楽天カードのデメリット5選とメリット大公開!デメリット回避術は?

これから新しくクレジットカードの作成をすることを考えたとき、お得に使えるのは大切なことではないでしょうか。キャンペーン情報も多い楽天カード、お得に使えるのは本当なのでしょうか。楽天カード作成のメリットとデメリットをまとめました。

知っておきたい楽天カードのメリット

年会費無料

楽天カード作成のメリットの1つは、年会費無料で作成できるということ。楽天ゴールドカードのような上位カードは別として、通常の楽天カードの作成であれば年会費はかかりません。

2回払いは手数料無料

一括払いでの負担が大きい場合は、分割払いを利用する人もいると思います。そんな分割払いをよく使う人に嬉しいのが、楽天カードの分割払い。2回払いまでであれば、手数料無料で利用することができます。

ポイントがたまりやすい

楽天カードがお得に使えると言われるのは、ポイントがたまりやすい仕組みになっていることがあげられます。まず、クレジットカードの還元率0.5%も多い中、楽天カードの通常時の還元率は1.0%。やや高めの設定です。さらに、楽天市場のような楽天関連のサービスを利用すれば、さらにポイントがたまりやすくなります。たとえば、楽天市場の利用で楽天カードを使用する場合の還元率は少なくても4.0%です。

海外での利用もお得

楽天カードを持っていれば、海外での利用もお得になります。海外旅行のためのさまざまな優待が用意されているためです。たとえば海外で利用が予想されるWi-Fiレンタルやレンタカーといったサービスの割引を受けることができます。

キャンペーンが多い

楽天カードを利用していると分かりますが、とにかく楽天カードはキャンペーンが多いです。街での楽天カードの利用や楽天市場での利用がお得になるような情報や期間限定のキャンペーンがよく行われています。

楽天カードのデメリットは?

海外キャッシングが自動リボ

海外でのキャッシング利用は自動的にリボ払いになってしまいます。変更しないと利用枠を圧迫してしまうので注意しましょう。 海外キャッシングについては、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/3662”]

海外旅行傷害保険が利用付帯

楽天カードには海外旅行傷害保険のサービスがありますが、利用付帯、つまり利用しないと適用されません。条件は、出国前の利用で空港までの交通費でクレジットカードを利用していること、または旅行代金の支払いがあることになるので、保険の適用をしたい場合は注意が必要です。

ETCカードは年会費がかかる

楽天ゴールドカード以上、または楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド以上の場合を除き、ETCカードには年会費が発生します。楽天市場などのサービスを普段から利用している場合は良いですが、あまり使用していない場合でETCカードがある場合は540円の年会費がかかります。 ETCカードについては、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/410”]

楽天からのメールが多い

キャンペーンが多いのが楽天カード利用のメリットではありますが、キャンペーンが多いことで必然的に楽天からのメールも多くなります。

郵送の利用明細が有料(税込み82円)

郵送での利用明細を希望する場合、明細発行は有料です。郵送で受け取り続ける場合、毎月発行手数料がかかります。

注意すればデメリットも回避できる

ここまで、楽天カードのメリットとデメリットをご紹介しましたが、デメリットも5つの点に気をつければ回避することができます。

海外でのキャッシングは基本的にしない

キャッシングの自動リボ払いを防ぐには、基本的に海外でのキャッシングはしない方が良いです。どうしても利用が必要な場合は、登録の変更を忘れないようにしましょう。

海外旅行時は楽天カードを使用する

他のクレジットカードが海外旅行傷害保険自動付帯で、楽天カードの保険も利用したい場合は、国内の交通費、または旅行代金の支払いは楽天カードを使用しましょう。

楽天サービスの利用が多いとETCカード年会費無料

通常有料のETCカードも楽天サービスの利用が多いと年会費が無料になります。まず、楽天Point Clubの会員ランクがプラチナ会員やダイヤモンド会員である場合です。ゴールドカードを取得することを考えると、普段から楽天サービスを利用すれば簡単にクリアすることができます。 また、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードの利用者は楽天Point Club会員ランクに関係なくETCカードの年会費は無料です。

実はお得な情報も多い

デメリットとして、楽天からのメールが多いというものがありますが、中身を確認するとお得な情報も多いです。うんざりだと思わずにこまめにチェックとよりお得に利用できます。

WEB明細であれば利用料無料

明細書の郵送は有料ですが、WEB明細であれば利用料はかかりません。WEB明細の方が随時利用可能額の照会や利用内容を確認できるメリットもあるので、スマートフォンやパソコンがある場合は、WEB明細の利用を考えた方が便利です。

まとめ

お得なイメージもある楽天カードですが、メリットもあればデメリットに感じる部分もあります。ただし、デメリットの部分も気をつければそこまで不便に感じることもないでしょう。これから作成を考える場合は、全体的なメリットや利便性にも注目したいです。 こちらの記事もぜひご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/8982”] [blogcard url=”https://cktt.jp/5582”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。