ソフトバンク光の料金確認って?問い合わせ先やフレッツ光との比較も

光回線や携帯電話の料金プランはわかりにくいものが多く、基本料金はお得に見えてもオプションが重なり月額の利用料金が結構かかった、という経験をされた方もいるかもしれません。請求明細も料金プランに応じて作成されるため、同じようにわかりにくいことも多いです。ソフトバンク光の料金の確認方法や明細の見方、問い合わせ先などを詳しく解説します。

請求額が高い等おかしいと感じたら?

月額料金について詳しく見よう

ソフトバンク光の月額料金は戸建てタイプとマンションタイプの2種類があります。 ソフトバンク光の月額料金は次の通りです。
  1. 戸建てタイプ(ホーム):5,200円(2年自動更新プラン)
  2. マンションタイプ:3,800円
この月額料金は、インターネット使い放題で、プロバイダ料金が含まれている金額です。 戸建てタイプ(ホーム)の月額料金には5年自動更新プランがあり、こちらは若干割安の4,700円(別途ソフトバック光テレビ660円/月要加入)というプランもラインナップされています。 ソフトバンク光のプロバイダについては、下記記事も参考にしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2165“]

シミュレーションで料金確認!

ソフトバンク光のホームページでは、月額料金のシミュレーションをすることが可能で、初期費用やキャンペーン適用価格の確認もできるので便利です。 https://www.softbank.jp/ybb/price/simulator/#/hikari
まず初めにソフトバンク光回線を引く住まいの種類を選択肢、初期費用の有無を確認。フレッツ光利用の有無、戸建て、フレッツ光導入のある、又はないマンションから条件に合う項目を選択します。 次に住居タイプをマンション(集合住宅)または戸建て住宅から選択。最後に、オプションの選択をして完了。3行程しかないので簡単に目安の月額料金を知ることができます。 ソフトバンク/ワイモバイルの携帯電話の利用がある場合、携帯料金が割引になります。

オプションについて知ろう

月額500円のオプションパックの内容は下記の通りです。
  1. 光BBユニットレンタル(無線LAN対応機器のレンタル料金)
  2. Wi-Fiマルチパック(自宅でWi-Fiが使用可能になる)
  3. 光電話(光電話が使えるようになります。通話料は別途かかります)
この3つのオプションを個別に契約すると2,000円弱になるので、1,500円もお得なパックであると言えます。 この他にも、ソフトバンク光テレビのオプション660円があります。

オプションパックには要注意!

ソフトバンク/ワイモバイルユーザーは、2,000円(標準プランは1,500円)が携帯料金から割引になりますが、500円のオプションパックへの加入が必須です。 このオプションパックを1つでも解約してしまうとキャンペーンなどの特典利用の対象外になってしまいます。オプションの解除には十分注意しましょう。

おうち割について

ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話とSoftBank光をセットで契約すると、家族みんなのソフトバンクケータイが最長で2年間、毎月最大で2,000円割引されるサービスです。
また、3年目以降も毎月1,008円の割引が継続されるため、使えば使うほどお得になります。 最大の割引額2,000円を適用するには、スマートフォンのデータ定額で30GBの契約をすることが必要です。20GB、5GBの場合の割引額は1,522円になります。

フレッツ光に比べて高いの?

フレッツ光の料金について

ソフトバンク光の毎月の支払額は戸建てで5,700円(基本料金5,200円+オプション500円)、集合住宅で4,300円(基本料金3,800円+オプション500円)となります。 一方、フレッツ光の基本料金は戸建てで5,100円~、集合住宅で3,450円~となり、選択するプロバイダにより月額は変動します。 一見するとフレッツ光の方が安いですが、ソフトバンクユーザーについては携帯料金の最大割引2,000円があるため、ソフトバンク光の方がお得に利用が可能です。

フレッツ光からの違約金について

通常、2年割やもっと割などの期間の縛りのある契約で割引を受けている場合、契約期間の途中での解約には違約金がかかります。しかし、フレッツ光からソフトバンク光への移行については、契約期間中の切り替えであっても違約金はかからないようになっています。 移行にかかる費用は3,000円の事務手数料と2,000円のサービス更新料のみです。 ただし、プロバイダがYahooBB以外の場合、プロバイダによっては違約金がかかる場合があるので注意が必要となります。プロバイダの違約金は5,000円前後であることが多いです。

新規で契約する場合にかかる費用は?

マンション等の工事費について

フレッツ光を利用している場合、すでに回線が宅内まで届いているため工事は不要です。 しかし、新規の場合は回線を引か無ければならない場合と、マンション等で回線がある場合とで工事費が異なります。
  1. 戸建住宅/フレッツ光の導入がないマンション等の場合立会い工事が必要になり、24,000円の工事費が発生します。支払は一括払いか、月額1,000円の24回払いとなります。(屋外工事がない場合9,600円、土日休日の工事は3,000円の割増料金が発生します。
  2. フレッツ光導入済みのマンション等の場合建物に回線があるため、立ち合い工事は不要で工事費は2,000円になります。

キャッシュバックについて

他社のインターネットからの切り替えの場合、新規契約となるため前述の通り初期費用として24,000円の工事費が発生しますが、2017年9月15日(金)から「SoftBank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン」が実施されています。キャンペーン内容は次の2点です。
  1. 最大24,000円キャッシュバック工事費が24,000円かかる場合は24,000円、9,600円または2,000円の場合は10,000円のキャッシュバックが受けられます。
  2. 他社違約金全額キャッシュバック他社へ支払う違約金や撤去工事費、モバイルブロードバンド端末代金の残債が最大10万円までキャッシュバックされます。

ソフトバンク光の評判はいいの?

速度について

インターネットの利用には通信量が毎月かかるため少しでも安くしようと価格で比較してしまいがちです。しかし、インターネットを快適に利用するには送受信の速度が安定的かつ、高速で行えることが求められます。 ソフトバンク光の回線速度は下りで最大1Gbpsあり、これは高速通信と呼べる数値ではありますが、利用するプロバイダや利用環境によって最大値が出せないことがあります。 例えば、ネットゲームを行う場合、常に大量の情報のやり取りが必要なので、遅いと感じやすく、テキスト文書の閲覧が中心ならデータが軽いため遅いと感じる機会が少なくなる、といった形です。 このように速度については人それぞれ体感が異なる部分なので、必要な速度が出るかどうか比較検討をすることが大切です。

ソフトバンク光の違約金について

ソフトバンク光へ切り替えた場合、フレッツ光への違約金は発生せず、他社からの乗り換えであっても、キャンペーンが適用されれば実質的に違約金がかかることはありません。 しかし、ソフトバンク光を解約する場合、更新月以外での解約については9,500円の解除料が発生してしまいます。 ソフトバンク光は原則2年ごとの自動更新となっており、2年が経過した月が更新月となります。その月の解約であれば違約金が発生しません。 ソフトバンク光の解約については、下記記事も参考にしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1434“]

問い合わせ先について

スマートフォンや携帯電話の契約と同じように、インターネットやプロバイダ契約は料金プランやキャンペーンが複雑で、パンフレットやHPで理解しきれないこともあります。 このような時は、ソフトバンク公式の相談窓口へ問い合わせをしましょう。フリーダイヤルでは10:00~20:00、Webは24時間受付をしています。 現在の契約状況や、今後の利用プランや要望をまとめておけば窓口で適切な契約やオプションの案内を受けることができます。自身で調べるよりも結果的に早くベストな答えにたどり着くこともあると思いますので、是非、問い合わせの利用を検討してください。

まとめ

インターネットにかかる費用は毎月定額であることが多く、数年間同じ契約が続くため、総額ではかなりの金額になります。通信やCG技術の進歩により、データ量が増え、求められる通信速度も年々速まっているので、古い端末ではインターネットが満足に利用できなくなってしまいます。 インターネット回線の性能も年々進化していますので、定期的に契約内容の見直しを行いましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。