IQが低い人の特徴9選!知能指数が高い人と仕事の進め方の違いとは?

あなたはIQ(知能指数)の意味をご存知でしょうか?ここでは、特にIQが低い人に焦点を当てて、その特徴や仕事の進め方などを、詳しくご説明して参ります。また、知能指数が高い人との違いや、高める方法についても、あわせて見て参ります。

IQとは?意味について!

IQの意味とは「知能検査の結果における表示方式」

電子カルテ

『IQ(知能指数)』とは「知能検査の結果における表示の方法の一つ」という意味です。IQの中央値は100とされ、このIQが100より高いほど知能は高く、100より低いほど知能が低いことを表しています。

子供の頃に遊ぶ時間が多いとIQは高くなる

両親と遊ぶ子供たち

IQは子供の頃に遊ぶ時間を増やすと高くなると言われています。これは、遊びを通してさまざまなことを考えたり、または社会性なども身につくからです。積み木なら考えるという能力が身に付きます。また、外で友達と遊ぶなら、社会性だけではなく、危険や刺激も学ぶことができます。これらがIQを高くするのです。

IQが低い人の特徴9選!知能指数が低いとどうなる?

IQ(知能指数)が低い人の特徴①自己評価が高い

自己評価が高い女性

IQ(知能指数)が低い人の特徴の1つ目は、『自己評価が高い』ということです。これは、あまり良い意味ではありません。周囲の人たちの評価に比べて、自分の評価がかなり高いということです。これは言い換えるなら、本人の自分に対する評価よりも、周囲の人たちの評価は低いということを表しています。

周囲の人たちが「もう少し頑張る必要がある」と判断しても、本人は「自分は大変よく頑張ったから、もう充分」という評価を下してしまいます。その結果、仕事が中途半端になってしまったり、最後の最後でミスをしてしまったりします。もうあと一歩が足りないのですが、本人はそのことに気付いていません。

IQ(知能指数)が低い人の特徴②人を信用しない

相手を疑う女性

IQ(知能指数)が低い人の特徴の2つ目は、『人を信用しない』ということです。周囲の人たちが、「こんな風にすると簡単にできるよ」とアドバイスしても、そのアドバイスを素直に受け入れることはあまりしません。周囲の人たちの言うことを信用していないからです。これは、悪い意味で疑っているということです。

周囲の人たちが自分を貶めようとしている、と何故か考えています。特に騙されたという経験があるというわけではありません。ただ、なぜか周囲の人たちは敵だと感じているのです。特に自分のやり方に口出ししてきた人は、「自分の敵」とみなす傾向があります。

IQ(知能指数)が低い人の特徴③会話が得意ではない

会議をする人たち

IQ(知能指数)が低い人の特徴の3つ目は、『会話が得意ではない』ということです。これは自分の言いたいことや考えていることを、自分の言葉で表現することがあまり得意ではないからです。また、会話をする際には瞬時に相手の話の内容を頭の中で分析する必要があります。それもあまり得意ではないのです。

自分の言いたいことが思うように相手に伝えられなくて、次第にイライラしてきます。また、相手の話している内容が瞬時に理解できないことに対しても、かなりのストレスを抱えます。イライラしたりストレスを感じたりすることが嫌なので、極力会話をしないでおこうとします。すると、ますます会話が苦手になります。

IQ(知能指数)が低い人の特徴④機転が利かない

携帯で電話をする女性

IQ(知能指数)が低い人の特徴の4つ目は、『機転が利かない』ということです。機転を利かせるには、状況を瞬時に判断する必要があります。その状況を瞬時に判断するということが、あまり得意ではありません。また、頭の中でさまざまな状況を考えて段取りを組むということも得意ではないのです。

ただ、決められたことは確実に守ります。教えられた方法に納得している場合は、その方法を徹底的に守ります。ただ、機転が利かないので、「この場合にはこの方法の方が良い」という考えは難しいのです。

IQ(知能指数)が低い人の特徴⑤突発的なトラブルに弱い

頭を抱える男性

IQ(知能指数)が低い人の特徴の5つ目は、『突発的なトラブルに弱い』ということです。突発的なトラブルが起きると、何をどうすれば良いのかわからなくなります。頭が真っ白になって茫然とすることがあります。また、人によってはパニックになって必要以上に騒ぎ立てるという人もいるでしょう。

「大変なことが起きている」ということは何となくわかっています。ですが、どこがどんな風に大変なのかはわかりません。また、自分に何ができるのか、ということもよくわかっていません。この「わからない」という状態が、更に混乱させてしまうのです。

IQ(知能指数)が低い人の特徴⑥自慢することが多い

会議で発言する人

IQ(知能指数)が低い人の特徴の6つ目は、『自慢することが多い』ということです。これは、自己評価が高いという特徴に関係しています。自分の評価が高いので、自分の能力に関したことの自慢が多いのです。特に誰かに褒められたということは、かなり大げさに自慢します。

ただし、それ以外のことに関してはあまり自慢しません。特に高価なものを買ったなどのような物質的なことでの自慢はあまりしません。そのような物質的なものにはあまり興味がないというのも、大きな特徴の一つと言えるでしょう。

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴⑦自分の意見がない

会議室で会議をする人たち

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴の7つ目は、『自分の意見がない』ということです。これは、依存心が強い人の場合の「自分の意見がない」とは異なります。この場合の「自分の意見がない」とは、そこまでの話の内容が理解できていないからです。何の話をしているのかわからないので、意見が持てないのです。

話の内容を、じっくり時間をかけて個人的に説明すると、自分の意見が表れます。周囲の人たちに比べて理解することにかなりの時間を要する為、周囲の人たちからは「自分の意見がない人」と勘違いされることが多いのです。

自分の意見がない人の中には、自分がないという人もいます。自分がない人についてお知りになりたい方は、こちらもチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 589473767
自分がない人の特徴11選!自分で決められない心理や優柔不断の克服方法も

自分がない人って周りにいますか?自分の意志がないと、すぐ周りに流されてしまい、「自分の意見はないの?」と思われてしまいます。今回は自分がない人の特徴をご紹...

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴⑧喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しい人

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴の8つ目は、『喜怒哀楽が激しい』ということです。これは自分の思い通りにいかないことが多いからです。特に会話などでは、自分の考えていることや思っていることを、的確に言葉にして相手に伝えることがあまり得意ではありません。その「伝えられない」ことに苛立ちを覚えます。

「こんな風にした」と感じることはたくさんあるのです。ただ、そうするにはどうすれば良いのかがわかりません。その方法を考える力が、他の人に比べて少し弱いのです。周囲の人たちは瞬時にできることが自分にはできない、ということがわかるのでストレスが溜まります。それが、喜怒哀楽の激しさに表れるのです。

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴⑨空気が読めない

拍手する人たち

仕事でのIQ(知能指数)が低い人の特徴の9つ目は、『空気が読めない』ということです。周囲の人たちの気持ちや状況を感じ取るには、感じ取る感覚や能力が必要になります。その能力や感覚が、少し弱いのです。周囲を見回して状況を判断する、ということがあまり得意ではない為、自分の思いのままに行動したりします。

「今は黙っていた方が良い」や「みんなが真剣に聞いているから話が終わってからにしよう」などのような考え方が難しいのです。これは、決して当たり前のことではありません。それなりに考えて行動しています。この考えて行動するということがあまり得意ではない為、空気が読めないのです。

IQが高い人の特徴とは?低い人との違いとは?

IQが高い人と低い人の特徴の違い①理解力

資料を見る二人

IQが高い人と低い人の特徴の違いの1つ目は、『理解力』です。高い人は、理解力に大変優れています。「一を聞いて十を知る」ということわざがありますが、高い人はまさしくこのことわざ通りです。ひとつのこと聞いて、その先のことまで見通すだけの先見の明や頭脳を持ち合わせています。

低い人は理解力が優れているとは言えません。ただ、まったく理解できないわけではありません。理解するのにかなり時間がかかるのです。じっくり時間をかけて説明すれば、こちらが伝えたいことを理解してくれます。高い人に比べて理解するスピードが遅いのです。

IQが高い人と低い人の特徴の違い②柔軟性

携帯で話をする男性

IQが高い人と低い人の特徴の違いの2つ目は、『柔軟性』です。高い人は大変柔軟性に優れています。これは、咄嗟にさまざまなことを考え直すことができるからです。リスクやその回避方法なども頭の中で考え出すことができる為、「できなかったらどうしよう」などのような不安がありません。その為、柔軟性があるのです。

低い人は、柔軟性はあまりありません。「わからない」ということが多すぎて不安になるからです。「これができなかったらどうしよう」や「間に合わなかったらどうしよう」などのように感じてしまうのです。こちらからあらかじめ打開策を講じておき、それを丁寧に説明すれば、柔軟に対応してくれます。

IQが高い人と低い人の特徴の違い③時間の使い方

腕時計を見る男性

IQが高い人と低い人の特徴の違いの3つ目は、『時間の使い方』です。高い人は時間の使い方が大変効率的です。時間も労力も無駄にしません。その為、出来ないことに対してははっきり「できない」と伝えます。できないことを無理やり可能な状態にすることは、時間と労力の無駄だと考えているからです。

低い人は、時間の使い方があまり上手ではありません。周囲の人たちが「これは無理だろう」と思うようなことでも、可能にする為に全力を尽くしてしまうことがあります。その結果、他の仕事が止まってしまい、周囲の人たちに迷惑をかけるということも起こります。

IQが低い人が知能指数を高める方法とは?

IQが低い人が知能指数を高める方法①食生活

魚料理

IQが低い人が知能指数を高める方法の1つ目は、『食生活』です。特に青魚を中心とした食事を摂りましょう。また、ジャンクフードはできるだけ控えましょう。「噛む」という行為は脳に良い刺激を与えるので、良く噛んで食べたり、固いものを食べるというのも効果的です。

IQが低い人が知能指数を高める方法②楽器を始める

さまざまな楽器

IQが低い人が知能指数を高める方法の2つ目は、『楽器を始める』ということです。楽器は脳に大変良い刺激を与えます。楽器を使う為には、頭だけでなく、指も使うからです。指を使うということも脳にとって大変良い刺激になります。

IQが低い人が知能指数を高める方法③規則正しい生活をする

早起きする女性

IQが低い人が知能指数を高める方法の3つ目は、『規則正しい生活をする』ということです。毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きましょう。また、睡眠時間もしっかり取りましょう。「寝る」という行為は脳に良い刺激を与えます。

IQが低い人が知能指数を高める方法④読書をする

読書をする人

IQが低い人が知能指数を高める方法の4つ目は、『読書をする』ということです。活字の本を読みましょう。漫画やイラストの多い本はあまり役に立ちません。活字の多い本を読むことで、脳の働きが活発になります。また、想像力もつく為、これも脳に良い刺激になります。

IQが低い人は努力次第でいくらでも上げることができます

勉強する女性

IQはいくらでも上げることができます。また、IQが低いからと言って仕事ができないのではありません。他の人たちよりも少しだけ理解するスピードが遅いだけです。訓練すればいくらでもIQは高くなります。諦めずに努力を続けることが大切です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。