NURO光でテレビは見られる?地デジやBSを観る方法を徹底解説

NURO光は過去の光回線を上回る高速通信ができることで注目されています。インターネットが高速で使えるのはうれしいけど、現時点では、一部の地域を除いて地デジやBSを観るテレビサービスはまだ始まっていません。NURO光と契約してテレビを見る方法を解説します。

NURO光で地デジは見られる?

地デジは見られないのがデメリット

NURO光はこれまでの光回線よりもさらに高速になると期待され、契約する人も増えています。しかし、通常の光回線を利用したサービスでは存在するひかりTVが対応できていませんでした。 最近になり、関東地方のみで対応できるようになってきました。他の地域に関しては、今後対応されることに期待するとして、現時点では、テレビをみる方法を別途考えておく必要があります。

U-NEXT(フレッツ光)なら対応している

NTT東日本、西日本の光回線を利用した光コラボであるU-NEXTがあります。NURO光ではテレビに対応していませんが、フレッツ光に対してひかりTVサービスを提供しています。

アクトビラを利用しよう

So-netが月額基本料金無料で提供している限定テレビサービス「アクトビラ」があります。NURO光で利用でき、申込手続きや初期費用も一切不要で動画を配信してくれます。 現在、NURO光で利用できるテレビサービスはアクトビラだけです。 当日にリアルタイムで地デジ番組を見ることはできませんが、翌日にはビデオ放送として見ることができます。

地デジやBSを見る方法は?

屋根にアンテナを設置

インターネット通信は超高速のNURO光がいいという人は、地デジを見る方法を別途用意する必要があります。その一つの方法が昔のように屋根にアンテナを設置して、テレビを見る方法です。 アンテナをたてるためには初期工事費用が必要になりますが、月額料金は不要ですし、NURO光のキャンペーンで補えば出費は抑えることができます。工事費用は40,000円~に対し、キャンペーンは30,000円。このキャッシュバックを工事費用に充てると負担を減らせます

部屋に室内アンテナを設置

賃貸マンションに住んでいる人や頻繁に引越しをする人にとっては、引越しする時のことを考えると、屋根にアンテナを設置するのは費用面の負担が大きくなります。工事が大掛かりになり、それを短期間使って引越しするとなると、工事費を回収できません。 アンテナは屋根につけるだけがアンテナではありません。室内用アンテナもあります。初期費用が少ない上、引越しにもっていくこともできるので、手軽に地デジを見る一つの良い方法です。

ケーブルテレビを利用

賃貸マンションでアンテナ設置するのが困難だったり、電波の弱い地域に住む場合は、アンテナを使わず、テレビだけケーブルテレビと契約をする方法もあります。 通常は、インターネット回線とテレビをセットにして割引している業者が多いため、インターネットをNURO光、テレビをケーブルテレビにすると、月額料金が高くなってしまうデメリットもあります。

ソフトバンク光にする

アンテナを設置するのは無理だけど、ケーブルテレビで高くなるのがいやという場合は、ソフトバンク光にまとめる方法もあります。 ソフトバンク光は地デジサービスもあり、ネットもテレビもまとめて契約することができます。さらにソフトバンクのスマホとセットにすることで「おうち割光セット」の割引をうけることもできます。

フレッツからの転用は?

フレッツ光への転用は不可

フレッツ光もNURO光もNTTの光回線設備を利用しています。そのため、転用はできません。一度解約してから新規で契約をする方法ならば契約をすることができます。

アンテナやCATVならそのままでOK

アンテナ設置やCATVの契約をしてテレビを視聴している場合は、テレビをそのまま残すことができます。インターネットと電話だけを切り替えるだけで良いので、テレビに関してはなにもしなくても大丈夫です。

フレッツ光テレビなら注意

フレッツ光テレビを契約していた場合は、解約と同時にテレビが映らなくなるため、注意が必要です。テレビをみるためには、アンテナを設置するかケーブルテレビと契約しなければなりません。解約する前に準備に必要な時間を見込んでおく必要があります。

電話番号は引き継げる

NTT固定電話の契約をしてもらっていた電話番号はNURO光の電話に切り替えても、電話番号が変わりません。まわりの人へ電話番号の変更連絡するのは非常に大変なので、電話番号を引き継げるのは大きなポイントになります。

一番お得な方法は?

一番お得なのはアンテナ設置工事

アンテナを使ってテレビを視聴する場合は、アンテナ設置工事が必要になります。アンテナ業者によっては、NURO光と同時契約で工事費が割り引かれたり、無料になったりします。一度設置してしまえば、月料金不要でテレビを見ることができるのでお得になります。

多チャンネルならCATV

アンテナの場合、BSやCSを見る場合それぞれにアンテナが必要なため、費用が高くなります。そんな場合はCATVがおすすめです。CATVは途中で見ることができる番組数を変更したりできますが、スタンダードプランでも毎月料金がかかります。

NURO光以外OKならソフトバンク光

NURO光にこだわらなければ、ソフトバンク光がお得です。スマホもソフトバンクと契約しているとセット割りもあります。地デジ、インターネット、電話を1社にまとめることができるのも安くなる理由です。

まとめ

NURO光のテレビサービスは関東地方以外ではまだはじまっていません。そのため、高速通信だけを意識してNURO光と契約した途端、テレビが見られなくなるケースがあります。NURO光と契約した時にテレビを見るための方法について解説しました。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。