革靴が足に馴染むまでの期間は?革靴の魅力や伸ばす方法も紹介!

革靴は、ビジネスやフォーマルに欠かせない靴ですが、自分に合うものが見つからないという人も多いでしょう。その理由は、馴染むまでに時間がかかるからです。そこで今回は、革靴が足に馴染むまでの期間、魅力や伸ばす方法、革靴に使われる革の種類などについてご紹介します。

革靴が足に馴染むまでの期間はどのくらいかかる?

革靴が足に馴染むまでの期間は約2~3ヶ月

めくれ上がるカレンダー

革靴が足に馴染むまでの期間は、約2~3ヶ月だとされています。この約2~3ヶ月という期間は、あくまでも革靴が足に馴染むまでの目安の期間となります。従って、新品の革靴を履いて1日で馴染む人もいれば、3ヶ月経ってもまだまだ馴染まないという人ももちろんいます。

革靴が足に馴染むまでの期間に差が出るのは体重や履く頻度などで異なる

体重計

革靴が足に馴染むまでの期間に差が出るのは、体重や履く頻度などで異なります。体重は重ければ重いほど、革靴に負荷をかけることができますので理想的な革靴へと変化するのも早くなるでしょう。

さらに、革靴を履く頻度が高ければ、革靴に付加をかける機会が多くなり、これもまたかわぐつが足に馴染むまでも期間を短くしてくれます。これらの理由からすると、革靴が馴染みやすいのは女性より男性の方が早い可能性が高いといえるでしょう。

革靴が足に馴染むまで期間に起きていることは?

革靴が足に馴染むまでの期間に起きていること①水分や温かさで革が伸びる

ひもが解けた革靴

革ぐるが足に馴染むまでに起きていること1つ目は、水分や温かさで革が伸びるということです。革靴の革の多くは、水分や温かさが加わると柔らかくなる性質を持っています。したがって、履いている人の汗や体温によって柔らかくなり伸びてくるでしょう。

しかし、革靴を履かない時間には乾燥して、柔らかく伸びた革は元に戻ろうとします。そしてまた、革靴を履いて水分や温かさが加わり革が柔らかくなり伸びるという繰り返しによって、履く人の足の形に馴染んでくるのです。

革靴が足に馴染むまでの期間に起きていること②インソール下のコルクが整う

茶色の革靴

かわぐつが足に馴染むまでの期間に起きていること2つ目は、インソールの下のコルクが整うことです。多くの革靴のインソールの下には分厚いコルクの層が作られています。高い印象のあるコルクですが、体重をかける時間や頻度が増えるとへこんできて履く人の足の形に近くなってきます。

こうして、インソールの下のコルクの層に体重をかける時間や頻度を重ねていけば、履く人の足の形にコルクの層が馴染んできて履いてどれだけ歩いても疲れ知らずの革靴となるのです。

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法は?

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法①ドライヤーで熱を加える

ヘアドライヤー

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法1つ目は、ドライヤーで熱を加えることです。革靴の革が、履く人の体温でやわらかくなり伸びるのであれば、ドライヤーで熱を加えて少しでも早く伸ばそうというものです。

やり方は非常に簡単で、靴下を履いて革靴を履き、ドライヤーを当てるだけです。コツがあるとすれば、きつい・痛い・硬いと感じる部分を中心にドライヤーを当てることとです。あとは、冷えた後に履いてみて、まだきつい・痛い・硬いようであれば、もう一度やってみましょう。

簡単に革靴の革が伸ばせるとはいっても、ドライヤーを使うとなると気になるのが電気代ではないでしょうか。ドライヤーの電気代が気になるという方は、下記の「ドライヤーの電気代って?1200wの場合の電気代や節約方法など紹介」の記事をチェックして、効果的に節電しながら革靴の革を伸ばしましょう。

Small thumb fotolia 109710134 subscription monthly m
ドライヤーの電気代って?1200wの場合の電気代や節約法など紹介

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法②シューストレッチャーで広げる

71xlfdvbxal. ul1500

Masetley

シューストレッチャー

Amazonで詳細を見る

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法2つ目は、シューストレッチャーで広げることです。シューストレッチャーは、革靴の中に入れネジを調整することで革靴を押し広げられる道具です。短期間で伸ばすことができますので、革ぐるをすぐに伸ばしたいという方は、自分に合ったシューストレッチャーで実践してみましょう。

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法③革製品用の柔軟剤を使う

3125znvv1hl

モリト

革を伸ばすスプレー

Amazonで詳細を見る

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法3つ目は、革製品用の柔軟剤を使うことです。革製品用の柔軟剤は、スプレータイプのものもあれば、クリームタイプのものなど様々なものがあります。どれも、基本的には革靴にスプレーしたり塗ったりなどつけるだけですので、革靴を伸ばしたいという人は購入を検討してみましょう。

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法④ヒアルロン酸入り化粧水を使う

81avzxsb5zl. sl1500

アクアモイスト

発酵 ヒアルロン酸の化粧水

Amazonで詳細を見る

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法4つ目は、ヒアルロン酸入り化粧水を使うことです。化粧水に含まれるヒアルロン酸は、保水力があると共に浸透しやすいため、革靴の革にも水分を浸透させてくれるため革が柔らかくなり伸びる効果が期待できます。したがって、革靴に塗れば革が伸びやすくなるでしょう。

しかし、ヒアルロン酸入りの化粧水はあくまでもお肌に使うもので、革靴の革を伸ばすために使うものではありません。あくまでも、革靴がきつい・痛い。硬いときにヒアルロン酸入りの化粧水が手元に合った場合の応急処置として考えておいたほうが良いでしょう。

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法⑤シューキーパーを履かせる

61r8zazgepl. sl1000

ikomzo

シューキーパー

Amazonで詳細を見る

革靴がきつい・痛い・硬いときに伸ばす方法5つ目は、シューキーパーを履かせることです。革靴は、負荷がかかっているときだけ柔らかくなり伸びる性質を持っています。したがって、自分が革靴を履いていない時間はシューキーパーを変わりに履かせておけば負荷がかけられ、革靴が自分の足に馴染むまでの期間が短くなります。

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力5選

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力①風合いが変化する

使い込まれた革製品

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力1つ目は、風合いが変化することです。革靴以外の靴は、履けば履くほど汚れやシワが目立ってしまいみすぼらしく劣化していくでしょう。しかし、革靴は履けば履くほど革の色に変化が加わり、味のある履きジワが加わるとどくどくの風合いとなるなど、劣化自体を楽しむことができます。

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力②フォーマルからカジュアルまで使える

フォーマルな装いのカップル

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力2つ目は、フォーマルからカジュアルまで使えることです。フォーマルな印象が強い革靴ですが、カジュアルな服装に加えることで引き締め効果が期待できます。特に、中年といわれる年代へと差し掛かった人で、若いころの服装が似合わなくなってきたという方におすすめのテクニックです。

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力③革が馴染むと足にも馴染み歩きやすい

不安定な場所を歩く男性

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力3つ目は、革が馴染むと足にも馴染み歩きやすいことです。馴染むまでに時間がかかる革靴ですが、馴染んでからはその形状をキープしてくれます。したがって、靴として履きやすい歩きやすい時間を長く作ってくれるということです。このような靴は、革靴以外にないといっても良いでしょう。

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力④靴音が非常に心地よい

スーツケースを惹きながら歩く男性

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力4つ目は、靴音が非常に心地よいことです。革靴の多くは、靴底にも革が使用されたレザーソールとなっています。このレザーソールは、ツルツルとした地面と接触すると「コッコッ」という心地よい音を響かせます。この音が好きで、革靴を愛用しているという人も多いほどの魅力です。

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力⑤デザインが流行に流されないところ

きれいな革靴

馴染むまでに時間がかかる革靴の魅力5つ目は、デザインが流行に流されないところです。革靴以外の靴となると、日々新しいデザインや形の靴が生まれては消えていきます。しかし、革靴というのは基本的には伝統的なデザインが受け継がれています。革靴ファンの中には、この普遍性がよいという人も多いのです。

革靴の普遍性と言われても、ピンと来ない人も多いかもしれません。普遍性という言葉の意味は、大まかに捉えている人が多く一般的と同じ意味だと思っている人も多いでしょう、そこで、下記の「普遍的の意味は?一般的との違いや類義語や対義語・使い方やものとは」の記事をチェックして、革靴の普遍的の意味を知りましょう。

Small thumb shutterstock 1191928219
普遍的の意味は?一般的との違いや類義語や対義語・使い方やものとは

「普遍的」とは「一般的」とどう違うのかご存じでしょうか。ビジネスシーンで欠かせない「普遍的」の意味や使い方をご紹介しております。知ってて得する類義語や対義...

革靴に使われる革の種類5選

革靴に使われる革の種類①牛の革

牧場の牛

革靴に使われる革の種類1つ目は、1番代表的な牛の皮です。牛の皮は、歴史的にも1番古くから靴に使用されてきた皮だといわれています。また、牛は飼育頭数が多いことからもたくさんの皮が出荷されますので、靴に限らず鞄やベルトなど多くの革製品に使われています。

革靴に使われる革の種類②馬の革

馬小屋にいる馬

革靴に使われる革の種類2つ目は、2番目に代表的な馬の革です。馬の革は、美しい光沢を持つ高級品とされるものと、硬くて手触りの良い特徴を持つものの2種類があります。どちらも、革靴にすると柔らかさがあるため馴染みやすいです。

革靴に使われる革の種類③豚の革

泥の中でたたずむ豚

革靴に使われている革の種類3つ目は、通気性がよい豚の革です。豚の革は、日本で多く生産されています。その特徴は、通気性が良い上に柔らかいため革靴にすると歩きやすいため、ビジネスシューズなどにおすすめの革です。

革靴に使われる革の種類④鹿の革

神社にいる鹿

革靴に使われる革の種類4つ目は、日本では意外と馴染みのある鹿の革です。こちらも、日本で多く生産されているため日本人には馴染みのある革です。鹿の革は、手触りが良く履いている人の足に馴染みやすい上に、水にも強いため革靴を作るのに向いています。

革靴に使われる革の種類⑤羊の革

様子を伺う羊

革靴に使われる革の種類5つ目は、ムートンブーツに使われる羊の革です。肌触りは抜群ですが強さがないため革靴にあまり使用されなかった羊の革ですが、肌触りと保温効果から最近ではムートンブーツによく使用されています。

革靴は自分の足に馴染むまでの期間を楽しむことも魅力の1つ!

いかがでしたでしょうか。確かに、革靴は他の靴に比べると足に馴染むまでに時間がかかる靴です。しかし、世話を焼いた子供ほど可愛いのと同じように、革靴は時間がかかる分愛着が湧きやすい靴です。ですので、子育てを楽しむように革靴が自分の足に馴染むまでの期間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。