受領の反対語・対義語は授与?受理との意味の違いや類語についても

品物やお金を受け取る意味を持つ言葉が「受領」です。そこで、授与を始めとする受領の反対語・対義語、反対語を使った例文などを紹介していきます。また、受領と受理の意味の違いや受領の類語についても紹介していますので、「受領」と言う言葉についてくわしく知りたい方はぜひ参考にしてください。

受領の反対語は?

受領の反対語・対義語①授与

授与

受領の反対語・対義語1つ目は、授与です。授与は「じゅよ」と読み、物をさずけ与えることを意味します。また、一般的に目上の方が目下の人へ賞や勲章、賞状などを与える際に使用する言葉です。さらに、授与の類語には授ける・与えるなどがあります。

受領の反対語・対義語②提出

提出

受領の反対語・対義語2つ目は、提出です。提出は「ていしゅつ」と読み、書類や資料などをふさわしい場所・適したところなどに差し出すことを意味します。特に、公の場に文章などを差し出すことを意味する言葉です。提出の類語には、渡す・差し出すなどがあります。

受領の反対語・対義語③納付

納付

受領の反対語・対義語3つ目は、納付です。納付は「のうふ」と読み、一般的に国や役所などの公的機関に金銭や品物をおさめることを意味します。納付の類語は納税で、金銭や品物を納付する際の数量・金額などが記載された書類を「納付書」と呼びます。

受領の反対語・対義語④納入

納入

受領の反対語・対義語4つ目は、納入です。納入は「のうにゅう」と読み、品物やお金をおさめることを意味します。納入の類語には予納・前納・全納・分納などがあり、自治体などが寄付金を収入する際に金額・場所などを通知する受領書のことを「納入通知書」と読んでいます。

受領の反対語・対義語⑤納品

納品

受領の反対語・対義語5つ目は、納品です。納品は「のうひん」と読み、品物をおさめることを意味します。また、おさめた品物自体を意味する場合もあります。さらに、納品の類語は納入で、品物などをおさめる際におさめる品物などの数量・金額などを書きだして購入者に渡す明細書が「納品書」です。

受領の反対語・対義語でも紹介した「納入」の意味や類語、英語表現などを、下記記事でくわしく紹介しています。また、「納入」と「納品」・「納付」の意味の違いについてもくわしく紹介していますので、受領の反対語の意味の違いについてさらにくわしくチェックしたい方なども、ぜひ下記記事の内容を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 690887317
納入の意味とは?納品・納付との意味の違いや類語・英語表現の紹介も

「納入」とは何のことかご存知ですか?ビジネスでよく使われる言葉で、「納品 」や「 納付 」という「納入」に言葉も社会に出るといろいろなところで聞くと思いま...

受領の反対語の例文は?

受領の反対語・対義語の例文①「授与」を使った例文

賞

受領の反対語・対義語の例文1つ目は、「授与」を使った例文です。例文は、「○○氏が△△賞を授与された」で、○○さんが△△賞をさずけ与えられたことを意味します。また、「校長が手渡しで卒業証書を授与した」の例文では、校長が手渡しで卒業証書を生徒にさずけ与えたことを表現可能です。

受領の反対語・対義語の例文②「提出」を使った例文

提出

受領の反対語・対義語の例文2つ目は、「提出」を使った例文です。例文は、「彼は辞表を提出した」で、彼がふさわしい相手や場所に辞表を差し出したことを意味します。また、「彼女は証拠を提出した」と言う例文では、彼女がふさわしい場所・相手に証拠を渡したことを表現可能です。

受領の反対語・対義語の例文③「納付」を使った例文

納付

受領の反対語・対義語の例文3つ目は、「納付」を使った例文です。例文は、「彼は明日に税金を納付する予定です」で、彼は明日に税金をおさめるつもりですと言う意味を表現しています。また、「納付期限を過ぎていることに気づいた」の例文は、税金をおさめるべき期限が過ぎていることに気がついたと言うニュアンスです。

受領の反対語・対義語の例文④「納入」を使った例文

納入

受領の反対語・対義語の例文4つ目は、「納入」を使った例文です。例文は、「祝賀パーティーの会費を納入した」で、祝賀パーティーに出席するための費用をおさめたことを意味しています。また、「〇日に授業料を納入する予定だ」の例文は、〇日に授業料をおさめるつもりであることを表現しています。

受領の反対語・対義語の例文⑤「納品」を使った例文

納品

受領の反対語・対義語の例文5つ目は、「納品」を使った例文です。例文は、「注文主の指定日に納品した」で、注文した人が指定した日に品物をおさめたことを意味しています。また、「初めて海外に納品する」は、初めて海外に品物をおさめることを表現している例文です。

相手に受領してもらう際の丁寧な表現の1つが、「お納めください」です。そこで、「お納めください」の意味や漢字の下さいを使った場合の意味の違いなどを下記記事で紹介しています。また、ビジネスシーンでも使用頻度の高い「お納めください」を使った例文や類語などもチェック可能ですので、ぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 294243506
お納めくださいの意味とは?漢字の下さいとの違いと使い方・例文や類語も

どうぞお納めくださいは、贈り物を渡す際に添える一言にもよく使われる言葉です。そこで、お納めくださいの意味や類語などを紹介していきます。また、漢字の下さい・...

受領と受理の違い・類語は?

受領と受理の意味の違いは受け取るだけなのかどうか

受領と受理の意味の違い

受領と受理の意味の違いは、受け取るだけなのかどうかです。受領は、品物やお金をうけおさめること・うけとることを意味します。また、受理は公的機関に提出した願書・届け・訴状などを、公的機関が受け取り処理することを意味する言葉です。つまり、受理には受け取るだけでなく、処理する意味が含まれています。

受理の意味は書類などの内容を有効なものとして受け取ること

受理の意味

受理の意味は、公的機関が書類などの内容を有効なものとして受け取ることです。つまり、単純に書類や届けなどを受け取るだけでなく、その書類や届などに記載されている内容を有効なものとして受領することを意味します。

お金を受領した場合に支払者に渡すのが領収書

領収書

お金を受領した場合に支払者に渡すのが領収書です。領収書は、金銭の受取人などが金銭を受領したことを記入して支払者に渡す書きつけを意味します。領収書は一般的に手書きの物を指しますが、経費などを計算する際などにはレシートも領収書として使える場合が多いです。

品物やお金をうけおさめた場合に受け取る書類が「受領書」です。そこで、下記記事では受領書と領収書の違いについて紹介しています。また、受領書の書き方や返送方法、サインのマナーなどについても下記記事でくわしく紹介していますので、受領書についての知識をさらに深めたい方などもぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 1095671468
受領書とは?領収書との違いや書き方・返送やサインのマナーも

ビジネスシーンでは様々な書類があり、その中の1つに「受領書」というものがあります。今回は受領書とはどんなものなのかについてや、領収書や納品書との違いについ...

受領の類語①受け取る

受け取る

受領の類語1つ目は、受け取るです。受け取るは、自分のところへ来た品物や渡された品物などを手に取って持つ・おさめることを意味する言葉です。また、人の行動や言葉をある意味に解釈することや納得する・認めるなどの意味もあります。

受領の類語②領収

領収

受領の類語2つ目は、領収です。領収は「りょうしゅう」と読み、金銭などを受け取ることを意味します。領収の類語は、受け取る・収受(しゅうじゅ)・受納などがあります。

受領の類語③受納

受納

受領の類語3つ目は、受納です。受納は「じゅのう」と読み、品物を受けおさめること・受け入れることを意味します。接頭語の「ご」をつけて「御受納」と言う言葉にすると、目上の方にも使用可能です。

受領の例文

受領の例文①「受け取る」を使った例文

受け取る

受領の例文1つ目は、「受け取る」を使った例文です。例文は、「彼はプレゼントを受け取った」で、彼は渡されたプレゼントを手に取っておさめたことを意味しています。また、「それは彼が受け取るべきものではない」で、それは彼が手に取っておさめてよい物ではないと言うニュアンスの例文です。

受領の例文②「領収」を使った例文

領収

受領の例文2つ目は、「領収」を使った例文です。例文は、「彼から会費を領収しました」で、彼から会費のお金を受け取ったことを表現しています。また、「○○代の1万円を領収いたしました」は、○○の費用として1万円を受け取りましたと言う意味の例文です。

受領の例文③「受納」を使った例文

受納

受領の例文3つ目は、「受納」を使った例文です。例文は、「心ばかりの品ではございますが、御受納下されば幸甚に存じます」です。この例文では、大したものではありませんが、受けおさめていただければとても嬉しいですと言う意味を表現しています。

また、「粗品ですがどうか御受納下さい」の例文は、たいした物ではありませんがどうか受けおさめてくださいと言うニュアンスを表現しています。

「御受納下さい」と言うフレーズは、お歳暮やお中元などを渡す際にも使えます。そこで、下記記事ではお歳暮やお中元、結婚祝いをもらった際のお礼状の書き方や例文などを紹介しています。ハガキのお礼状の書き方が紹介されていますので、ハガキで感謝の気持ちを伝えたい方やハガキのお礼状のマナーが知りたい方も必見です。

Small thumb shutterstock 356849681
お礼状のハガキの書き方・例文とは?お中元/お歳暮/結婚祝い

お礼状を書く時、どうやって書いていいか迷いませんか?今回は、お礼状のハガキの書き方をご紹介します。お中元やお歳暮、結婚祝いなどいろんなシーンで使うお礼状は...

受領の反対語や類語を使いこなそう

受領の反対語や類語の中には、受領の様に金銭・品物の両方に使える言葉もあります。しかし、金銭のみ・品物のみにしか使えない言葉もあるので注意が必要です。また、一見すると似ている「受領」と「受理」の意味も大きく違います。受領の反対語や類語の意味を正しく知って、使いこなしていきましょう。

受領の反対語・対義語でも紹介した「授与」と言う言葉は、「賞状を授与された」などの使い方も一般的です。そこで、表彰式で賞状などを授与された場合の挨拶例などを下記記事で紹介しています。また、社内受賞式のスピーチに合う、お礼のスピーチ・ユーモアをまじえたスピーチ例なども下記記事でチェック可能です。

Small thumb shutterstock 1044267301
表彰式の挨拶例は?社内での受賞のお礼のスピーチやユーモアなものも

今回は表彰式の挨拶例を紹介します。社内での受賞式のスピーチや祝辞など人前で話す事に慣れている人は少ないと思います。スピーチや挨拶の例、ポイントも記載されて...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。