auひかりの平均速度はマンションタイプでは遅い?速度改善対策は?

auひかりのホームタイプは、ベストエフォートで上り下り最大1Gbpsの通信速度です。個人でインターネットを利用するには快適な速度ですが、なぜ遅く感じることがあるのでしょうか。理由と改善策について解説します。

auひかりの速度について

上り下り最大1Gbps

auひかりは、KDDIが一戸建てや集合住宅に住んでいる方に提供している光回線サービスです。契約タイプによりますが、ベストエフォートで上り下り共に最大1Gbpsの速度性能の回線です。 ベストエフォートとは、最善を尽くすという意味で、回線混雑などで遅延が発生しても速度保証はされません。通信品質は変動しますが、通信機器の管理コストを削減することによりコストを抑え、安い利用料金で個人向けのブロードバンド・サービスが提供されます。

平均速度は200Mbps程度

最大1Gbpsの光回線でも実測では速度が下がり、auひかり利用者の実使用速度の平均は200Mbps程度とされています。それでも、最大100Mbpsの低速な光回線サービスに比べると快適な回線速度です。 ただし、ベストエフォートのauひかりでは、回線の混雑状況や利用環境などにより速度が大きく変わります。 また、集合住宅住まいの方で、建物内の配線が光ファイバー方式ではなくVDSL方式やイーサ方式であれば、auひかりに限らず最大100Mbpsの回線速度しか出すことはできません。VDSL方式は棟内電話回線、イーサ方式は棟内LAN(イーサネット)を利用する方式です。

100Mbps出ていれば十分

ベストエフォートといっても、個人の利用で最大1Gbpsの回線であれば、インターネットを十分に楽しむことができます。100Mbpsの速度があれば、動画視聴やオンラインゲームでも支障はないでしょう。支障がある時は、もっと速度低下していると考えられます。 インターネットの利用で必要な回線速度の目安は次の通りです。大容量ファイルのダウンロードやオンラインゲームで100Mbps、動画サイトの視聴で20Mbps、メールやブラウジング・SNSの利用などで10Mbps程度です。

auひかりのタイプは2種類

ホームタイプ

一戸建て向けのホームタイプは、さらに料金プランが3つに分かれます。契約期間が長いプランほど月額料金の割引が大きくなりますが、途中解約やプラン変更をすると契約解除料がかかります。 3年単位で自動更新になる「ずっとギガ得プラン」、2年単位の「ギガ得プラン」、契約期間の約束がない「標準プラン」の3プラン共に、上り下り最大1Gbpsの回線速度です。

マンションタイプ

集合住宅向けのマンションタイプには、配線方式の違いなどにより6プランが存在しますが、大半の建物ではVDSL方式の「マンションV」を利用することになります。 回線速度は「マンションギガ」と「マンションミニギガ」の両プランとも上り下りの最大値が1Gbpsですが、他のプランは最大100Mbpsの速度です。なお、「タイプF」も光ファイバー方式のため速度は安定しますが、上り下り最大100Mbpsの低速光回線の分類です。

遅くなった原因を調べる

インターネット速度チェックで計測

利用しているインターネットの回線種別が分かったら、インターネットの速度チェックを実施してみてください。
ただし、速度測定サイトやモバイルアプリの違いにより、結果に開きが生じることがあります。初めて実施するような方は、評価の高い信頼できるサイトやツールを利用することをお勧めします。また、実施日や時間帯など、回線の混雑状況の影響もあることは覚えておきましょう。

パソコンや接続機器を確認する

速度測定結果で想定以下の数値がでたら、まずは無線ルータやパソコン、ケーブルなどの自宅LANの利用環境を確認しましょう。データ転送の遅延を含め通信障害の疑いがあれば、使用端末などがから確認してください。 常に想定外の速度しか得られなければ、自宅ネットワーク内の機器やケーブルの規格性能や不具合などが疑われます。

マンションタイプは遅くなりやすい

auひかりの最大1Gbpsという回線速度は、あくまでホームタイプか、ギガプランのマンションタイプを利用していることが前提です。2つ以外のマンションタイプのプランによる最大値は100Mbpsで、集合住宅に多いVDSL方式ではauひかり以外の光回線も含めて100Mbpsが限界値です。 また、建物に引き込んだ1本の光ファイバーケーブルを共有しているマンションタイプでは、混雑して速度が遅くなります。

速度を改善するためのポイント

高速通信用のLANケーブルを利用

LANケーブルはカテゴリーにより対応速度が異なりますので、使用しているケーブルの規格を確認する必要があります。もしCAT5のケーブルであれば最大通信速度は100Mbpsですので、 1Gbpsのauひかりを利用していても100Mbpsまでしか速度は出ません。
販売されているLANケーブルのほとんどは最大通信速度1GbpsのCAT5e以上ですが、古いケーブルを使っている方は確認が必要です。

無線LANは最新規格のルータを利用

自宅のLAN環境で利用されることが多い無線LANにも規格があり、無線ルータと端末が最新規格に対応していなければ、速度性能を発揮できません。 2018年2月現在で最新の無線LAN規格は、2014年頃から普及しだした最大理論値6.9Gbpsの11acですので、ルータ及び各端末が対応しているWi-Fi規格を確認しましょう。 11acの前の世代の11nでも最大理論値は600Mbpsですので、11acでなければ、無線接続で少なくとも600Mbpsを超えることはあり得ません。 なお、ルータ製品のパッケージには最大速度が表記されていますが、これは機器間の瞬間速度であって、実使用速度は半分か3分の1程度です。

ルータなどの再起動を行う

インターネットに繋がらなくなったり、動きが遅かったりなどの接続状況に問題を感じる時に、ルータやホームゲイトウェイを再起動すると、速度が回復することがあります。 再起動することによって機器がリセットされ、正常な動作になり速度が戻ることもありますので、明らかに調子が悪い時に試してみてください。もし速度低下が続くようであれば、機器の性能などを見直す必要があるかもしれません。

まとめ

auひかりは、フレッツ光ほど契約者数が多くないため、回線が混雑しにくいと言われています。マンションタイプについては、建物の問題もありますが、ホームタイプなどであれば、ベストエフォートで最大1Gbpsの通信品質ですので、利用環境さえ整えば快適にインターネットを利用できるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。