具現化の意味とは?使い方と類語や対義語|体現/実現/具象

「具現化する」という言葉をきいたことはありますか。使い方がわからず、使っていないという人もいるでしょう。この記事では、具現化という言葉の使い方や類語、体現、実現、具象などの言葉の説明や対義語などもわかりやすく紹介します。是非参考にしてみてください。

具現化の意味

具現化の意味とは目標や理想を具体的に実現すること

悩む

具現化とは目標や理想を具体的に実現することという意味があります。 目標がやっと具現化に至ったというように眼の前に実際に現れるということを意味しています。具現化の対義語は「抽象化」です。以下の項目でも使い方を紹介します。

具現化という言葉は主にビジネスの場で使われます。「プロジェクトの具現化を目指す」などのように使われます。企画や計画を形にすることが「具現化」ということになります。手に取れる形として残すという意味合いが強いです。

体現したり、実現したりするという意味合いもあり、手に取れる形のことを示します。また、具象という言葉になると、現象として見える形にするという意味合いが強くなります。具現化は手に取れる、具象化は目に見えると覚えると良いでしょう。

ビジネスシーンで理想を「具現化」する

ビジネス

ビジネスシーンではよく具現化という表現が使われますが、これはなぜだと思いますか。ビジネスは、クライアントのニーズに答えて、サービスや、商品を開発し、販売するということが仕事です。具現化という言葉は、そうしたサービスや商品を目に見え、触ることのできる形にするという意味合いがあるのです。

具現化するという表現はビジネスという場では必然的に出てきます。理想を「形にする」というプロジェクトを立ち上げるということは「具現化」するためのプロジェクトを立ち上げるということでもあります。現場の声を聴き、形にする能力はビジネスでは必要不可欠な力です。

そんな「具現化」という言葉ですが、ビジネス以外にも実は使われている場面がたくさんあります。以下では、その使われ方や類語、対義語について挙げていきます。参考にして、ビジネス以外でも具現化するという言葉を使って、会話のボキャブラリーを増やしてコミュニケーション能力を上げていきましょう。

具現化の使い方例文5選!

具現化の使い方例文①「今までの夢が今日ようやく具現化した」

悩む

例文の1つ目は「今までの夢が今日ようやく具現化した」。これは、ずっと長年、頭の中では思い描いていたけれども、それを形にすることができていなかったという背景が元になっています。これまで形にできなかったものが、今日、目の前に形として出来上がったという場合に、こうした使い方をします。

理想を形にしたという時に使われる表現です。目には見えないものを体現したり、実現したりするというときにも使われます。目標や夢など、まだ、実現されていないことに対して、自分が努力して形としたという場合に使われることの多い表現方法です。自己啓発の本にも出て着やすい表現です。

The realization of a lifelong dream.などと使われることもあり、夢の実現化、具現化という英語の表現もできます。realという表現からもわかるようにリアル(現実)として表現するという意味があるということがわかります。

具現化の使い方例文②「プロジェクトの具現化」

ビジネス

2つ目の例文は「プロジェクトの具現化」。これは、アイデアや構想など、実際の商品や製品やサービスなど具体的な形のあるものにするという意味合いを含んだ例文です。形として出来上がるということがポイントです。

「まちづくりの具現化に向けて動き出す」「新製品の具現化」などというようにビジネスの場で使われるような表現が多数考えられます。特に、会議などの場で使われることも多いです。実現に向けた活動を行っていくという趣旨の説明のときにも使われます。

「蓄積データの具現化を行う」というように、データをもとにして、新しいものを作るという場合や、なにか形あるプロジェクをつくるという場合にも、こうした表現を使うことが多いでしょう。「具現化する」という表現はビジネスでは多用されます。使い方を覚えていきましょう。

具現化の使い方例文③「愛の具現化」

愛

3つ目の例文は「愛の具現化」。愛というものはとても抽象的な表現であり、形として表せるものではないでしょう。しかし、それを何らかの形で表現し相手にもわかるように体現した時にこのように具現化というように表現します。

何か形としては本来見えないような事柄を見える形として表現したという場合に、具現化という表現を使うことが多いようです。そのため、スピリチュアルの話をするときなどにもよくこうした具現化という表現が出てきたりします。

どちらかというと具象という表現にも近い使われ方です。愛を具現化した時に「もの」ではなく「態度」で示したということであれば、それは具象化という表現にもなります。体現して表現したという場合には具現化よりも具象化に近いかもしれません。

具現化の使い方例文④「作品の世界観の具現化」

世界観

「作品の世界観の具現化」という例もあります。これは、作品という空想の世界や掴みどころのない、表現しがたいものを形にしたという場合に使う表現です。理想としていた世界が作り出せたということを意味しています。

イメージしたことを実現するという意味合いが強いでしょう。頭の中で考えたことや、映像として二次元的だったものを三次元にするという場合にもこのように具現化を使って表現することもあります。手に取れる形にするということが表現のコツです。

I haven't had that kind of realization.のように、私にはそのような実感がないという表現もあります。これは、自分が想像したような世界観は持ち得ていないという意味ですが、私の中では具現化されていませんという意味でもあります。

具現化の使い方例文⑤「ニーズを製品として具現化した」

ビジネス

「ニーズを製品として具現化した」という例もあります。これは、ニーズという目に見えない評価や数字、理想を分析して、形あるものとして表現することに成功したという意味合いを含んでいます。ビジネスシーンなどに使われることが多い表現です。

現実世界では表現しがたいものや、データ化されたものをリアルなものとして表現するという時に、具現化という言葉を使います。形あるものを表現したいという時にこの表現を使うことによって、形あるものを作ったということが伝わります。

具現化の類語とは?使い方と具現化との違いは?

具現化の類語「体現」「実現」「具象」の他

意味

具現化の類語として次のようなものが挙げられます。たとえば、 「具体化」「実体化」「実現」「具現」「表現」「表出」「表白」「体現」というような類語があります。他にも以下のような類語があります。

    具体化の類語

  • 有言実行
  • 予告ホームラン
  • 現実化
  • 実現
  • 体現

使い方は類語によって異なる

意味

「具体化された問題」というとあやふやになっていたことをわかりやすくより想像しやすいものにしたという意味合いがあります。実体化は、予期していたことが現実になるような場合に使われたりします。実現は形として現わすという意味合いで使われることも多い類語です。具現、表現も、実際に形として表す意味があります。

「具体化された表現によってわかりやすくなりました。」「地震の被害が実体化した。」「実現できるように努力する」のように使われます。目に見えるか否かということももちろんですが、実際に触れる事ができるかどうかということも重要です。どちらの意味合いになるかでどの類語を使うかが分けられます。

リストにあがっている類語の使い方は「自分の目標の有言実行に向けて努力する」「まるで理想を体現しているようだ」のように使われます。有言実行は自分が言ったことを形あるもの、目に見える形で実行するという意味です。体現は体を使って目に見えないものを実際に行動として示していくという意味合いがあります。

具現化との違いは実物として形作れるかどうか

悩む

宣言した事を現実にすることの意味合いが強かったり、観念を実物として形作ることの意味合いを含んだ言い方として分けられます。具現化は両方の意味合いを含んでいますが、先程挙げた類義語はそれぞれ若干違いが見られます

表にまとめた方は観念を実物として形作ることの意味合いが強い時に使われます。そこまで大きな違いこそありません。眼の前にわかりやすく、現実として現れているかどうかということが表現のポイントです。

具現化の対義語と使い方は?

具現化の対義語は抽象化

対義語

具現化の対義語として抽象化という言葉があります。これは具現化とは違い、大雑把で範囲を広げたような意味合いが強いです。たとえるなら、「果物」は抽象的表現であり、「りんご」というのは具現化された表現だと言えるでしょう。より、イメージしやすいものが具現化だと考えても良いかもしれません。

目にはみえないという場合のみならず、まだあやふやで頭の中だけで考えていることなど、漠然とした意味合いを含んでいるという時に使うことが多いのが具現化の対義語である「抽象化」という表現になります。ビジネスのシーンでも使われることがあります。

「抽象化」は詳しく説明しない時に使う

使い方

「抽象化された判断基準によってミスを犯した」「抽象化された地図を書いてみる」というような使い方をします。具現化の対義語である「抽象化」という言葉。これは「詳しく説明しない」という意味合いでもあります。「細かいところに気にせず、大雑把な表現」でもあると言えます。

広い意味合いを含んでいるので、つかみにくい話をしているときにも「それは抽象化された話だね」と使ったりすることもあります。大きい範囲の表現方法だと抑えておくと使いやすいでしょう。

広い意味の言葉のほかにも使いにくい表現や間違いやすい表現がビジネスにはたくさん出てきます。間違った使い方で恥ずかしい思いをしたという人もいるかもしれません。是非、以下のリンクでビジネスで使われる表現の使い方を確認して活用してみましょう。言葉の幅が広がり、やり取りがより円滑になります。

Small thumb shutterstock 717032236
恐縮の意味や使い方!恐縮ですが以外のビジネスメールの例文は?

ビジネスメールでも良く使われる、「恐縮ですが」という言葉ですが、その正しい意味や使い方をあなたは知っていますか?この記事では、この言葉の類語や実際に使える...

自己実現するという英語表現

英語で使われる具現化「Selfrealization」

使いかた

英語で面白い表現があります。Self realizationという表現です。これは自己実現という意味合いで使われるのですが、言い方を変えれば自分の具現化ということです。自己実現という言葉を私達は何気なく使っていますが、英語に直してみると面白い表現だということがわかります。

自己実現という表現は自分が曖昧であるということを意味しているということでもあり、自己肯定感の低さや自分の存在意義というものを問うという深いメッセージまで感じさせられます。Self realizationという表現を使ってみると、自己実現という言葉の重みが感じられます。

英語から見る「具現化」という表現

英語

目には見えているけれども、理想の自分にはなれていないということを現している表現だとも言えます。日本語だけで考えると幅のない表現になりがちですが、英語に直してみると新しい見方や考え方が広がり面白いです。Self realizationという言葉も是非活用してみてください。

具現化を上手に使って生活に役立てよう

「具現化」を使って言葉の幅を広げよう

ビズネス

具現化という表現はビジネスの場面で多く見られます。実際に目で見えるようなもの、手に取れるものとして理想が形となっている場合、体現している場合には具現化という表現を使うことが非常に多いと考えられます。また、類語や対義語で紹介した言葉も使われることも多い表現です。

ビジネスの場面で出てくる言葉はそれこそ抽象的な表現も多いこともあり、意味が取りにくいということもあるでしょう。その場合にも是非、この具現化という言葉や具体的という言葉を使って話を切り開いていくとわかりやすい話ができるかもしれませんね。類語も多いので使いやすい表現を使ってみてください。

具現化という表現はあまり日常的には使わないというひとも多かったことと思います。類語や対義語も例を用いて紹介しました。是非、この記事を参考にして、理想を形にし、体現するときに活用してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。