一人暮らしで食費を節約するには?1ヶ月にいくらかかるもの?

一人暮らしを行う中で、出費の内訳で多いものとして挙げられるのが食費です。出費の割合が高いため、抑えることができれば大幅に節約を行うことができます。今回は、食費を節約するにはどうすればよいのか、1ヶ月あたりいくらぐらいかかるのかなどを解説します。

一人暮らしの食費の平均は?

一人暮らしの平均は3万9,649円

一人暮らしの平均は、性別や年齢を問わない結果では39,649円となっています。比較的少額であることが多い学生と、付き合いなどでの出費も伴う社会人では15,000円ほど差があり、これらすべての平均です。 

男性の平均は4万5,298円

男性の平均は4万5,298円です。34歳までと35歳以上で比較すると、35歳以上では外食が2割ほど減る一方で、その他の食材費は数%増加する傾向にあります。 男性では、年齢が上がるにつれて野菜の出費が大幅に増加している傾向です。60歳以上では、34歳以下の5倍以上にもなります。

女性の平均は3万4,656円

女性においては、平均が3万4,656円となっています。35歳を境に外食の割合が減り、他の食材費が少し増加することは男性と同様です。 しかし調味料費に関しては、女性、かつ60歳以上が最も多くなっており、最も少ない34歳以下の男性の3倍に及びます。

理想の食費はいくら?

社会人の目安は手取りの15%

理想の食費は、社会人の場合、手取りにおいての15%です。つまり、20万円の手取りであれば、3万円以内に抑えていくことが理想と言えます。家賃や交通費など、他の部分で出費の割合が大きい場合は、さらに3万円よりも少額で抑える必要が生じるでしょう。

食費を節約するには?

なるべく自炊する

食費の節約に有効なこととして、まず挙げられるのが自炊です。食材を安くそろえることができる、かつ、かさ増しができる料理を作ることができれば、少しずつ出費をおさえることができます。 現代ではインターネットの普及により、自身でレシピを考えたり、本などで毎回探したりしなくても、アプリやサイトなどから情報を得ることができるのです。 また、ネット上の膨大なレシピの中には、節約を意識したものも数多くあります。これらを参考にして、豊富な種類の料理から好きなものを選んで作ることができるのです。

閉店前のセールを狙う

だいたいのスーパーでは閉店前のセールを行っているため、これを利用することも有効な手段のひとつです。閉店前でなくとも、夕方に行われていることもあります。
商品が店頭に並んでから時間が経つにつれ、少しずつ安くなっていきます。2割引や3割引となっていき、それでも売れないものは半額になることもあるのです。 ただ、さらに待ち続けると廃棄などとなってしまい、その商品が店頭から姿を消す可能性もあります。セールを狙うのであれば、待ちすぎないようにすることがポイントです。 なお、スーパーの中には24時間営業のところもあり、改装や点検などが行われない限り閉店しません。 この場合は、基本的にセールを行っているのは夕方から深夜前の時間帯です。逆に真夜中を狙っても、次の日の朝の準備のためにセールが終了し、商品が少なくなっている可能性があります。

コンビニに行かない

コンビニは、スーパーよりも価格設定が高めになっています。そのため、コンビニでの買い物を続けると、スーパーで安く食材を購入し続けた場合と比べれば大幅に差がついていくのです。節約を考える場合、コンビニには行かないように心がけましょう。

食費を抑えるための自炊のコツ

まとめて作って冷凍

自炊のコツとして、まとめて作っておいて冷凍しておく、という方法があります。冷凍しておけば劣化を遅らせることができ、なおかつ数日にわたって分けて食べていくことができるのです。 なお、冷凍して保存しておくものが多くなれば、その分管理の負担が増加します。十分な管理が行き届いていなければ、誤って日数の経ったものを食べてしまって食中毒を起こすなどのトラブルの原因となるのです。
作った日を記録しておく、保存場所を把握しておくなどの対策を行うことで、食費の節約とともに安全管理も行っていくことができます。

食材を使い切る

自炊を行っていても、食材を無駄にしてしまっては節約につながりにくくなります。食材を残さず使うことにより、新たに購入する頻度を下げることができ、結果として食材費における無駄を省くことができます。 食材を使い切っても、食べきれないという場合は、先述のように冷凍保存をしておきましょう。事前に冷凍保存ができるように、日持ちしない料理は作らないようにするという対策法もあります。

安い食材を上手に活用

食材とひと口に言っても、種類や産地により値段が異なります。野菜であればもやしは特に安く販売されており、他の種類の野菜であっても小分けにされたものを購入するという方法があります。 肉や魚なども同様で、量の少ないものを選ぶことで、出費を抑えることができると言えるのです。 産地にこだわりを持たなければ、同じ食材でも安く購入できます。海外産のものの方が、量も多く安い傾向にあるのです。安く買って作り置きをし、数日に分けて食べるという上手な活用方法を実践していきましょう。

まとめ

一人暮らしでの食費の節約は、自炊や高めのものの購入を抑えるなど、今回紹介したようにいくつも方法があります。健康に配慮しつつ、自身でできそうなものから少しずつ実践していくようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。