと濃縮された文章構成力を鍛えることが大切です。

文章が上手になるコツ➈|句読点は控えめで文章を構成する

句読点

文章が上手になるコツ9つ目は、句読点は控えめで文章を構成することです。文を書いている途中では気付きにくいものですが、書いた後にまず自分で読み返してみると何故か句読点が多いことに気付くはずです。句読点が多すぎると文章も途切れた印象で読みにくいため、句読点は控えめにつけるのが鉄則でしょう。

文章が上手になるコツ⑩|適切な敬語を使用して文章を作成する

敬語

文章が上手になるコツ10個目は、適切な敬語を使用して文章を作成することです。間違った敬語の使い方や敬語などの言葉を知らないと、上手な文章を書くことは難しいでしょう。敬語や表現を理解した上で、文章の流れで適切な場所に敬語などを使用して文章作成能力を鍛えることで文章が上達していくでしょう。

文章が上手になるコツ⑪|同じ内容の繰り返し言葉を避ける

同じ

文章が上手になるコツ11個目は、同じ内容の繰り返し言葉を避けることです。言葉は異なっても内容が同じものであれば、ただ繰り返して述べている文章になります。話し言葉のように意外と同じ内容を繰り返して述べてしまいがちですが、他の意味を持つ文章を持ってくることで内容が濃く充実したものとなるはずです。

文章が上手になるコツ⑫|回りくどい表現の文章を避ける

端的に

文章が上手になるコツ12個目は、回りくどい表現の文章を避けることです。何を述べているのか分かりにくい文章では、読み手が受け取り方に迷ってしまいます。回りくどい表現では最も理解しにくいため、端的に言いたいことを表現する言葉や文章表現を書くことが大切でしょう。

文章が上手になるコツ⑬|余計な接続詞を入れ過ぎない

せつぞく

文章が上手になるコツ13個目は、余計な接続詞を入れ過ぎないことです。【だから、しかし、さらに、または、なぜなら、さて】などの接続詞が文章中に多用されていると、読みやすく意味を分かりやすくするための接続詞が、反対に読みにくくなってしまうでしょう。読み手が理解しやすい適度な使い方が大切と言えます。

文章が上手になるコツ⑭|読みにくい漢字を多様せずに文書を構成する

常用

文章が上手になるコツ14個目は、読みにくい漢字を多様せずに文書を構成することです。常用漢字であれば大抵の人は読むことが可能です。ですが、およそ一般的には使用しない常用外の漢字は読めない人も多く、読めても文章が見づらくなってしまうでしょう。漢字は適度に入れ、できるだけ読みやすい文章を心がけましょう。

文章が上手になるコツ⑮|書いた文書を誰かに読んでもらう

読んでもらう

文章が上手になるコツ15個目は、書いた文書を誰かに読んでもらうことです。自分だけが見るのと誰かに読んでもらうのとでは、感想が異なるはずです。書き上げた文章は、必ず誰かにチェックしてもらうことで上達しやすくなるでしょう。

ビジネスツールでも文章表現は大切ですよね。仕事上で言葉の使い方に迷った時は、こちらを参考にしてみると文章のエッセンスが吸収できるでしょう。

Small thub shutterstock 717032236
恐縮の意味や使い方!恐縮ですが以外のビジネスメールの例文は?

ビジネスメールでも良く使われる、「恐縮ですが」という言葉ですが、その正しい意味や使い方をあなたは知っていますか?この記事では、この言葉の類語や実際に使える...

文章力を身に付けて自信を持って文章を書こう!

学校や社会、人との関わりなど色々な場面で文章力は必要ですよね。適切な文書力を身に付けて自信を持ってさまざまな場面で文章を書き、毎日の生活を豊かにしていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。