ゴールドカードセゾンでラウンジ利用も!年会費やマイルの特徴を解説

日本のクレジット会社である「クレディセゾン」、略して「セゾン」は、日本では知名度のあるクレジットカード発行会社で、2018年現在のカード会員数は2,500万人に達します。また、カードの種類が豊富で、現在73種類のカードを発行していますが、今回はその中からゴールドカードをピックアップして紹介します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスとは

国際ブランドは人気のアメックス

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」には、25歳以上年収400万円以上の方のみ入会可能という明確な審査基準があります。審査基準を満たし、旅行や出張の機会が多い方なら、アメックスがお勧めです。アメックスの方が、他のセゾンゴールドカードより旅行傷害保険の条件がよく、空港ラウンジサービスの無料利用といった特典もあるからです。

最短3営業日で発行可能

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、オンライン申し込みであれば、最短3営業日で発行されます。インターネットで申し込むと、確認の電話があり、審査結果メールが届き、メール到着後の翌日から数えて最短3営業日でカード発送という流れです。なお、19:30以降の申込みですと翌日の手続きになり、また確認の電話は、10:00~20:00の間になります。

限度額は人によって異なる

クレジットカードには、ショッピング利用限度額とキャッシング利用限度額が設定されていて、限度額まで毎月のカード利用が可能です。クレジットカードの発行を申請すると、カード会社の審査により利用限度額が設定されますが、支払い能力を審査した上での設定ですので、同じ種類のカードでもカード所有者によって設定金額は異なります。カード利用限度額は、申し込む際の希望金額を考慮した上で審査し、決定されます。

セゾンゴールドの特典は?

ポイントは永久不滅でマイルへ交換も可

セゾンカードのポイントは、有効期限を気にすることなく、好きな時に好きなアイテムを選んで交換したり、ショッピングの支払いに利用したりすることができます。有効期限が近づいてきて慌てて使ったり、期限をうっかり忘れてしまって、折角貯めたポイントが使えなくなるようなことはありません。交換できる300種類以上のアイテムは、人気の商品やギフト券、マイルなどの他のポイントと、多種多様です。

国内ホテルの宿泊料金が安くなる

アメックスカードを持っていると、様々なカテゴリのキャンペーンや優待特典が提供されますが、ホテルの宿泊料金や飲食代金などが割引されるなど、プライベートでもビジネスでも嬉しい特典が得られます。また、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」というカード会員限定のWebサイトを利用すれば、優待特典やキャンペーン情報をまとめて閲覧できます。

海外旅行保険は5,000万円まで補償

旅行傷害保険は、旅好きの方には頼もしいクレジットカードの補償サービスですが、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」であれば、海外旅行も国内旅行も5,000万円までの補償です。国内旅行の場合は、旅行代金や航空券などをカードで支払った場合にのみ適用されます。 また、国際ブランドが、VISA・MasterCard・JCBのいずれかの「ゴールドカードセゾン」の場合は、旅行傷害保険の補償限度が海外・国内共に3,000万円となり、他のゴールドカードと比べても見劣りします。

国内外のホテルラウンジが利用出来る

アメックスは、旅行に関する特典が魅力的で、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を持っていれば、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧名称はホノルル国際空港)の空港ラウンジを無料で利用できます。また、ホテルやダイニング、ショッピングに関する優待特典も多数用意されています。 なお、VISA・MasterCard・JCBのいずれかの「ゴールドカードセゾン」には、空港ラウンジサービスの付帯がなく、「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード」を合わせて申し込むことによりサービス利用が可能です。

海外用Wi-Fi・携帯電話のレンタルができる

セゾンカードは、海外でインターネット接続が可能なモバイルWi-Fiルータや海外で使える携帯電話を、レンタルで利用したい方のために、情報通信機器レンタル会社などとも提携しています。レンタルの申し込み方法やレンタル料金は各提携先により異なりますが、セゾン会員限定の特別価格でレンタル利用することが可能です。利用するには、通常Web申込みをして、空港カウンターもしくは宅配で受け取りと返却を行います。

セゾンゴールドの年会費は?

年会費は10,800円(税込)

セゾンゴールドカードの本会員の年会費は、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」「ゴールドカードセゾン」共に10,800円(税込)で、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」のみ初年度無料です。また、「ゴールドカードセゾン」と同時に所有できる「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード」の年会費は2,160円(税込)となっています。

初年度は会費無料

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」であれば、初年度の年会費は無料です。付帯サービスなどを含めても「ゴールドカードセゾン」より断然お得ですので、入会基準を満たしている方は「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」がお勧めです。 「ゴールドカードセゾン」は、西武グループでの利用時にメリットがありますが、旅行やショッピングなどで、幅広くゴールドカードのメリットを受けるためには、「アソシエ」を同時利用すると良いでしょう。

家族カードは1枚1,080円(税込)

家族カードの年会費は、3種類のゴールドカードのいずれも1枚1,080円(税込)です。年会費1,080円で、家族の方がセゾンゴールドカードを普段から所持し、ショッピングや旅行などで利用できますので、必要な方は申し込んではいかがでしょうか。ただし、セゾンゴールドの家族カードには、旅行傷害保険は付帯されません。くれぐれも家族名義のカードを持ち歩いたり、利用したりしないようにしましょう。

セゾンゴールドの審査基準は?

高校生を除く18歳以上であること

セゾンゴールドカードの入会基準についてですが、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」に関しては、25歳以上年収400万円以上と既に触れましたが、「ゴールドカードセゾン」であれば、高校生を除く18歳以上の方なら申し込むことはできます。後は、年収などの審査によりクレジット会社が発行の可否を判断します。

金融機関に決済口座が必要

クレジットカード利用の基本事項ですが、クレジットカードを契約する際は、引き落とし口座の登録が必要になります。利用金額の引落口座であれば、お持ちの都市銀行や地方銀行、あるいはネット銀行などの口座で大丈夫です。ただし、一部の信託銀行や信用組合の中には、取り扱えない金融機関もありますので、事前に確認してください。

招待は必要なし

クレジットカード業界には、自社カードの利用者に対して、よりグレードの高いカードへの更新を招待する仕組みがあります。インビテーションと呼ばれ、職業や年収、クレジットヒストリー(使用履歴)などを考慮して、優良顧客に対して送られる招待状のようなものです。 「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」や「ゴールドカードセゾン」は、すぐにWebから申し込めますので、発行されるかは審査次第です。

まとめ

セゾンカードは、西武グループでの利用時の特典やポイントの有効期限がないなどの特長が知られています。また、ゴールドカードの国際ブランドはアメックスがお勧めですが、入会基準をクリアしていない場合は、他の国際ブランドと「アソシエ」の2枚のゴールドカードをセットで利用することをお勧めします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。