ドコモ光の電話を解約するには?申し込み方法や注意点などのまとめ

「家を空けることも多いけれど、やはり固定電話を持ちたい」という方は、ドコモ光で電話とインターネット回線のセット申し込みがお得です。今回は、ドコモ光を申し込む場合どのような申し込み方法があるのか、また、どんな点に注意すればいいのかを紹介します。

ドコモ光のドコモ光電話ってなに?

フレッツ光の光電話とほぼ一緒

ドコモ光のドコモ光電話とは、インターネットの回線を利用して、電話も使えるようにするサービスのことです。電話に対応するルーターを置けば、スマートフォンで固定電話の代わりを担うことができます。 ルーターは縦17センチ、横3.5センチと辞書ぐらいの大きさで、場所を取ることはありません。また、アナログ回線を利用するよりも基本料金が安くなります。

プランはシンプルに2種類

プランは「ドコモ光電話」と「ドコモ光電話バリュー」の2種類です。ドコモ光電話プランは月額使用料500円で、今まで使用していた電話番号をそのまま引き継げます。 ドコモ光電話バリュープランには、基本の内容に加え、迷惑電話がかかってこないように設定できるなど、役立つ8つのオプションが含まれます。発信してきた電話番号が表示されるので、例えば、オレオレ詐欺などの電話から身を守ることにも繋がるでしょう。

同時申し込みで工事費削減

光回線と電話を同時に申し込めば3,000円程度となるため、初期工事費用を安く抑えることが可能です。また、NTT西日本・東日本のフレッツ光を利用されている方は、ドコモ光の同時申込みをすることで工事費用はかからずお得です。 ただし、NTTの電話番号をそのまま引き継ぐ場合は、NTTの利用を止める休止料という費用がかかることがあるのでご注意ください。

今までの番号も引き継げる

ドコモ光電話の魅力は、今まで使っていた固定電話をそのまま使うことができる点です。また、電話機本体もそのまま使うことができます。 ただし、住所が変わる方は回線の収容局がエリア外になることがあります。その場合は、電話番号を変える必要性がありますのでご注意ください。引っ越しをする際は、事前に確認しておくとよいでしょう。

申し込み方法と注意点は?

手続き方法

ドコモ光の電話を申し込む方法は、ドコモの店舗や家電量販店、もしくは電話の3通りです。家電量販店で手続きする場合は、端末を購入するなどいくつかの条件があるので、事前に確認しておくと安心です。 また、電話の場合はインフォメーションセンターという専用ダイヤルが設けられていて、午前9時から午後8時まで受け付けしてもらえます。ネットワーク暗証番号などを伝えれば本人確認できるので、店舗に行くより用意するものが少なくて済みます。

申し込み時の注意点

申し込みの際には、手続きの確認の電話がドコモからかかってくることがあります。一定期間連絡がつかなかった場合、主体契約のドコモ光はもちろん、ドコモ光電話の契約も破棄されることがあるので注意しましょう。 また「ドコモ光ペア回線」に登録している方を除いて、ウェブ上では契約内容の確認や変更をすることができません。また、契約の事務手数料として、2,000円も用意することが必要です。

サポートセンター

何か不明点があるときは、サポートセンターに聞くことができます。相談内容によって電話番号が違うので、公式ホームページで確認しましょう。 時間帯によってはつながりにくいことがありますが、待っている間に、音声ガイダンスに従って相談内容を解決できるサポートメニューが用意されています。なお、年末年始の期間は電話番号が変更になる場合があるので注意してください。

ドコモ光の便利な使い方は?

便利なオプションサービス

ドコモ光には、月額使用料を支払えば様々なオプションをつけることができます。 「着信お知らせサービス」では、着信があったことをメールなどでリアルタイムに知ることができます。お知らせに登録できる端末は、携帯電話やパソコンなど事前に指定できるので、仕事や緊急の用事の場合に便利です。 他にも、保留機能を利用して、通話中にかかってきた別の電話に出ることができる「通話中着信」や、発信者の電話番号を着信時に知らせてくれる「発信者番号表示」などがあります。

スマホが固定電話に早変わり

ドコモ光電話では、新たに固定電話用の端末を買う必要がありません。スマートフォンに専用の電話アプリを入手し、Wi-Fiの環境を用意すれば、固定電話の番号を引き継ぐことができます。アプリによってはテレビ電話も可能で、通話料金はドコモ光と同じです。
ただし例外として、NTT西日本・東日本を利用している、かつ端末をレンタルしている場合は、その端末は返却することになるので新たな端末が必要になります。

解約するには?

電話のみも解約できる

ドコモ光の解約にあたって、ドコモ光電話のみを解約することができます。受付はインフォメーションセンターのフリーダイヤルか、ドコモショップで対応可能です。ただし光電話を解約すると、回線の装置からルーターの機能がなくなりますのでご注意ください。 また、一度解約するとドコモの契約IDはなくなってしまうので、再度ドコモ光を契約する場合は新規契約からの手続きが必要となります。

解約するなら電話かショップで

解約を電話で行う場合は、ドコモインフォメーションセンターで午前9時から午後8時まで受付しています。ネットワーク暗証番号で本人確認をすることができるので、本人確認書類を用意する手間はありません。 ドコモ光ペア回線やドコモ携帯電話の契約がない場合は、ネットワーク暗証番号に代わってお客様IDが必要になります。 なお、電話のほかドコモショップでも解約することができます。ドコモショップの場合は本人確認書類の提出が必要なことがあるので、事前に用意しておくといいでしょう。解約する月の利用料金は、翌月に請求されるのでご注意ください。

まとめ

ドコモ光の電話を申し込む方法などを紹介しました。ドコモ光と電話を一緒に申し込みをすることで工事費用などが安くなりますが、キャンペーンなどを使えば通常よりさらにお得になることもあるでしょう。解約をする際も電話やオンラインなどで手続きしやすいので、迷っている方はぜひ検討してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。