言い方がきつい人の心理13選!言葉が悪い人が口調を変える方法は?

本人が意図していなくても、言い方がきつい人がいます。ここでは、言葉が悪い人の心理について、詳しくご説明して参ります。また、そのような夫や彼女の口調を変える方法についても、あせわせてご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。



言い方がきつい人の心理・理由13選

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理①かっこ良いと思っている

チェックのシャツを着ている男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の1つ目は、『かっこ良いと思っている』ということです。これは特に男性に多く見られる心理と言って良いでしょう。きつい口調や悪い言葉は「男性らしい」というイメージがあるのです。その為、本当は丁寧な言葉遣いができるのに、わざときつい口調や悪い言葉を使っています。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理②それが普通だと思っている

資料を見つめる二人

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の2つ目は、『それが普通だと思っている』ということです。これは二通りのパターンがあります。一つ目は、自分の周囲の人たちがそのような言い方をしていた、ということです。自分の周りの人たちがそのような言葉遣いをしていると、「これが普通なんだ」と思い込んでしまいます。

もうひとつは、誰も注意をして来なかったということです。周囲の人たちはそのような言葉遣いをしていません。ですが、本人がそのような言葉遣いをしても誰も注意をして来なかった場合、「これでも良いのだ」と思ってしまいます。どちらにしても、それが普通だと思い込んでしまっているのです。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理③自分を優位に立たせたい

怒鳴る男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の3つ目は、『自分を優位に立たせたい』ということです。自分は周囲の人たちの誰よりも高い地位にある、ということを思い込ませたいということです。周囲の人たちよりも自分を優位に立たせることで、自分が偉くなったような気持ちになります。それが本人には大変気持ちが良いのです。

優越感は中毒性の強い欲求です。一度でも、「気持ち良い」と感じてしまうと、「もっと優越感に浸りたい」という思いが湧き上がってきます。その為、行動や言動はどんどんエスカレートしていく傾向にあります。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理④相手を支配したい

発言する男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の4つ目は、『相手を支配したい』ということです。相手の行動や言動はもちろん、考えや重いなどのような精神面も支配したい、と思っています。相手を内側から支配するには、言葉で威圧するという方法が最も手っ取り早くて効果的なのです。その為、言い方がきつくなったりします。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑤相手を下に見ている

にらみ合う二人

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の5つ目は、『相手を下に見ている』ということです。これは決して、自分を優位に立たせようとしているのではありません。自分の周囲にいる人たちを馬鹿にしています。相手に対して、「一般常識も知らないどうしようもない人」などのように感じています。それが態度に出ているのです。

このタイプの人は、かなりの常識人です。口調も「それが当たり前」などのような口癖が出ることが多くあります。常識を知らない人と対面すると、軽蔑した気持ちになるのです。その気持ちが態度や言動に顕著に表れます。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑥ストレスが溜まっている

叫ぶ女性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の6つ目は、『ストレスが溜まっている』ということです。ストレスが溜まってくると、それを発散させたいという欲求が湧き上がってきます。ストレスを発散させたいという欲求を満たす為には、誰かに八つ当たりのような態度や言動を取る、という方法がもっとも簡単で効果的です。

また、ストレスは怒りに似た感情も湧き上がらせます。怒りを感じると、つい口調がきつくなったり言葉遣いが悪くなったりします。ストレスの発散は、怒りの爆発に似ていることから、その気持ちが言動に顕著に表れるのです。

ときどき無性に肉が食べたくなることはありませんか?それはストレスが溜まっているサインかもしれません。詳しくお知りになりたい方は、こちらもご覧下さい。

Small thumb shutterstock 640904401
肉が食べたい時の心理10選!原因はストレス?無性に食べたくなる理由も

皆さんは肉が食べたい!と無性に感じたことはありませんか?肉が食べたい時の心理や原因についてまとめました。ストレスなどの原因や男女で異なる心理を見ていきまし...

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑦強く見られたい

腕組みをする男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の7つ目は、『強く見られたい』ということです。相手に強さを誇示する為には、そのような態度を取るという方法が最も簡単で効果的です。自分の強さを相手に誇示したいという気持ちは、言葉遣いにもっとも明確に表れます。声を荒げたり、口調がきつくなったりするのです。

これは、本当は自分は強くないと思っていることも同時に表しています。自分の弱さを隠そうという心理も裏に隠されているのです。ですが、そのようなことを相手に感じさせたくない為に、最も簡単で効果的な言葉遣いに表しています。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑧負けず嫌い

勝ち負け

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の8つ目は、『負けず嫌い』ということです。自分の意見を押し通したい時には、言い方がきつくなったり、言葉遣いが悪くなったりします。言い方や言葉遣いで相手を威嚇し、自分の意見を押し通そうとしているのです。自分の意見を押し通すことが、勝つことになると思っています。

このタイプの人は、周囲の人たちの意見に譲歩することは負けること、と思い込んでいます。また、いつも勝ち負けにこだわっています。常に自分の意見を通して相手に勝ちたいという思いが、口調や言葉遣いに表れているのです。


言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑨かまって欲しい

黒メガネをかけた男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の9つ目は、『かまって欲しい』ということです。人間は相手が怒っているとわかると、ご機嫌を取ろうとします。相手の機嫌を取って、無益な争いは避けたいと思っているからです。これは言い換えるなら、怒っている振りをすれば誰かがかまってくれる、という見方もできます。

怒ると多くの人たちは、口調がきつくなったり言葉遣いが悪くなったりします。意図的に言い方をきつくしたり言葉遣いを悪くすることで、自分の機嫌が悪いことをアピールしているのです。これは、「周囲の人たちにかまって欲しい」という本音の裏返しになります。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑩プライドが高い

煉瓦塀にもたれている男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の10個目は、『プライドが高い』ということです。プライドが高い場合の口調や言葉遣いには2通りの心理の可能性が挙げられます。ひとつは、プライドが高いということを自覚している場合です。この場合は、自分のプライドを常に高く保とうとして、口調をきつくしています。

もうひとつは、自分のプライドが高いということを自覚していない場合です。この場合は、無意識で口調がきつくなります。意図的な場合は、口が悪くなるということもありますが、言い方がきついだけの場合は、自分の性格や自分自身に対する捉え方に自覚がない可能性が高くなります。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑪本心を隠したい

暗い表情の男性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の11個目は、『本心を隠したい』ということです。素直になることが恥ずかしい、と感じている場合には口調がきつくなったり、言葉遣いが悪くなったりします。特に相手に対する好意的な思いが大きい場合には、なおさら口調がきつくなったり、言葉遣いが悪くなる傾向があります。

いわゆる「ツンデレ」と呼ばれる態度や言動です。本心ではもっと優しくしたいのですが、それがなかなかうまくいかず、そんな自分に苛立ってもいます。その苛立ちの感情も、言動に表れてしまっているのです。

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑫ウケ狙い

爆笑する3人の女性

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の12個目は、『ウケ狙い』ということです。これは過去に仲間はずれにされた経験がある場合に、可能性が高くなる心理です。丁寧な態度や謙虚な言葉遣いをしていて、周囲の人からいじめられた経験があるのでしょう。すると、周囲の人たちに笑ってもらいたいという思いが強くなります。

このタイプの人は、友達と呼べる人たちの言葉遣いが悪いという特徴があります。その仲間に入れてもらう為には、同じように口調を合わせる必要があると考えているのです。特に悪い言葉遣いをすると、仲間はみんな笑ってくれます。そのようなウケ狙いの癖がついてしまっているのでしょう。


言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理⑬仲間だと思っている

乾杯する人たち

言い方がきつい人や言葉が悪い夫の心理の13個目は、『仲間だと思っている』ということです。このタイプの人は、初対面の人やあまり心を許していない人に対しては、大変丁寧な言葉遣いをします。また、言い方も大変柔らかいという特徴があります。丁寧な態度を取ることで、相手の出方や考え方を見ているのです。

ただし、相手を自分の仲間だと認識すると、とたんに口調が悪くなります。言葉遣いが悪くなったり、言い方がきつくなったりするのは、本人なりの愛情表現のつもりなのです。それだけ心を許している、というサインになります。

言い方がきついと思われやすい言葉は?

言い方がきついと思われやすい言葉①タメ口

楽しく食事をする4人

言い方がきついと思われやすい言葉の1つ目は、『タメ口』です。相手が友達なら大目に見てもらえるかもしれません。ですが、相手が上司や年上、または年下の場合のタメ口は、受け取り側の精神状態によっては、「きつい」と思われる可能性が高くなります。遠慮がない態度は、相手にきついという感情を抱かせるのです。

言い方がきついと思われやすい言葉②命令形

言い争いをする二人

言い方がきついと思われやすい言葉の2つ目は、『命令形』です。命令形は誰が聞いても威圧的に聞こえます。その為、命令口調で相手に話しかける癖があると、高圧的な態度を取られていると相手が感じ、言い方がきついと思われやすくなります。

言い方がきついと思われやすい言葉③切り口上

肩に座っている子供

言い方がきついと思われやすい言葉の3つ目は、『切り口上』です。「~して下さい」や「~をお願いします」などのような、言い方のことを指しています。これは大変事務的で、きつさや冷たさを与えてしまいます。「~してくださいませんか?」や「~をお願いしたいのですが」などのようにすると、柔らかくなります。

言い方がきついことのデメリットは?

言い方がきついことのデメリット①ガサツと思われる

のんびり仕事をする男性

言い方がきついことのデメリットの1つ目は、『ガサツと思われる』ということです。丁寧な言葉遣いができないということは、すべてにおいて丁寧さに欠ける、ということを示しています。相手によって言葉遣いを選ぶという繊細さに欠ける、ということからガサツな性格をしている、と思われてしまうのです。

言い方がきついことのデメリット②馬鹿にされる

バカにされている男性

言い方がきついことのデメリットの2つ目は、『馬鹿にされる』ということです。これは、冷静になって見つめると虚勢を張っている、ということが一目瞭然だからです。虚勢を張っているということは、本当はそんなに強くないまたは小心者だということを示しています。周囲の人たちから馬鹿にされる結果になるのです。

言い方がきついことのデメリット③運気が下がる

手相を見てもらう人

言い方がきついことのデメリットの3つ目は、『運気が下がる』ということです。言葉には「言霊」というエネルギーが宿っています。良い言葉や綺麗な言葉には、良い言霊が宿っています。良い言霊は、その人にとっての幸せを引き寄せてくれます。きつい言葉や悪い言葉は悪い言霊が宿っている為、運気が下がるのです。

言い方がきついのを直す方法は?

言葉が悪い人や彼女の口調を変える方法①そのたびに注意する

男性を注意する女性

言葉が悪い人や彼女の口調を変える方法の1つ目は、『そのたびに注意する』ということです。相手が悪い言葉遣いをしたら、そのたびに注意しましょう。本当に相手のことを思うのなら、根気強く注意するしかありません。また、言葉遣いは癖のようなものですから、そう簡単には改善されないものなのです。

言葉が悪い人や彼女の口調を変える方法②距離を置く

無視する男性

言葉が悪い人や彼女の口調を変える方法の2つ目は、『距離を置く』ということです。どれだけ注意しても直らない場合は、本人に直す意志がないのかもしれません。そのような場合は、距離をおきましょう。「言葉遣いが良くなるまで会わない」などのように言っておくと、本人にも危機感が芽生えて本気になるでしょう。

言い方がきついのは本人が気づいていない可能性がある

カフェで談笑する3人の女性

言い方がきつい人や言葉遣いが悪い人は、本人ではそのことに気づいていない可能性があります。もし、あなたが相手にはっきり言える立場にあるのなら、時間をかけて注意していくと良いでしょう。ただし言葉遣いは癖ですから、本人の直す意志も必要になります。積極的に働きかけて、本人のやる気も起こさせましょう。


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。