人に嫌われたくない心理9選!人から嫌われる恐怖の克服方法は?

誰もが人に嫌われたくないと思うものですが、その具体的な心理とはどのようなものなのでしょうか。また、人に嫌われたくない症候群になってしまうと行動が制限されてしまいます。ここでは人から嫌われることを克服する方法も含め、その心理を詳しく紹介していきます。

人に嫌われたくない心理9選!嫌われたくない症候群の原因は?

嫌われたくない症候群の原因は自分より人を優先せざるを得ない状況や心理

困る女性

嫌われたくない症候群の原因は、自分より人を優先せざるを得ない状況や心理です。嫌われたくない症候群の人はどうしても自分のことや、自分がどうしたいという気持ちよりも人のことを優先させてしまいます。そうすることで、少しでも人から嫌われる要素を減らしているのです。

人に嫌われたくない心理①目立って嫌われるのが嫌

寝る女性

人に嫌われたくない心理の1つ目は、目立って嫌われるのが嫌、です。日本では「出る杭は打たれる」という言葉がある通り、目立ちすぎると攻撃の対象になる風土があります。そのため目立たないことで嫌われるのを防ぐ考え方が、嫌われたくない人には少なからず存在しているのです。

人に嫌われたくない心理②自分に自信がない

悩む中年

人に嫌われたくない心理の2つ目は、自分に自信がないことです。人に嫌われたくない人は自分に自信がありません。何故なら、自分を出すことよりも人に合わせることに重点を置いているので、「これが自分だ」「これが自分の力だ」「これが自分の成果だ」と自信を持てることがないのです。

人に嫌われたくない心理③自分を見失い自分自身が嫌いになる傾向がある

振り向く男性

人に嫌われたくない心理の3つ目は、自分を見失い自分自身が嫌いになる傾向があることです。人に嫌われたくない人は自身に対する嫌悪感を持っていることが少なくありません。人に嫌われるのにストレスを感じる、そんな自分自身に納得していないのです。

人に嫌われたくない心理④自分で考えるより人に合わせて行動した方が楽

悩む女性

人に嫌われたくない心理の4つ目は、自分で考えるより人に合わせて行動した方が楽だということです。人に嫌われたくない人は段々と自分で考えなくなっていきます。何故なら自分の意見よりも人の意見を重視して行動することが多くなるからです。考える機会が自然と失われていっているのです。

人に嫌われたくない心理⑤人からどう思われているかがすごく気になる

外を眺める女性

人に嫌われたくない心理の5つ目は、人からどう思われているかがすごく気になることです。人に嫌われたくない人は他人からの評判をすごく気にします。そしてそれを気にしないように意識し克服することができません。何故なら人からの評判が、自分が生きていく上で最も重要な指標になってしまっているからです。

人に嫌われたくない心理⑥相手との距離が一定以上に詰められない

無表情な女性

人に嫌われたくない心理の6つ目は、相手との距離が一定以上に詰められないことです。人に嫌われたくない人は、人と仲良くすることが苦手です。何故なら、すごく親密になってしまうことは、別れる時に大きな嫌悪感に変わる高い可能性を秘めているからです。それが怖くて必要以上に距離を詰められないのです。

人に嫌われたくない心理⑦相手が間違ってると思っても自分の意見を言えない

伸びをする女性

人に嫌われたくない心理の7つ目は、相手が間違ってると思っても自分の意見を言えないことです。人に嫌われたくない人は相手を必要以上に立てるので、たとえ間違っていると思ってもそれを修正しようとしません。感謝される可能性もありますが、相手から注意したことを非難される可能性もあり、怖くて意見が言えないのです。

人に嫌われたくない心理⑧面白くなくても笑っている自分がいる

微笑む女性

人に嫌われたくない心理の8つ目は、面白くなくても笑っている自分がいることです。人に嫌われたくない人は、相手に気に入られようと、相手が笑って欲しいと思われるタイミングで笑います。しかし本心から面白いと思っていないのでそれがストレスになっているのです。

人に嫌われたくない心理⑨人間関係を崩したくないので悪くなくても謝る

後ろ姿の女性

人に嫌われたくない心理の9つ目は、人間関係を崩したくないので悪くなくても謝ることです。人から嫌われたくない人は自分が謝って済むならそうする傾向にあります。一定の人間関係に甘んじるのを克服できず、人から嫌われる人はいつも笑いたくないことで笑い、いつも悪くないことで謝っているのです。

人から嫌われたくない症候群の克服方法は?

人から嫌われたくない症候群の克服方法①自分から話しかけるよう意識する

サングラスの女性

人から嫌われたくない症候群の克服方法の1つ目は、自分から話しかけるよう意識する方法です。人から嫌われたくない症候群を克服するためにまず意識したいのは、人間関係やコミュニケーションにおいて積極性を持つようにすることです。人から嫌われたくない症候群の人は、人との交流に億劫になっている傾向があります。

積極性を持つということはあまり難しく考える必要はなく、普段から今までよりも挨拶をするように心がけるだけでも、周囲の反応は変わってくることでしょう。下記の関連記事は挨拶しない人の心理をまとめたおすすめの内容ですので、こちらも併せてチェックしてみましょう。

Small thumb shutterstock 449045500
挨拶しない人の心理9選!自分から挨拶できない職場の人への対応3選は?

挨拶しない人の心理について、これからご説明して参ります。また、職場やマンションなどで自分から挨拶できない人や、挨拶しても無視したり返さないへの対応方法につ...

人から嫌われたくない症候群の克服方法②時には相手からの諫言を受け流す

ビルと男性

人から嫌われたくない症候群の克服方法の2つ目は、時には相手からの諫言を受け流すことです。人から嫌われたくない症候群の傾向として、他人から言われたことを必要以上にまともに受け止めることが挙げられます。自分の精神を病むような内容のものは「あくまでも一意見」と考え、受け流すことも覚えたいものです。

人から嫌われたくない症候群の克服方法③コミュニティーの数を増やす

歩くビジネスパーソン

人から嫌われたくない症候群の克服方法の3つ目は、コミュニティーの数を増やすことです。人から嫌われたくない症候群は、特定のコミュニティーの人間関係に依存する傾向があります。コミュニティーの数を増やせば、一つのコミュニティで居場所がなくなってもダメージは大きくないので、気を遣わず過ごすことができます。

友達や好きな人に嫌われたくない人が皆と接する時に気をつけることは?

友達や好きな人と接する時に気をつけること①人の悪口を言わない

喧嘩する2人

友達や好きな人に嫌われたくない人が皆と接する時に気をつけることの1つ目は、人の悪口を言わないことです。友達や好きな人に対して何か興味を持ってもらおうと、人の悪口を言う人がいるのですがこの方法はおすすめできません。何故なら、人の悪口を言うと、自分のことも陰で悪く言ってるんじゃないかと思うからです。

人の悪口を言って相手から気に入られたとしてもそれは一過性のものですし、味方とともに敵も作ることになります。そのため、たとえ相手が望んでいるような状況であっても人の悪口を言うのは避けるようにしましょう。

友達や好きな人と接する時に気をつけること②怖がらず積極的に自分を出す

背を向ける2人

友達や好きな人に嫌われたくない人が皆と接する時に気をつけることの2つ目は、怖がらず積極的に自分を出すことです。人に嫌われたくない人は、人から悪い意味で目を付けられることを避けるために、控え目に目立たないようにと行動することが少なくありません。しかしそれが悪印象を与える場合もあります。

自分を出さないよう控え目にしていると「あの人は自分がない」「あの人はいつも影でうじうじしている」という評判が立つ可能性もあるのです。自分をさらけ出した方が人間関係にストレスなく、また良好なコミュニケーションが期待できます。そのため最初は怖いかもしれませんが自分を出すことで関係性が良化していくのです。

友達や好きな人と接する時に気をつけること③相手の話をよく聞く

パソコンでの作業中

友達や好きな人と接する時に気をつけることの3つ目は、相手の話をよく聞くことです。中々自分を積極的に出していけないと悩む人は、相手の話をよく聞くようにしましょう。これはただうんうんと聞いているだけではなく、相手を認めるような意見や、目をみてしっかり相槌を打つようなことが含まれます。

相手にとって自分がいい聞き役だと感じれば、自然とコミュニケーションが良化していきます。そして話を聞いてもらうばかりで申し訳ないと、いずれは自分の話も聞いてくれるようになることでしょう。いい聞き役になることを意識すると、好きな人から注目される可能性は高くなっていくことでしょう。

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方は?

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方①相手を否定しない

ミーティングの風景

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方の1つ目は、相手を否定しないことです。嫌われたくない心理の人は、他人から自分がどう思われているのかということを、人一倍気にしています。そのため、人からマイナスの評価を受けることに対して非常に敏感になっているので、否定された時のショックが大きいのです。

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方②急に距離を詰めない

向き合う2人

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方の2つ目は、急に距離を詰めないことです。人に嫌われたくない人は、出来る限り人に嫌われる要素は排除したいと考えています。そのため、急に知らない人に近づかれるとその人に対してどのように接していいのかを深く考えすぎて混乱することがあります。

そのため、嫌われたくない人に対しては急に距離を詰めるようなことはせず、自分自身をオープンにしていきつつ、徐々に距離を詰めていくことを心がけましょう。それがうまくいけば、相手からも距離を縮めてくるようになりますので、上手く付き合っていくことができます。

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方③良いところを探して褒める

笑顔の黒人女性

嫌われたくない心理の人との上手な付き合い方の3つ目は、良いところを探して褒めることです。嫌われたくない人と距離を詰める際に、相手を褒めることは非常に重要なことです。何故なら嫌われたくない人は褒められることで喜ぶだけではなく、褒められた人に対して安心することができるからです。

人に嫌われたい心理とは?嫌われたくない症候群との違いは?

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違い①気を遣いたくない

言い合いする2人

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違いの1つ目は、気を遣いたくない点です。嫌われたくない症候群は相手に気を遣いすぎることで自分を犠牲にし、気持ちに負担をかけてしまいます。しかし人に嫌われたいと思う心理では気持ちに負担をかけないことを優先して気を相手に遣わず、嫌われた方が楽だと思うのです。

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違い②人に合わせたくない

座る男性

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違いの2つ目は、人に合わせたくない点です。嫌われたくない症候群は人に合わせることで自分の希望が様々な面で通りにくい状況にストレスを感じます。しかし嫌われたい心理においては、たとえ人から嫌われても自由を優先することが、生き方として楽だと感じているのです。

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違い③好かれるのが怖い

かばんと男性

人に嫌われたい心理と嫌われたくない症候群との違いの3つ目は、好かれるのが怖い点です。嫌われたくない症候群は人に嫌われるのが嫌ですし、好かれて嬉しいと感じるものです。しかし嫌われたい心理では人に好かれてちやほやされる状況に恐怖を感じてしまうのです。

人に嫌われたくない心理を理解してコミュニケーションに役立てよう!

人に嫌われたくない心理は多くの人が多かれ少なかれ持っているものです。この心理をお互いに少しでも持っていなければ、お互いの良好なコミュニケーションは望めないでしょう。ここで紹介した、人に嫌われたくない心理を理解して、今後様々な場面でのコミュニケーションに役立ててもらえたらうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。