スマートレターが届かないときは?郵便局に問い合わせるべき?

スマートレターには追跡サービスがついていないので、荷物がなかなか届かない場合でも荷物の状況を調べることができません。楽しみにしている荷物がなかなか届かない場合、紛失されてしまったのではないかと不安になることもあります。この記事では、荷物が届かなかった場合の対処について説明します。

そもそもスマートレターとは?

A5サイズで1kgまで送れる

スマートレターは切手一体型の厚紙でできた封筒となり、A5ファイルサイズ(25cm×17cm)・厚さ2cmまでの荷物を送ることができます。なお、重量は1kgまでという制限がありますので注意してください。ゆうパックのように大きな荷物を送ることはできませんが、スマートレターに収まる小型のものを送る場合には便利です。

料金は全国一律

スマートレターの料金は発送先の地域に関わらず180円となり、全国一律料金で荷物を送ることが可能です。スマートレターは厚紙でできているので、荷物を送る場合には封筒を自分で用意する必要はなく封筒代の節約にもなります。 スマートレターの封筒は郵便局窓口で購入できる他、コンビニなどの切手販売所、郵便局のネットショップでも購入することができます。

信書も送ることが可能

スマートレターは信書を送ることが可能です。信書に該当するものとしては、納品書や契約書などの請求書類や、印鑑証明書や健康保険証などの証明書類など様々あり、日本郵便のホームページで詳しく調べることができます。 スマートレターでは、他にも文庫本やCD・アクセサリーなどの小物も送れます。ただし、現金や貴重品は送れないので注意してください。

ポスト投函で郵便受けに届く

スマートレターに宛先と差出元の住所・名前を記入した後は、ポスト投函で差し出しすることができます。郵便局窓口からも差し出しすることができるので、厚さや重さが制限を超えていないか心配な場合は、窓口に持っていき測ってもらいましょう。 基本的には郵便受けに配達されますが、郵便受けが小さい場合などは手渡しとなります。また、日曜日や祝日には配達されませんので注意してください。

追跡サービスはない

スマートレターにはゆうパックのような追跡サービスは付いていないので、荷物の状況を調べることはできません。オプションとしてスマートレターに追跡サービスを付けることもできないので、追跡したい場合は他の発送方法にする必要があります。 また、スマートレターには荷物が破損・紛失した場合の損害補償もついていません。万が一のことを考え、壊れやすいものや貴重品はスマートレターでは送らないようにしてください。

レターパックとの違い

レターパックライトの場合、A4サイズ・厚さ3cm・重量4kgまでの荷物を送ることができ、料金は360円です。レターパックライトの料金はスマートレターの2倍になりますが、スマートレターよりも大きなものを送ることができます。また、レターパックには追跡サービスもついており、速達に準ずるスピードで日曜日や祝日も配達しています。 レターパックについてはこちらの記事もご覧ください。

スマートレターはどのくらいで届く?

通常は翌日か翌々日

スマートレターで発送した荷物は、近場の場合で翌日、遠方の場合でも翌々日に配達されることが多いです。しかし、日曜日や祝日を挟む場合、届くのにさらに数日かかります。 また、ポストの集荷時間の後にポスト投函した場合や、郵便局に持っていく時間が遅い場合などは届くのが遅くなります。お正月などの郵便物が増える時期も配達が数日遅れることもありますので注意してください。

届かないときは郵便局に調査依頼

郵便局には調査制度がある

スマートレターなどの郵便物が届かない場合には、郵便局に調査を依頼しましょう。郵便局に調査を依頼すると、郵便物に関連する郵便局が調査され、後日調査結果が報告されます。 郵便物調査の結果、どこかで郵便物が見つかることもあれば、見つからないことも多くあります。郵便受けにきちんと配達されたものの、誰かが郵便受けから抜き取り窃盗した、ということも考えられるので、郵便物調査で見つからなかった場合、発見するのは困難になります。

電話での問い合わせ先

電話での問い合わせ先は、0120-23-28-86(フリーダイヤル)で、携帯電話からの場合は、0570-046-666(有料)です。電話での問い合わせは受付時間が決まっており、平日は8:00~22:00、土・日・休日は9:00~22:00です。 電話は混雑時にはつながりにくくなることもあります。調査で見つからないことも多々ありますが、調査をしないことには何も進展しませんので、一度電話で現在の状況を伝えてみてはいかがでしょうか。

最寄りの郵便局やネットから依頼可能

郵便物調査は電話だけではなく、最寄りの郵便局や、メールでも依頼することができます。 メールの場合、電話が混雑していたり、受付時間外の場合であったりしても関係なく依頼することができるので便利ですが、返答が少し遅くなることもあります。調査依頼をする場合は、差し出し場所や日時、差し出し人の名前などを伝えてください。

まとめ

スマートレターは小型の荷物が低料金で送れる便利な配達サービスですが、追跡サービスがついておらず、荷物の状況を調べることができません。もしスマートレターが紛失されてしまい、調査を依頼しても見つからなかった場合には諦めなければならないこともあるので注意しましょう。 高額なものや、紛失されたら困るものを送る場合には、追跡サービスや補償がついた方法での発送をおすすめします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。