ソフトバンクからmineoへMNP(乗り換え)する方法と手順

ソフトバンクから格安スマホのmineoへMNPをしたいときには、どのような手順を踏んだらよいのでしょうか。mineoに乗り換えられる条件やプランの内容、変更の手順などを紹介します。ソフトバンクからmineoに乗り換えることで通信料金節約の可能性もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクからmineoの条件は?

SIMロック解除できるかどうか

mineoは、フリーSIM端末にmineoのSIMカードを入れて使います。つまり、mineoのSIMカードを入れられるようにするためには、フリーSIM携帯にすることが必要です。 ソフトバンク製品でSIMロック解除をするためには、2015年5月以降に発売された機種で、購入後101日目以降であるという条件をクリアする必要があります。他にも条件があるので、ソフトバンクホームページから確認してみてください。

mineoで使えるiphone機種

ソフトバンクからmineoに乗り換える際には、使える機種が限られています。利用できる機種はiphoneに限られているため、iphoneの中でもiphone SE以降の端末のみが利用可能です。 iphoneであっても、iphone6やiphone5は、ソフトバンクからmineoに切り替えることができないので注意が必要です。これらの対応機種の中で、さらにSIMロック解除が可能な場合にのみソフトバンクからmineoに乗り換えができる、ということになります。

A(au)プランは料金が安い

mineoには、auの回線を利用するAプランと、ドコモ回線を利用するDプランとがあり、ソフトバンンクから乗り換えるときにはどちらかを選ぶ必要があります。 Dプランと比べた際に、Aプランのメリットといえるのは、その料金の安さです。さらに、Aプランはデータ通信のみのプランでもSMSが月額料金無料で利用できる、といったメリットもあります。

D(ドコモ)プランはテザリング機能

Dプランの場合は、ドコモ回線を利用したプランです。Aプランよりも料金が多少高くなる場合もありますが、テザリング機能が利用できるのは、人によっては大きなメリットとなるでしょう。 Aプランであっても、Android端末ならばテザリングを利用できる場合がありますが、ソフトバンクから乗り換えることを考えると端末はiphoneになります。iphoneでテザリングを使うためには、Dプランでなければなりません。

mineoに乗り換える手順とは?

ソフトバンクでMNP予約番号を発行

ソフトバンクからmineoに乗り換える際の手順を順番に確認していきましょう。 まずは、乗り換えに必要なMNP予約番号をソフトバンクで発行します。MNPは電話、もしくはウェブサイト「My SoftBank」のどちらからも発行可能です。ただし、My SoftBankから行った場合は無料であるのに対し、電話で行う場合は料金が発生します。 また、mineoに乗り換える際に契約名義を変更したい場合には、別途手続きが必要になる場合もあるので注意が必要です。

mineo公式HPから申し込む

MNP予約番号を取得した後は、mineoの公式ホームページから申し込みをします。サイト上の申し込みボタンから新規申し込みに進んでください。エントリーコードを持っている場合はエントリーコード専用の受付画面があるので、そちらへ進むようにしましょう。 基本的には、画面の指示に従いながら必要な情報を入力していくだけで申し込みが完了します。

mineoからSIMカードが届く

mineoのホームページから申し込みが完了すると、SIMカードが送付されてくるのを待つことになります。申し込みからSIMカードの到着までは3日~1週間程度です。ただしこれは目安であり、時期によって到着までの日数が前後するので、余裕をもった手続きをしてください。 mineoのSIMカードは、基本的にはゆうパックにて自宅に送付されてきます。

mineoSIMカードが届いたら?

機種本体のSIMロック解除

mineoのSIMカードが届いたら、まず機種本体のSIMロック解除を行いましょう。機種本体のSIMロック解除は、事前にMy SoftBank、もしくは店頭で手続きを行っておく必要があります。そこで解除キーを発行し、それを使ってSIMロックを解除してください。 mineoのSIMカードを本体に差し込むと、SIMロック解除キーを入力できるようになります。iphoneの解除方法は、Appleのサポートページから確認できます。

mineoのSIMカードを入れる

mineoを使い始めるためには、mineoのSIMカードをiphone本体に入れる必要があります。 SIMカードを入れ替えるときには、データのバックアップを取るようにしましょう。SIMカードのサイズは、ソフトバンクからmineoに乗り換えることが可能な端末では、すべてnanoSIMになります。 ソフトバンクのSIMカードを取り出し、入っていたところに新しいmineoのSIMカードを入れれば完了です。

mineoからMNP転入手続き

SIMカードを入れた後は、mineoを使えるようするためのMNP転入手続きを行います。MNP転入の手続き完了から転入切り替えまでは30分程度かかるので、時間に余裕をもって行いましょう。 転入の手続きはWeb上から行えます。mineoのマイページにログインした後、「登録情報の変更・サポート」の項目から「MNP転入切替/回線切り替え手続き」を選択してください。その後、SIMカード情報を入力し、回線切り替えをクリックすると完了です。

自動的にソフトバンクが解約される

mineoのWebページ上からMNP転入手続きを行うと、自動的にソフトバンクの回線から切り替わるようになっています。ソフトバンクにて、別途新たな手続きをする必要はありません。 mineoで転入してから切り替え完了までは30分程度かかる、と上述しましたが、その間はソフトバンク、mineoどちらの回線も利用できなくなるのでご注意ください。

ソフトバンクポイントはTカードに

ソフトバンクを利用していると、月々の利用料金などに応じてソフトバンクポイントが貯まります。気づかないうちにかなりのポイント数が貯まっていることもあります。 ソフトバンクポイントは、ソフトバンクを解約すると使い道がなくなってしまうので、失効してしまう前に、Tカードなどで貯めることができるTポイントに変更しておくことがおすすめです。

まとめ

ソフトバンクからmineoに切り替えるときには、使用できる端末や切り替え方法、切り替えにかかる時間などを把握しておくとスムーズに進みます。Tポイントに変更しておけば、ソフトバンクとの契約を解約しても今まで貯めたポイントは使うことができるため、ぜひ実践してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。