オレンジ色が好きな人の心理6選|橙色好きの性格やカラー効果も

オレンジ色は心理的にも明るいイメージを連想させます。今回は、そんなオレンジカラーを好きな人の特徴や心理をご紹介します!好きな色がオレンジだという人には共通する性格などがあります。オレンジ好きの人の気持ちを理解し、より良い人間関係に繋げましょう!

オレンジ色のカラーが持つ効果とは?

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果①元気や勇気を感じさせる

オレンジと女性

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果の1つ目は、元気や勇気を感じさせることです。オレンジは黄色と並んでとにかく明るいカラーという印象が強いですよね。困難に立ち向かうための力やそのために必要な勇気を与えてくれます。自分に自信を与えてくれる色として、ファッションカラーとしても人気です。

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果②時間を長く感じさせる

オレンジとオイル

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果の2つ目は、時間を長く感じさせることです。オレンジは良い意味で「間延び」しているカラーとなりますので、癒しの空間に取り入れることで実際以上にのんびりとした時間を過ごすことができます。寝室やリビングのインテリアとして人気な理由も頷けますね。

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果③生命のエネルギーを感じさせる

オレンジとグレープフルーツ

オレンジ色のカラーの効果やイメージ効果の3つ目は、生命のエネルギーを感じさせることです。オレンジは登る太陽、沈む太陽、紅葉、血の流れる肌など、生命を連想させる暖かさがあります。人間に秘められたエネルギッシュなパワーを引き出すことで、やる気や好奇心を引き出します。

ポジティブなパワーを与えてくれる!

オレンジは黄色と並んで明るい色の代名詞のようなカラーです。そんなオレンジは、勇気や躍動感などポジティブなパワーを与えてくれます。

オレンジ色が好きな人・好きになる心理6選

オレンジ色が好きな人の心理①目標を達成したい

走る男性

オレンジ色が好きな人の心理の1つ目は、目標を達成したいということです。オレンジ色が好きな人は何事にもポテンシャルが高い人が多く、目標意識を持って生きています。人生の大きな目標から日常の中の小さな目標まで、日々を自分で課したハードルで埋めていき、それを乗り越えることに快感を覚えている人が多いです。

オレンジは人間の心理に元気やポジティブな気持ちを与えてくる色の1つであることから、目標達成において強いエネルギーを与えてくれます。なのでオレンジ色が好きな人は普段の生活でも「目的」「理想」「ビジョン」を設定し、それを達成することに無意識にオレンジ色のパワーを借りていることが考えられます。

オレンジ色が好きな人の心理②癒しを感じたい

癒される女性

オレンジ色が好きな人の心理の2つ目は、癒しを感じたいということです。人間が感じる癒しには2つのパターンがあります。1つは「陰」の癒しです。これは、落ち着いた空間や静かな時間の中で心を癒すというものです。そしてもう1つは「陽」の癒しです。これは、ポジティブパワーから来るエネルギッシュな癒しです。

明るい音楽を聴いたり、スポーツをしたりなどの「陽」の癒しを感じることで元気になれることは多いですよね。オレンジカラーもこの「陽」の癒しを司っています。視覚からポジティブなイメージのカラーを取り入れることで、心がワクワクしてきて明るい気持ちになれます。これもれっきとした「癒し」の1つなのです。

オレンジ色が好きな人の心理③情熱や躍動を感じたい

男女混合の人間関係

オレンジ色が好きな人の心理の3つ目は、情熱や躍動を感じたいということです。長い人生、生きる意義や生き甲斐が欲しいですよね。新しいことにチャレンジをするにしても、情熱が無いと取り組めませんし長続きしません。そこでオレンジカラーの心理作用が活躍してくれます。オレンジは情熱を感じさせてくれるのです。

また心に躍動感を与えてくれることから、物事に対するトキメキやワクワク感を感じさせてくれます。「何かやってみよう!」という前向きな気持ちにさせてくれるのがオレンジカラーということです。なのでオレンジ色が好きな人は「人生を楽しむ」ことに対して積極的で、好奇心も旺盛であることが伺えます。

オレンジ色が好きな人の心理④気持ちを人と共感したい

ラブラブなカップル

オレンジ色が好きな人の心理の4つ目は、気持ちを人と共感したいことです。オレンジ色は暖かいイメージがありますよね。そのイメージ通り、人とのコミュニケーションや心の繋がりを大切にしたいと思う人が好むカラーです。このことから、人の気持ちを理解し、共感したいと思っている人が自然と好む色でもあります。

コミュニケーションには「空気を読む」「人の心を想像する」ことが大切です。ただ自分がしたい優しさをぶつけるだけではお節介になってしまいますし、正しいコミュニケーションにはなりません。そのためにも必要なのが共感力であり、オレンジ色は「共感したいと思う優しさ」や「共感した後の優しさ」をイメージさせます。

オレンジ色が好きな人の心理⑤開放的になりたい

解放された女性

オレンジ色が好きな人の心理の5つ目は、開放的になりたいということです。元気いっぱいなイメージのオレンジカラーが連想させるのは、太陽の暖かい光です。このまた開放的な心とは、明るく前向きに物事を考えられる状態でもあります。このことからオレンジ色は「心の解放」を望んでいる人が好きな色でもあるのです。

元々元気でパワフルな人も好むカラーではありますが、少し気分が落ち込み気味な人も好きな色です。オレンジが持っているエネルギッシュなエネルギーを無意識に求めているのでしょう。心を解放させることでストレスを外に逃がし、より良いエネルギーを取り入れたいと思っている人が好きな色がオレンジなのです。

オレンジ色が好きな人の心理⑥生きる意味が欲しい

走る女性

オレンジ色が好きな人の心理の6つ目は、生きる意味が欲しいということです。理由も無く生きるのは辛いものですから、オレンジカラーの明るさから「楽しく人生を生きられるための何か」を求めている気持ちが表れます。前向きな気持ちはあれどもその「何か」が見付かっていない人にも好まれる色です。

生活にハリを与えてくれる色!

オレンジは生きる理由や目標を探すのにピッタリな色です。前向きな気持ちにしてくれるので、生活にハリを与えてくれます。

オレンジ色が好きな人に多い性格の特徴6選

オレンジが好きな色の人に多い性格①お人よし

ラブラブなカップル

オレンジが好きな色の人に多い性格の1つ目は、お人よしです。特に男性でオレンジが好きな人に多い性格です。人よりも優し過ぎるが故にストレスを溜めやすくもありますが、その優しさは周りからの信頼感になります。自分が困っている時に助けてくれる人も多く、この人の優しさには多くの人が救われています。

オレンジが好きな色の人に多い性格②お調子者

笑顔の男性

オレンジが好きな色の人に多い性格の2つ目は、お調子者です。オレンジは快活なカラーなので、それだけ「元気が空回りしがちな人」にも好まれる色になります。お節介なことも多いですが、心がピュアな人も多いので、なんだかんだで憎めないタイプです。実は落ち込みやすいところがあるのはご愛嬌です。

オレンジが好きな色の人に多い性格③ムードメーカー

明るい男性

オレンジが好きな色の人に多い性格の3つ目は、ムードメーカーです。場の中心となり、みんなからの注目を集める多言うの人が多いです。本人も目立つ立場であることを自覚した上で楽しんでいて、「自分がいるからみんなが笑ってくれる」というシチュエーションに満足感を感じています。

なのである意味とても奉仕精神が強く優しい人なのです。「自分はその場の空気を盛り上げる役割なのだ」と理解した上で演じている側面もあり、時として自分を追い詰めがちです。ですが根が明るい人が多いので気持ちの切り替えが上手であることも美徳でしょう。

オレンジが好きな色の人に多い性格④人との関わりが好き

会話をする男女

オレンジが好きな色の人に多い性格の4つ目は、人との関わりが好きだということです。基本的に社交的であり、子供の頃からコミュニケーション能力に長けていることが多いです。人との会話を楽しめるので、接客業などが向いています。販売業や営業職などにも適性を感じさせます。

また孤独を嫌う傾向も強く、休みの日でも1人で過ごすくらいなら外に出て誰かと予定を作り、賑やかに過ごします。誰とも会わない日は落ち込んでしまいがちです。気分が沈んだ時にも、1人でリフレッシュするより友達と楽しく過ごすことで気分転換になります。

オレンジが好きな色の人に多い性格⑤誰からも愛される

笑顔の女性

オレンジが好きな色の人に多い性格の5つ目は、誰からも愛されることです。元来愛想が良い人が多く、いつもニコニコしています。素敵な笑顔の人のところには自然と人が集まりますよね。善人で平和主義者であることが多いので、自分より周囲のことを優先できることから尊敬の対象にもなります。

いわゆる「愛され気質」であることも確かなのですが、本人から滲み出るポジティブパワーを周りも受けることができるので、「一緒にいるだけで元気になる」と思ってもらえることが多いです。愛されると共に必要ともされる、という素敵な人柄だと言えます。

オレンジが好きな色の人に多い性格⑥派手なことが好き

笑顔の女性

オレンジが好きな色の人に多い性格の6つ目は、派手なことが好きだということです。ファッションも独自のセンスを貫き、お祭りなどのイベント事が好きです。そして目立つ自分を愛していて、人から注目されないことが続くと寂しくなり、時には拗ねてしまうこともあります。

良くも悪くも、子供っぽいピュアな心を持っているのです。このことからオレンジは「幼さ」も想起させることが多いですが、どちらにしても「派手さなどを利用して注目されること」で自分を体現することは共通しています。

明るくて社交的な人が多い!

オレンジが好きな人は、社交的で明るいタイプの人が多いです。いつでも周りに人がいるような、太陽のような人なのです。

オレンジが好きな人の特徴を理解しよう!

いかがでしたか?オレンジが好きな人の心理や特徴などをご紹介しました!オレンジはエネルギッシュで生命力を感じさせるパワーを持っています。だからこそ、辛い時にも元気な時にも同じように求められるカラーなのです。オレンジの魅力を知って、ファッションやメイクなどにも取り入れていきましょう。

またオレンジと正反対のカラーとなるのが、青や水色などの落ち着いた色です。オレンジの明るい魅力とは間逆の落ち着いたエネルギーがありますよね。そこで、青や水色が好きな人の心理を解説した記事もご紹介します!オレンジとは全く違う効果が興味深いですよ。ぜひ今回の記事と併せてご参考くださいね。

Small thumb shutterstock 1106102402
【色相心理学】青や水色が好きな人の心理や性格16選|青い服を選ぶ心理も

色にはその人の性格や心理状態が表れます。ここでは、青や水色が好きな人の心理や性格について、詳しくご説明して参ります。また「今日は青系の服が着たい」と思った...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。