獣医の年収はどれくらい?年代・男女・業種別や獣医になる方法も!

医者の年収が高いのはよく知られていますが、それに比べると獣医の年収は意外と知られていないものです。ここでは男女別や業種別、そして年代別の獣医の平均年収から獣医になる方法まで幅広く紹介していきます。動物好きの人やこれから稼げる仕事に就きたい人は必見です!

多彩な働き方がある!業種別獣医の平均年収

業種別獣医の平均年収①動物病院勤務で450万円

猫が見上げる

業種別獣医の平均年収の1つ目は動物病院勤務の平均年収を紹介します。動物病院勤務の平均年収は450万円です。獣医は就職が非常に安定しているものの、業種によって収入の開きがあり、稼げる獣医と稼げない獣医に分かれる特徴があります。特に動物病院で働くのが一般的ではあるのですが収入は獣医の中でも低くなります。

ただし獣医に関してはお金を稼ぎたいから獣医になるというよりは、元々が動物好きで、いつも動物と一緒にいることができるからなる人が多い職業です。そのため収入よりはやりがいを求める傾向が強い職業でもあります。動物好きでなければ務まらない職業であることは間違いありません。

業種別獣医の平均年収②研究職で600万円

研究の風景

業種別獣医の平均年収の2つ目は研究職の平均年収を紹介します。研究職の獣医の平均年収は600万円です。研究職の獣医には様々な職場あります。例えば大学病院勤務という道もありますし農協等の組織で研究をする道もあります。そういった獣医は高い専門性が必要であり、収入は動物病院に比べると高くなる傾向にあります。

研究職の場合だと公務員として勤務できることも多く、収入が高いだけでなく安定している傾向もあります。獣医で公務員という印象はあまりないかもしれませんが、意外に公務員での働き口は少なくないものです。長く安定して獣医を続けたい場合には公務員を目指すのも一考です。

ただし研究職で公務員の獣医だと動物のお世話は飼育員に任せることが多く動物と触れ合う時間がほとんどない場合もあります。そうなると獣医になった意味が半減すると言えるかもしれません。公務員で獣医になる場合にはやりがいと収入のバランスを考える必要はあるでしょう。

業種別獣医の平均年収③製薬会社で700万円

本と女性

業種別獣医の平均年収の3つ目は製薬会社で働く獣医の平均年収を紹介します。製薬会社で働く獣医の平均年収は700万円です。製薬会社については獣医に限らず社員全体の平均年収が高いため、動物病院で働く倍近くの平均年収になります。製薬会社では動物実験を行うため獣医という職業が必須なのです。

製薬会社で働く獣医は動物病院や公務員で働く場合よりも収入は高くなる傾向はあるものの、動物実験で使う動物と接する仕事であり、動物との別れを多く経験する仕事でもあります。そのため、動物好きの獣医にとってもはとても辛い仕事です。

動物病院で働く、研究職や公務員で働く、製薬会社で働くなど、獣医には様々な働き方があるのですが、獣医としてどんな働き方をするのかは収入と動物好きとしてのやりがいのバランスをしっかり考えて選ぶ必要があると言えます。

年代別獣医の平均年収

年代別獣医の平均年収①20代は350万円

朝日と会社員

年代別獣医の平均年収の1つ目ですが、20代の平均年収を紹介します。20代の獣医の平均年収は350万円です。これは同世代の会社員に比べると少し高めの金額になっています。ただし、獣医になるには6年制の獣医専攻の大学を卒業する必要があるため、大学卒の会社員に比べて社会に出るのが2年遅れになります。

それを考えると350万円という平均年収については決して高い水準ではないと言えます。やはり獣医はお金だけではない、やりがいを求める職業である傾向が強い仕事なのです。

年代別獣医の平均年収②30代は550万円

女性が仕事をしている風景

年代別獣医の平均年収の2つ目は30代の平均年収を紹介します。30代の獣医の平均年収は550万円です。30代だと獣医は稼げる職業の平均年収の水準に乗ってくる職業になります。日本の平均年収がこのくらいですが、30代という若い年代で全体の平均年収に届くこととなるのです。

年代別獣医の平均年収③40代は750万円

男性が悩む

年代別獣医の平均年収の3つ目は40代の平均年収を紹介します。40代の獣医の平均年収は750万円です。40代でも引き続き年収は上がっていく傾向にあります。ただしこの年代になると稼げる獣医とそうでない獣医の差が露骨に表れてきます。

独立開業している場合には1000万円を超えることもありますし、雇われの動物病院医の場合には40代でも年収が500万円に届かないこともあります。ちなみに獣医は50代まで年収は上がり続け、50代獣医の平均年収は800万円となっています。

年代別獣医の平均年収④60代は500万円

孫とおじいさん

年代別獣医の平均年収の4つ目は60代の平均年収を紹介します。60代の獣医の平均年収は500万円です。50代後半から年収が下がっていくのはどの職業も同じなのですが、獣医に関してはその下げ幅は比較的緩やかになっています。資格が必要な職業であるため、年を重ねても需要があることが大きな要因になっています。

男女別獣医の平均年収

男女別獣医の平均年収①男性の平均年収は600万円

笑顔の男性

男女別獣医の平均年収の1つ目は、男性の獣医の平均年収を紹介します。男性の獣医の平均年収は600万円です。獣医と言っても診断する動物は幅広く、ペット用のハムスターから動物園にいる象まで、大きさも様々です。そのため力のある男性が求められる職場も多くあるのです。

男女別獣医の平均年収②女性の平均年収も600万円

胸を張る女性

男女別獣医の平均年収の2つ目は、女性の獣医の平均年収を紹介します。女性の獣医の平均年収も600万円です。基本的に男女別に年収を見ていくと男性の方が高くなる傾向にある職業が多いのですが、獣医は珍しくその差がない職業になります。

統計により男性の方が若干高くなると言われる場合もありますがほとんど差はありません。これは獣医の需要が非常に高く出産後の再就職がしやすいことや、出産後も動物に対する愛情が深く獣医という仕事にモチベーションが高いために出産を経ても年齢を重ねるごとに男性と同じく年収が上がっていく傾向が強いためです。

男女別獣医の平均年収③男女に平均年収の差がない獣医という仕事

カップルの風景

男女別獣医の平均年収の3つ目ですが、獣医には男女の平均年収の差がないことを紹介します。男女の平均年収の差がないということは、女性が働きやすい業種になっていると言えます。そのため、女性の獣医志望者が非常に多くなっています。

60代では90%以上が男性なのに対して20代では男女比がほぼ半々になっています。時代が進むにつれて、獣医の女性比率が男性を上回る時代も来るかもしれません。

独立した方が儲かる?獣医の平均年収

獣医全体の平均年収は600万円

虎のいる風景

獣医全体の平均年収は600万円です。獣医全体で見ると稼げる職業であると言えます。日本全体の平均年収が550万円と言われていますので、獣医はその平均を上回っています。動物好きにはやりがいもあり、なおかつ稼げるのが獣医という職業なのです。

勤務医全体の平均年収は500万円

きつねが歩く

勤務医全体の平均年収は500万円です。動物病院で働く獣医は年収が全体よりも低くなる傾向にあります。一昔前は獣医自体の数が少なかったためもっと稼げる仕事であったのですが、近年では獣医の数が増えてきており獣医一人あたりの年収は下がっている傾向にあるのです。

独立開業の場合の獣医の平均年収は700万円

ライオンの雄姿

独立開業の場合の獣医の平均年収は700万円です。獣医に限らず独立開業をすると雇われの身で働いているよりも年収は高くなる傾向にあります。しかしながら雇われよりも高くなるとはいえ、他の職種の独立よりは年収が低くなっている傾向にあります。

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法とは?

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法①大学で獣医を専攻する

勉強する女性

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法の1つ目ですが、獣医になるには大学で獣医を専攻する必要があります。獣医を専攻する大学については医学部や薬学部と同じく6年制になっています。獣医になるには6年間大学に通う必要があるのです。

ちなみに獣医になるために大学に通うための学費は私立大学の場合で約1000万円となっています。比較的学費が高い部類に入るものの、医師の場合にはこれよりもさらにお金がかかってくるため、そこまで学費は高くないという見方をすることもできます。

同じ6年制の大学を出る職種の薬剤師と年収を比較するのも面白いですので下記の関連記事も是非参考にしてみてください!女性の働き方も獣医と薬剤師では大きく違ってくるのでその点を比較するのも興味深い記事内容になっています。

Small thumb shutterstock 562215688
薬剤師の年収は高い?職場や年齢・地域によって収入に差がある!

薬剤師は医師とともに医療系の職業の中でも高年収の部類に入る職業ですが、年齢や地域により年収は異なってきます。ここでは職場別や男女別、さらには業種別における...

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法②国家試験を受験する

勉強する子供

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法の2つ目ですが、大学卒業時に国家試験を受験する必要があります。ちなみに国家試験の合格率は現役で90%以上、既卒で60%ほどと言われていますので高い合格率であると言えます。真面目に大学で勉強をしていれば合格は難しくない水準の試験であると言えます。

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法③要就活でも就職はしやすい

面接の風景

魅力的でやりがいがある獣医を仕事にする方法の3つ目ですが、獣医は需要のある職業ではあるものの要就活です。しかしながら就職はしやすい職種になっています。

ただし動物園や水族館といった動物と長くいることができ、珍しい動物に囲まれて仕事ができる業種は非常に人気が高く大学教授の推薦をもらっても難しいと言われています。様々な働き口があるだけに、自分に合った働き口を色々と想定できる業種であるとも言えます。

獣医という尊い仕事に敬意を払い可能なら目指してみよう!

獣医という仕事は動物の命を救う尊い仕事です。人間の命を救う医師よりも年収は低いものの、その命の価値に差はありません。そして獣医という仕事は他のどんな仕事よりもやりがいを求めることができる仕事なのです。ここで紹介した獣医の年収や獣医になる方法が、あなたの獣医への理解を深めるきっかけになれば嬉しいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。