nanacoカードの作り方とは?セブンイレブン等の場所全てを解説

nanacoカードはすでに持っている、という方も多いかもしれませんが、この記事ではnanacoカードの基本情報から無料で作る方法などをまとめて解説します。さらに、まだnanacoカードを持っていない・作り方を知りたいという方に向けて、作り方や使い方なども紹介します。

nanacoカードとは?

チャージして使える電子マネーのこと

nanacoカードとは、カードにお金をチャージしてnanacoに加盟している店での支払いに使える「電子マネー」のことです。店で現金を支払わずに買い物することができ便利です。 電子マネーといえば、nanacoのほかにもEdyや交通系ICカードのSuicaなど、日本で普及してきています。一度は電子マネーを使ったことがある、という方も多いのではないでしょうか。

ポイントを貯める・使えるメリットも

nanacoを使って買い物することによるメリットは、nanacoに加盟しているお店であればチャージした電子マネーから支払いすることができることに加え、ポイントを貯めることが可能です。 加盟している店も、セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、マクドナルド、ミスタードーナツ、ビッグカメラ、LOFT、コカ・コーラの自販機など多くあるため、普段利用している店などで使えます。nanaco加盟店の一覧は公式ウェブサイトにてチェックしてみてください。
また、貯まったnanacoポイントは、普段の買い物に使うことができます。貯まったポイントは1ポイント=1円で電子マネーに交換でき、現金でただ支払うよりもお得に買い物することが可能です。 さらに、ある程度のポイントが貯まれば提携しているANAのマイルに交換できるため、日常生活で貯めたポイントを使って旅行に行く、ということも可能です。

スピードパスプラスは持ち運びが便利

スピードパスとnanacoがコラボした「スピードパスプラスnanaco」というサービスもあります。スピードパスとは、ガソリンスタンドを展開するエッソ・モービル・ゼネラルで利用できる、現金払い不要で給油できるサービスのことです。 スピードパスプラスnanacoは、ガソリンスタンドでの電子マネーのチャージや、nanacoポイントを電子マネーに交換できるため、何かのついでに立ち寄ったガソリンスタンドで、給油と併せて利用できます。なお、スピードパスプラスnanacoはキーホルダー型になっており、車のカギと一緒にしておくことも可能でかさばりません。

ナナコカードを申し込むには?

セブンイレブンやイトーヨーカドー等の店頭で

nanacoカードは、セブンイレブン等の店頭で申込書に必要事項を記入することで、その場での発行が可能となっています。なお、カード発行時に発行手数料として300円が必要です。セブンイレブンのほかにnanacoカードを店頭で申し込める店は、
  • イトーヨーカドーヨークベニマルヨークマートデニーズ西武、そごう
があります(2018年4月現在)。

事前にWEB申込書の発行も可能

店で申込書を記入する手間を省きたい、という場合は事前にスマートフォンやパソコンで申込書を作成することもできます。スマートフォンの場合、WEB申込書の作成ページにて必要事項を入力し、受付完了メールを店頭で提示するだけなので、手軽に作成することが可能です。 パソコンの場合でも、WEB申込書をプリントアウトして持参するか、もしくはメモしたWEB申込書番号を伝えるだけなので、カード発行にかかる時間を短縮できます。ちなみに、事前にWEBで申し込んだ場合でも、店頭でカード発行をする際には手数料300円がかかるためご注意ください。

お得!ナナコカードを無料で作るには

nanacoモバイルで作る

nanacoを無料で作りたいという方は「nanacoモバイル」を利用した方法があります。おサイフケータイ機能がついたスマートフォンであれば、アプリのダウンロードと会員登録のみで、nanacoカードと同じような形で利用できます。 nanacoモバイルならばスマートフォンをかざすだけで支払いできるため、カードを紛失したり、支払いのときになかなか見つからなかったり、持参を忘れたりすることはありません。ただし、おサイフケータイを使った機能であるため、同機能が導入されていないiphoneではnanacoモバイルは利用できないのでご注意ください。

入会キャンペーン等を利用する

発行する店によって条件が異なりますが、発行手数料が無料になったり、手数料相当のポイントがついてくる期間限定のキャンペーン等を実施していたりする店があります。キャンペーンを利用してお得にnanacoカードが作れるため、詳しくは店頭や公式ウェブサイトにて確認してください。

まとめ

nanacoカードの作り方やnanacoの使い方について解説しましたが、おサイフケータイ対応機種であれば、nanacoモバイルにて無料発行が可能です。発行手数料は通常300円かかりますが、公式ウェブサイトなどのキャンペーンなどをチェックして、お得に発行してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。