JALカードの分割払いの方法は?手数料・シミュレーション・金利も

JALカードの分割払いの方法についてご紹介いたします。手数料からシミュレーションなど、さまざまな点から見ていきましょう。JALカードやマスターカードなど私たちの生活に欠かせなくなってきたカードですが、金利や使用するポイントなどしっかりと知っておく必要があるでしょう。

JALカードの分割払い・決済の方法は?

JALカードの分割払い・決済の方法①JALカードが提携している会社次第

カード

JALカードの分割払い・決済の方法について、まず一つ目に挙げられるのが「JALカードが提携している会社」によって変わるということです。JALカードと一言で言っても、さまざまな種類のカードがあるのです。その提携している会社によって、サービス内容や利用する方法、支払い方法などは異なるのです。

よって分割払いが可能なのか、後から分割に変更できるのかどうか、についても実際のところはカード会社によって異なる、ということになります。ポイントや優待などのサービスに関しても提携しているカード会社次第で全く異なりますので、しっかりと確認しておくことが重要なのです。

分割払いや後からの分割も可能なカード会社についてもご紹介します。JALVisaカードやJALマスターカード、JALTOKYU POINT ClubQからJALJCBカード、JALアメリカン・エキスプレスR・カードやJALSuica、JALOPクレジットとなります。

JALカードの分割払い・決済の方法②分割回数は3~24回まで

カード

JALカードの分割払い・決済の方法において、重要なのが何回まで分割が可能か、ですよね。上記でご紹介したカード会社では何回までなら分割可能なのか、についても触れてみます。もちろんやはりカード会社による、という結果っとなってしまうのですがほとんどの場合は3~24回までとなっています。

ほとんどのカード会社が3~24回の分割が可能なのですが、注意していただきたいのがJALカードSuicaです。こちらのカード会社だけは分割回数が「2~24回」までとなっているようです。

JALカードの分割払い・決済の方法③マスターカードなどのクレジット決済

カード

JALカードの分割払い・決済の方法の三つ目には、決済方法を見ていきます。実際のカードではやはりマスターカードやVisaカードなど、クレジットカードとの提携となっているため、クレジットカード決済となります。締め日やシステムに関しましては、やはりこちらもカード会社によって異なるのです。

ほとんどのカード会社は「前月16日~当月15日のご利用分」となっています。クレジットカードを普段から利用している方であれば、親しまれたシステムですね。ただし、JALカードSuicaを利用の場合は「当月1日~当月末日のご利用分」となっています。ほかとは少々違っているので注意が必要ですね。

クレジットカードの普及により、現代ではキャッシュレス化がささやかれている時代となってきました。しかし、いざクレジットカードを作ろうと思った時、どうしたらいいのか?枚数は?と悩んでしまうかもしれません。以下の記事では、クレジットカードの作れる枚数と適切な枚数についてまとめられています。

Small thumb fotolia 81112671 subscription monthly m
クレジットカードは何枚?作れる枚数と適切な枚数とは

JALカードの分割払いで注意するべきポイントは?

JALカードの分割払いで注意するべきポイント①そもそも旅行向きのカード

カード

JALカードの分割払いで注意するべきポイントとして、まず一つ目にご紹介するのが「旅行向きのカード」であることを念頭に置くということです。もともとJALカードは、旅行や出張などによってフライトをする機会が多い方に向けて作られているカードだということなのです。

つまり、他のクレジットカード会社とはかなり違った特徴を持っており、ショッピングなどの決済に重きを置いているというわけではないのです。つまり、分割払い以外にも特典やマイルなどのシステムが根本的に異なります。利用者が受けるメリットが「飛行機に乗る回数」によって大きく変動するのです。

よって、どれだけショッピングをしても高額なものを分割払いで購入したとしても、あまり魅力は感じられないカードなのです。上位のクレジットカードを持っていたといても、ショッピングマイル率はそれほど変化しません。よって高額な買い物をしてもあまり魅力的に感じられないのです。

JALカードの分割払いで注意するべきポイント②金利手数料システム

カード

JALカードの分割払いで注意するべきポイントで、二つ目にご紹介するのが「金利手数料システム」です。注意しなくてはならないのが、利用している提携カード会社によって分割払いによる「手数料」が全く異なるということです。これまでは分割数など、JALカードSuica以外はほとんど同じものが多かったですよね。

しかし分割払いにおける手数料に関しては、それぞれ提携カード会社によって手数料のパーセンテージが異なるのです。例えばJALVisaカードであれば手数料は12.00~14.75%であり、JALJCBカードの手数料は7.92~18.00%となっているのです。

上記でご紹介した提携カード会社の手数料パーセンテージを並べてみると、JALTOKYU POINT ClubQは 12.00%~14.75%でJALアメリカン・エキスプレスR・カードは14.9%です。また、JALOPクレジットは12.00%~14.75%でJALSuicaは12.0%・15.0%です。

JALカードの分割払いで注意するべきポイント③分割払いにできる期限

カード

JALカードの分割払いで注意するべきポイントの三つ目に挙げられるのが「分割払いにできる期限」についてです。ショッピングをした際に分割払いを選んでいれば、問題なく分割払いを行うことが可能です。しかし場合によっては、支払金額が厳しいと感じて後から分割払いに変更したいこともありますよね。

しかし後から分割払いに変更させるとなった時、当然ながら可能な期限と言うものがあるのです。期限内までに分割払いへの変更手続きが行えなければ、分割払いへの変更が行えなくなってしまいますので注意が必要ですね。こちらもJALカードが提携している会社によって、変更可能期限が異なります。

JALカードの分割払いで注意するべきポイント④ショッピング保険がない

カード

JALカードの分割払いで注意するべきポイントの四つ目にご紹介するのが「ショッピング保険」がないということです。ショッピング保険とは、クレジットカードにて購入したアイテムの破損や盗難などを保証してくれる付帯保険のことを指しています。しかし、Visaカードとマスターカードには、それがないのです。

ほかのカードであれば、「海外」「リボ払い」「分割払い」限定ではあるもののしっかりとショッピング保険がついているのです。つまり普段からショッピングや分割払いにおいては、しっかりと保険がついていないと安心できないといった方には、Visaカードとマスターカードはあまり向かないのだということです。

手数料の計算方法やシミュレーションは?

手数料の計算方法やシミュレーション①利用額×100円手数料÷100円

カード

手数料の計算方法やシミュレーションとして、まず一つ目にご紹介するのが「利用額×(100円あたりの手数料÷100円)」です。分割払いにしたとき、やはり気になってしまうのが手数料の計算でしょう。しっかりとどのくらい手数料が発生しているのかを考えなければ、思ったよりも支払いに困ってしまうこともあるのです。

手数料を計算したい場合は、シミュレーション「利用額×(100円あたりの手数料÷100円)」で計算可能です。ちなみに「100円あたりの手数料」とは、提携しているカード会社の公式サイトで確認が可能ですので、自分が利用ている会社のサイトを見てみると良いですね。また分割回数によって手数料が変わってきます。

手数料の計算方法やシミュレーション②10万円10回6,700円の手数料

カード

手数料の計算方法やシミュレーションの二つ目では、具体的に数字で見ていきましょう。まず分割払いは分割回数によって手数料が異なり、回数が増えれば増えるほど手数料のパーセンテージは上がっていきます。多くある 「12.00%~14.75%」で考えると、10万円で6,700円の手数料が発生します。

シミュレーションとして、例えば10万円の買い物を分割回数が10回である場合は、シミュレーションは10万円×(6.70円×100円)となるのです。結果として6,700円の手数料がかかってしまうことになります。手数料をしっかりと考えて、分割回数を選ばなくてはなりませんね。

手数料やシステムについてはそれぞれカード会社によってことなるのです。還元されるものや優遇されるもの、たまるポイントの使い道など多種多様なシステムを導入しているのです。以下の記事では自分に合うクレジットカードの選び方についてまとめられています。是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはどうですか。

Small thumb fotolia 163307267 subscription monthly m
自分に合うクレジットカードの選び方は?比較ポイントを解説

クレジットカードを持つ目的や手数料などしっかりとシステムを理解しよう!

カード

いかがでしたでしょうか。今回は「JALカード」の分割払いや注意する点からシステムやシミュレーションなど深く掘り下げてきました。キャッシュレス化がささやかれる現代では、クレジットカードの需要が以前よりもかなり上がってきています。便利で活用できる反面、当然ながら注意しなければならない点も多くあるのです。

そもそもJALカードは、旅行や出張などフライトの機会が多くある方にとってはかなりメリットのあるカードであると言われています。そうでない場合はほかのカード会社の方がメリットがあるのです。このようにカードのシステムや種類、サービスによって向き不向きがあるので、理解したうえで自分に合うものを選びましょう。

クレジットカードには会社によってさまざまん違いがあることがわかりましたね。では実際にメリットの多いカード会社はどちらなのでしょうか?以下の記事では、お得なクレジットカードについてまとめられています。ポイント還元率などから比較していまうので是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがですか。

Small thumb shutterstock 520832014
最強にお得なクレジットカードおすすめ13選|ポイント還元率等で比較

クレジットカード、どれがお得なんでしょうか?ここでは、ポイント還元率や年会費、付帯サービスといった観点から比較し、最強お得なおすすめクレジットカード厳選1...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。