割り切るとは?意味と仕事や人間関係や恋愛で割り切る方法7選は?

よく「割り切ると楽」という言い方をします。仕事や人間関係などで淡々と割り切る方法をご紹介して参ります。また、そもそもの言葉の意味についても、ご説明して参ります。恋愛や職場での人間関係で悩みを抱えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。



割り切るとは?意味は?

割り切るとは「淡々とした客観的な考え方」の意味

淡々とした客観的な考え方

割り切るとは、「淡々とした客観的な考え方」という意味です。個人的な考え方や感情は一切含まれていません。「そういう考え方の人も世の中にはいるんだ」などのように、自分とは異なった人もいるということを、頭の片隅に置いておくような考え方のことを指して言います。「自分とは違う」という考え方です。

割り切る場合はあくまで目的重視

目的重視

割り切る場合は、あくまで目的重視になります。例えば「個人的にはあの人は苦手だけれど、この書類は記入してもらわないといけない」などような状況の場合には、書類への記入をお願いするという目的の為だけに、接触を図ります。あくまで「仕事」という目的の為だけに、「苦手」という個人的な意識に蓋をしているのです。

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリットとは?

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリット①ストレスが溜まらない

ストレスが溜まらない

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリットの1つ目は、ストレスが溜まらない、というメリットです。ストレスが溜まるのは、個人的な感情や考えと、周囲の人たちの感情や考えが異なるからです。人間は個人的な範疇から外れるような経験をすると、それを受け入れることを拒否する傾向があり、ストレスの原因となります。

個人的な感情や考えを一旦横へ置くことで、周囲の人たちとの摩擦が生じなくなります。摩擦が生じなくなれば、苛立ったり怒りを感じたりすることはなくなる為、ストレスも溜まらなくなるのです。

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリット②人間関係で亀裂が生じない

人間関係で亀裂が生じない

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリットの2つ目は、人間関係で亀裂が生じない、というメリットです。すべての人たちは個人的な考えや感情を持っています。個人的なそれらと、周囲の人たちのそれらは、必ずしも一緒とは限りません。大きく異なっていた場合、それがもとで、人間関係に亀裂が生じることもたくさんあります。


ですが、個人的な考えや感情を度外視することで、周囲の人たちと異なっていても、気になることはありません。また、相手に不快感を与えることもなくなります。お互いに「合わない」という摩擦を感じる事がない為、人間関係での亀裂が生じにくくなるのです。

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリット③巻き込まれない

巻き込まれない

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリットの3つ目は、人間関係の問題に巻き込まれない、というメリットです。時には人間関係の問題について相談に乗ることもあるでしょう。その場合、客観的な意見を述べることで、相手はそれ以上あなたに相談することはなくなります。個人的な返答をしない人には相談しなくなるのです。

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリット④自分のペースが保てる

自分のペースが保てる

仕事や人間関係や恋愛で割り切るメリットの4つ目は、自分のペースが保てる、というメリットです。個人的な感情や考えを持っていると、周囲の人たちに振り回されることが多くなります。「早くやってあげないと、相手は期待しているかもしれない」などのように、周囲の人たちの期待を勝手に想像してしまうからです。

ですが、個人的な感情や考えを手放すと、事実だけに注目することができます。仮に誰かに仕事をお願いされても、もっと他に優先させる仕事がある場合には、断ることができます。また、キャパシティ以上の仕事を引き受けるということもなくなる為、周囲に振り回されることなく、自分のペースを保つことができます。

仕事や人間関係や恋愛を割り切る方法7選!

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法①必要以上に関わらない

必要以上に関わらない

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の1つ目は、必要以上に関わらないようにする、ということです。仕事以外のことでも関わりを持ってしまうと、個人的なことを相談されたり、または個人的な付き合いが多くなってきます。個人的な接触が多くなると、淡々と割り切った考え方を保ちにくい状況になっていきます。

職場や仕事などでは、苦手だと感じる人に対しては必要以上に関わらないようにしましょう。あくまで仕事上のことだけで接触を持つように心掛けましょう。仕事上だけのことなら、「仕事」という目的がある為、淡々とした態度で接することができます。あなたを苛立たせたり、怒りを感じさせたりということは減るでしょう。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法②相手を宇宙人だと思う


相手を宇宙人だと思う

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の2つ目は、相手を宇宙人だと思う、ということです。相手はあなたとは全く別の星からやって来たのだと仮定してみましょう。別の星からやって来たのですから、当然文化が違います。文化が違えば、考え方や感じ方も異なってきます。だからあなたとそれらが異なっているのです。

相手を宇宙人だと思うと、「根本的なことが違うのだ」と考えられるようになります。住んでいる星が違うのですから、根本的なことが違っていて当然なのです。また、「この人は今、地球での文化や考え方を学んでいる最中なんだ」と思うこともできるようになるでしょう。そうすれば、苛立ったり腹を立てたりする事も減ります。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法③自分の仕事に集中する

自分の仕事に集中する

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の3つ目は、自分の仕事に集中する、ということです。あなたにはあなたの仕事があるはずです。周囲の人たちに振り回されているということは、それだけあなたが仕事に集中できていない、ということなのです。目の前にあるあなたの仕事に、意識や気持ちを集中させましょう。

仕事に集中すると、周囲の人たちの会話や動きは気にならなくなっていきます。また、あなたが仕事に集中していると、周囲の人たちもあなたの空気を読んで、話しかけてきたり、接触しようとしたりすることは、自主的に控えるようになります。また、仕事に集中すると、あなたの評価も上がる為、一石二鳥になるでしょう。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法④自信を持つ

自信を持つ

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の4つ目は、自信を持つ、ということです。あなたが周囲の人たちに振り回されたり、またはストレスを感じたりしているのは、周囲の人たちの顔色を窺っているからかもしれません。また、あなたが過度に周囲の人たちに期待してしまっている、という可能性も充分考えられます。

周囲の人たちの顔色を窺ったり、または周囲の人たちに過度に期待してしまっているのは、あなたが自信がないからでしょう。自信があれば、周囲の人たちの顔色を窺うこともありませんし、過度な期待をすることもありません。すべてあなた自身で解決することができるからです。自信のなさに気づき、自信を持ちましょう。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法⑤自分の楽しみを見つける

自分の楽しみを見つける

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の5つ目は、自分の楽しみを見つける、という方法です。あなたなりの楽しみを見つけましょう。それは趣味でも良いでしょう。また、一日の中で小さな目標を立ててご褒美を上げる、という方法もあります。このように自分だけの楽しみを見つけると、周りが気にならなくなります。


人間観察という方法もあります。これなら、その人にはどんな癖があるのかということがわかる為、あなたなりの接し方も見えてくるでしょう。楽しみを見つけることで、日常生活の中で感じる小さなストレスを解消していきましょう。すると、周囲の人たちに振り回されたり、気分を害されたりということは少なくなっていきます。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法⑥こまめに感情を吐き出す

こまめに感情を吐き出す

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の6つ目は、こまめに感情を吐き出す、ということです。感情は我慢し続けると、それが心の中でどんどん大きくなっていきます。心の中で大きくなりすぎた感情は、怒りや不満などのような攻撃的な感情へと形を変えてしまいます。攻撃的な感情はあなたを傷つけてしまうでしょう。

このようなことになる前に、こまめに吐き出していくようにしましょう。怒りや不満などの攻撃的な感情も、小さな感情の間なら吐き出しても誰かを傷つけるようなことはありません。笑い話で吐き出してしまうという方法が最も効果的でしょう。笑い話なら誰も傷つけることはありませんし、笑うことで感情が浄化されていきます。

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法⑦全員に好かれようとしない

全員に好かれようとしない

職場や仕事などの人間関係で淡々と割り切る方法の7つ目は、全員に好かれようとしない、ということです。世の中にはあなたを好きになる人は2割で、6割は好きでも嫌いでもなく、残りの2割はあなたに何らかの不愉快な感情を抱いている、と言われています。これはあなただけではなく、すべての人たちにとっても同じです。

全員に好かれるということは、無理だということです。全員に好かれようとする思いは、個人的な感情です。好かれようと努力をしているのに、冷たい態度を取られた際には、心に大きな傷を受けることもあるでしょう。これは過度に期待しているからです。全員に好かれようとしなければ、相手の態度は全く気にならなくなります。

仕事でやる気のない人に対しては、割り切れない場合もあります。そのようなやる気のない人の特徴について、ご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 472129438
仕事のやる気のない人の特徴5選!働かない心理とやる気を出させる方法も

あなたの職場には、やる気のない人はいますか?一人もいない職場は存在しないのではないでしょうか。この記事では、「仕事のやる気のない人の特徴」とともに、働かな...

仕事や人間関係や恋愛で割り切る時に気をつけることとは?

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけること①冷たくなりすぎない

冷たくなりすぎない

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけることの1つ目は、冷たくなりすぎないようにする、ということです。淡々とした態度をしようとすると、態度が冷たくなってしまうことが多くあります。相手を怖がらせることが目的ではありません。淡々とした態度を意識し過ぎて、冷たくなりすぎないようにしましょう。

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけること②笑顔は意識する

笑顔は意識する

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけることの2つ目は、笑顔は意識する、ということです。淡々とした態度を意識すると、顔が無表情になりがちです。これは、相手を怖がらせてしまったり、あなたが怒っていると勘違いさせてしまうことになります。口角だけ挙げることを意識すると、表情が柔らかくなります。

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけること③場の空気だけは読む

場の空気だけは読む

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけることの3つ目は、場の空気だけは読むようにする、ということです。仕事や自身の事に集中するのは良いことですが、度が過ぎると周囲の状況が見えなくなってしまいます。すると、場の空気が読めない人と勘違いされてしまいます。場の空気だけはしっかり読むようにしましょう。

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけること④仲の良い人を作る

仲の良い人を作る

職場などの人間関係で割り切る時に気をつけることの4つ目は、中の良い人を作るようにする、ということです。あなたの身近には、あなたと同じ価値観や考え方を持った人が他にもいるはずです。そのような人たちと仲良くし、連携を取るようにしましょう。すると、孤立せずに必要な情報は入手できるようになります。

割り切る考え方を持ちたいなら宇宙人だと思いましょう

宇宙人だと思いましょう

どうしても感情的になってしまい、割り切る考え方を持てないという場合には、相手が宇宙人だと思うようにしましょう。どんな星から来たのかなど、空想を膨らませると個人的に楽しめます。それと同時に心にもゆとりができる為、割り切ることができるようになるでしょう。


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。