「ガイドライン」とは?知っておきたい正しい意味や使い方などを徹底解説!

仕事でもよく使われる「ガイドライン」という言葉の意味が分からず、困っていませんか?当記事では、そんなガイドラインの意味について、詳しく解説していきます。具体的な使い方や例文も学びたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ガイドラインの基本的な意味とは?

①ビジネスで使用される場合

会議

まず、ビジネスで使用される場合、ガイドラインは「ビジネスを進める上での基準」、「ビジネスの目安にする大まかな指針」という意味を表します。言葉を変えると、組織や個人が仕事をしていく上で、目指すと望ましい方向性、守るべき決まりを表します。

この意味での使い方としては、例えば「昨日の会議では、新商品販売に関するガイドラインを決定した。」などが挙げられます。ビジネスで、他の人複数と共有すべき基準や指針について語る際、この意味での使い方を採用してみましょう。

②法律で使用される場合

弁護士

法律の分野で使用する場合、ガイドラインは「法律の基に作成された何らかの基準や決まり」という意味を表します。法律のように、法的な効力はないものの、それに近い内容として作成された基準や決まりであることが、ほとんどです。

例えば、「このガイドラインは、法律で定められた~法第9条を基に作成されました。」などの使い方をすることができます。法律とは異なるものの、それに似た内容を持つ、比較的効力の強い基準、決まりを指す際にぜひ活用してみてください。

③医療で使用される場合

医師

医療の現場でガイドラインが使用される際、「最新の臨床結果を踏まえ、現時点で最善の方法として推奨される治療法などをまとめた文書」のことを指します。重要な医療行為に対する、一般的で最善とされる治療法が示されることがほとんどです。

この意味でのガイドラインという言葉は、例えば「医療者向けのガイドラインは、厚生労働省のウェブサイトで確認できる。」という使い方で使用可能です。ビジネスと法律の場合と異なり、医療の場合は医療行為をまとめた文書を指しますので、注意しましょう。

ガイドラインの類語とそれぞれの意味の違いとは?

①指針

集会

ガイドラインの類語に、まず「指針」が挙げられます。意味は、「向かうべき方向を示す大きな方針」です。特にビジネスで使用する場合は、ガイドラインとこの類語の間に違いはさほど存在しません。指針の方が方向性、ガイドラインは基準やルールというニュアンスがより強いというのが、唯一の違いでしょう。

この類語の使い方の例を挙げると、例えば「我が社は、営業成績向上に向け、この春から新たな指針を導入した。」と活用できます。個人や組織が目指すべき、大まかな方針という意味で活用してみてください。

②ガイダンス

在宅

「ガイダンス」もガイドラインの類語と言えます。意味は、「案内、手引き」という意味です。ガイドラインとの違いは、ガイドラインの方は、何かをある方向に導くというニュアンスが強いことです。方向付けだけでなく、実際にどこかに何かを導くものという意味が強いのです。

使い方としては、例えば「その音声ガイダンスに従って、個人情報を入力した。」などが挙げられます。何かを誘導し、ある一定の方向に導くというニュアンスを強めたい場合、こちらの類語を使用すると効果的です。ぜひ、活用してみましょう。

③ルール

契約

最後にご紹介する類語は、「ルール」です。意味は、「決まり」となります。特にビジネスでの使用の場合、意味の違いはほとんどありません。ただ、ルールという響きは、ガイドラインよりもその内容が厳しいというイメージがあります。

この類語の使い方としては、「今回の失敗を活かし、当部署では新たなルールを設けました。」などがあります。より厳しい内容の基準や決まりについて言及したい場合、当類語を使ってみましょう。

ビジネスシーンでのガイドラインの使い方と例文

①広告分野の場合

街中

ガイドラインという言葉は、しばしば広告の分野で使用されます。この場合、「広告の掲載可否を判断する基準」という意味で使用されることがほとんどです。大手の広告会社などが、参入企業、個人に対して具体的な基準を示しています。以下、広告分野でガイドラインが使用される場合の例文の例です。

    広告分野での例文

  • この広告会社は、違法な広告掲載を避けるために、新たなガイドラインを導入した。
  • 広告ガイドラインに引っかかってしまうため、今回の広告案は採用できません。

②個人情報に関わる場合

情報

個人情報にまつわることについても、ガイドラインという言葉が使われることが多々あります。例えば、個人情報保護委員会という組織は、「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」を出しています。この場合、ガイドラインは「個人情報の取扱いに関する、個々の方針」を表します。以下のような例文があります。

    個人情報に関わる例文

  • 個人情報ガイドラインに照らし合わせて検討した結果、今回のお問合せにはお答えできません。
  • 当社でも今年から、本格的に個人情報ガイドラインを採用することになった。

③アンケートの場合

サーベイ

最後に、アンケートに関する場面で、ガイドラインを使用する例文をご紹介します。この例文内で使用する時、ガイドラインは「書式、決まり」という意味で使用します。昨今、ビジネスで顧客にアンケートを取るという場面も増えてきました。ぜひ以下例文のような使い方を活用してみましょう。

    アンケートに関わる例文

  • 顧客にアンケートを依頼する場合、大体のガイドラインを示してあげると良い。
  • 顧客アンケート作成の際に、大まかなガイドラインを決めることから着手した。

ガイドラインをビジネスで使用する際の注意点とは?

①相手の理解度に合わせる

疑問

相手の理解度に合わせる、という注意点を大切にしましょう。仕事での経験や知識の違いから、特定の言葉に対する理解度に違いがあるということは、よくあります。特に、ガイドラインなどのような、ビジネス英語は、意味が理解しにくい人もいます。

相手の様子をよく観察し、相手の理解度が低そうだなと感じたら、他の言葉に置き換えましょう。当記事でご紹介した、類語とその例文を活用するのもおすすめです。なるべく、相手の理解度に合わせた形で対応するよう、注意してみましょう。

②多用しすぎない

はてな

多用しすぎないというのも注意したい点です。特に、今回取り上げたガイドラインなどの言葉は、元々英語なので、多用しすぎる日本語として不自然な響きになります。また、多用しすぎたために、逆に意味が不明瞭になる恐れもあります。

ビジネス英語を多用するからと言って、頭の良さをアピールできる訳ではありません。あくまでも、会話を通して相手と意思の疎通と図ることを目的とし、特定の言葉の多用は避けるように留意してみてください。

ガイドラインの意味をしっかり理解して活用しよう!

チェック

ガイドラインという言葉には、ビジネスの分野や場面によって、様々な意味と使い方存在します。時代の流れと共に耳慣れた言葉にはなってきましたが、まだまだその意味が掴みにくい言葉だとも言えます。注意点にも留意することが大切です。

当記事でご紹介してきた内容の通り、新たな言葉の意味を実際の例文の中で覚えていくと、仕事の現場でも活用しやすくなります。あなたも、ぜひ当記事内容を参考に、ガイドラインの意味をしっかり理解し、活用してみてください。語彙力UPとバライエティ豊かな会話の実現が期待できます。

下記関連記事では、「マスト」の意味を分かりやすくまとめています。ガイドラインと同じく、ビジネス英語として知られるこの言葉には、どんな意味があるのでしょうか?具体的な使い方、ウォントとの解釈の違いについても学べる内容となっています。興味のある方は、下記記事内容も合わせてぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 432628942
マスト(must)の意味とは?ビジネスでの使い方やウォントの解釈も

あなたは、マスト(must)という言葉の意味を知っていますか?この記事では、ビジネスでも良く使われる「マスト」「ウォント」などの言葉と「マストで」「マスト...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。