楽天カードは海外でキャッシング可?保険や使えない時の対処など解説

クレジットカードは、海外でのキャッシングや保険の利用などに便利です。中でも、ポイント還元率が魅力の楽天カードでは、海外キャッシングや保険などのサービスはどうなのでしょうか。海外旅行の時に知っておくと便利でお得な特典についても併せて解説します。

楽天カードは海外でキャッシング可?

海外ATMで現地通貨の引き出し可能

楽天カードは海外でもキャッシングが可能で、海外のATMを利用して現地通貨をそのまま引き出すことができます。 楽天カードの発行ブランドが利用可能なATMからであれば、キャッシングを利用することができます。つまり、楽天カードのブランドがVisaであれば、Visaカード対応のATMから海外でもお金を引き出すことができます。 日本での両替を忘れてしまった場合や、大金を持ち歩くのが不安な場合などにも、キャッシングが便利です。

海外キャッシングは暗証番号が必要

海外キャッシングを利用するときには、楽天カード加入時に設定した4桁の暗証番号が必要となります。 国内のカード利用では、暗証番号ではなくサインで決済が行われる場合も多いですが、キャッシングでAMTから現金を引き出す際には必ず暗証番号が必要となるためご注意ください。 キャッシングに限らず、海外でのカード決済で暗証番号が必要となる場合も多いので、事前に確認しておくことがおすすめです。

楽天カードが海外で使えない?

利用限度額を超えている

楽天カードを海外で使用しようと思ったときに、カードが使えなくなってしまっている場合があります。 原因の1つとしては、カードの利用限度額を超えてしまっていることが考えられます。事前に自分のそれまでの利用額と利用限度額について、確認しておくようにしましょう。 また、楽天側にて定期的な再審査により利用限度額を変更している場合もあるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

暗証番号を一定回数間違えた

楽天カードが利用できない原因としては、暗証番号を一定回数以上間違ったケースが考えられます。 一度暗証番号の入力をミスした程度でロックがかかることはありませんが、複数回暗証番号を誤って入力した場合に、カードにロックがかかり使用できなくなる場合があるのです。 暗証番号を間違えたことによりカードにロックがかかってしまった場合には、コンタクトセンターに電話して、ロックを解除する必要があります。ロックの解除には時間がかかる場合もあるので注意してください。

国際ブランドがJCB

楽天カードの国際ブランドがJCBの場合、海外での利用が制限されてしまうことがあります。 実は、JCBはクレジットカードの国際ブランドであるものの、VisaやMasterカードと比較すると使用範囲は限られているのです。VisaカードやMasterカードであれば使用できるATMでも、JCBカードは使用できないという場合もあります。 海外での使用を考えている場合は、あらかじめVisaカードやMasterカードを発行しておいてください。

楽天カード海外旅行保険の利用条件

海外旅行傷害保険の補償内容

楽天カードには、カードに無料で付帯される海外旅行保険があります。楽天カードの場合、傷害死亡や後遺症障害に対して、最高2,000万円までの保険金を受け取ることができる保険が付帯されています。 楽天カード付帯の保険は、家族カードを持っている家族も対象です。未成年でも、家族カードを持っておくと海外旅行のときに便利です。

保険適用の条件とは

楽天カード付帯の海外旅行保険には、適用の条件があります。 適用の条件は、自宅から出発空港までの国内交通費、もしくは、海外旅行代金の支払いに楽天カードを使用することです。適用条件を満たしていないと保険を使うことはできません。楽天カードを持っているだけでは、海外旅行保険の適用はされないのです。

海外利用時のお得な特典

ポイント還元お土産宅配サービス

楽天には、海外からお土産を自宅まで宅配してくれる「海外お土産宅配サービス」があります。楽天カードの会員であれば、お土産宅配サービス利用代金のポイントが10倍で還元されます。10倍で還元される分安く済むのでお得です。 また、お土産宅配サービスに似たサービスとしては手荷物宅配サービスがあり、手荷物を空港から自宅まで配送してくれるものとなっています。

レンタルサービスも充実

楽天ではレンタルサービスも充実しています。海外でのレンタカーサービスやWi-Fiレンタルサービスが利用可能です。 レンタカーサービスでは、楽天カード会員は最大で通常料金の10%OFF、Wi-Fiレンタルサービスならば楽天カード会員は15%OFFで利用することができます。

空港パーキングの優待

車で空港に行くことが多い方におすすめなのが、空港近くのパーキング優待サービスです。羽田空港と成田空港限定ではありますが、サンパーキングという空港近くのパーキングの駐車料金が特別価格で利用可能です。 楽天カード会員特別価格でパーキングを利用することで、浮いた分のお金を海外旅行代金に充てることができるでしょう。車での利用が多い方は事前に利用方法について確認してみてください。

海外利用時に注意したいこと

所定の事務手数料がかかる

海外で楽天カードを利用する際には、国内利用とは異なった事務手数料がかかることとなるので注意が必要です。Visaカード・Masterカード・JCBカードそれぞれで、かかる手数料が異なります。 VisaカードとMasterカードで1.63%、JCBカードで1.60%が手数料として加算されるのでご注意ください。 なお、国内のショッピング利用では手数料がかかりません。

海外キャッシングがリボになることも

海外キャッシングを利用すると、海外ATMからクレジットカードを使って現地通貨を直接引き出せるので便利です。 実は2017年10月までは、楽天カードで海外キャッシングを利用したときの支払いは、自動でリボ払いとなっていました。2017年11月からは一括払いと変更になっています。もしリボ払いを希望するときは、後から変更することが可能です。

まとめ

楽天カードでも海外キャッシングや保険が利用できます。ただし、海外キャッシングを利用するためには、ブランドによって利用条件が異なるので注意しましょう。また、海外での利用には国内の使用とは異なる手数料がかかってきます。手数料についても認識した上で、お得で便利に楽天カードを使っていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。