ヤフオクの解約は電話でできる?解約方法やプレミアムの解約など紹介

ヤフーオークションは無料会員とプレミアム会員とで分かれています。プレミアム会員は月額費が掛かるため、解約を検討している人もいるのではないでしょうか。今回は、ヤフーオークション(以下ヤフオク)の概要とその解約方法を解説します。

ヤフーオークションとヤフープレミアム

ヤフオクアプリから登録無料で出品可能

ヤフオクアプリからの出品は2種類あります。ひとつは、「ワンプライス出品」と呼ばれる出品方法です。これは、フリマスタイルで取引を行います。即決価格での取引となるため、取引終了時間まで待つ必要がなく、時間を節約できる点が便利です。 もうひとつは「オークション出品」と呼ばれる出品方法です。これは、複数の購入希望者が取引価格を吊り上げ、一番高額の取引価格を提示した(落札)購入者が購入するというオークション形式になります。現在、オークション出品を制限なく利用できるのは、プレミアム会員のみです。

オークション出品はプレミアム会員のみ

プレミア会員は手数料無料でオークション出品ができます。落札があったときにのみ、手数料が発生するため、安心して出品可能です。落札時の手数料は8.64%になります。 2017年時点では、オークション出品はプレミアム会員のみ利用できるサービスでした。しかし、2018年5月現在、一部の機能を制限することで無料会員でもオークション出品を利用できるようになっています。 無料会員の場合、落札時の手数料は10%とプレミア会員よりも高いです。また、プレミアム会員がPCとスマホの両方からオークション出品をできる一方、無料会員はアプリからでしか利用できません。オークション形式の出品をしたい人は、プレミア会員になることをおすすめします。

ヤフープレミアムは誰でも入会可能

誰でもプレミアム会員になれます。会員費は462円、クレジットカードとヤフー指定の銀行、ヤフーBB料金支払いから会員費の支払いが可能です。 クレジットカードはMastercardやJCB、VISAとダイナース、そしてアメックスが利用できます。プレミアム会員になることで、上述した手数料の軽減やオークションが終了する日時の選択などが可能です。

プレミアムの月会費と解約の方法とは

ヤフープレミアムは月額税抜462円

プレミアム会員費は月額金462円です。会員費は登録した日の月から発生するため、注意しましょう。万が一、操作ミスでプレミア会員になってしまったとしても、取り消しはできません。 また、登録した月から会員費が発生するため、月の途中で登録しても、1カ月分の会員費を支払わなければなりません。できるだけ、月の初めに登録してしまった方が、お得に利用できます。

解約はネットから可能(電話は不可)

プレミアム会員の解約はネットからです。ヤフーにログイン(マイページ)した状態で解約を行わなければならないため、電話からの解約はできません。 解約方法は、まず、ログインした状態で「オプション・設定」にある「その他設定」を開きます。次に、「登録情報」からプレミアム会員の解除の項目があるため、それを選択しましょう。 プレミアム会員の解除手続きのボタンが表示後、選択します。その後は、表示内容に従い、解約手続きです。

プレミアム解約ができない理由とは

解約までの流れに原因アリ

手続きの仕組み等から、解約を諦めてしまう人もいます。しかしプレミアム会員の解約自体はそれほど難しい手続きではありません。解約できないのは、手続きそのものが原因の可能性があるのです。解約手続きでは、数回に分けて「解約するか」を問われます。 その度に、プレミアム会員の特典の広告やアンケートが表示されるのです。何回もこのような広告を見ているうちに、解約する気が失せてしまう可能性があります。

出品中でも解約は可能

フリマアプリの中には、出品中や取引中に解約ができないものがありますが、ヤフオクは出品中であっても、解約ができます。解約することで、現在のオークションは終了され、自動的に取引できないようになるのです。

取引ナビも引き続き使用できる

出品者と落札者が連絡するための、取引ナビ・連絡掲示板は解約しても使用できます。また、他にも相手の評価をすることも可能です。取引の途中であっても、相手に連絡が遅れるため、心配は不要いりません。

ヤフーの利用状況で解約を決めよう

後悔しないためにも、現在の利用状況を把握した上で解約するようにしましょう。

サービス利用多数なら会員登録を

ヤフオクを頻繁に利用している人は、会員登録をおすすめします。無料会員のままで多くの取引をしようとすると、制限が多い所為で快適に利用することができません。プレミアム会員に登録し、ヤフオクのサービスを十分に利用できれば、取引が快適になるでしょう。

ヤフオク退会後再入会は可能

ヤフオクの場合、退会は「一時停止」を意味していると考えておいて問題ありません。再入会するときは、以前の情報を引き継いだままになります。例えば、「今年の7月から9月までは使わないだろう」と考えて、その時期だけ解約するのも有効です。

会費無料期間がある場合も

プレミアム会員に登録する場合、会費無料期間に登録するのがおすすめです。会費は登録した月から発生します。お試し期間がないため、登録を躊躇している人もいるでしょう。 2018年5月現在、プレミアム会員の会員費無料キャンペーンをやっています。最大で6カ月分の会員費が無料です。キャンペーンの対象者はキャンペーン専用ページからの登録者になります。

まとめ

ヤフオクには無料会員とプレミアム会員があります。無料会員でも「オークション出品」を利用できますが、一部制限があるため、頻繁に利用する人はプレミアム会員への登録をおすすめします。また、解約する際には、利用状況を把握した上で手続きをするようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。