【ラクマ】購入時に住所が相手にバレる?住所を聞かれた場合の対処法も併せて解説!

ラクマでは、購入の際に相手に住所を提示しなければならないのかと、不安ですよね。住所を聞かれた場合の対処法もご存知ですか?今回は、住所を聞かれた場合の対処の仕方も合わせてまとめました。ラクマの全体的な個人情報への姿勢についての理解も、ぜひ深めてください。

ラクマで商品を購入したら住所が相手にバレるの?

①基本的に公開することが前提

情報公開の要求のイメージ

まずラクマでは、基本的に公開することが前提です。ラクマに限らず、個人間の取引におけるトラブルを避けるためには、信用が重要になってきます。このために、購入者の住所は出品者に対して、公開されるシステムになっています。

この流れで、ラクマで郵便局留めにすることはNGです。ラクマの公式のガイドにおいても、郵便局留めの禁止事項で、利用者にくぎを刺しています。一般的に、相手に住所がバレることを防ぐ際に、郵便局留めは大変便利な手段ですが、禁止されています。

ちなみに、ラクマで住所がバレることを望まない購入者のための方法として、手渡しで受け取る方法も不可能ではありません。しかし手渡しは、万が一のトラブルが起こったときに、運営のサポートが受けられないため、推奨できません。

②支払うまではバレない

匿名のネットユーザー

また、住所は購入者が相手に支払うまではバレません。ラクマの仕組みは、購入した方の金銭の支払いが済むまでは、購入者の住所は出品した方にバレることはありません。ラクマにおける購入者の個人情報の安全性は、非常に高いものになっています。

これは、出品する側の安全性のためでもあります。購入する方の支払いが済んでいない時点で、出品者が商品を発送してしまいますと、代金の未納というトラブルの可能性があるのです。このような形で、双方の安全性を考慮してあります。

ここで、支払い待ちの期間が発生するケースについて解説します。それは、コンビニ払いとATM払いを選んだケースです。その一方で、クレジットカード・全額ポイントや売上金利用で支払うと、購入と同時に出品者に代金が支払われます。

ラクマで商品を購入したらどこまで公開されるの?

①住所

郵便のイメージ

まず、購入者の住所と郵便番号は、相手に公開されます。これは、かんたんラクマパック以外の方法で発送される場合に適用されます。住所は商品の発送のために必要な情報ですので、住所がバレることを極端に避けることは不自然でしょう。

よって、たとい住所がバレるのがどれ程嫌でも、架空の住所をラクマで使用することは絶対にやめましょう。これは、ラクマにおける規約違反になるのです。なお、取引が完全に終了すれば、購入者の住所は非公開になり、安全性に配慮しています。

②氏名

複数の名札

次に購入者の氏名、つまりフルネームも、相手に公開されます。これまた、かんたんラクマパックで発送される場合に限っては、匿名での取引が可能になります。もちろん、氏名も出品した品の発送のためには、必要になりますので、実名公開は当然と思いましょう。

氏名の場合もまた、偽名の使用は規約違反行為に該当しますので、バレることを避けるための手段としては絶対にNGです。住所と同じく氏名も、取引の完了と同時に非公開になりますので、トラブル回避のための配慮が徹底されています。

③電話番号

電話のマーク

また、取り引き画面に購入者の電話番号は表示されません。この理由は、ラクマの外で出品者と購入者との連絡が禁止になっているからです。電話番号を交換すれば、ショートメールの授受が可能になるため、この措置が取られています。

さらに、互いの電話番号を知っていますと、加害行為に発展する可能性もあります。この点でも、ラクマの安全性への対策はしっかりしているといえるでしょう。しかも、電話番号だけでなく、名前と住所以外の全情報が相手に非公開です。

ラクマで商品を購入しても住所がバレない方法は?

①匿名配送

仮面をつけた男性

まず、匿名配送指定の商品を選びましょう。匿名配送指定の商品を選ぶ方法は簡単で、商品の画像のところにその旨が表示されています。このために、一目で匿名配送の商品を判別することができるため、ラクマの匿名配送の商品を探せます。

現在のラクマでは、匿名配送が可能になっています。個人情報保護の需要の高まりに応じて、ラクマは匿名配送のサービスを始めました。このため、どうしても住所を知られたくない場合には、匿名配送の商品を購入するという方法を推奨したいです。

もっとも、この匿名配送を利用する場合でも、さすがにラクマの事務局と日本郵便にも住所を非公開というわけにはいきません。しかしそれでもなお、見ず知らずの相手の出品車に対して、住所を秘匿したまま商品を購入することができます。

②職場の住所

オフィス街

次に、職場の住所を利用しましょう。ラクマの発送のあて先の設定は自宅である必要はなく、職場にすることも可能です。ゆえに、あらかじめあて先を職場の住所にしておくだけで、家の住所は相手方に知られずに済むというわけです。

ただ、この方法で対処しますと、職場の住所ばかりか職場名、もしくは所属先の名まで開示しなければ、届かないケースもあり得ます。言い換えれば、職場の情報を相手に知らせなければならないという、大変な不利益が発生しえます。

このためどちらかといえば、ラクマの事務局と日本郵便のみに住所を知らせれば済む、匿名配送の方が推奨できます。せっかくラクマの運営が、個人情報保護のためのサービスを提供していますので、これを利用しないことはもったいないですよ。

ラクマで住所を聞かれた場合の対処法は?

①知りたい理由を尋ねる

クエスチョンマーク

まず、相手に知りたい理由を尋ねましょう。匿名配送にしている相手から、メッセージで住所を聞かれた場合の対処としては、理由の確認が最優先です。取引の前は匿名配送でも、相手の事情で発送方法を変えたくなることはあり得ます。

このために、メッセージでその正当性を確かめることが、住所を聞かれた時の対処として大事になるのです。初めて聞かれたら不安でしょうが、購入者と出品者双方の安全性のために、ラクマの公式のガイドではこの対処を勧めています。

相手が当初は匿名配送を指定していた場合、購入者の住所は相手の側に表示はされません。やむにやまれず住所を知りたい場合には、公式がメッセージを使っての情報の連絡を求めています。公式の管理下での話ですので、安全性は大丈夫ですよ。

②匿名配送で送って欲しいと伝える

eメールのイメージ

メッセージ上で、匿名配送で送って欲しいと伝えましょう。住所を聞かれた理由を確かめたうえで、匿名配送をやめることがあまりに一方的だと感じた場合には、やはり匿名配送にしてほしいというメッセージを送りましょう。トラブル対応は、運営がサポートしてくれます。

なお、匿名配送を一度やめて発送した後では、再び匿名配送の指定にすることはできません。トラブル回避のためには、発送される前に、メッセージ上でしっかりとやり取りをしておきましょう。住所を聞かれたとしても、落ち着いて対処をすれば恐れることはありません。

ラクマの匿名配送といえば、出品者側にとってのメリットや、商品を匿名配送にするための手順について取り上げた記事が、ここにあります。ラクマの匿名配送は、郵便局とローソンの両方で可能になっています。どうぞ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 503377519
ラクマで匿名配送する手順を宇宙一わかりやすく解説!匿名にするメリットは?

商品が売れるのは嬉しいけど、購入者に自分の住所などの個人情報を知られるのって不安ですよね。それならラクマで匿名配送にしましょう。この記事では、ラクマで匿名...

ラクマで住所を隠したければ匿名配送が一番

ラクマで相手に住所を知られることを避けるための一番の方法は、匿名配送のサービスを利用することです。出品者だけでなく購入者の側も、簡単に活用できるサービスです。指定されている商品を、ぜひとも探してみてください。

そもそもラクマでは、個人情報のやり取りは必要最小限になっていて、トラブル防止の対策がなされています。もしメッセージで住所を聞かれた時にも、冷静に理由を確認するという対処をすれば良いだけです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。