疲れてる人にかける言葉15選!上司や友達の疲れを癒すメッセージはコレ!

疲れてる人に一体どんな言葉をかけてあげれば良いのか、悩んだ経験はありませんか?そこで今回は、疲れてる人にかけるべき言葉を、立場ごとにご紹介します!上司や友達、好きな人など、相手別に適切なメッセージをまとめていますよ。是非参考にしてくださいね。

上司|疲れてる人にかける言葉5選!

①上司がいるだけで心強いと伝えたい場合

心強い

上司がいるだけで心強いと伝えたい場合、「〇〇さんがいてくれてよかったです」という言葉がおすすめです。上司という責任あるポジションになると、結果や成果を求められることが増えます。「結果が出せない自分なんて」とネガティブになり、落ち込むことが増えるでしょう。

そんな状態の時に、部下から存在を肯定される言葉をかけてもらえると、救われた気分になります。仕事へのモチベーションも上がっていくでしょう。落ち込んでいる上司には、是非この言葉で励ましてあげてくださいね。

②未来は明るいと伝えたい場合

ポジティブ

「未来は明るい」という趣旨のメッセージを伝えるには、「これからどんどん良い方向に向かっていきますね」という言葉が良いですよ。精神的に参っている人は、視野がどんどん狭くなっていきます。「これから良い方向に行く」と伝え、苦しい状況はいつか終わると気づかせてあげましょう。

③力強い励ましをしたい場合

大丈夫

「絶対に大丈夫です」「必ず上手くいきます」などの、力強い励ましも効果的です。仕事で疲れてる人は、小さなミスや失敗をしただけで自己嫌悪に陥ってしまいます。自信を失い、仕事が滞る可能性もあるでしょう。そんな時に「絶対に大丈夫です!」と励ましてあげれば、相手も前向きな気持ちを取り戻すことができますよ。

④他にも頼れる人がいると伝えたい場合

頼る

「自分にできることがあれば何でも言ってください」という言葉で、他にも頼れる人がいると伝えるのも有効です。直接ではなく、メールやLINEなどで言っても良いですよ。一歩離れた気遣いの言葉をかけることで、上司の気持ちも楽になるでしょう。

⑤上司の仕事量が多い場合

手伝う

上司が疲れている原因が仕事量の多さだった場合、「何か手伝いましょうか」「私にもできることはありますか」という声かけが有効ですよ。もし他人に任せる仕事が無い場合でも、そう声をかけられるだけで励まされるものです。

友達|疲れてる人にかける言葉5選!

①気分転換をさせたい場合

尋ねる

友達が疲れてる場合は、「何かしたいことはない?」と、メールやLINEなどで尋ねてみると良いでしょう。疲れてる人は、悩んでいることばかりに気を取られ、気分転換ができていないことがよくあります。友達のやりたいと思うことを聞き出して、リフレッシュのきっかけを作ってください。

②疲れを打ち明けてきた場合

同情

疲れを打ち明けてきた友達には、「大変だね」「辛いね」という同調の言葉をかけてあげると良いですよ。疲れているという気持ちを、友達が打ち明けてきた時にかけるべき言葉の一つです。この時友達は、自分の辛い状況を他人にわかってほしい、と思っています。下手なアドバイスはせず、友達の状況に寄り添ってあげましょう。

③友達が頑張っている場合

応援

何かを頑張っている人には、「応援している」という言葉が何より有効です。やりたいことをがむしゃらに頑張っている時、無条件に応援してくれる人の存在が、心の助けになるものです。「私は絶対あなたを応援しているから」と、積極的に伝えてあげてください。

「他人から応援されている」ということが力になり、落ち込んでいる状況から抜け出せるでしょう。モチベーションアップにもつながります。是非、頻繁に「応援している」と伝えてあげてくださいね。

④悩みを一人で抱え込んでいる場合

相談に乗る

悩みを抱え込みがちな友達には、「いつでも悩みを話してね」というメッセージを送ってあげてください。悩みを一人で抱え込むと、気分がどんどん落ち込んでいきます。メールやLINEなどのメッセージで悩みを打ち明けるだけでも、心は楽になるものです。是非、「私は悩みを聞くよ」と伝えるようにしましょう。

またこの時、「私もあなたに悩みを話すから」と言うのもおすすめです。あなたが心をオープンにすることで、相手が悩みを相談しやすい心理になります。是非、このメッセージを送り、疲れてる友達を励ましてあげてください。

⑤共感したい場合

寄り添う

相手に共感したいのなら、「あなたの気持ちがわかる」などの言葉もおすすめです。疲れてる友達の中には、ただ自分の気持ちをわかってほしいと考えている人も多いです。自分の気持ちを誰かに受け入れてもらうだけで、気分が楽になりますよ。相手の状況が自分の立場だったらと想像し、共感するメッセージを送りましょう。

好きな人|疲れてる人にかける言葉5選!

①頑張りを認めたい場合

認める

好きな人が疲れているのなら、「本当に毎日頑張っているよね」などのメッセージを送ってあげると良いでしょう。人は、努力していると認めてもらえるだけで、気持ちが楽になります。好きな人には、積極的に言葉をかけてあげてくださいね。

②ポジティブな気分にさせたい場合

休日

好きな人が疲れてる時は、「休みの日は好きなことをしよう」という前向きなメッセージもおすすめです。次の休みに触れることで、相手は「この辛い状況はいつか終わる」「必ず休みが来る」と考えられるようになりますよ。

また「好きなことをしよう」と言われると、ポジティブなことをイメージします。ネガティブな考えが消え、心が楽になっていきますよ。好きな人には、是非こういった内容のメール・LINEを送ってあげてくださいね。

③励ましたい場合

味方

好きな人には、「ずっとあなたの味方だ」と、メールなどで励ましてあげるのも良いでしょう。疲れてる状況では、無条件で自分を応援してくれる人の存在が救いになります。「周りが何と言っても絶対味方」と伝え、相手を安心させてあげてください。

④感謝を伝えたい場合

感謝

「いつもありがとう」という感謝の言葉も、好きな人を励ますことができる言葉です。話を聞いてくれてありがとう、仕事を頑張ってくれてありがとうなど、些細なことに感謝してみてください。感謝を言葉で示してもらえると、疲れは軽減するものですよね。直接伝えられない場合はメールでも良いので、是非伝えてあげましょう。

⑤体調を気遣いたい場合

気遣い

体調を気遣いたい時は、「体調は大丈夫?」「元気?」などの言葉がおすすめですよ。体を心配してもらえると、相手は「自分は大切にされているんだ」と実感できます。自身の体調に目を向けるきっかけにもなり、無理をすることもなくなるでしょう。是非体調を気にかけ、好きな人を癒してあげてくださいね。

疲れてる人にかけてはいけない言葉とは?

①曖昧な励まし

不安

「なんとかなるよ」などの無意味な励ましの言葉は、疲れてる人にかけるべきではありません。励ましの意味で言ったとしても、相手は「どうせ他人事なんだ」と考えてしまいます。更にやる気が削がれる恐れもありますので、気をつけましょう。

②自分の経験

辛い

疲れてる人に「私もしんどかったよ」など、自分の経験を話すのもNGです。相手を励ます時、自分の経験を引き合いにする人が多いですが、それは相手からの反感を買う原因になるでしょう。「結局自分の話がしたいだけ」と捉えられ、相談をされることもなくなります。自己満足な励ましになる恐れがあるので、注意しましょう。

③助言

アドバイス

相手を励まそうと、「〇〇にした方がよかったよ」とアドバイスをするのも逆効果でしょう。助言のつもりでも、相手は「自分が責められている」と捉えてしまいます。自分の不甲斐なさに、更に落ち込んでしまうでしょう。助言は避け、聞き役に回るようにしてください。

疲れてる人に応援の言葉をかけて相手を励ましましょう!

相手の状況や悩みに合わせた言葉をかけることで、相手の負担を軽減することができますよ。今回紹介した言葉を参考に、相手へのメールやメッセージの内容を考えてみてくださいね。

またこちらに、何も考えたくない時の対処法について解説されている記事を載せておきます。仕事や恋愛などで疲れた時、悩みを考えないようにする方法なども紹介されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 556918507
もう何も考えたくない時の対処法は?疲れた時に考えないようにする方法も

何も考えたくないという時はありませんか?あなたはそんな時、どうしているでしょうか?ここでは「もう疲れた」と感じた時などの心理状態や原因について、詳しくご説...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。