ビジネスのマター(matter)の意味・使い方とは?ビジネス用語19選も

マター(matter)という言葉は「政治マター」など、ビジネスの中でよく聞かれるようになりました。また、マターのように英語由来のビジネス用語が営業の場面をはじめ、多様される時代にもなっています。ここではマターをはじめとしたそんなビジネス用語を紹介していきます。

ビジネス用語マター(matter)の意味とは?

ビジネス用語マター(matter)の意味とは担当であること

考える女性

ビジネス用語のマター(matter)の意味は、担当であることです。ビジネス用語のマター(matter)とは、責任の所在を明確にしたい場合に使う言葉になります。そのため、議論されている物事について、その担当が誰であるのかを示す時に使う言葉になります。

ビジネス用語マター(matter)とは物事に責任があることも意味する

腕を組む男性

ビジネス用語のマター(matter)は、物事に責任があることも意味します。ビジネス用語のマター(matter)が、担当を示すということはその物事に対して大きな責任があることも意味しています。そのため、物事の責任を相手に対して追及する場合にもビジネス用語のマター(matter)という言葉を使います。

営業マターや政治マターという言い回しは日本語独特の意味になる

見上げる男性

営業マターや政治マターという言い回しは、日本語独特の意味になります。マター(matter)という言葉を使う場合には、元々の英語の意味から外れた使い方をすることが少なくありません。営業マターや政治マターという言い回しはよくビジネスで使われますが、それは本来の英語の意味と違う、日本語独特のものなのです。

そのためマター(matter)という言葉をビジネス用語として使うためには、日本語で使われている意味と、英語本来の意味それぞれを知っておく必要があります。ここからはマター(matter)の英語本来の意味を紹介していきます。

matterの英語の元の意味は?

matterの英語の元の意味①問題・課題

歩く男性

matterの英語の元の意味の1つ目は、問題や課題です。マターという言葉を英語で使う場合には、問題や課題を指して使うことが多くなっています。日本語では担当者や責任を表す言い回しであることを考えると、英語本来の意味からはずれており、マターが日本語独特のビジネス用語になっていると言えます。

matterの英語の元の意味②物事・事柄

握手する風景

matterの英語の元の意味の2つ目は物事や事柄です。問題や課題という言葉は、解決策や改善案が必要な事項を指すことになりますが、そういった対策を要しない物事についてもマター(matter)という言葉を使うケースは少なくありません。英語では状況に応じて適した意味でマター(matter)を使いましょう。

matterの英語の元の意味③事態

笑顔の男性

matterの英語の元の意味の3つ目は事態です。マター(matter)という言葉を使う場合には、その時に発生した事態を指すこともあります。

そのため、ここまででマター(matter)の英語の意味は5つになっていますが、マター(matter)の英語本来の意味を翻訳する場合には状況に適したものを選ぶ必要があります。マター(matter)という言葉は様々な状況において物事を表す便利な英単語であると言えるのです。

ビジネスシーンでのマターの使い方は?

営業マターや政治マターという形の「マター」という使い方が一般的

胸を張る女性

営業マターや政治マターという形での「マター」という使い方が一般的です。例えば「このタスクは社会部マターの仕事だ。我々には責任がかかってこないだろう」といった形で使います。××マターという言葉は、状況に応じた使い方ができ、××には個人名が入ることも少なくないのです。

ビジネスシーンでのマターの使い方①営業マター

歩く会社員

ビジネスシーンでのマターの使い方の1つ目は、営業マターという言葉です。この言葉は他の業務と並べた時に営業の要素が強いことを表す時に使い「こちらは営業マターになります。成約したお客様は管理部での対応となりますが、内容の伝達が不十分なままお客様対応できませんので」といった形で使います。

ビジネスシーンでのマターの使い方②政治マター

真面目な会社員

ビジネスシーンでのマターの使い方の2つ目は政治マターという言葉です。政治マターという言葉は「この問題は政治マターです。裁判所での判断には適さない事案です」といった形で使います。日本は三権分立が基本になっていますがどの機関で議論されるべきものかを討論する時に政治マターはよく使われる言い回しになります。

よく聞くカタカナのビジネス用語19選

よく聞くカタカナのビジネス用語①タスク

ミーティングの風景

よく聞くカタカナのビジネス用語の1つ目は「タスク」です。タスクとは、業務上における課題を意味する言葉であり、「タスクチーム」「タスク処理」「タスクフォース」などといった形でよく使われる熟語が存在している言葉になります。

ちなみに下記の関連記事は「タスク」という言葉や「タスクチーム」「タスクフォース」といった言葉、そしてタスク処理のポイント等について詳細にまとめられたおすすめの内容です。ビジネスに役立つ内容が盛りだくさんの記事内容ですのでこちらも確認してみてください。

Small thumb shutterstock 409299100
タスクの意味・使い方やタスク管理のコツ5選|切る/処理/チーム

タスク管理はビジネスにおいて重要な要素です。ここではタスクって何といった初歩的な疑問からその言葉の使い方、そして期限を切るコツをはじめとしたタスク処理やタ...

よく聞くカタカナのビジネス用語②コミット

計算する男性

よく聞くカタカナのビジネス用語の2つ目は「コミット」です。最近このコミットはダイエットやトレーニング等において「結果にコミットする」などといった使われ方が目立ちますが、ビジネスでは責任を持ち物事を引き受けることを意味する言葉であり、マターなどとも一緒に使われる言い回しです。

よく聞くカタカナのビジネス用語③スケジュール

握手する会社員

よく聞くカタカナのビジネス用語の3つ目は「スケジュール」です。スケジュールは様々なスパンにおける計画を表します。最もよく使われるのは、一日の流れや一週間の流れを組む意味での「スケジュール」ですが、使われているビジネス用語の一つです。

よく聞くカタカナのビジネス用語④マンパワー

団結する風景

よく聞くカタカナのビジネス用語の4つ目は「マンパワー」です。「マンパワー」は人手や労働力を意味する言葉であり、機械化やオートメーション化が進む時代の中で、人の手で行わなければならない業務や、労働力の総量を論じる際に使う表現です。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑤インフラ

たくさんのテレビ画面

よく聞くカタカナのビジネス用語の5つ目は「インフラ」です。「インフラ」が指すものは多いのですが、道路や鉄道網、インターネットや電気ガス水道など、私たちの経済活動に欠かせないライフラインを総じて意味する言葉となります。ビジネスではこれらを論じる際に「インフラ」という言葉を使います。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑥ネットワーク

謎の男

よく聞くカタカナのビジネス用語の6つ目は「ネットワーク」です。この言葉は元々繋がりを意味する言葉ですが、インターネット接続そのものを指して使う場合や、ビジネスにおける横の繋がりを指して使う場合など、英語の意味に起因する様々な意味で使われますので、状況を把握し適切な理解が必要になる言葉です。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑦フィールド

働く会社員

よく聞くカタカナのビジネス用語の7つ目は「フィールド」です。「フィールド」という言葉は元々野原や広場を意味する英語ですが、ビジネスで使う場合には領域や得意分野を指して使う言い回しになります。いくつかの意味を持つ言葉なので、状況に合った適切な意味で理解するようにしましょう。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑧ハラスメント

しかめっ面の女性

よく聞くカタカナのビジネス用語の8つ目は「ハラスメント」です。「ハラスメント」という言葉は嫌がらせを指す言葉であり「セクハラ(セクシャルハラスメント)」「パワハラ(パワーハラスメント)」など、今では略語が定着するくらいによく使われる言い回しになっています。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑨ロードマップ

ミーティングの風景

よく聞くカタカナのビジネス用語の9つ目は「ロードマップ」です。この言葉は計画書や、計画そのものを指す言葉です。ビジネスにおけるロードマップという概念は、何をするにあたってもその下準備の段階で非常に重要視されます。何故なら計画のない行動は失敗に終わるリスクが高くなるからです。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑩マイルストーン

働く男性

よく聞くカタカナのビジネス用語の10個目は「マイルストーン」です。この言葉は設定した目標を達成するための、過程における小目標を指す言葉になります。マイルストーンを上手く設定することで目標に対する進捗や課題が明確になり、目標を達成しやすくなるのです。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑪クオーター(Q)

真面目な男性

よく聞くカタカナのビジネス用語の11個目は「クオーター」です。ビジネスにおいて「クオーター」という言葉は日本語で四半期を意味します。「1Q」と書いて、3月決算の会社の場合は4月~6月の第一四半期を言い表すことが珍しくないので、こういったビジネス用語も覚えておくようにしましょう。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑫アドバンテージ

笑顔の女性

よく聞くカタカナのビジネス用語の12個目は「アドバンテージ」です。この言葉はスポーツでもよく使われるのですが、有利なことや先んじている項目を表して使うビジネス用語です。例えば「A社との提携については他の会社よりもアドバンテージがある」といった形で使います。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑬コミッション

座る女性

よく聞くカタカナのビジネス用語の13個目は「コミッション」です。「コミッション」は取次手数料を表す言葉であり、例えば保険の営業マンが保険を1件成約した時に一定パーセンテージで得られる報酬を意味する言葉です。代理店業は基本的にキャリアから支払われるコミッションにより成り立っているのです。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑭インセンティブ

2人での仕事

よく聞くカタカナのビジネス用語の14個目は「インセンティブ」です。インセンティブはビジネスにおいて、基本給以外の一時金や報奨金を意味する言葉であり、営業会社等でよく見受けられる言葉です。ノルマを達成したり、成約数に応じて基本給にプラスアルファでもらえるのがインセンティブです。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑮コンセプト

握手する風景

よく聞くカタカナのビジネス用語の15個目は「コンセプト」です。「コンセプト」とは英語由来の言葉であり日本語に直訳すると「概念」ですが、多くの場合は概念や、物事に対しての軸となる考え方を指して使う言葉です。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑯イレギュラー

2人での仕事

よく聞くカタカナのビジネス用語の16個目は「イレギュラー」です。「イレギュラー」とは日本のビジネス用語だと例外的なものを表す言葉ですが、英語本来の意味は不規則であることを意味しています。

ビジネスでは「イレギュラーを認める」などと使われますが、スポーツには「イレギュラーバウンド」といった言葉があり、それぞれ「イレギュラー」が違った意味で使われています。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑰スポンサー

2人での仕事

よく聞くカタカナのビジネス用語の17個目は「スポンサー」です。スポンサーはビジネスに対する出資者を意味する言葉であり、大きなビジネスを始める場合にはいかに良質なスポンサーを多く集めるかが鍵になります。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑱フィー

お金の瓶詰め

よく聞くカタカナのビジネス用語の18個目は「フィー」です。「フィー」とは従業員に対する給料や報酬を意味する場合もありますし、サービスを利用する場合の料金を指す場合もありますので、状況に適したで理解するようにしましょう。

よく聞くカタカナのビジネス用語⑲クローズ

ドアの風景

よく聞くカタカナのビジネス用語の19個目は「クローズ」です。「クローズ」とは扉等を物質的に閉めたり、業務やプロジェクトを終わらせたりする場合にも使いますし、営業する際の最後の一押しを意味する場合にも使われるビジネス用語です。

マターなどカタカナのビジネス用語を使う際の注意点は?

マターなどカタカナのビジネス用語使用時の注意点①相手の理解度を意識する

会議の風景

マターなどカタカナのビジネス用語使用時の注意点の1つ目は、相手の理解度を意識することです。カタカナのビジネス用語の中には、認知度が低く相手に対して伝わらないこともあります。そのため、カタカナのビジネス用語を使う場合には、相手がその言葉を理解しているかどうかを確認しながら使う必要があります。

マターなどカタカナのビジネス用語使用時の注意点②相手の感じ方を意識する

腕を組む男性

マターなどカタカナのビジネス用語使用時の注意点の2つ目は、相手の感じ方を意識することです。相手が意味を分かっていても、相手がカタカナのビジネス用語を使って会話していることを良しと感じない場合があります。特に、そういうビジネス用語をあまり使っていなかった世代では快く思わないことが多いものです。

特に付き合いが継続している人については相手の普段の言葉遣いが分かりますが、相手があまりカタカナのビジネス用語を使わない人であれば、その人に合わせてカタカナのビジネス用語は控えた方が賢明です。

マターという言葉の理解を深めて語彙を増やしていこう!

ここではマターという言葉と、カタカナのビジネス用語を19選に渡って紹介してきました。ここで紹介したマターとカタカナのビジネス用語は、ビジネスにおいて非常に有用なものばかりです。ここで紹介したマターをはじめとするビジネス用語を、今後仕事での表現力アップにおいて役立ててもらえたら嬉しいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。