イオンカードのETCカードは年会費無料!発行の流れや使い方をガイド!

流通大手のイオングループが発行しているイオンカードにはETCカードの付帯サービスが付いているクレジットカードがあります。イオンETCカードのお得な使い方とイオンETCカードの申し込み方法や具体的な利用手順などについて解説します。

イオンカードはどんなクレジットカード?

イオンの年会費無料クレジットカード

イオンカードは、日本でも有数の流通グループであるイオングループ(現在はイオン銀行)が発行するクレジットカードです。イオンやマックスバリュなど、イオングループのショップでイオンカードを利用すると、様々な特典があります。 例えば、毎月20日と30日にはイオンカードでの買い物代金が5%オフになります。また、イオングループの店舗でイオンカードを利用すれば、2倍のポイントが貯まります。「ときめきポイントTOWN(イオングループのネットショッピングサイト)」を利用したネットショッピングであれば最大21倍の「ときめきポイント」が付与されます。他にもショッピングセーフティ保険やカード盗難保障も備えています。

イオンカードの引き落としは毎月2日

イオンカードの利用代金は、毎月10日に締め切って、翌月2日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に指定されている口座から引き落としされます。イオン銀行以外の金融機関でもイオンカードの引き落としをすることができます。 引き落とし口座をイオン銀行に設定している場合には、再振替を利用でき、2日に引き落とせなかった場合は平日の3日~5日に再引き落としがされます。また、イオン銀行を利用する場合には「イオンカードセレクト」の利用がお得です。「イオンカードセレクト」はキャッシュカードとクレジットカードが一体になっているカードです。「イオンカードセレクト」にはETCカードのサービスも付帯しています。

イオンのETCカードを入手する方法は?

イオンカードとETCカードの2枚発行

イオンカードを保有していない人の場合は、イオンカードとETCカードの両方の申し込みが必要になります。イオンカードにはたくさんの種類がありますので、ETCカードの付帯サービスがあるカードを選ぶことが大切です。例えば、「イオン首都高カード(WAON一体型)」や「イオンNEXCO中日本カード(WAON一体型)」にはETCカードの付帯サービスがありませんので注意が必要です。

ETC専用カードを1枚発行

イオンカードをすでに保有している人はETC専用カードのサイトから申し込みをすることが可能で、最短で申し込みの翌日には発行されます。このETC専用カードの発行手数料や年会費は無料で、高速道路などでの利用料金はクレジットカードと同じタイミングで引き落としになります。

家族分持ちたい時は家族カードを発行

ETCカードは1枚のイオンカードにつき1枚発行することになっています。家族で利用する車が複数あって家族分のETCカードが必要で、高速道路などの利用料金は一元的に管理したい場合はどうすればよいのでしょうか。このような場合には、イオンカードの家族カードを申し込んだうえでETCカードを申し込む必要があります。 イオンカードの家族カードについては下記の記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/794“]

イオンETCカードにはどんな特典がある?

ETCゲート車両損傷お見舞金制度付帯

イオンETCカードにはETCゲート車両損傷お見舞金制度が付帯しています。これは、ETCの開閉ゲートでバーに衝突してしまった場合に、年1回一律5万円分のお見舞金を支払う制度です。 クレジットカード会員本人が運転、または同乗していたクルマが、ETCカードを使っている時に、ETC料金所ゲートの開閉バーに衝突して、車両を損傷してしまった場合が対象となります。また、対象となる自動車は、以下の人間が所有しているものです。
  • クレジットカード会員本人
  • 配偶者
  • 同居の家族
  • 生計を共にする別居の未婚の子
または、会員がリース契約で借りている自動車も対象となります。

最短で翌日には発行可能

イオンETCカードは、最速で申し込み日の翌日に発行されます。ただし、土・日や祝日を除いて、平日の14時までに申し込み手続きが完了された場合に限ります。また、簡易書留郵便での発送となりますので、郵送事情などにより、手元に届くのが遅れる場合があります。

「ときめきポイント」が貯まる

イオンETCカードで高速道路料金などを支払った場合にも「ときめきポイント」を貯めることができます。「ときめきポイント」は200円(税込み)に1ポイント付与されます。このポイントは1ポイント1円でオンラインショップ(イオンスクエア)で利用することができますし、特定の商品と交換することもできます。

イオンETCカードの利用方法は?

イオンETCカードの使い方

イオンETCカードは以下のように利用して下さい。まず、車載しているETCを挿入する機器にイオンETCカード(ETC専用カード)を挿入します。挿入する時は、安全な場所で完全に停車している状態でセットしてください。 次に、走行していて有料道路の入口に近付くと、ETCの車線位置を表示している車線案内表示板があります。 速度を落としてゆっくりとETCと表示のあるレーンに進みます。そして、ゲートの表示器に通過と表示されて開閉バーが上がりますので、停車しないでゲートを通過します。 最後に、有料道路の出口に近付いたらETCの表示レーンに進み、出口ゲートの表示器に通行料金と通過のサインが表示されて開閉バーが上がります。これで支払いは完了となります。料金は支払日にイオンカードの口座から引き落とされます。

イオンETCカード使用時の注意点

イオンETCカードの有効期限が切れた場合には、高速道路などでETCカードを利用することができません(開閉バーが開きません)ので注意が必要です。事故を起こす可能性がありますので、有効期限には十分注意しましょう。 また、ETCカードの紛失・盗難の場合は、ナビダイヤル(電話番号0570-071090)に連絡をしてください。一部のIP電話からは利用できない場合があるので、その場合は043-296-6200に電話をしてください。電話で連絡したうえで、イオンETCカードの再発行手続きを行いましょう。

まとめ

イオンETCカードは、イオンカードを持っている人に付帯しているETCカードのサービスです。家族カードの発行も可能で、イオンカードと同じタイミングで利用代金を引き落とすことができる利便性の高いETCカードです。また、ときめきポイントも貯めることのできるお得なETCカードですので、有効期限だけには十分に注意して、ETCに利用してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。