30代のシステムエンジニア(SE)の平均年収は?同年代の他の職業との比較も!

30代のシステムエンジニア(SE)の平均年収は他の職業と比べてどうなのか、その比較をしていきます。最近では大注目の職種であるシステムエンジニアですが、実際に儲かる仕事なのかどうかを分かりやすく検証していきます。特に転職を考えているならば大注目の内容です!

30代前半の職種別システムエンジニア(SE)平均年収比較【ソフト系編】

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収①全体では450万円

2人での仕事

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収の1つ目は、30代全体の平均年収を紹介します。30代前半のシステムエンジニア全体では450万円です。30代前半での450万円であれば高給取りに入ることでしょうし、この数字はあくまでも平均であるため、30代前半で500万円を超えている人もザラです。

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収②保守系で450万円

歩く会社員

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収の2つ目は、保守系のシステムエンジニアを紹介します。保守系のシステムエンジニアは450万円です。

保守系のシステムエンジニアで30代前半のシステムエンジニアの平均くらいになるのですが、保守系のシステムエンジニアは不具合がないかどうかをチェックしつつ、不具合が出たら迅速に対応するのが仕事になります。言わばシステムについてのガードマンのような役割が保守系のエンジニアになります。

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収③社内SEなら520万円

3人の会社員

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収の3つ目は、社内SEの平均年収について紹介します。社内SEの平均年収は520万円です。社内SEは社内のシステムの保守を中心に、社内ネットワークの構築も担うエンジニアになります。所属する会社や、業種によって待遇は大きく変わってきます。

社内SEは金融系の業種が非常に高くなる傾向にあります。ただし金融系の中でも大手銀行は高くなるものの、中小の銀行やマイナーな証券会社の場合は金融系とはいえそんなに待遇が良くないこともあるので、見極めは必要になります。

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収④PMだと700万円超え

腕を組む男性

30代前半のソフト系システムエンジニア平均年収の4つ目は、PMの平均年収について紹介します。PMの平均年収は700万円超えになります。PMとはプロジェクトマネージャーになり、開発や保守においての責任を負う役割になります。

システムエンジニアの業界に限らずPMと言えばプロジェクトマネージャーを指すことが多いですが、プロジェクトマネージャーと呼ばれる人は責任が重く重要視されるポジションであることが多くなっています。システムエンジニアの業界では知識や経験だけでなく度胸やマネジメント能力も必要になってきます。

そのためPMが務まるようなシステムエンジニアは相当に限られてくるため、その平均年収はその世代のシステムエンジニアの平均年収の2倍に迫る金額になることが少なくないのです。

30代前半の職種別システムエンジニア(SE)平均年収比較【ハード系編】

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収①全体では400万円

電話する女性

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収の1つ目は、ハード系SE全体の平均年収を紹介します。ハード系SE全体の平均年収は400万円です。IT業界の中」でもシステムエンジニアの業界を知らない人はSEと一括りにしがちですが、ハード系とソフト系はその業務内容が大きく違ってきます。

ハード系は配線や基盤を中心に手掛けるSEであるのに対して、ソフト系はシステムやネットワークを中心に担当するSEになります。つまり、IT業界の中でもその役割は大きく異なっており、PCの内側を担当するのがソフト系であり、PCの外側を担当するのがハード系になります。

一括りにはできないですし、ソフト系とハード系に明確なIT業界内の線引きがあるわけではないので完全に説明はできないのですが、このように認識しておけば大きな間違いはないでしょう。

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収②品質管理で500万円

ミーティングの風景

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収の2つ目ですが、品質管理のSEの平均年収を紹介します。品質管理のSEの平均年収は500万円です。品質管理はシステム内にバグや不具合がないかを確認する役割であり、社内ネットワークが正常に働くかどうかにおいて非常に重要な役割を担うSEになります。

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収③回路設計で550万円

パソコンで仕事

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収の3つ目は、回路設計のSEの平均年収を紹介します。回路設計のSEの平均年収は550万円です。回路設計のSEは電子回路基板を構築します。そのため、IT業界の根底の部分を担うエンジニアになりますのでやりがいも非常に感じられる仕事になります。

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収④半導体設計で600万円

電子基板の写真

30代前半のハード系システムエンジニア平均年収の4つ目は、半導体設計のSEの平均年収を紹介します。半導体設計のSEの平均年収は600万円になります。半導体設計は他のシステムエンジニアに比べると知識や経験が問われる職種になります。そのためIT業界の中でも高い給料となる傾向にあるのです。

30代後半の職種別システムエンジニア(SE)平均年収比較【ソフト系編】

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収①全体では500万円

ITの世界

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収の1つ目は、30代後半のSE全体の平均年収を紹介します。30代後半全体では平均年収は500万円です。システムエンジニアの業界も経験と知識が豊富になってくる30代後半の方が若い頃に比べると稼げる傾向にあります。

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収②システム開発で550万

笑顔の男性

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収の2つ目はシステム開発のSEの平均年収について紹介します。システム開発のSEの平均年収は550万になります。システム開発のエンジニアについては30代後半の平均が550万円になっていますが非常に格差が出やすい職種です。実力差がそのまま収入差になるためです。

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収③コンサルで700万円超

腕を組む男性

30代後半のソフト系システムエンジニア平均年収の3つ目は、コンサル業メインのSEの平均年収を紹介します。コンサル業メインのSEの平均年収は700万円超となります。コンサル業を主とするSEもPM同様に高収入が期待できます。何故なら相手を説得し納得させるプレゼン能力が必須となるためです。

30代後半の職種別システムエンジニア(SE)平均年収比較【ハード系編】

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収①全体では450万円

朝日と男性

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収の1つ目は、30代後半のハード系システムエンジニアの平均年収を紹介します。30代後半のハード系システムエンジニアの平均年収は450万円です。

30代後半のハード系システムエンジニアは30代前半に比べると高くなるものの、ソフト系のエンジニアよりも給料が少しですが安くなる傾向にあります。

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収②制御設計で550万円

真面目な男性

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収の2つ目は、制御設計のシステムエンジニアの平均年収を紹介します。制御設計のシステムエンジニアの平均年収は550万円です。

制御系のシステムエンジニアは家電等における温度や量を調整する機能を担うエンジニアであり、専門的な知識やスキルが必要になるためハード系のエンジニアの中でも高収入になる傾向があります。

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収③研究特許関連で600万

談話する男性

30代後半のハード系システムエンジニア平均年収の3つ目は、研究特許関連のシステムエンジニアの平均年収を紹介します。研究特許関連のシステムエンジニアの平均年収は600万円と言われていますが、年収で2000万円を超えるようなエンジニアも少なくありません。

特にヘッドハンティングの対象になるのがこのタイプのエンジニアであり、成果がダイレクトに収入に関わってくるため実力者が集まる職種になります。新しいシステムや基盤を開発して自社独自のものとして特許を取ることが目的となりますが、実際にそうなると会社には定期的に多額の利益をもたらすことになります。

30代他業種とシステムエンジニア(SE)との平均年収比較

30代他業種との平均年収比較①30代会社員の平均が350万円

真面目な会社員

30代他業種との平均年収比較の1つ目は、30代会社員の平均を紹介します。30代会社員の平均年収は350万円です。そのためこの年収で比較するとSEは非常に儲かる仕事であると言うこともできるのですが、実情は少し違ってきます。

何故ならシステムエンジニアは様々な職種の中でも労働時間が長く、ハードワークとしても有名であるためです。そのため実際に時給換算をすると稼げる仕事であるとは言えない側面が見えてくることもあるのです。IT業界の中でもSEとプログラマーはその双璧を成している職種であると言えます。

30代他業種との平均年収比較②30代薬剤師の平均が500万円

薬のある風景

30代他業種との平均年収比較の2つ目は、30代薬剤師の平均を紹介します。30代薬剤師の平均年収は500万円です。薬剤師は稼げる仕事の上位に入っているイメージの仕事ですが、システムエンジニアの収入はそこにも届いている高い年収であると言えます。

30代他業種との平均年収比較③30代公認会計士の平均が800万円

電卓のある風景

30代他業種との平均年収比較の3つ目は、30代公認会計士の平均を紹介します。30代公認会計士の平均年収は800万円です。PMや研究特許関連の職種で頑張ることができれば公認会計士の平均年収にも届くのがシステムエンジニアという仕事です。

ちなみに下記は公認会計士の仕事と収入、そしてその試験に受かる難易度まで紹介しているおすすめの記事内容になりますので是非チェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 595640549
公認会計士の平均年収はどれくらい?タイプ別の収入や資格の難易度も紹介!

公認会計士は国家資格であり、企業の監査や会計を生業とする職業です。弁護士や医師と比較されることが多いくらい、給料が高い職業としても知られています。ここでは...

まだまだ目指せるシステムエンジニア(SE)の収入実態を知ろう!

システムエンジニアはIT業界の中でも花形の仕事ですが、IT業界にとどまらず近年注目度が高い仕事でもあります。そしてまだまだこれから需要が伸びてくる仕事になります。ここで紹介した内容がSEへの興味を掻き立てるきっかけになればうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。