取り急ぎお礼まで申し上げますの言い換えは?ビジネスメールの例文も

社会人になると「取り急ぎご連絡まで」や「取り急ぎお礼まで申し上げます」といったフレーズをよく耳にしますよね。特に後者の言葉は、まずはお礼を伝えたい時にとても便利ですが、他にも言い換え表現はないのでしょうか。今回は、ビジネスメールの例文や英語での書き方も含めて、詳しくご紹介いたします。

取り急ぎお礼までは失礼にあたる?

「取り急ぎ」という表現が失礼にあたる

走っているビジネスマン

まずは、取り急ぎお礼までは失礼にあたるか?という疑問についてですが、基本的には失礼にあたるので、使わないほうが良いというのが答えです。理由はいくつかありますが、1つ目は、「取り急ぎ」という表現が失礼にあたるからです。

「取り急ぎ」には、「とても急いでいる」や「ひとまず間に合わせで」という意味があります。忙しいのは分かりますが、だからといってこの言葉を使うと、人によっては「間に合わせで文章を作りました」という文面に受け取りかねません。

後ほどご紹介いたしますが、「取り急ぎ」ではなく、「きちんとお礼に伺えず申し訳ありませんが」という意味のある「略儀」などの言葉に置き換えましょう。

お礼なのに心がこもっておらず失礼にあたる

ハートを切っている

取り急ぎお礼までは失礼にあたる理由の2つ目は、お礼なのに心がこもっておらず失礼にあたるからです。お礼は本来、心がこもっているものなので、丁寧に伝えるべきものです。それを、「取り急ぎ」で伝えるのは、自分本位で失礼な印象を与えてしまいます。忙しいのは、相手ではなく、こちら側の都合だからです。

また、「まで」と文章が途中で終わっていることによって、前半の「取り急ぎ」が余計に強調されてしまいます。文章が未完成ということも非常に印象が悪いです。取り急ぎのお礼でも、文末まで誠意をこめた表現が大切です。

取り急ぎご連絡までは失礼にあたらない

PC越しにバトンを渡している

「取り急ぎお礼まで」と似た表現に、「取り急ぎご連絡まで」や「取り急ぎご報告まで」という表現があります。同じようにだめなのだろうか?と考える方も多いかもしれませんが、実は、これらのフレーズは失礼にはあたりません。

なぜなら、連絡や報告は、あくまでも業務連絡だからです。お礼とは違い、時には、丁寧さよりも情報のスピーディーさが求められます。心をこめてじっくりと行うお礼ではないため、「取り急ぎご連絡まで」というフレーズは使うことができます。

なお、入社して間もないと、どんな風にビジネスメールを作成したら良いのか、迷うことがありますよね。下記記事では、社内メールのビジネスマナーや例文が、詳しく取り上げられています。ビジネスのノウハウを知るためにも、ぜひご参考になさってくださいね。

Small thumb shutterstock 386845444
社内メールのビジネスマナーと例文|書き出しと返信の書き方は?

会社で働いている方なら誰もが使うことの多い社内メール。とても便利で使い勝手のいい社内メールの正しい書き方やビジネスマナーはしっかり理解できていますか?それ...

取り急ぎお礼までの言い換え方は?

取り急ぎお礼までの言い換え方①略儀ではございますが、まずは

PCで仕事をしているビジネスマン

次に、取り急ぎお礼までの言い換え方をご紹介いたします。1つ目は、「略儀ではございますが、まずは~」という言い方です。「略儀」は、「本来伺ってお礼すべきところ、省略してしまいますが」という意味です。メールの結びの言葉としてよく使われます。

また、「取り急ぎ」をよりマイルドにした表現として、「まず始めに、とりあえず」という意味の「まずは」も付け加えます。これによって、「本来伺ってお礼すべきところ、省略してしまいますが、まず始めにお礼します」という意味の文章を作ることができます。

取り急ぎお礼までの言い換え方①

略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます。

取り急ぎお礼までの言い換え方②末筆ながら、まずは

PC

取り急ぎお礼までの言い換え方、2つ目は、「末筆ながら~」という言い方です。これは、「最後ではありますが~と書きます」という意味です。その後に、「まずは」を入れれば「取り急ぎ」の意味を加えられます。

「末筆ながら、まずは~」で、「最後ではありますが、取り急ぎ~と書きます」という意味を伝えることができます。こちらも、メールや手紙の結びの言葉としてよく使われる言葉なので、覚えておきましょう。

取り急ぎお礼までの言い換え方②

末筆ながら、こちらのメールにてまずはお礼申し上げます。

取り急ぎお礼までの言い換え方③お礼申し上げます

握手しているビジネスマン

取り急ぎお礼までの言い換え方、3つ目は、「~お礼申し上げます」という言い方です。今までご説明してきたように、文の末尾が「~まで」と途中で終わってしまうのは良くないため、きちんと文を最後まで完成させましょう。

同時に、文頭は「取り急ぎ」ではなく、「略儀ではございますが、まずは~」や「末筆ながら、まずは~」と置き換えましょう。セットで使うことによって、誠意の伝わる正しい日本語になります。

取り急ぎお礼までの言い換え方③

略儀ではございますが、まずは書面にてお礼申し上げます。 末筆ながら、まずは書面にてお礼申し上げます。

取り急ぎお礼までの言い換え方④お礼かたがたご挨拶申し上げます

握手しているビジネスマン

取り急ぎお礼までの言い換え方、4つ目は、「~お礼かたがたご挨拶申し上げます」という言い方です。これは、「お礼を兼ねて挨拶します」という意味です。こちらもフォーマルな言い方でよく使えるので、覚えておきましょう。

「~お礼申し上げます」の時と同様、文頭には「略儀ではございますが、まずは~」や「末筆ながら、まずは~」を付けます。これらを組み合わせれば、「取り急ぎご連絡まで」も、様々なフレーズで表現することができます。

取り急ぎお礼までの言い換え方④

略儀ではございますが、まずはメールにてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 末筆ながら、まずはメールにてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

取り急ぎお礼までの言い換え方⑤宜しくお願い致します

握手しているビジネスマン

取り急ぎお礼までの言い換え方、5つ目は、「今後とも宜しくお願い致します」などの、通常の結びの言葉を使う方法です。「取り急ぎお礼まで」をきちんとした表現に置き換えようと思うと、長くなってしまうので覚えきれない!という方には、こちらの方法をおすすめいたします。

なお、感謝の気持ちのお礼は、本文中にきちんと表現しましょう。あえて「取り急ぎ」の主旨を入れなくても、メールをなるべく早めに送るだけで、誠意は伝わりやすいものです。

取り急ぎお礼までの言い換え方⑤

今後とも宜しくお願い致します。 今後とも変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。

取り急ぎお礼までの使い方・例文は?

ビジネスシーンでも使わない

頭に手を当てている女性

続いて、取り急ぎお礼までの使い方や例文をご紹介いたします。1つ目のポイントは、ビジネスシーンでも使わないことです。「取り急ぎお礼まで」はビジネスで使っている人が多いですが、これまで見てきたように、間違った表現です。決して使わないようにしましょう。

なお、似たような表現として、「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご連絡まで」というフレーズがあります。これらはお礼の気持ちを心をこめて伝えるものではなく、あくまでも業務連絡なので、使っても良い正しい日本語です。

ただし、上司や取引先など、目上の方に使う場合は注意が必要です。「~まで」という表現は、文章が途中で終わってしまっているからです。目上の方には「お大事に」とは言わず、「お大事になさってください」と言いますよね。不完全な文章は、目上の方には失礼にあたるため、これらのフレーズは使わないようにしましょう。

内容は最小限で簡潔にする

PCで仕事をしているビジネスマン

取り急ぎお礼までの使い方や例文、2つ目のポイントは、内容は最小限で簡潔にすることです。「略儀ではございますが、まずは」などの言葉で、メールや文書の作成にあまり時間をかけられなかったことは、相手に伝わっています。そのため、内容が簡潔で短文でも、相手に悪い印象は与えません。

逆に、長文を送るなら、本当は時間があったのではないか?忙しくないのではないか?と、読み手は思ってしまうかもしれません。矛盾したメールとならないためにも、丁寧かつ簡潔に書くことを心がけましょう。

取り急ぎお礼を伝えたい時の例文

いつもお世話になっております。 ○○会社××です。 この度は、貴社設立パーティーにお招きいただき、誠にありがとうございました。 本日は、△△様からいろいろなお話をお伺いでき、非常に楽しい一時でした。 今後とも、末永くお付き合い頂けましたら幸いです。 略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます。

後日改めてお礼をする

花を持っている女性

取り急ぎお礼までの使い方や例文、3つ目のポイントは、必要に応じて後日改めてお礼をすることです。取り急ぎ送った趣旨のメールを送っているわけですから、感謝の気持ちを綴った正式な文書もしくはメールを、もう1度送る必要があります。重要な取引先の場合、直接訪問することもあるでしょう。

ただし、必ず再度お礼をしなければならないわけではありません。例えば、遠方にいる親戚や恩師へのお礼状に、最後の一言として付け加えた場合です。「簡単ではありますが、こちらで感謝の気持ちをお伝えします」という意味になるので、わざわざもう1度お礼状を送る必要はありません。

また、同じ会社の上司など、もし自分がすぐに直接会う予定の人であれば、その時に改めてお礼を述べると好印象です。自分と相手との関係性を見極めて、その人に合った仕方でお礼を伝えましょう。

お礼メールの英語での書き方・例文は?

お礼メールの英語での書き方・例文①quickを使う

英語の書かれている黒板

最後に、お礼メールの英語での書き方や例文をご紹介いたします。1つ目は、quickを使った表現です。「略儀ではございますが、まずはお礼申し上げます」と英語で表現したい場合は、"This is just a quick note to thank you."と書きます。

"quick"には「速い」という意味がありますので、この単語を使うことによって、取り急ぎのお礼を伝えることができます。なお、"This is just a quick note."と書くと、「取り急ぎ、ご連絡まで」という意味になります。

お礼メールの英語での書き方・例文②justを使う

手紙

お礼メールの英語での書き方や例文、2つ目は、justを使った表現です。"I just wanted to thank you."と書くことによって、「まずはお礼申し上げます」という意味を伝えることができます。

"just"には「ただ」や「とりあえず」という意味があるので、"I just wanted to~"で「まずは~申し上げます」というフレーズを英語で伝えることができます。なお、"I just wanted to make sure~"と書くと、「~について、取り急ぎご確認まで」という意味になります。

取り急ぎお礼までを正しく使ってスマートに!

時計を見ているビジネスマン

いかがでしたか。よく使われている「取り急ぎお礼まで」ですが、そのままは使えません。「略儀ではございますが」や「末筆ながら」といった言葉を組み合わせて、誠意の伝わるフレーズにしましょう。正しく使いこなして、スマートなビジネスマンになりましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。