クレジットカードは何枚?作れる枚数と適切な枚数とは

支払いを後日まとめて行うことができ、各種ポイントを溜めて特典も得ることができるのがクレジットカードです。手軽で便利なため、様々な料金の支払いに利用する方も多いのではないでしょうか。クレジットカードを発行している会社は様々で、特典も豊富にあります。そのため、複数のカードを作りたいとお考えの方もいるでしょう。そこで今回は、クレジットカードはいったい何枚作ることが可能なのかについて、メリットデメリットを交えて説明してきます。

クレジットカードは何枚まで作れるの?

まずはじめに、クレジットカードは、いったい何枚まで作成可能なのかを確認していきましょう。多くの会社が発行しているため、どれを作るか迷う方も多いと思います。そんな方のために、クレジットカードの所持限度について解説していきます。

クレジットカードは最大何枚まで持てるのか

法律的にはクレジットカードを所持できる枚数に限度はありません。そのため、気になった会社のカードがあれば全て作ることも可能なのです。ただし、クレジットカードは、審査に通らなければ作ることはできません。個人の信用を元に発行されているのです。そのため、複数所持しても問題ないと判断されなければ、複数のクレジットカードを所持することは困難になります。支払いが滞ったり、年収が不足していると審査に通らないこともありますので、注意しましょう。

平均的な保有枚数は2~3枚

クレジットカードの所持枚数の平均は、2~3枚程度だと言われています。カードで貯められるポイントが分散し、効率よく貯めることができなくなってしまうため、これ以上の枚数を所持している方は少ない傾向にあります。

クレジットカードを複数持つメリットとデメリット

法律的に複数所持していても問題ないということは理解されたのではないでしょうか。ここからは、クレジットカードを複数所持することで、どのようなメリットとデメリットがあるのかを説明していきます。

クレジットカードを複数持つメリット

クレジットカードは基本的に1枚で十分とされていますが、クレジットカードを複数持つことによるメリットもあります。店舗によっては、所持しているクレジットカードを使用できないときがあり、支払いができなくなることも想定されます。その際に、複数のクレジットカードを所持していれば、使用不可の状況にも対応しやすくなるのです。
しかし、同じブランドのカードばかり複数枚所持していても、全て使用不可となる場合がありますので、複数所持するときは、なるべく種類が違うクレジットカードを所持するのがいいでしょう。アジア圏外で使用できるものと、欧米で使用できるものなどを揃えておくと対応しやすいはずです。とくに海外に出かける機会が多い方は、複数所持してあらゆる状況に対応できるよう備えておくことをおすすめします。

クレジットカードの複数持つデメリット

クレジットカードは、使用するごとにポイントを貯めることが可能です。ポイントに応じて様々な特典があり、恩恵を受けるためにはなるべく効率よくポイントを貯める必要があります。あまりにも多くのカードを所持していると、ポイントが効率よくたまらず、特典を生かすことが困難になりがちです。クレジットカードの特典を最大限に活用したいのであれば、なるべくクレジットカードの所持枚数は少なめにするのがいいでしょう。

クレジットカードは自分が管理できる枚数を持つ

クレジットカードを複数所持する場合は、紛失などの事態に備えておくことが大切です。あまりにも多くの枚数を支持していると、ポイントの管理や、使用状況の確認などが困難になりがちです。 そのためクレジットカードは、自分がしっかり管理できる枚数を見極めてから作成するのがいいでしょう。メインで使用するカードを1枚所持し、臨機応変に対応できるように2~3枚程度所持するのが理想とされています。

使っていないクレジットカードは解約

現在複数のクレジットカードを所持している方は、管理状況を整理することをおすすめします。法律的には問題ないのですが、複数のクレジットカードを持つことで、必要なカードを作る際の審査に落ちやすくなる傾向があります。そうなっては、いざ必要なカードを作らなければいけない状況の際に困ってしまいます。そのため、なるべく不必要なカードを解約しておくといいでしょう。 また、カードによっては年会費が発生する場合もあります。所持しているだけで発生することもあり、余分な費用がかかってしまう恐れもあるのです。ポイントの還元率が高いカードなど、利益が大きいものを残して、本当に必要なクレジットカードを残すのが有効です。

まとめ

クレジットカードは、何枚でも所持することは可能です。複数のカードを持つことで、臨機応変に対応でき、安心できる方も多いでしょう。しかしながら、年会費やポイントが貯めにくいというデメリットもあるため、むやみに所持するのはおすすめできません。本当に自分が必要な枚数を見極め、どのカードが一番恩恵を受けられるのかを見て、必要とするクレジットカードを残すのがいいでしょう。そうすることで審査に落ちにくくなり、クレジットカードの特典を最大限に受けることができるはずです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。